2017年6月13日 (火)

プロレス/あれから8年

毎年毎年、微妙に忘れそうになるも思い出して更新していますが、7回忌も過ぎたしそろそろいいかなと思いましたが、読み返してみると、その時期のプロレスの話とかちょこっとだけ書いてあって興味深いので今年も。

三沢さんが亡くなって以降、90年代のような危険な垂直落下技は減ったと思いますが、最近心配なのは、新日に怪我人、離脱者が増えていること。

今年だけでも棚橋が筋断裂、柴田が硬膜下血腫、本間が頸髄損傷と、ちょっと心配なレベル。
怪我こそしてないものの、オカダvsケニー戦とか危ない場面が多かったですし、ちょっと最近また別ベクトルで危険な方向に進んでいないかなと。

特に新日は、国内ツアーを終えて短いオフの間に海外遠征して試合、帰国してまたシリーズ開始と、ダメージの回復期間がなさそうに見えます。
飯伏がそうでしたが、DDTと新日の掛け持ち時代は、やっぱり回復してなさそうでしたし、ずいぶん前に読んだ記事で、やはりオフ期間にダメージの回復や、ツアーで落ちた筋肉をつけ直す作業を怠ると、どんどん蓄積される恐れがあるとかなんとか。

試合を見て、興奮したり盛り上がったりしてる側が言うのも変かもしれませんが、リング禍(か)はもう見たくありませんからね。

と、さっぱりノアの話題を出さないのも何なので1個だけ。

去年の日記で「平日開催は厳しいですよ田上社長」と書いた、237人(満員)の仙台大会ですが、

2016年7月4日(月) 開場:18:15 試合開始:19:00 夢メッセみやぎ(西館ホール)
http://www.noah.co.jp/tour_detail.php?tour_id=1612

今年2月になんと、土曜日に仙台で試合が行われました。
流石です。分かってます。
その結果はこちら。

2017年2月11日(土) 開場:16:15 試合開始:17:00 夢メッセみやぎ(西館ホール)
http://www.noah.co.jp/result.php?tour_id=1735
239人(満員)

えーと…。
ふ、二人は集客増えたから、週末開催の意義はあったよね、うん。
多分、夢メッセのキャパが250人とかそのくらいなんだよ、考えすぎだよ。

DDT 2017年6月11日 宮城・夢メッセみやぎ西館ホール
http://www.ddtpro.com/ddtpro/48091/
345人(満員)

(上記からは目をそらしながら)

今年も響け、天まで届け、スパルタンX!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

マイナビベガ女/なでしこリーグ杯/一致団結して勝利しよう

皆さんお久しぶりでございます。きめんツアーです
いよぉー(パチパチパチ

今日は6月の11日。
2017年もまもなく半分を終えようかとしているところです。

ここは仙台駅の東口、いつもの待ち合わせ場所です。
きめんくんは言ったね。着いたとたんに「懐かしいなぁ」と。

確かにこの東口と言うのは、いろいろなAWAYツアーに出かけた場所で、身が引き締まる思いです。

2人乗り? バカ言うな。1人乗り? とんでもない!
4人乗りで!

と、水曜どうでしょう喜界島1周のノリで書けるかもと思ったけど、ちょっと難しかったのでこの辺で。


前・きめんカーでの最後のツアーが、2011年の鹿島戦なので、約6年ぶりの大復活。
やはり、みんなで車で出かけるサッカー観戦は、前日からワクワク感が違いますな。

「常に初陣」とはよく言ったものです。

さて、福島県会津若松市内での「マイナビベガルタ仙台レディース」の試合ですが、AWAYではなくHOME扱いでの開催。2016年に続いて2度目です。

理由ははっきりとは分かりませんが、前身の「東京電力女子サッカー部マリーゼ」時代にホームとして使用しており、2018年から福島県いわき市のJヴィレッジが一部使用可能となる予定であるため、そのモデルケースとしての開催なのかもしれません(勝手な憶測

さて、当日移動で、小学校の修学旅行以来と思われる鶴ヶ城を見学し、

170611a01 170611a02


会津若松市内でソースかつ丼に舌鼓を打ち、

170611b01 170611b02


帰りには猪苗代湖畔で美味しいケーキをお土産に購入し、

170611c01


滅多に行くことのない山奥の高台からの眺望を堪能し、

170611d01 170611d02

170611d03 170611d04


メチャクチャ楽しんで帰ってきました。
これぞ正しい遠征。
ホームなのに。

なお、試合は2-1でマイナビが勝利しました。
やったー。

170611e01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

ゲーム/To Heart発売20周年オフ簡易レポ

どうも、きめんです。

先日5月27日に、いつものことながら仙台駅前の Music Dining ark さんで、
 「To Heart発売20周年オフ」
を開催してきたので簡単にご報告。

Dsc_3280


事前にTwiplaで確認するも、PC版の発売から20周年ということで、参加希望は9名ほど。
http://twipla.jp/events/257071

R-18カテゴリーのゲームの20周年なぞ、誰も覚えとりゃせんだろうと思ってたのですがね。
それでも、発売日が5月23日なことから、最も近い週末27日の土曜日を設定。
しかしその日は、「高橋名人の真夜中のゲーム大会」から1週間後と言う過酷なスケジュール。
ネタとか資料の準備するヒマなくて大変。もう1週遅らせたほうが良かったわ、とか考えていたら、来ましたね。流れが。

PC版発売日の5月23日に、twitterでは深夜頃からTo Heart発売から20周年の驚きとか思い出を語る投稿が続々と。
中には当時の開発者様なども。

伝説のギャルゲー「To Heart」発売から今日で20周年 時の流れに多くのファンから感動と悲鳴が
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/23/news137.html

#ToHeart20周年
https://twitter.com/hashtag/ToHeart20%E5%91%A8%E5%B9%B4?src=hash


と言うことで流れに乗り、プレゼン資料などを作ったりしていざarkへ。
もうね、この時点で凄い自分のテンション高いの。
めっちゃ楽しみにしてると同時に、参加者全員きめんのToHeartパワーで押しつぶしてやるぜー、くらいに思ってたの。

そしたらスゴイの。
参加者の皆さんのパゥワーが。
こちらが推す気満々で挑んでるのに、推し負けるの。もう完全にパワー負けしてるの。

みんなのToHeart愛スゲー!

20年経ってみんなの忘れていた記憶が蘇ったのか、とても20年前のゲームを語ってるとは思えないテンション、パワー。
名作は色あせないと言うのを、改めて実感いたしましたわ。


Dsc_3283 Dsc_3289

Dsc_3276


細かい説明をするととんでもなく長くなるので、箇条書きにて候。

・開演 → 国歌斉唱


・To Heartの歴史を簡単に振り返る企画


・MAD音楽とかマルチ水素水とか委員長とか委員長


マルチ水素水は、arkのオーナー・メロンさんに相談の上、当日限定メニューとしてお願いいたしました。立ち姿勢のマルチの後ろにサーバーがあってな。うん、まあそういうことだ。
作中に出てくる「うにクリームパスタ」(レミィとのイベント時)は、大変美味しく通常メニューに加えてほしいほどの出来栄えでございました。

Dsc_3282 Dsc_3295

Dsc_3288


あとは、なぜか我々のギャルゲーイベントの際に毎回組まれる、プロレスゲームの試合。

・ファイヤープロレスリングG エディットレスラー紹介~対戦


3年前(!)のときメモオフの時は、「もうこんなのときメモじゃねーよ」って感じでしたが、ファイプロは見た目のグラフィックも変えられるので、視覚効果も高くて良かったです。

終盤は、参加者の皆さんに持ち寄っていただいた当時のアイテムとかソフトとかが山盛りに。
また、レーザーディスクを知らない世代向けに、アニメ版ToHeartのLD-BOX持ち込んで、LDデッキで第1話を上映したり。

Dsc_3303 Dsc_3304


最後はPC版とPS版のエンディングを流し、かなりの盛り上がりで終了いたしました。

終わって思ったことは、
 「まだ全然しゃべり足りてないなぁ」
と言うこと。

それだけ当時の思い出があるし、まだまだネタになる話があるということで、ホントこの手の企画はやる側じゃなくて参加する側に回りたいものですな。
この熱量があればきっと、2年後のPS版20周年オフも大丈夫でしょう。

そんな感じで、To Heart 20周年おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

ベガルタ/【第14節】いい薬です

太田胃散 CM ('91年頃)


やはり勝利ほどいい薬はないのだ。
前節の新潟戦までホームでさっぱり勝てず、ホームなのに声援は新潟に押し負けていた。
かつての劇場型スタジアム、日本一のサポーターとまで呼ばれた姿はどこへやら。

理由は簡単。
ホームで勝ってないから。

ホームなのにホームになってないのは何故か。
ホームで勝ってないから。

やるべきことはたった一つ。
点獲って勝て。
それだけだ。

僕が2年ぶりのAWAY横浜で学んだのはそれだった。
AWAYは良いよ。
ホームで普段ヤジばっかり言ってるオヤジも、罵声ばかり浴びせる兄ちゃんもいない。
そこに集まるのは、覚悟完了して遠征してる人が大半だもの。
まあ、確かに中には、文句言いたいだけの人もいたりするが、絶対数はかなり少ないわけで。

で、甲府戦。

前半の石原のゴールがなければ、新潟戦のようにカウンターしか狙ってないカウンターで先制される恐れもあったが、仙台が先制してしまえば、攻めるしかない甲府を相手に主導権を握るのは割とたやすいことのようでした。

個人的に、3バックは機能してない上に、選手の良さを殺していて、裏を取られる展開も一切修正がされていないので、いい加減諦めてほしいと思っていますがそれはそれ。
まあ、下位には勝つので、今年も残留は出来るとは思いました。
上位食いってのも、たまには見てみたいんですがね。贅沢ですかね。

ともあれ、これをきっかけにホームがホームたる雰囲気になるのであれば、今後の試合でそういうこともあるかもしれないね、という期待だけは持っておくことにする。

勝利は最高の薬です。

あと、うちの金のヒヨコが潰されかかったろ。
ケンカキックとか舐めてんじゃねえぞ、ボケ!
顔面に入ったら鼻骨骨折、首元でも鎖骨骨折、胸元は胸骨骨折とかの可能性あるんだぞ。ふざけんな!
甲府はほんと荒いから嫌い。過去に目の前で田村がじん帯切られたシーンも見てるし、ホント嫌い。

試合のハイライト。2:35から
https://youtu.be/QP7cyxFq2bk?t=2m35s

ところで、昔の太田胃散のCMって、なんであんなに挑発的でエロかったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(7)/真夜中の最後は…(レポ終了)

-続き-

表彰式終了後、いろいろな方にご挨拶して、名人コンビやら鈴井りまさんやらと写真を撮らせていただき、早朝から新宿でダラダラとだべるいつものパターン。
アパッチさんの怖い話シリーズは、聞かなかったことにする。

Dsc_3267 Dsc_3269


表彰式のあとだったかな。
桜田名人か福丸伯爵がステージ上からさらっと言ったコメントの中で、
 「真夜中のゲーム大会も60歳までは続けていただいて」
 「その時には、黄色いちゃんちゃんこを名人に着てもらって」
というのがあった。

普通にスルー出来るような雑談的なやり取りだったが、この一言が個人的にすごく気になった。
と言うのも、もし仮に真夜中の大会が高橋名人の還暦とともにいったんお終い、ということになれば、年一だとしても実質あと2回しか開催されないことになる。

別に名人本人が還暦迎えたら終わりと言ってるわけではないので、僕の杞憂ではあるのだが、そうなる可能性も割と高いのかなと。

名人が、真夜中の大会後にアコギを弾きながら、
 「俺も来年で50歳だぜ」
と寂しそうに漏らしていたのが、早10年近く前。

あの頃は、ハドソンが健在で、名人もそこまで忙しいわけでもなく、テレビ出演などほぼ皆無。
しいて言えば、NHKの「ポップジャム」に謎のDJスタイルで出演していたくらいですよ。


今見ても高度過ぎるんですが。

それが今では、TBSでは「水曜日のダウンタウン」の実質準レギュラーのような扱いだし、先日はテレビ朝日の「しくじり先生」で講師もなさっていた。
第二次高橋名人ブームの到来中と言っても過言ではない状況なわけで、スケジュール的にもいろいろ大変そう。

加えて、ロフトプラスワンの環境面。
過去はコンポジット(ビデオ端子)で大丈夫だったものが、今ではHDMIで出力され、プレイヤー向けモニタの準備に毎回苦労する状況。
ファミコンもPCエンジンもコンポジットだからね。

そう考えると、還暦もしくは第15回あたりがいい区切りになるのではないかなぁと、勝手に思っている次第。

もちろん、真夜中は毎回楽しいのでずっと続いてほしいとも思うのですが、僕らも30代のおじさんから40代のおじさんに進化した現状だと、だんだん完徹もね。しんどいというかね。どっちかと言うと、完徹の翌日が使い物にならないというか。

そういうことを考えてると、真夜中の終焉もそう遠くない時期に来てしまうのかもなと思ったりするわけです。

もっとも、名人の私費で始まったイベントで、もう10年以上(真夜中第1回は2006年4月15日)楽しませていただいたので、続けるも休むも、名人の好きなように決めていただいて構わないわけですけれどもね。

真夜中がもし本当に終わることがあるのであれば、みんなで高橋名人を全国各地に呼んで、キャラバンするプロジェクト立ち上げましょうね。
その際、仙台大会は全力で請け負いますので。

そんなことを考えながら、帰途についた今回の第12回の真夜中遠征でありました。

てなわけで、長くなりましたが、第12回高橋名人の真夜中のゲーム大会のイベントレポートはこれにて終了。
遠征にてお会いした皆さま、絡んでいただいた皆様、遊んでいただいた皆様、誠にありがとうございました。

すでに名人blogで告知の通り、次回、第13回真夜中のゲーム大会でまたお会いいたしましょう。

「そして、来年の5月19日は、真夜中のゲーム大会Vol.13です。」
http://ameblo.jp/meijin16shot/entry-12277163158.html

今回も長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(6)/きめんの挑戦

-続き-

第12回真夜中のきめんの話ですが、今回は書きたいことが多かったので長いよ。
お時間ある方はどうぞ。

前回第11回のとき、自称ファミコン芸人・フジタ氏が実況しながらスタソルをやっていた。
ゲームプレイそのものはボーナスも取れず散々だったが、ゲームしながらマイクでしゃべるのを傍から見てるのは大変面白いものだなぁと思った。

また、同じ11回のときにスタソル部門で優勝したたくやさんが、ぱっと見は若く見えるのに連射速度が異常に早い。ケイレン撃ちで15発/秒は超えているのではないかというほど。そのプレイを見てきめんは「次回はスタソルで真っ向勝負してみたいなぁ」と思ったり。
※ 第11回きめんはスタフォでエントリー
※ 第10回でスタソル部門きめん1位、たくやさん2位だったけれどもね

相反するこの2つのゲームプレイ。
実現するためには「実況しながらハイスコア」と言う、ちと高めのハードルを越えねばならない。

それを成し遂げるためには、まず連射力の向上。
基本的には真夜中直前でしか練習しないので、近年は連射が遅いまま本番を迎えること多々あり。
昔は2週間ほど調整すればわりと叩けるようになったのだが、最近は1ヶ月近く練習しても連射速度が上がらない。それどころか、練習量を上げるほど右腕が筋肉痛になり、右ヒジも痛くなる。

歳は取りたくないものだ。

そこで第12回に合わせて、年の明けた1月頃から連射力を上げようと試みていたのだが、怠惰なきめんが当然そんな前から練習しても続くわけがなく。
加えて、3月にモンハンXX、5月は艦これ春イベントと、現在のゲームをたっぷり遊んでしまい、もうダメだよこのおっさん。

本番直前でだいたい11発/秒くらい。全盛期は14.5発/秒くらいいったものだがね。
上:5/18頃、下:4/15頃

17053101


そして迎えた当日。
昼間はマリノスvsベガルタをスタジアムで見ながらビールを2杯飲み、夜は川田選手のラーメン屋でビールを飲み、そして真夜中では本番の朝4時頃までにビール4杯ほど飲み、すっかりほろ酔いでいい気分。
手持ちのコントローラに連射するも、まったく冴え渡らない。焦るとどんどん連射が落ちる。
おいおっさん、学習しろよ。

で、本番。

桜田名人に「解説します?」と言われたので、スタンドマイクを準備していただく。高橋名人の声が出ないから、実況プレイのほうがいいわね。

ゲームスタート。

序盤のトルードを3つほど逃し、加えて空中キャラの撃破ミスが多く、パターンが遅れる。
ラザロは地形と被るも、斜め撃ちで何とか破壊。
終盤のトルードロードで指が引っかかって滑り、結構な数を逃してしまう。
デライラも若干ずれていたがボーナス獲得。
結果、339,000点で挑戦を終える。

Dsc_3255


ただ、この日は満足感が高かった。
スコアは2分では平凡であるが、この日の連射力、体調、体力を考えると、今やれることは全部やったという充実感、満足感がものすごくあった。

この日、スタソルのボーナスノーミスが僕が初めてなので、この時点で1位に躍り出るも、前述のたくやさんにあっさり抜かれて2位に終わる。

大会の表彰式後に、たくやさんに軽くお話を伺ったのだが、いろいろ面白いお話を聞けた。
抜粋すると、

・歳はきめんよりも10歳くらい下
・なのでスタソル現役世代ではない(31年前のゲームですし)
・きっかけは、ゲームセンターCXのスターフォースのラリオス破壊の回(2004年1月放送)
・途中で高橋名人が登場して、有野課長にコツを伝授するアレね
・あれを見て「かっこいい」と思ってチャレンジしたのがきっかけらしい

Game Center CX 05 Star Force


あの回にそんな影響力があったとは、考えもしなかった。
ついでに、きめんの過去の真夜中動画を参考にしたとも言われていた。スマン、なんかどの動画も変な実況入りのプレイでスマン。

ともかく、10年以上続いてる真夜中のゲーム大会で、若い世代が連射と言う「時代とともに失われゆく技」を身に着け挑戦するのは、すごく嬉しかったし、今後も続けていただければなぁと思う所存。

ちなみに、たくやさんはプレイ中にケイレン打ちとコスリを使い分けるのね。平成ライダーのフォームチェンジみたいでかっこいいと思いました。
おじさんたちは昭和ライダーなので、ずーっとおんなじ技で、それをいろいろやりくりしながらなんとか戦います。せめてスーパー1だったらねぇ。

長くなりましたが、そんなハートフルな交流がありました記念。
真夜中日記は次回でラスト

-続くよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(5)/今回の魔物

-続き-

前回「真夜中の魔物」の話が出ましたが、今回もいつものように猛威を振るってましたよ。
真夜中の常連さんも飲み込まれる魔物の恐ろしさよ。

ニセ課長タニンさんは、スタフォでまさかのラリオスボーナスを逃す。5万プラスしてれば優勝スコアだったのに。

まるやすさんは、ヘクターで前半好調だったのに、MC陣に乗せられ鼻歌をマイクで歌いながらプレイし始めた途端に突っ込んで爆死。

はやひでさんは、スタソルで3方向で見事にラザロを撃破するも、直後のソレルに挟まれてやられる。

飛脚さんは、順調にヘクターでボスまでたどり着くも、速攻撃破狙いのときに被弾しまさかのクリアならず。

宮城から参加の店員さんは、3方向でのラザロ破壊を目指したものの、序盤でやられてしまいパターンが崩れて動揺、ラザロに挟まれる。でもMSX版ボンバーキングのカラオケの件を訪ねてくれたのはナイスでした。

Dsc_3256 Dsc_3257


スタソルで、0点プレイ者が2名いたが、ともに見事ではあったがやはり被弾。
そして、そのスタソルで2人プレイ時点でハイスコアが0点というミラクル度合いが魔物。

別ベクトルの魔物と言えば、すぽっくさんがスタフォでラス前付近でプレイ。
出したスコアが130,400点で1位と同点優勝。しかもこれは、第10回の真夜中でタニンさんと優勝を分け合った時以来、2回目の同点優勝。
スタフォは100点単位の争いになるから、長くやってるとこういうこともあるのよねぇ。

そして今回一番の魔物と言えば、最後にプレイしたウォークインさん。
真夜中序盤でパラドックスさんに「真夜中のソルブレハイスコアです」と興奮気味に伝えていたのだが、まさかまさかの最後に逆転するというミラクル。

これまで11回を数える大会で、ソルブレは60万点台が1人も出ていなかったのだが、12回で2人も、しかも最後に逆転スコアが飛び出すという、これまたある意味魔物の仕業か。

こういうのがあるから真夜中は止められませんわね。

さて、ダラダラやってますが、次回はようやくきめんのお話ですわよ。
たぶん残り2回。

-続くよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(4)/ファイソル勢は三つ巴

-続き-

さて、ファイソルにのどぬ~るさんが登場。
誰やねん。
いつもの宮城の方ですが。

真夜中のファイナルソルジャー部門は、調べてみると第8回から第11回まで、アパなんとかさん、ごるさん、闇トールさんの3人で入賞を分け合っている。
今回の第12回もやはり3人はファイソルにエントリー。

もはや魏呉蜀の三国志か、エゥーゴ、ティターンズ、ネオジオンのZガンダムか、はたまた新ファイソル三銃士とでも呼ぶべきか。

今回の争いも、サラ・ザビアロフさんがこの場にいたら、
 「彼らは私たちの届かないところで戦っているわ」
と言うこと間違いなし。


なにせ、僕は2分で頑張っても、74万が10回に1回出るかどうかですからねぇ。

のどぬ~るさんはいつもの中ボス稼ぎ。
ただし、序盤の手裏剣出す親機を逃す珍しいミスがあり、また、中ボスも通常より1秒程度早く倒してしまい、760,400点に終わる。

対して、ごるさんも中ボス稼ぎを選択。
本人的にはいくぶん不満なスコアではあったようだが、道中のミスは少なく、中ボスでも最後の0秒までしっかり稼ぎ、769,200点にまとめて首位に躍りでる。

闇トールさんは、中ボス速攻撃破からのボーナス加点を狙うも、ボスの撃破に若干時間がかかり、2分最後の地上物を取り切れずに、747,800点で終了。

ごるさんは、ファイソルで3回目の優勝ですかね。
納得いくスコアではなかったようですが、上位陣の争いは今回も場内を盛り上げてくれました。流石です。

ファイソル部門は毎回レベルが高いのですが、確か今回、福岡からわざわざ参戦された方がいたはず。
わりと平凡なスコアで終わったと記憶してますが、わざわざ福岡から来られるあたり、もしかしたら真夜中の魔物にやられてしまったのかもしれません。

次回の戦いも今から楽しみです。

-続くよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(3)/意外なエントリー

-続き-

真夜中は良くも悪くも参加者は常連さんが多く、そしてエントリーするゲームもかなり決まっている感がある。
きめんは12回の大会中、スタソル10回、スタフォが2回だ。ヘクターやPCエンジンのソフトには挑んだことがない。

そうなると怖いのがマンネリ感なのだが、今回は常連さんの参加不参加の都合なのか、普段の種目とは違うソフトへのエントリーが見られた。

パラドックスさんは、スーパースターソルジャーではなくソルジャーブレイド。
ご本人の日記にもあったが、マンネリに活を入れる意味も含まれていたのだそうだ。

お子さんも気が付けばずいぶん大きくなり、美人さんな顔立ちなので、ステージ上でMC陣に随分いじられる。
真夜中では、過去にホリさんとか有村昆さんとか杏野はるなさんとかに囲まれながらプレイし、その際はだいたい不満げな表情でプレイをされていたが、今回は娘さんを褒められたからか、機嫌が良さそうに見える。

結果、真夜中ソルブレ初の60万点台を叩き出すものの、練習よりも低いスコアだったからかご本人は不満げ。優勝を狙うには十分なスコアだと思うのだが。

ガンヘッドで真夜中は複数回優勝経験のあるあおさんは、スーパースターソルジャーで出場。
途中のキャラ回しが異常に早く、52万コースかと我々の座席がどよめく。しかし、終盤の無敵キャラの画面外への誘導に失敗。キャラ回しが遅れる。
死に技は成功させるも、スタート地点に戻ったあとに被弾しそこでも稼ぎが足りず。

それでも余裕で51万突破し、早くも優勝争い筆頭に躍り出る。恐ろしや。

しかし、普段と違うソフトで出場してもあれだけのパフォーマンスを見せるんだから、キャラバン戦士は恐ろしいわ。

さて、しくじり先生に高橋名人が出る時間なので、いったん終了します。

-続くよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(2)/ハッシュタグ

-続き-

真夜中のゲーム大会がスタート。
トップは鉄工さんだったかしら。今年はヘクター30周年ということで、お得意の技術を生かしてヘクター87を真夜中仕様になんちゃらしてきた。

Dsc_3254


TIBAKENだったり、ツインファミコンだったり、HAGESAN SOFTだったり、突っ込みどころしかないが、タイトル以外は普通のヘクターだそうで、ヘクターだけはこちらでプレイすることに。
鉄工さん以外は、スコアが最高399,900点までしか出ない仕様だったらどうしようとか考えるが、そんなことは無かったようだ。

ファイソル女子・きりさんは、割と順調に進んでいただが、中ボスでやられてしまい、稼ぐところまでは行けなかった。

ところで今回は、Twitterを介しての投稿が多く、ハッシュタグ「#真夜中のゲーム大会」を付けてつぶやきを投稿して、情報共有されてる方が多かったように思う。

真夜中初期の頃は、DSのピクトチャット機能を使って、会場にいる人たちとコミュニケーションを取れてたけど、3DS以降はその機能が無くなってしまったので、遠くの席とか知らない人たちのコメントを見たり聞いたりができなくなってたのよね。

なので、このハッシュタグを見ていれば、どの方がどんな心理状況で挑んで、成功したのか失敗したのかが分かりやすくて、大変重宝しました。いちいち検索しなくて済むのも助かるし。

そんな中きめんは、深夜0時過ぎからEテレで再放送していた「劇場版ラブライブ」を実況していた声優さんに返信したりして、仙台方面から、
 「あの人スタソルに集中すればいいのに」
とか言われる始末。

17052601


うん、どんなに早くてもエントリー順からプレイ時間は3時以降だから、始まった直後はテンション高くて集中もしてないのよね。

こうなったら、会社倒産の危機に立ち上がったキャラバンアイドルという設定で、9人組でデビューするしかないな。
多分原作同様に、ファーストライブの客は皆無だろうが。
もしくはレトロゲーム系アイドルとして、事務所のしゃ(以下略


ゲームプレイ見ながら、つぶやき投稿しつつ、ビール飲んで大会は進む。

-続くよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(1)/高橋名人が大ピンチの巻

横浜・F・マリノスvsベガルタ仙台戦を見終えたきめんは、一部のサポ同士と共に晩飯かてがて、川田利明選手のお店「麺ジャラスK」に移動。
ビールを煽って、ラーメンとから揚げを食べつつ、今シーズンの展望などを語る。

Dsc_3239


食事も終わり時刻は19時過ぎ。
きめんは真夜中からの参加のため、あと約4時間ほど時間を潰さねばならない。同士と別れたのち、定番の高田馬場ゲーセンミカドへ。

Dsc_3244


グラIIをヒーヒー言いながら1周するなど、80年代のビデオゲームを堪能しながら、すでに開始している高橋名人の夜の部のイベントの様子をツイッターなどで眺めていると、どうにも様子がおかしい。
名人が数日前から痛めていたノドが回復せず、ほとんど声が出せない状態でMCをやっているらしい。

単に声が出せないだけなら良いが、そこから炎症、高熱などに発展することも考えられ、ちとシャレにならない状態ではないのかこれ。

予定を少し早めに切り上げ、22時過ぎにはミカドを出発する。
地方人とは言え、何回も来てるからこの辺の立地も慣れたもの。西武新宿線で一駅ですよ、あっという間。

 登るホーム間違えた。
 新宿で降りてからあらぬ方向へ歩いていた。
 延々とホテル街を歩く羽目になり、ホテルに消えていくカップルを何組も見た。
 セーラー服のお姉ちゃんに声をかけられた。

怖いよ。東京怖い。歌舞伎町怖い。

無駄に疲弊しつつも会場のロフトプラスワンに到着すると、すでに夜の部が終了し、いったんお客さんは退店して待機中の状態だった。

Dsc_3248


真夜中参加者にご挨拶し、いろいろと状況をうかがう。
やはりまったく声が出ないため、急きょ桜田名人と福丸伯爵を助っ人に呼んだとのこと。ありゃあ、そこまで状態が悪かったのか。

不安になりつつも列待機して入場。
会場入り後に名人が第一声を発するも、

 「これシャレにならんやつだ」

ツイッターでは「森進一の声」などと書かれていたが、僕の第一印象は、新日本プロレスの本間選手の声。あれをそのままボリューム小さくしたような感じ。
いやー、明らかにダメだぞ。よく開催出来たな今回。

そんなことを思いながら、桜田名人と福丸伯爵が登壇、紅一点で鈴井りまさんが華を添え、なんだか異例づくしの真夜中のゲーム大会12がスタートです。

17052001


-続くよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

ベガルタ/【第12節】憧れのAWAYスタシリーズその4~日産スタジアム~

まあそういうタイミングなんだろう。

昨年の開幕戦Awayの時は社員旅行で東京にいたので、行こうと思えばマリノス戦に行けたが、回避して知人夫婦宅にてテレビ観戦した。

今年のマリノス戦Awayは、真夜中のゲーム大会と同じ日。
数年前にもレッズ戦Awayと同日と言うことがあったが、体力的に応援→完徹でゲームというのは厳しいので回避した。

なので今回もマリノス戦に行く予定はなかったのだが、前節のな。最下位大宮との試合がまあヒドイ有様。
先制してからの逆転負け。最下位に。アホらしい。

ほんとサジを投げかけたが、時間を置くとやはり逆境になってこそAwayは燃えるものということで、真夜中行く前に初の日産スタジアムへ。

Dsc_3230 Dsc_3232

5月なのに何でこんなに(28.5℃)暑いのよ…。
一応「憧れの○○シリーズ」とは書いたが、特に憧れてはおらず、むしろ「角度が無くて見づらい」「遠くのゴールの方は何が起こってるのか分からない」というちょっと難ありのスタジアム。

それでも、2002年日韓W杯の決勝の場所ですし。

Dsc_3231

試合は、前半ATに前節大宮戦の2点目のコピペのような裏に抜けられてからの失点をしたものの、後半セットプレーから追いついて同点。
1-1で引き分けてなんとか勝ち点1をモノにする。

マリノスも大宮同様に、何をしたいのかよく分からない状態の悪さだったが、そこを突き切れずにズルズル行くのがベガルタの悪さ。
まあホームならイライラもしただろうが、Awayの解放感に触れて、この日は純粋にフットボールを楽しめた。
ヤジる人も少なかったし。
なんとなく、ホームがホームじゃない理由が分かった気がしたよ。卵とニワトリの話になっちまうので突っ込まないが。

昨年チームMVPの大岩に上がりの判断と得点が出たこと、怪我していた中野の復帰が出来たこと、炎天下で最後までバテずに走り続けられたのは良いこと。

正直、選手の良いところを監督のエゴ(なんちゃって3-4-3)で潰してるのではと思っているが、そんな中でも良い方向に向かってるのであればまあ。
実際どっちに向かってるのかは、サッカー素人の僕には分からないのだけれどもね。

次節からのホーム2連戦は、残留争いの面々との直接対決。
そこで今年の流れはほぼ決まるので、まあ良いタイミングでシュート撃って決めてくれれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

メモ/ゲーム/艦これ2017春イベント(随時編集/画像バレあり/E5甲クリア済/藤波掘り失敗)

艦これの2017春イベント
 「出撃!北東方面 第五艦隊」
の資材とか攻略メモ。

随時更新予定。

興味ない方はお引き取りを。
新艦娘とか画像も貼るので、ネタバレ嫌う方もご遠慮を。

↑ここまでテンプレ。

母港拡張枠:230隻(5/4現在/冬から+10)
サーバー:リンガ泊地
司令部レベル:Lv.107

17050201
※ サービス開始4周年を祝して秘書官は初代電ちゃん


5/2 イベント初日
燃料:300,000 弾薬:300,000 鋼材:300,000 ボーキ:300,000 バケツ: 1019

好例のメンテ延長。
22:30終了予定→23:40頃に終了した模様。毎度大変ね。

5/3 GW初日。遠征回すもゲームは進めず。夜は呑み。

5/4 遠征は回してるが、この日は日帰り温泉でくつろぐ。モンハン楽しい。

5/5 E1開始 → E1クリア → E2開始
燃料:300,000 弾薬:300,000 鋼材:300,000 ボーキ:300,000 バケツ: 1044

E1主力:
航戦:伊勢/77、軽巡:神通/81、駆逐:Bep/97、野分/75、暁/72、Lib/67

E1ドロップ/甲:
B:睦月、S:清霜、B:霞、B:潮、A:高雄(クリア)

※ お札有〼。対潜番長・五十鈴が第五戦隊なのでいったん様子見
※ 神通、Bepの2隻が先制対潜可能。圧倒的四式ソナー不足
※ ボス堅いしT字不利を引くと何もできない。ひたすら同行orT字有利待ち

17spr_e1_02 17spr_e1_04


E2主力:
-輸送部隊-
重巡:足柄/74、那智/72、軽巡:阿武隈/96、駆逐:霞/80、大潮/75、睦月/72
編成変更
OUT:足柄、那智 → IN:飛龍、蒼龍

E2ドロップ/甲:-輸送-
大破x2、A:風雲、D敗北、A:霧島、A:沖波、A:神風、大破、A:最上、S:飛龍(輸送終了)

※ 睦月、如月はイベ時出番が多いが大破撤退要員。大発要員なので気の毒ではあるが
※ 史実編成で2回挑むもダメな気配を感じて、3戦目から重巡OUT→空母IN
※ 輸送任務で沖波が出たのがちょっと嬉しい。ドロップ運ないだけに

17spr_e2_01 17spr_e2_okinami


5/6 E2輸送済み → E2殲滅戦
燃料:298,764 弾薬:300,000 鋼材:299,586 ボーキ:298,201 バケツ: 1036

5/7 E2殲滅戦 → E2クリア
燃料:293,200 弾薬:294,396 鋼材:296,640 ボーキ:295,580 バケツ: 1010

-殲滅部隊-
戦艦:Roma/55、空母:飛龍/90、航重:三隈/48、雷巡:北上/99、駆逐:初霜/76、大潮/75
編成変更
OUT:Roma、三隈、大潮 → IN:Bisma、利根、時雨

※ レベルと夜戦火力を底上げ。重巡凄姫硬すぎ
※ 一手間違うだけであと一歩のA勝利からD敗北に転落する極端さ
※ 最後の決め手がなく、大潮→時雨に変更
※ しかし爆撃雷撃がハマリ、夜戦で時雨の出番が来る前にE2締め。スマヌ
※ ドロップは諦めてる

E2ドロップ/甲:-殲滅-
C敗北、A:浜風、C敗北、A:鳳翔、A:長波、A:浜風、A榛名
ラスト→D敗北、A:榛名、D敗北、A:金剛(クリア)

17spr_e2_03 17spr_e2_05


E3主力:
-輸送-
1:航重:熊野/93、最上/64、駆逐:皐月/76、早霜/70、清霜/66、高波/50
2:重巡:妙高/77、衣笠/74、軽巡:川内/72、駆逐:如月/76、江風/76、照月/66

E3ドロップ/乙:-輸送-
A:占守、B:阿武隈、A:高雄、A:日向、A:加賀(輸送終了)

※ 一旦、甲で3ヶ所運ぶも輸送がめんどいので乙に変更、3ヶ所やり直し
※ 占守が一発目にドロップ! ありがたや

17spr_e3_07 17spr_e3_simushu


5/8 E3輸送終了済 → E3クリア
燃料:290,727 弾薬:294,407 鋼材:298,300 ボーキ:291,942 バケツ: 963

E3主力:
-殲滅-
1:戦艦:陸奥/96、比叡/94、霧島/92、航重:最上/64、軽空:瑞鳳/91、祥鳳/71
2:重巡:妙高/78、衣笠/75、雷巡:大井/99、軽巡:川内/73、駆逐:皐月/76、照月/67

E3ドロップ/乙:-殲滅-
A:祥鳳、A:伊勢、S:春風、S:能代、A:最上(クリア)

※ E2よりもはるかにあっさりとラストも大井っち連撃
※ ボスにギミックあったっぽいけど、重巡棲姫より柔いので解除不要
※ ボスまでは楽だが、決戦支援や航空隊必要なので資材的にキツイかも

17spr_e3_05 17spr_e3_06

17spr_e3_09 17spr_e3_kasugamaru


5/9 E4開始
燃料:290,816 弾薬:293,468 鋼材:298,370 ボーキ:291,281 バケツ: 958

E4主力:
航巡:筑摩/80、空母:翔鶴/96、瑞鶴/95、雲龍/76、Sara/41、潜水/伊26/72
大破入替:
OUT:伊26 → IN:伊401 → 伊58

※ 謎のギミック「97式艦攻突撃」があるらしい。史実モチーフ?
※ 鈴谷が軽空母になっているので航巡足りない件
※ また一発目に択捉ドロップ。初回がいいのか?
※ ちょっとでも潜水艦の疲労が溜まってると大破祭り

5/10 E4攻略中
燃料:288,023 弾薬:291,151 鋼材:299,082 ボーキ:285,937 バケツ: 951

E4ドロップ/甲:
大破x2、S:択捉、A:秋雲、S:夕張、S:阿武隈、大破x2、A:浜風、S:長良(クリア)

※ 甲でも驚くほどすんなりクリア。潜水艦デコイはレベルに左右されるが

17spr_e4_01 17spr_e4_02

17spr_e4_06 17spr_e4_etorofu


5/11 E5開始
燃料:289,377 弾薬:291,658 鋼材:299,993 ボーキ:284,922 バケツ: 954

E5主力:第1ボス
-機動部隊-
1:戦艦:長門/98、重巡:那智/72、空母:加賀/96、翔鶴/96、瑞鶴/96、大鳳/64
2:戦艦:Bisma/99、雷巡:木曾/87、軽巡:阿武隈/96、駆逐:Bep/97、秋月/94、潮/78

E5ドロップ/甲:第1ボス
A:なし、S:初春、A:暁(クリア)

※ 第1ボス→第2ボスの2段構え。ギミック解除もあり
※ 特攻が、那智、足柄、木曽、阿武隈、多摩、霞、曙、潮、不知火、初霜、Bepで可能らしい
※ 1回でゲージの減り幅が大きいので、最短回数3回でクリア

17spr_e5_01 17spr_e5_02


E5主力:第2ボス
-機動部隊-
1:戦艦:長門/98、大和/90、空母:加賀/96、翔鶴/96、瑞鶴/96、大鳳/64
2:戦艦:Bisma/99、雷巡:北上/99、木曾/87、軽巡:阿武隈/96、駆逐:Bep/97、秋月/94

E5ドロップ/甲:第2ボス
A:陸奥、A:長良、A:由良、A:長門、大破、S:飛龍 → ラスダン突入

※ 大破とかダメージとか見つつ編成がちょこまか変わる。ラスダン突入時はこれ
 1:長門/98、大和/91、加賀/97、翔鶴/96、瑞鶴/96、大鳳/65
 2:Bisma/99、那智/73、木曾/88、阿武隈/96、秋月/94、潮/79
※ Bepは特攻効果が高いらしいので、状況見て配備予定
※ 忘れるので支援も
 道中支援:扶桑/90、山城/85、飛龍/91、蒼龍/92、夕立/92、綾波/83

5/12 E5ラストダンス
燃料:279,318 弾薬:285,089 鋼材:293,803 ボーキ:272,341 バケツ: 918

E5ドロップ/甲:第2ボス
ラスダン→ B:高雄、B:曙、A:鈴谷、大破x2、A:妙高、C敗北、

※ ラスダン前にボスのギミック解除。水上よりも機動のほうが楽かな
※ 問題は、ギミック解除しても強さがそんなに変わったように思えないことか

17spr_e5_05 17spr_e5_06


5/13 E5ラストダンス継続
燃料:270,031 弾薬:274,116 鋼材:285,912 ボーキ:263,260 バケツ: 899

※ 機動部隊ではSを一度も取れず少し焦りが。決め手に欠けるので少し編成変更

 1:大和/91、武蔵/86、加賀/97、翔鶴/96、瑞鶴/96、大鳳/66
 2:Bisma/99、那智/74、木曾/89、阿武隈/96、Bep/97、霞/80

E5ドロップ/甲:第2ボス
ラスダン7連敗続き → 大破x2、A:筑摩(クリア)

※ 大破からのラスダン決めた。そして筑摩とかゲンナリ
※ 航空部隊は撃沈はしてくれないけど、姫を中破したのがでかかった
※ 最後は霞改二のカットイン。運が高いとか知らなかった
※ 機動部隊で行けたけど、下記サイトの支援艦隊の電探増強、フィット砲無関係を知らなければヤバかったかも
http://irasuto-voice.com/archives/9340

17spr_e5_07 17spr_e5_08

17spr_e5_10 17spr_e5_gungoot

※ 来週(5/20)は高橋名人のアレがあるので掘りが出来るかは不明

5/14 E4甲 択捉掘りたい
燃料:265,740 弾薬:270,769 鋼材:285,337 ボーキ:259,740 バケツ: 892

E4ドロップ/甲:
A:山城、S:大井、大破、A:長波、A:高雄、大破、A:霧島、S:伊勢、大破x5、A:北上、A:妙高、A:山雲、

※ Cマスの軽母先制で潜水艦大破続きでSAN値下がる。Cマスに航空隊4回特攻が楽なことにようやく気付いた

5/15 E4甲 択捉掘りたい2日目
燃料:261,073 弾薬:269,060 鋼材:283,565 ボーキ:254,180 バケツ: 870

E4ドロップ/甲:
ボス戦9連敗中→ A:妙高、大破、A:浦風、A:長良、A:北上、

5/16 E4甲 択捉掘りたい3日目
燃料:261,890 弾薬:270,783 鋼材:284,004 ボーキ:251,605 バケツ: 867

E4ドロップ/甲:
ボス戦13連敗中→ A:浜風、大破x2、A:利根、A:日向、A:阿武隈、A:朝雲(いったん保留)

5/17 E2甲輸送 藤波、国後掘りたい
燃料:264,407 弾薬:271,951 鋼材:284,902 ボーキ:249,176 バケツ: 860

戦艦:Roma/57、空母:飛龍/91、雷巡:木曾/89、軽巡:阿武隈/96、駆逐:霞/80、曙/70

E2ドロップ/甲:-輸送-
S:鈴谷、S:鈴谷、S:霧島、S:国後(!)、S:妙高、S:熊野、S:榛名、S:霧島、S:沖波(春イベ2人目)、

※ 国後来たわよ。それよりもS勝利が楽勝過ぎて笑うレベル
※ これまで着任してなかった沖波の2人目が来て笑うしかない

17spr_e2_kunasiri


5/18 E2甲輸送 ドーラーゴン! ドーラーゴン!
燃料:266,074 弾薬:273,166 鋼材:284,936 ボーキ:248,471. バケツ: 848

E2ドロップ/甲:-輸送-
10回目から → S:瑞鳳、A:鈴谷、S:高雄、S:比叡、S:赤城、A:飛鷹、S:赤城、S:利根、S:金剛、S:加賀、

5/19 E2甲輸送 ドーラーゴン! ドーラーゴン!
燃料:268,376 弾薬:274,175 鋼材:284,840 ボーキ:248,101 バケツ:830

E2ドロップ/甲:-輸送-
20回目から → S:妙高、大破x3、A:高雄、A:沖波(春イベ3人目)、S:利根、S:瑞鶴、S:翔鶴、S:磯風、S:筑摩、S:加賀、S:蒼龍、S:熊野、

5/20 アウェイマリノス戦&真夜中参戦でした

5/21 E2甲輸送 ドーラーゴン! ドーラーゴン!
燃料:272,071 弾薬:275,586 鋼材:285,515 ボーキ:248,045 バケツ:813

E2ドロップ/甲:-輸送-
31回目から → S:利根、S:最上、S:利根、S:金剛、S:阿武隈、S:阿武隈、S:沖波(春イベ4人目)、S:沖波(春イベ5人目)、A:愛宕、S:瑞鳳、S:比叡、

5/22 E2甲輸送 ドーラーゴン! ドーラーゴン!
燃料:270,081 弾薬:274,036 鋼材:285,027 ボーキ:247,695 バケツ:801

E2ドロップ/甲:-輸送-
42回目から → S:鈴谷、S:衣笠、A:筑摩(時間切れ)

※ 藤波出ませんでした

春イベお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

メモ/音楽/荒吐ロックフェス17参加ログ4/29-30


さて、世間はGWですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

きめんは昨年に引き続き、4/29-30の2daysでロックフェス
 「荒吐」
に行ってまいりました。

17050302 17050303

17050304 17050305

ARABAKI ROCK FES.17
http://arabaki.com/


週間予報では土曜が雨か雷雨ってことでしたが、幸い川崎町は避けてくれたようで、ほぼ晴天で過ごすことが出来ました。
青空の下で昼間っから飲むビールうめー!

今年見てきたのはこんな感じ。


4/29 初日
堂島孝平楽団(+藤井隆+椿鬼奴) → 清水ミチコ → みちのくプロレス(第3試合のみ) → ユニコーン

堂島孝平楽団は、いきなり藤井隆で「ナンダカンダ」をぶち込んでくる。藤井隆の踊りがキレキレで参った。奴さんはボンジョビの「You Give Love A Bad Name」を披露ってか、これ盛大な生バンドのカラオケじゃねーか。超盛り上がった。
そのあとは奴さんが退場してから、中森明菜(偽)が2曲ほど聞こえない声で歌ってった。うん、分かってたよ。
初日の一発目ですごく満足してしまうダメなヤツだこれ。

清水ミッちゃんは昨年に続いて流石のパフォーマンス。冒頭MISIAの物まねが似すぎてて「本物じゃね?」って言ってたら、MISIA本人が歌ってる替え歌を録音で流してた。もはやカラオケですらない。
世に歌手が出てくる限り、ネタが尽きることは無いのだろうなぁ。

みちプロは帰り道に第3試合のみ見学。人生社長を見られたのでこの日の観客はお得かも。

初日ラストはユニコーン。
むかーしハマってたというわけでもなく、「夢で逢えたら」のOP曲やってる時期にちょこちょこ聴いてた程度。
そんな知識で行くから、知ってる曲は1曲もやらなかったよね。まあそんなもの。

帰り道に秋保の「龍宝」(たべにおいで)で夕食。よく食べて飲んだよ。

17050306

4/30 2日目
レキシ → みちのくプロレス+センダイガールズプロレス → Nulbarich → 吉川晃司 → 水曜日のカンパネラ

2日目はレキシからスタート。
なんか知ってる曲もあったが、そこらじゅうで揺れる稲穂に気を取られる。そして気を取られてるうちに「イルカだー!」の声で客席に大量に投入されるイルカの浮き輪。そして客席を飛び跳ねるイルカ。「安全なモッシュだね」ってそういう問題?

17050307

みちプロ+仙女
みちプロは、だいたいみんな前日に国分町で飲みすぎて2日目は体調悪いのよね。
仙女はカサンドラ宮城様が荒吐に降臨し、客席大盛り上がり。「こえぇ」ってピュアな声も聞えた。いいぞ、そのまま育ってくれ。

17050309 17050308

Nulbarichに行くと言ったら、同行者にこの数年で一番驚いた顔をされた。まあ僕の聴くイメージじゃなければ、そんなところを押さえるアンテナもあるようには見えんだろうし。
バラード調でありながらノリが良く、ボーカルJQさんの声も優しくて聴きやすい。こういう声に生まれたかったよ。今回一番行って良かったと思った。

吉川晃司も御年51歳。しかしながら、藤井隆以上にキレッキレでおじさん参っちゃいますね。ここでようやく2日目の終盤で良く知っている曲が流れた。流石にモニカとかはやらなかったが、「BE MY BABY」「ラ・ヴィアンローズ」「せつなさを殺せない」を聞けたので大いに満足。

2日間の締めは水曜日のカンパネラ。
まったくさっぱり知らないんだけど、なんかの曲に高橋名人とかハドソンとか単語が並ぶので興味本位で。
この人の素性はよく知らないけど、wikiに「ライヴ中に鹿を解体することがある」と書いてあってちょっとヤバめの人なのかなと思ってたが、この日もクレーン登ったり、2mを超える高さの脚立の天板で歌ったりとか、ちょっとアレな行動が。
ご安全にとか水を差すことは言いませんが、今後聴くことは無いかも。

そんな感じで、2日間53000歩のロックフェスが終了。
良いGWのスタートを切ることが出来ました。

そして、5/1-2は普通に仕事。
全身バッキバキでもう大変でした。でも、何かを成し遂げ乗り越えた感はあったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

アニメ/2017冬アニメ私的感想とランク付け

3月にモンハンが発売されたので、ゲーム画面を見てるとアニメの内容が微塵も頭に入ってこないので、見ないままほったらかしになってましたよ。
全部まとめて消去してしまおうかとも思いましたがとりあえず。

・本命:  亜人(デミ)ちゃんは語りたい
・対抗: CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)
・穴 : この素晴らしい世界に祝福を! 2


~Sランク~

なし


~Aランク~

なし


~Bランク~

・亜人(デミ)ちゃんは語りたい

冬アニメの良心。
web広告とかで1巻表紙をよく見かけて、かわいい絵柄だなぁと思ってたが、内容は少々斜め上。
亜人が普通の人間生活を営んでいて、それでいてゆるくもなく、男子生徒もいる通常の世界観が素晴らしい。
男性教諭と女子高生の恋愛展開って、ふた昔くらい前だと王道な憧れシチュだったが、最近はストーカーだのロリだの不純異性交遊だの言われるよね。
サキュバスはエロい。


・Fate/Grand Order ‐First Order‐

大晦日のスペシャル番組。
あくまで Fate/staynight の基本を知ってる人向け。
スマホの人気ゲーのアニメ化の前段階、導入編。相変わらずタイプムーンのツボを付いたキャラメイクは恐ろしい。
マシュさん可愛いよ、マシュさん。
まあ、スマホゲーは遊んでない(課金怖い)のでよく分からないのですが、本編やるならまた見ます。


~Cランク~

・CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)

ゲームのアニメ化かつ CHAOS;HEAD という前作ゲームのほぼ正当な続編。
なので細かいところはさっぱり分からず。
事件の実行犯は割と早い段階で想像ついたが、黒幕的な人はちと意外。いろいろ伏線的なものを秘めたまま劇場版らしい。
見ないけど。


~Cランク-~

・この素晴らしい世界に祝福を! 2

まったく期待してなかった1期がえらい方向に弾けていたので、続編の報に喜んではいたが、2期はわりと普通の展開で物足りず。
放送前のキービジュアルで不安定な作画に精神を不安にさせられたが、内容もそんな感じ。
もともとこれくらいのランクのモノがそこに収まったのかなと。


~視聴継続~

・リトルウィッチアカデミア TVシリーズ(2期突入)

まあ全部NEWのままなんですが。
見る気はあるのよ。見てないだけで。


~切り捨て御免~

・Rewrite(リライト) 2ndシーズン

※ 2話くらい。
1期は完走したけど、2期は初回からずっと謎の呪文的単語を延々聞かされて意味不明。
なんか見るの疲れそうだったのであっさりと。


・BanG Dream!(バンドリ)

※ 3話くらい
切るだろうなと放送前から思っててやっぱり切った。
放送開始時期はずらさなかった方が良かったと思うよ。そもそも第1話の予約忘れちゃうし。
ネットの評判ははあまり見てないが、3話の きらきら星 はフラグらしい。
主人公の独走加減が合わなかった。


・ALL OUT

なんか15話くらいから見るのめんどくさくなったので消した。


忘れそうなのでメモっておくが、冬アニメの覇権は「けものフレンズ」がほぼ独走だったそうだ。
無料の1話見る限り5分切りな感じなんだけど、ネットだと5-6話くらいから突然爆発的に盛り上がってきた様子。
MXの都会ローカル番組には、地方民は乗れなくてな。
深夜の絶叫だけの実況とかうざくて、絵師何人かフォロー解除。まあ向こうもこっち知らんし。
内容は、見てないので知らない。きめんは語れない。

そんな感じの冬アニメでした。
5月になる前で良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«日常/2017サクラクエスト