« 英会話の話が出てこない英会話の話 | トップページ | 正義の味方はあてにならない »

2005年4月13日 (水)

30代よ、響鬼と共に

あ~、響鬼おもせ~。

2000年に復活した、仮面ライダーテレビシリーズも今年で6年目。奥様狙いの日曜朝の番組として、すっかり定着しています。

今年1月から始まったのは、「仮面ライダー響鬼」です。
これまでの仮面ライダーとは一線を画し、日本に古くから伝わる「妖怪」と戦うライダーです。そして何より違うのは、彼をサポートする組織があり、コードネーム「響鬼」と言うのは「職業」なのです。

「ご職業は?」
「仮面ライダー響鬼を少々…」

「響鬼」と言うネーミングからも分かるように、主人公は「鬼」の力で戦います。初回では口から火を噴き、2回目には太鼓の乱れ打ちで敵を倒した、かなり異色の正義の味方です。変身すると妖怪達から、
「オニ、オニ」
と呟かれる、チョット気の毒な気もするヒーローです。

そんな響鬼ですが、変身するのは「ヒビキ」さんと言う、職業に仮面ライダーを選んだ人。年齢は31歳。僕と同い年。僕とは違い、すごく人当たりのいい笑顔と、気さくで誰にも好かれる性格の持ち主です。これまでのライダーであれば、若くてイケメンな人たちがいっぱい集まってあーだこーだ、と言う展開でしたが、主人公が三十路と言うのが、好感が持てます。

先日、こんなシーンがありました。

通報を受けて、妖怪の出る里へと向かった、ヒビキさん。現場に到着した後、聞き込みは相棒に任せて、自分は子供を肩車したり、高い高いしたりして遊んでいます。一通り子供と遊び終わった後、相棒の聞き込みが終わりました。いよいよ現場へと向かい、妖怪と戦うときです。

そんなヒビキさんに、子供は言いました。

「頑張ってね、お兄ちゃん」

明るくて、いい子です。
そんな子供さんに、ヒビキさんは優しく、こう言いました。

「お兄ちゃん? おじさんでいいんだよ」

これだ!
歳を取る自分を偽ることなく、それでいて精神的には若いまま。これが理想の大人像! 今更ながら、子供向け特撮番組に教わりました。
だから、もしそういうシチュエーションになったら、僕も言うのだ。

「英語の試験、がんばってね、お兄ちゃん」
「お兄ちゃん? おじさんでいいんだよ」

そのためには、鍛えなきゃ。


仮面ライダー響鬼公式HP→こちら

|

« 英会話の話が出てこない英会話の話 | トップページ | 正義の味方はあてにならない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

響鬼はオープニングの10分くらいしかみてませんが面白いっぽいですな。

最近30代ネタが多いのは・・刻が急かしているのでしょうかねえ。。

投稿: | 2005年4月14日 (木) 10:11

> 最近30代ネタが多いのは・・刻が急かしているのでしょうかねえ。。

たまたまですよ。そんなことに気を使ってblog書くほど、繊細じゃないです(笑

投稿: きめん | 2005年4月15日 (金) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30代よ、響鬼と共に:

« 英会話の話が出てこない英会話の話 | トップページ | 正義の味方はあてにならない »