2021年6月13日 (日)

プロレス/あれから12年

スタソル35周年でワタワタしてましたが、三沢さんのことを忘れることはありませんよ。

今宵も鳴り響け、スパルタンX!!


 


| | コメント (0)

ゲーム/スターソルジャー発売35周年手記(超長文)

1986年6月13日にハドソンから発売されたファミコン版スターソルジャーが、本日で発売35周年だそうです。
おめでとうございます。
スタソルに関しては人生で最も接している時間が長いゲームの一つになりますので、せっかくなのできめんのスタソルとの関りをメモ代わりに記しておきたいと思います。
多分長いよ。

・1986年6月13日 スターソルジャー発売
・きめんは同日発売の「魔界村」を買う
・当時は2本買う余裕がなくクラスメイトと違うゲームを買うことで
・遊んだ後に互いに貸し借りできるメリットの方が大きかった
・ただ魔界村の出来があんな感じで難しすぎたので
・スタソル買えば良かったかもと言う後悔はしばらくあった

・当時はハドソンスティックを持ってない
・ジョイカードMk-IIも持ってない
・自力連射するしかないのだがそんなに速くないしうまくもならない
・むしろスタソル発売後にスターフォースを始めてラリオス安定してきた時期
・スタソルや全国キャラバンなどは本の中で見る遠い世界の話と思ってた
・高橋名人、毛利名人から桜田名人、川田名人と言う知らない人(失礼)に変わったのも大きかった
・地方住まいだとテレビで見る有名人とかめったに見られないから
・会場行くのはミーハー気分なのもあったわけです

20210613b

・↑当時のコロコロコミックの資料によれば全国区クラスのキャラバン戦士は
・北海道、東北ブロックで2名と言う体たらく
・これはソフト発売してわりと前半にキャラバンが終わるので
・日程的に前半は攻略が進まず不利な面もあると言うお話を後年伺いましたが
・そりゃまあ周囲でもそこまで盛り上がるクラスメイトは出ませんよねと
・宮城県仙台市住まいのきめんは思っていたわけです

・当時それ以上のことを思い出せず話はさくっと17年後に飛びます
・2003年のある日友人が宅飲みの際にゲームキューブ版スターソルジャーを持ってきた
・当時ですらデフォで連射機能のついてないGC版に苦戦するきめん
・すでにサービス終了した当時の日記の残骸をblogに転載してみました
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2003/07/post-9bcff8.html
・この日GC版を遊ばなければあんなことにはならなかったのにね

・2004年4月に突然連射の練習を始めてしまったきめん
・中学生時代に壊せなかったラザロを破壊できるようになって浮かれてる様子
・スコアは低いが上達していく様子が当時の日記にありました
・これも残骸を転載
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2004/04/post-96c69e.html
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2004/05/post-de03b7.html
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2004/06/post-8fda2b.html
・途中からゲームボーイアドバンスSP用のスタソルを買って遊んでいたようだ
・多分会社でも連射の練習をしていた時期

・そしてこの当時は友人らもまだ独身で毎年9月頃に2泊3日で旅行するのが定番になっていた
・そこで出た話が「キャラバンやろうぜ」
・東北を回ってうまいものを食べ旅先でスタソルをやって移動すると言うもの
・確か企画の当初は僕を含む3人がキャラバン会場に行くも参加者が誰もおらず
・仕方がないので3人でスタソルをやると言う流れで行く案だった
・ただ3人のうち1人が旅行に行けなくなってしまい
・僕とテイム名人のシングルマッチと言う方向で話が固まっていった
・WJ旗揚げシリーズの長州vs天龍6連戦みたいなもんだよね
・あれ途中で打ち切られたけど
・それで始まったのが伝説の
・「2004スターソルジャーキャラバン」
・だった

2004saikoro1

・ノリは完全に当時大人気だった「水曜どうでしょう」
・なんか過酷な旅にちょっと憧れてた風なところあったよね
・結局東北の4県と北海道の函館でスタソル対決を行い
・きめんはこれ以上ないほどテイム名人に完敗
・夜の松島で土下座することになる
・この時期はblogに乗り換えていたので当時の記事が残ってますのでいくつか
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2004/09/2004_1.html
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2004/10/20041st.html

・この企画の恐ろしいところは
・YouTubeが2005年の発足で世の中に動画サービスと言う概念がほぼ存在しない時代に
・編集した動画をアップロードして配信していたこと
・テイム名人の自宅のPCをサーバー代わりに動画をアップロードし
・動画のURLをクリックした人はテイム家のPCから動画を見ると言うシステム
・テイム名人が寝ていると深夜にパソコンが待機状態から起動を始め
・HDDを読み込む音が聞こえてくるので
・夢うつつの中で「こんな夜中にまた誰か動画を見に来たな」と思ってたらしい

・んで唯一懸念事項だったのが当時のキャラバン勢の方たちが
・我々のプレイの下手さ加減にブチ切れたりしないかなーと
・当時2chのレトロゲームスレにURL貼られたらしくって
・掲示板荒らされたら公開止めた方がいいねって話をしてました
・元々身内向けの動画だったわけだしね
・その心配が晴れるのは2年後になるのですが

・また少し時が流れて2006年4月
・新宿で高橋名人主催によるゲーム大会が行われるらしい
・種目にはファミコンのスタソルも含まれているらしい
・と言うことで「2分間ゲームをしに東京に行く」と言うことに躊躇いがありつつも
・「高橋名人の真夜中のゲーム大会」に参加することとなりました
・高橋名人を生で見るのも初めてなのに横でプレイさせるとか
・緊張でコロス気ですか。らんまコロスですか
・てなわけで初出場した当時のblogを貼り
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/04/post_53e4.html
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/04/post_7d34.html
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/04/post_4eff.html

・このとき2年前のスタソルキャラバンを見ていてくれていた
・なかじ師匠を始めとした当時のキャラバン勢と初顔合わせ
・「動画面白かったです」と言ってもらえてうれしかったなー
・せっかくなので当時の動画を貼り

真夜中1きめんSSプレイ


第1回高橋名人の真夜中のゲーム大会~番外編~

 

・盛り上がり方がおかしい
・この年2回目の真夜中が行われてHDDレコーダーの遅延でミスが多い中
・きめんがスタソル優勝、テイム名人が2位の快挙
・コロナ禍でこの2年間は行われていない真夜中のゲーム大会ですが
・来年もしやるなら行きますのでよろしく

・2011年3月11日に発生した東日本大震災で電気ガス水道が止まる中
・復興したらなんかやりたいと思っていた中で思いついたのは
・「街中が落ち着いたら高橋名人を仙台にお呼びしたい」
・実現したのは2013年11月9日(土)
・「高橋名人の大人のゲーム大会in仙台」と称されたイベントで
・本当に高橋名人を仙台に招いてのゲーム大会が実現
・1986年当時仙台のちびっこは高橋名人に会えなかった人がほとんどだから
・参加者のほとんどが名人と初対面
・そして横で話しながらプレイすると言う緊張感
・2006年に僕らが味わった喜びと緊張を追体験してもらいたくてゲーム大会にこだわりました
・二部制は地獄の忙しさでしたけどね
・当時の日記貼り
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2013/11/post-4163.html

・翌2014年に高橋名人が生放送で
・「きめんくん仙台にまた呼んでくれないかなぁ」
・と水面下の打ち合わせもなく大きな独り言
・放送見てなかったきめんが慌ててログイン
・「検討します」とコメントしてその年の2014年10月25日(土)に
・第1部 「高橋名人のここだけのスペシャルトークショーin仙台」
・第2部 「高橋名人のもっと大人のゲーム大会in仙台」
・として開催
・高橋名人に加えてスタソルのBGM作曲の国本さんにもお越しいただくミラクル
・なんで仙台でこんな豪華なイベントが出来たのかいまだに自分でも謎です
・当時の日記貼り
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2014/10/post-4208.html

・そして本日2021年6月13日にスタソルは発売35周年を迎えました
・Twitter勢はご存じでしょうがhoneybitさんのスタソル本にきめんの拙文を載せていただいております

20210613astsl

・注文したい方は下記URLをクリックいただくと「品切れ」の表示が出ますので
https://www.beep-shop.com/ec/products/detail/DD-1--11704
・来週再入荷予定なのでお待ちくださいとのことでした
・35年経ってまだ大人気だなスターソルジャー!

と言うわけで36年目もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年5月23日 (日)

ベガルタ/【J1第15節】大分to大分


昨年2020シーズンをホーム0勝で終えたベガルタ仙台。
当然ほとんどのサポーターも目の前で勝利を見ることなくシーズンを終えた。

そして、翌2021シーズンもなかなか勝てず、リーグ戦で勝ったのは5/1のホーム柏戦。
この時点で518日ぶりのホーム戦勝利だったが、僕はこの試合、コロナの感染拡大などにより観に行かず。まあイマイチ足を運ぶ気になれないチーム状況ってのもありましたが。

で、3月のホーム開幕川崎戦以来に、5/22大分戦を観に行ってまいりました。
マイミクさんが当選した招待チケットで。
仙台は19位、相手の大分は17位。
どちらもJ2降格圏に沈むチーム同士。勝っても負けても激しい試合が予想されますが、ここまで6ポイントマッチにほぼ全敗している仙台は、ここで負けると本当に後がない試合。

期待は得点が出来るようになってきたこと。
ルヴァン杯広島戦は3得点、川崎戦は2得点と複数得点できるようになってきた。

不安は失点があまり減らないこと。
先制され、複数失点があることが3試合、崩れた試合はルヴァンで4失点もあった。

勝つにしてもギリギリの戦いになるだろうなと。
実際、開始5分に先制したものの、7分後に追いつかれ、前半は防戦一方。
勝ち越した後も危ない場面が2回はあり、最後まで気が抜けなかった。

90分の長沢のシュートは、ゴール裏から見てて枠内に飛んでるのが分かった。あとはネットが揺れてガッカリするだけだなと脳裏をよぎった瞬間に、神の手がボールを遮った。
声出し禁止の場内がどよめいた。それだけギリギリの勝利だった。

個人的には、2019年11月30日の大分戦以来、539日ぶりのユアスタでの目の前での勝利。
まさかの大分始まり大分終わり。from大分to大分。

死闘を制しての勝利。でもリーグ戦はまだ2勝目。
長い戦いはようやく始まったばかり。
目指せ19節清水戦までで5勝。

|EXCLUSIVE|2021明治安田生命J1 第15節 大分トリニータ戦ハイライト

フォト
フォト

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

日常/2021サクラ革命

タイトルは鳴り物入りで配信されたのに半年でサービス終了のソシャゲより。

去年と変わらず、感染者数だけ見れば去年よりもはるかにひどくなってるコロナ禍において、お家でモンモンモンとしてるだけだと頭がおかしくなるので、近場を中心に桜クエスト。
今年は雪が降るのは早かったものの、気温は比較的高めで2月以降はほぼ雪も降らず、仙台市内も観測史上初めて3月の満開(3/31)となりましたとさ。

・三神峯公園

21042501a1 21042501a2 21042501a4 21042501a3 21042501a5 21042501a6

・名取熊野堂神社

21042502b1 21042502b2 21042502b3 21042502b4 21042502b5 21042502b6

・釜房湖畔

21042503c1 21042503c2 21042503c3 21042503c4 21042503c5 21042503c6

・釜房ダム

21042504d1 21042504d2 21042504d3 21042504d4 21042504d5 21042504d6

・秋保神社

21042505e1 21042505e2 21042505e3 21042505e4


今年も大きなお花見会場では桜まつり中止の連絡がずらずらと。
東京は酒類提供禁止、20時に消灯とか厳戒態勢と言うよりも戦時中かよって突っ込みまくりな状況。ライン潰して消毒用アルコール製造してくれた酒造会社すべてに土下座して回れ。

1年我慢した結果がこれなのはガッカリでテンション落ちまくりですが、来年こそは普通に桜見学に行けますようにと願いつつ。

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

日常/あれから10年

震災関連の情報と津波の映像が多かった2021年3月。
今日で東日本大震災から丸10年が経過しました。

一部では区切りとか節目とか言う単語が出てるけど、年月日時分秒なんて、人間の考えた単位に過ぎず、5とか10はキリのいい数字かもしれないが、東北に住んでる人にしてみれば区切りとか節目とか無いよと。ずっと続いていくものだよと。

そもそも、宇宙を漂う小さい石っころにただ乗っかってるだけに過ぎない人間風情が、自然災害に対してどうこう出来るわけもなく。
石っころからしてみれば、10年なんて単位知らないし、仮に知ってても46億年の4億6千万分の1に過ぎないので、気にもかけない短さだろう。

2月の震度6強の地震で感じたように、やはりこの先も大きな地震は必ず来るので、そのときどれだけ冷静に行動できるか。
何より、この10年の間に老けたし体力も落ちたし身体も動かなくなった。10年前のように食べ物探して1日歩き回るとか、10数リットルの水を1日に何回も公園から往復して汲んでおくとか、多分次の災害の時には出来ないだろう。

現在は、ローリングストック(使っただけ買い足す)を自宅で採用しているので、飲料水やティッシュ、トイレットペーパーにマスクは常に常備。特にトイレ紙は去年のコロナ禍での謎の売り切れ続出でも役に立ったので、意識せず自然と続けていきたい。

トクする防災 備蓄の心得ローリングストックについて
https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock03.html

この考えのおかげで、ミロが市場から消えても2袋は持っておけたからね。流石にもう無いけど。
あとはアニメの影響でソロキャンが増えてるらしいし、100均でもキャンプ道具変える昨今。そういうところで非常時に備える考え方もあり。

区切りでも節目でもないけどさ、そういうことを考える、思い出す日であればいいかなと思った普通の日の今日でした。

おまけで、震災の1年後に書いた備忘録を再掲。

あの日/3.11当日の記憶
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2012/03/311-4d16.html

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

ベガルタ/【J1第2節】今年も開幕

震災のあった2011年時点で川崎はタイトルホルダーではなく、仙台はJ1復帰2年目。
共にJ2オリジナル10であり、当時も強かったとは言え、まだ手が付けられないレベルではなかった。J2時代の天皇杯準々決勝で川崎に勝ったこともあったし。

しかし、である。
かたやとんでもない強さを誇るJ1リーグの優勝候補筆頭。
かたや昨年はホームで勝てず降格圏に沈み今年も降格チーム候補の一角。

現地で合流したサポ仲間が言っていた、
 「この10年でものすごく差が付いちゃったね」
と言うのは、チームの強さだけではなく、運営規模、スポンサー、企画、様々な部分においてのことも含まれてる言葉なのだろうなと。

ネットのごく一部では「川崎はスペインリーグに行け」と言う言葉も聞えるが、とんでもない話である。こんな強いチームがあり、お手本とすべき相手がいるのだから、国内で存分に強さを誇り、他のチームが切磋琢磨してこそ強いJリーグのチームが増えるのだ。
仙台のように毎年チームのメンバーが大幅に入れ替わり、チーム作りを0に近いところから繰り返し続けるのであれば、10年後はもっと差が開いているかもしれない。

そうしないためには、選手をとどめるだけのサラリーが必要。7000万くらいまでなら出せるチームにならないとね。

とりあえずルヴァン含めて3戦して未勝利だし、今年も残留が目標となることは変わらず。
自チームの下にあと4チームを据えるイメージが、まだぼんやりとしか浮かんでこない。
今年も始まりましたな。

フォト フォト

試合後少しだけ飲み。
あーだこーだと文句垂れてると試合のことなど吹き飛んでいるので、やはり試合後の飲み会は大事。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

メモ/日常/震度6強

備忘録として。

福島県沖 震度6強のあとも地震相次ぐ 今後1週間程度注意を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210213/k10012865151000.html

2月13日23時8分頃、家全体がミシッとしなるような感じで地震がきたことを感じる。
地震大国・宮城においてはそんなのしょっちゅうであり、「地震かぁ」くらいの感覚。
しかし、次の瞬間大きく揺れ始める。
 「あれ、思ったよりもデカいな」
そう思ったのもつかの間、揺れがさらに大きくなる。
 「これデカいぞ」
揺れる電灯のヒモを見ながらそう思った次には、さらに一段階揺れの強さが上がる。
 「ヤバイヤバイ! デカいデカい!」
この段階で棚から荷物が落ち始め、電灯は落ちるんじゃないかレベルで揺れている。
揺れが強い中、家中のドアを開けながら、
 「地震! デカいぞ!」
と叫んで母親が寝ている部屋を開け放ち、周囲の棚が倒れないか、荷物が落ちてこないかを確認する。

揺れが徐々に収まり始めると同時に、停電していないか、水道は生きているか、ガスは漏れていないか確認。
深夜に起きていたので電気がついてる時点で停電してないし、水道出しても水道管に水がある限り水は出るし、ガスは元栓が閉まっていないので火をつけてガスが出ることを確認。今から考えれば、ガス漏れしてたら爆発するし、冷静に動いてるつもりで危険な行動である。

懐中電灯は部屋に3個は置いてあるので、1つを手に取り外へ。あの規模の揺れなら停電が起きててもおかしくないが、周囲で停電してる様子はなく、遠くの明かりも見えたし停電は無さそう。
2-3分周囲を散策したが、火の手が上がる様子もなく、他に外に出てくる人もいないので家の中に戻る。
幸い、テレビや食器棚などに影響はなく、figmaや漫画が飛び出した程度。被害と呼べるものは特になかった。

21021301

ツイッター、mixi、フェイスブック、LINEで各方面に無事の報告。
インフラが途切れていないのが震災との大きな違いか。各方面からすぐに反応があり、宮城が地元で実家と連絡がつかない他県の友達らと少々やり取り。
ニュース報道を見ながら、酒を飲みなおした。
宮城と福島で震度6強、仙台市内でも6弱と言うなかなか強烈な地震だった。

震災を思い出した人が多かったと思うが、個人的には第2部になって新たな敵が現れた感があった。このタイミングで続編かよ!みたいな。

備蓄品の数年持つ水とか飯とかはもう期限が切れているので使い物にならないが、震災後は2Lペットボトルの水を2つ箱買いし、1箱使ったら次を買うと言うように備蓄を切らさないようにしている。トイレットペーパーやティッシュもそう。
風呂の水も抜いてないし、心構えとしてはそれなりに普段からできていた。
しかし、いざ揺れるとなかなかに冷静ではいられない。
特に今はコロナ禍だし、避難所に行くのも少々抵抗がある。

ひとまず今日はアルコール入りのウェッティ買い足し。
東日本大震災から来月で丸10年。
皆様もくれぐれもご用心のほどを。

| | コメント (0)

2021年1月31日 (日)

日常/分母

早いもので今年も1年が過ぎたようです。
去年は何もしてない出来ない年でしたが、それでも時間は等しく流れます。

歳を取ると1年が過ぎるのが早く感じると言いますが、そのことに関して昔、福沢朗アナが書いた著書「ジャストミートは目で殺す」

フォト

の中に、年齢を重ねると1年に対して分母の数が大きくなる。10才なら1/10、三十路なら1/30と言ったように、1年の長さは変わらないが年齢を重ねるとともに1年の大きさが小さくなる、と書いてありました。
数学的には間違ってますが、気分的にはなるほど納得したくなるなと思った覚えがあります。

明けまして云々と言ってからすでに30日が経過し、間もなく今年の1/12も終わります。
去年よりも分母が増えた分、去年よりも超速で過ぎ去りそうな今年。
とりあえず、去年よりは笑える日が多いといいですね。

誕生日前日の昨日、ゲーム配信で散々笑ってきたので、今日は普通。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

日常/須賀川円谷

11月に福島県須賀川市に「須賀川特撮アーカイブセンター」と言う施設が出来まして。
行く機会がなかなか訪れない中、今年大ブームとなったウルトラマンZさんの最終回を観たテンションを受けて、きまらさんことdokuhuntさんとちと遠征してきました。
須賀川は福島県内の郡山から南側、関東からだと白河の関を超えてちょっと行ったあたりです。そこのさらに市街地から離れた郊外にありました。

A01
 A02


どこかの施設を借り受けた感じのところ。多分ですけど、施設が須賀川市のホームページに載ってるので、安く借りられてるんでしょうね。流石は円谷英二の生まれた町。
1Fは主に特撮メカの展示。

B01  B04

B02  B03

B05  B06
 
特撮メカのデカいこと。スカイホエールが1m以上ある感じ。
操演ってピアノ線で吊るす関係上、ある程度の重さが無いと飛んでる感が出ないんですね。これ操作するのは大変だし、補完してるのは倉庫経費が掛かりそう。宝物の維持にはお金がかかるものですね。

2Fは特撮の模型と撮影ポイント。

C01  C02
C04   C03

実際の大きさが分かって面白かったです。
セットの背後に回って「きめん、須賀川に現わる」ゴッコも出来たので、お子様の記念撮影にどうぞ。
なお、近くにいた知らん子供は「怪獣いなくてつまんない」と駄々こねてましたが。

お腹が空いたので、そば処はなたにさんへ。
こちらはウルトラマンそばとバルタン天丼を提供しているお店。

D01  D02

せっかくなので、ウルトラマンそばの特盛を。
そばは柔らかくて手で切るタイプ。美味しかったです。
その後は市街地に出て、円谷ミュージアムへ。

E01_20201230231501 E04  
E03_20201230231501 E02_20201230231501  

こちらは5Fの展示。お子様には1Fの怪獣とか宇宙人とかロボとか、

F02  F03  F01

もしくは外の銅像を
G01 G02
G03 G04

子供に見せてあげれば、テンション上がると思います。その直後にヒッポリト星人に襲われるかもしれませんが。
んで帰りは安達太良SAで、

H01

ティガさんに挨拶して帰宅。
ウルトラ良い年末を過ごしましたでございます。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

ベガルタ/【J1第34節】リーグ戦終了

コロナ禍の中で行われたJリーグも、紆余曲折ありながらなんとか全試合を消化。2020シーズンも終了となりました。

リーグ戦第1節を戦い、ルヴァン杯2節目直前に試合停止、その後4か月以上の休止期間を経ての再開。過密日程、コロナ罹患による試合延期など、様々なことがありましたが、ベガルタで言うと、

・ケガ人続出
・チーム低迷
・接戦を落としまくる
・連続17試合勝ちなし
・経営難
・債務超過も判明
・緊急募金開始
・年チケ1000人以上寄付(約6,000万円)したのに
・ユニスポンサーも埋まってないのに
・金だけくれとは何事だと猛反発を生む
・所属選手が元恋人へのDV報道で解雇
・全国放送で対応を叩かれまくる
・募金休止
・最下位に転落
・対戦相手がコロナで試合延期
・代替試合は12月の平日ナイターで客入り大幅減
・社長途中退陣
・監督1年で退任
・ホーム戦17試合勝ち無し
・J1では3チーム目の不名誉記録

とまあ、特に資料を見なくてもソラでこれくらい書ける程度にはひどいシーズンでした。
コロナ禍で生活が苦しく、余暇も楽しめない中、せめてもの娯楽と思っていたサッカー観戦でここまでの地獄を味わわせてもらうことになるとは、さすがに低迷に耐性のあるベガサポも苦しみました。
金を払って苦痛を味わうとか、荒行にもほどがありますし、まだ普通の宗教の方が死んだ後に救いがあるのでマシなのではと思わなくもないレベルです。

何がどうなってこうなったかってのは難しいところですが、指摘できるのは、数年で入れ替わる天下りな社長では抜本的改革は望めず、お役所仕事的な経営と営業しか出来ないこと。
その営業も上から目線で、金を出す側は継続する意欲も失われてしまうこと。
この2年で選手を海外に売って、天皇杯準優勝の賞金5000万円もあるのに赤字なこと。
お金の集め方も使い方も下手なこと。
金の無いチームは知恵を使うべきなのに知恵もないこと。
また、知恵を使っても望まないコラボで赤字を増やすこと。

ざっと浮かぶだけでもこの辺りでしょうか。
正直なところ、これまで大目に見てきてあげて、そのうち良くなる、きっと良くなると自分をだまして何とか応援してきた結果、何も変わらず金だけ寄こせと言うその態度に怒りが頂点に達したか、もう諦めて見切ったかって感じな人が多かったと思います。

試合後の反省会でいろんな話が出ましたが、その中で大きいのは、毎節スタジアムに観に行く文化が強制的に失われた結果、「別に観に行かなくてもいっか」と言う層が確実に増えてしまった。
そして来年以降、コロナ禍が改善したとしてもその「観に行かなくていっか勢」がスタジアムに戻る可能性が低いこと。戻るにしても現状維持のイベント、運営では無理で、もっと興味を引き付ける施策が必要なこと。
何より、客からお金を徴収する興行である以上、勝利も含めた試合のエンターテイメント性が高くなければ、リピーターは生まれないこと。

この辺りをどこまで本気で考えているのか。
ファンクラブに入るメリットはなんだ? 年チケを買うメリットはなんだ? 金額以上のものを見せられるのか?
クラブに突き付けられている課題は、債務超過の額よりもはるかに大きいです。

果たして来年の今頃はどのような顔をしてサッカーと向き合っているのか。
そもそも、サッカーを見てるのか。
その辺も含めて、2020年と言う過去に例のないほどのひどいシーズンを見終えた感想を、つらつらと書き連ねた次第。

来年の今頃、コロナ禍と合わせて「そんなこともあったねぇ」と思える日が来てくれていれば良いのだが。
どうだい、来年の自分?

フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

日常/紅葉ログ2020

今年は紅葉をいくつか見てきたので、ログとして残します。
垂れ流しだとどうしても忘れがちなのでね。

~鳴子渓~

201123a01 201123a02  
201123a03  201123a04


~鳴子ダム~
201123b01 201123b02 201123b03 201123b04


~やまびこ吊り橋/七ヶ宿~
201123c01 201123c02 201123c03 201123c04
 

昔は枯れた木に興味はないとか言ってましたが、年々良さが分かってくるあたり、歳をとったんだと言う自覚があります。
温泉入りながら楽しみたい年頃。

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

ベガルタ/【J1第22節】続・戦術的なことはわからないけど

選手一人入れ替わって劇的にチームが変わるとか、そんな単純な競技とは思わないのだが。

突発的にユアスタに試合を観に行ってきましたが、もしかしたら万が一にも勝てる可能性があるかもしれないと言う希望的観測に賭ける、と言うギャンブルには負けました。

20101401

20101402

前節川崎戦よりも支配率、パス成功率とも悪くなっているのですが。
その数字通り、特に盛り上がるポイントもないまま試合は終わりました。
さて、前節同様にパスの成功率からこの試合を眺めてみます。

横浜FC:パス数700本 成功572本 失敗118本 パス成否4.8:1
仙台:パス数289本 成功202本 失敗87本 パス成否2.3:1

パス数は約2.4倍の本数差があり、411本も本数が違うが、失敗は31本しか差がない。
また川崎戦の3.7:1からパスが1本以上少ない本数で失敗している計算になる。

果たしてそんなことがあるのだろうか?
プロのサッカー選手同士がパスを平均で3本つなげないとかあるのだろうか?
疑問に思ったきめんは、狂気にかられた。
1試合はとても無理だが、前半の給水タイムまでなら数えられるのでは?

そして、前半24分まで可能な限りパスの状況を簡易的にメモしたので、暇な人は確認していただきたい。
なお、KO、スローイン、GK、CK、FKは、数える基準が違うので0本とする。

KO 椎橋 相手 1本
スローイン 柳運ぶもゴールキック -
椎橋カット 相手 0本
柳クリア スローイン 0本
椎橋クリア スローイン 0本
柳クリア CK 0本
?CKクリア ゲデス?弾く 相手シュート 1本
GKクバ 久 パラ 松下 平岡 久 柳 道渕運ぶ相手ファール 6本
平岡カット 松下 椎橋取られる 2本
平岡カット 相手に渡る 0本
パラカット 山田 松下 道渕ドリブル後取られる 3本
--5分経過--
平岡カット 松下 柳 椎橋 久 平岡 パラ ゲデスクロス合わず 7本
柳こぼれ拾うクロス合わず 0本
クバキャッチスロー 平岡 パラ 椎橋 平岡 久 椎橋運んでパス相手カット 6本
早いリスタート関口? 松下 ゲデスシュート打てず 1本
柳 椎橋 久 平岡 パラ 平岡 松下 椎橋クロス合わず 7本
CK関口 久あわず後方へ パラクロス 相手クリア 1本
関口こぼれ拾ってクロス 相手クリア 0本
CK関口 ファール -
--10分経過--
関口カット 相手に渡る 0本
GKクバ 山田ハンド -
クバキャッチスロー 久 クバ 椎橋 久 クバ 相手カット 5本
松下カット 関口クリア 相手に渡る 1本
椎橋こぼれ拾ってパス 相手に渡る 0本
山田 関口 相手ファール 1本
FK? 映像で経由不明 久 柳 椎橋 ゲデス 相手カット 3本(+1-3本か?)
スローイン 道渕クロス GKキャッチ 0本
--15分経過--
パラカット 相手に渡る 0本
クバキャッチスロー パラ 平岡 椎橋 久 椎橋 久 柳トラップ相手カット 7本
柳クリア 松下 競り合い相手スローイン 1本
パラカット 松下 関口? 松下 山田 パラ 道渕 山田運ぶも割る 7本
?カット 松下 ゲデス 関口クロス 相手クリア 3本
スローイン 平岡 久 平岡 椎橋 関口 松下 パラクロス 相手クリア 6本
--20分経過--
平岡クリア 相手シュート 0本
GKクバ ファール -
椎橋 松下 ゲデス 道渕 相手詰めてスローイン 3本
スローイン 相手カット -
松下 柳 山田 相手奪う 2本
平岡 椎橋 山田 トラップミス相手ボールへ 2本
久カット 相手へ渡る 0本
パラクリア 相手CKへ 0本
--24:07 給水--
 11回 13本
 7回 22回
 7回 9-12本
 6回 21本
 6回 7本

給水までのボール保持開始機会37回に対し、繋がったパスは72本。これを割ると、
 「1.94本~2.02本」
しか平均でパスが繋がってないと言う衝撃の数値になった。

もっとも、ゴール前でクリアした行為をパスと呼んで良いのか分からないので、それを省いた場合、数値はもっと大きくなると思うが、それでも劇的に大きくは変わらないだろう。

ここから読み解けるのは、
 ・パスの精度
 ・選手同士の距離感
 ・立ち位置
に問題がありそうだと言うこと。
そしてそれは改善されず、むしろ悪化している状況が続いていると言うこと。
さらに言えば、上記3つに問題があるのであれば、選手が今後怪我から復帰して入れ替わっても、チーム全体として大きく変わる可能性は低いことが考えられる。

サッカーの素人がサッカーで飯食ってる監督に言えることなど何もないが、苦しい苦しいとばかり記者会見で言ってないで、なぜボールが運べないのか、繋がらないのか、もう一度今現在自分が育ててきたチームの状態を、見返していただきたいものである。

20101403

20101404

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

ベガルタ/【J1第21節】戦術的なことはわからないけど

タイトルパクリと言う斬新な出足。

ふとしたことから気になったので、川崎戦からベガルタの試合を観てる時の「印象度」に裏付けはあるのか、データから見てみる。

20101001 20101001a

10/10川崎戦のスタッツから、以下の点に注目してみる。

川崎:支配率:60% パス本数:726本 パス成功率:87% 成功/失敗:631/95 パス成否:6.6対1
仙台:支配率:40% パス本数:400本 パス成功率:79% 成功/失敗:319/84 パス成否:3.7対1

上記から、川崎は6-7本のパスで1本失敗、仙台は3-4本のパスで1本失敗すると「仮定」できる。例えば、
 クバ-1→シマオ-2→アピア-3→椎橋-4→失敗
と言った感じだ。

ボールが中盤で奪われてばかり、パス3本くらいしか繋がってなくね?と言う「印象」は、一応上記データで無理矢理だが補強できる。

もちろん、毎回その本数で奪われるわけではなく、10本続くこともあれば、1本目で奪われることもあるだろう。ただ、成功率が8割もあるからそこまで悪くないと言う「印象」は、実際のパス本数で割ることでそこまで繋がっていないと言う「数字」に表れることがわかる。
まあこれ以上の詳細については、試合を見返してすべてのパスを本数数えるとかしないと無理なので、追求しないでおく。パスを受ける場所も重要だろう。GK-DFラインでずっとボール回してれば、成功率も本数も上がるし。

だが、川崎の726本のパスに対し、劣勢とは言え400本のパス本数は明らかに少ない。逆にこの場合、約1.8倍のパスを相手に出されているので、仙台は約1.8倍パスの成功率を上げないと、川崎と拮抗できないという見方も出来る。
その場合、仙台のパス成功率は「142%」となってしまい、もはやサッカーでは無くなってしまう。
ここは、400本のパスで川崎の6.6対1のパス成否、成功率87%を求めるのが正解で、そうなると348本のパスを成功させねばならない。この日で言えばあと29本成功させればいいと言うことだ。

まあそうは言っても、ゴール前の決定的な場面で1本パスが決まるか、ずれるか、奪われるかの方がよっぽど重要だし、今はそこまでボールが運べてないから、そっちの修正が大事だよねと。
鹿島戦の決勝点のように、中盤から裏へのパス1本、FWがトラップして決めたらパス本数1で1得点だし、そっちのが効率がいい。

長々と書いておいて結局パスの本数と成功率は、試合を観てる時の印象度を裏付けるデータにはなりうるが、勝ち負けにはそこまで関係しないのかなと言うお話。
それはまた違う着眼点が必要なんだろうね。相手陣地に持ち運べた回数、切り込めた回数、ラストパス、シュートの決定率云々。

そういう視点から試合を観られればまた面白くなるかもしれないが、単にしちめんどくさいおじさんになるだけのような気もする。

最後に1個だけ追加データを。

20101001b

今シーズンで唯一と言っていい、試合開始から比較的有利に試合を運べた7月の札幌戦のデータ。
ボール支配率、枠内シュート、パス本数に成功率、フリーキックまで見事なほどほぼ互角。
そう考えると結果も妥当かもだが、双方ともに苦戦してる今シーズンを裏付けるデータとも言えるかもね。

横浜FC戦は行かないつもりだが、直前に突然変わるかもしれない。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

アニメ/2020秋アニメ予定

コロナ後は全然アニメ見てません。公式が無料配信してるとそっち見ちゃって、新作見ないのよね。夏アニメは予定すら書かなかったし。

2020秋アニメ(参照サイトは以下)
http://www.kansou.me/

・ハイキュー!! TO THE TOP(第4期) 第2クール
TBC:10/06(火) 25:00

・ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
BS11:10/04(日) 24:30

・神様になった日
BS11:10/10(土) 24:00

・進撃の巨人 The Final Season
NHK総合:12/06(日) 24:10~

この4作品は「録画するよ」ってだけで、見るかは分からない。
ハイキューも第1クールは見てないし、神様になった日はシャーロットで外してるから期待してない。
微妙に気になるのは全部排除した。進撃は秋アニメと言って良いのかどうか。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

ベガルタ/【J1第14節】お金の価値は

「ここに集まってくれる今日のサポーターは、自分のサラリーよりもベガルタに対して生きがいを感じてくれる人たちだ」

2011年の震災後、ナイター設備が使えず平日デーゲームを戦う選手に対して、当時の手倉森誠監督が語ったセリフである。

そういう意味ではコロナウイルス騒動後、J1リーグ戦が再開し、スタジアムの収容が上限5,000人と限られた中でスタジアムに足しげく通う人たちは、ベガルタに生きがいを感じている人たちなのだろう(サラリー < ベガルタ かは置いといて)

とは言え、当時とは状況が違いすぎて比較はできないのですが。

9/5(土)に行われたガンバ大阪戦を観に、約半年ぶりにユアスタに行ってきました。
やはりスタジアムの雰囲気はいい。会場に着くだけでワクワク感がある。こういう感覚は本当に大事だ。

そう思えたのは最初だけ。

人通りの少ないコンコース、人の並んでいない売店、出展されず空いているスペース、チケットチェックするボランティアもおらず、スタッフは皆マスクとフェイスガード装備。
トイレにはアルコールや手拭きのペーパーが準備され、コロナウイルスに罹患する可能性が限りなく低くなるよう最大限の用意をしていることがわかるが、やはりそこにあるのは違和感。

僕は1999年のJ2発足年度からベガルタの試合を観ており、当時プロスポーツの無かった仙台にとって、J2屈指の客入りを誇るベガルタは大変楽しい娯楽であったが、それでも初期の頃は5,000人を超える程度。たまに9,000人を超えることもあったが、2万人近く収容できるスタジアムはどうにも広すぎて使いこなせてない感じがした。

今回観戦に行ったのは、コロナ下での少ない集客はどんなものかと言う確認と、20年ほど昔の客入りの少ない頃のような感覚になれるかどうかと言う実験的意味合いもあったのだが、完全に思い違いをしていた。

当時は客入りは少なくても、声出したり手を振ったりの応援は出来ていた。
今は違った。声は出せない、手拍子も出来ない、お客さん同士の感覚も広い。
根本的な熱量が違いすぎる。これは比較できる対象ではなかった。
今回メイン側に座ったが、バックスタンド側の客入りは良かった。

フォト

これでほぼ前売り券完売の入りである。招待券があるので埋まってはいないが、ほぼ埋まっているに等しい。集客は2,800人ほど。
歓声もコールも出来ないので、ピッチの選手の声がよく聞こえる。ボールを蹴る音や弾く音も拾える。
このユアスタは、屋根の角度が特殊なため、コールした声は屋根に反射してピッチに降り注ぐと言われている。そのため、対戦相手からすると相当やりづらいスタジアムらしい。

例えば選手間同士の掛け声が聞こえない、監督からの修正の声が届かないと言うのは、相手選手の動きに対してコンマ何秒レベルでズレが生じる可能性があり、それは恐らくホームの強みになっていたのだろう。応援が力になると言うのと逆の、声が相手の邪魔になる。そんな感じ。

だが、今の声に邪魔されない試合においては、なんかちょっと豪華な練習試合を見せられている気分。むしろ、VRをつけて試合を観ていたらこんな感じなのではと思うほどだった。そうなれば、選手同士のクォリティ差が結果につながるのも必然なのかなと。
なんとも重い気分でスタジアムを後にした。

新生活様式がこんなので、こういうライフスタイルがこの先もずっと続くなら、こんな世界に用はないなと思った次第。早く次のループに進んだほうがいいんじゃないかと。

まあそのループでは、20年間J2から上がれないベガルタがいる世界かもしれないので、安易な世界移動はよした方がいい。

フォト フォト

2010年のエンドレスエイトに比べればまだマシ。
と思いたいし、仙台にも戻れない人たちがいる中でスタジアムに行けるだけでも贅沢、と言う声があるかもだが、観に行く方がストレス溜まることもあるのよねと。

とりあえず、こちらもこの状況で収入減ってますので、勝つまでゴールデンチケットに投資はしません。ご自分たちのサラリー稼ぐために、頑張って勝つといいよ。

今日も負けたがな。

おまけ:2010年のエンドレスエイト

| | コメント (0)

«ゲーム/TWINZ/ジャイアントグラム育成大会終了ログ