« さて | トップページ | ボールドを使ったり、いろいろ模索してみる »

2004年7月26日 (月)

666匹の獣

相変わらず、暴走爆走中の雑誌「電撃大王」。もはや混沌としています。
今月も連載が4つくらい載ってなかったかな? いいかげん舐めないで頂きたく。
現状、僕の中では「コミックゲーメスト」以下の扱いとなっております。

作者の方も、急病なのか、コミケで忙しいのか知りませんが、何とかならないものなのか。
と言うか、これは漫画家というより、商業誌として流通に乗せているにも関わらず、怠慢と受け取られても仕方ない編集部と、出版社に多大の責任があるのではないかと。

んでそんな中、普通に載っていてホッとする「月姫」
ちとページが少ない気もしますが、トーンもペン入れもしてあるので、安心して読めます。今月の内容は、アルクェイドさんとネロ・カオスさんの戦いがメインです。
そのカオスさんは「混沌」と言う意味の名前です。

そして「混沌」としていると言えば、サッカー・J2リーグ。
1位の川崎は無視しましょう。
2位以下が大混戦。とりあえず週末の結果を確認していきましょう。

2週間の中断が明けて、再開となったJ2リーグ。
2位大宮との対戦となった、元・ベガルタ仙台こと『ガルノ仙ム』は、大宮に退場者が出て、10人vs11人で優位に試合を進め、PKで先制します。しかしその後セットプレイから追いつかれて前半終了。

後半にまたもPKで勝ち越すも、またも10人の大宮に追いつかれ2-2の引き分け。ものすごい脱力感に襲われる結果となりました。名前は、どうせ火曜も試合あるので、『ガルノ仙ム』のままでいいです。もう、いいです。

さて、J2の現在の状況ですが、2位の甲府から9位の鳥栖までを勝ち点で並べると、

甲府 37
大宮 36
山形 35
福岡 34
京都 34
仙台 31
横浜 28
鳥栖 27

こうなります。まさに混沌としている2位争い。
でもね。どうでしょう、甲府~京都と、仙台~鳥栖では、少し差がありますね。上の勝ち点3差5チームが2位グループA組、下の勝ち点4差が2位グループB組、と言うふうに分けられちゃいますね。
かなり危険なゾーンにきました。

下を見れば、札幌、湘南と言ったJ1降格組が、J2と言う名の混沌の輪廻に引き釣りこまんがごとく、手薬煉引いて待っています。

J2と言う「直死の魔眼」に魅入られぬよう、仙ムも頑張ってほしいと思います。
で明日は、仙スタで2位甲府と。あちゃ~。

|

« さて | トップページ | ボールドを使ったり、いろいろ模索してみる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 666匹の獣:

« さて | トップページ | ボールドを使ったり、いろいろ模索してみる »