« 中学校時代の校歌と言われても… | トップページ | 水の星へ愛を込めて »

2005年6月 5日 (日)

J2/ベガルタの代わりにニワトリに

九州シリーズで連敗し、6月初旬なのに早くもあとが無くなった、我らがニワトリチーム・ベガルタ仙台
サポーターのフラストレーションも、爆発寸前です。

少し前に、柏レイソルさんのサポーターが大乱闘を起こし、厳しい処分が下されましたが、冗談抜きで「明日は我が身」と言う気がしてなりません。もちろん暴動も乱闘も、僕はする気はありませんが、はたしてスタジアムでそういう状況になったとき、僕は冷静に対応できるのか? 一抹の不安はあります。

そこで。
一計を案じた僕は、策を講じることとしました。

愛するチームが、愛する選手が、「ニワトリ」呼ばわりされて、黙っているわけには行きません。選手をニワトリと呼ぶな! 呼ぶんなら、

chicken

僕をニワトリと呼べぇ!

そう、選手の代わりに僕が「I'm CHICKEN」Tシャツを着ることで、僕がニワトリになる。言うなれば身代わりだ。僕がニワトリとなることでベガルタが勝つんならば、僕はいくらでも道化を演じて見せるよ、コケコッコ。

今節の相手は札幌さん。最近3連勝と波に乗る、北の雄です。

先日、「コンサドーレの取締役が中学生売春で逮捕」と言うニュースを聞いたとき、不謹慎ながら「やはり本場・ススキノは違う」と、チョットだけ思ってしまいました。国分町じゃ、こうは行かないと。
ごめんなさい。

さて、試合なんですが。
開始5分で、先制。10分でオウンゴールで2点目。20分で3点目。あげく、後半にも駄目押し点を取り、仙台は絶好調の札幌さんに、4-0 で快勝してしまいました。

え~と。
どうしちゃったんでしょう?

うれしいし、ビールも大変美味しく頂いたんですけどね。なんか、腑に落ちないと言いますか。空も驚いて、試合中に雷雨になりましたし。
怪我人も多数復帰し、ベストに近いメンバーで組めた、と言うのもあるんですが、出来るんなら最初っからやれと。
「気持ちの問題」
とか監督はしょっちゅう言うんですが、気持ちだけでこんなに変わるものなのか。不思議なものです。

いや、恐らく。
僕がニワトリとなることで、「弱気な気持ちの避雷針」の役割を果たしたのだろうと、ここは勝手に思うことにします。チームが勝ってくれるなら、僕は今シーズンニワトリでいいよ。コケコッコ。

優勝へのマジックは、久々の勝ち点3で「M69」
残留への裏マジックは、久々に変化無しで「M20」

「裏マジック貯金」は、2万6000円のままです。
あ、ちなみにTシャツは4200円でした。裏マジック貯金といい、ベガルタと付き合うとお金がかかってしょうがないです。

それにしても。
前日にサッカー日本代表が勝った時よりも、仙台が勝ったときのほうがよっぽどうれしかったです。

|

« 中学校時代の校歌と言われても… | トップページ | 水の星へ愛を込めて »

スポーツ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2/ベガルタの代わりにニワトリに:

« 中学校時代の校歌と言われても… | トップページ | 水の星へ愛を込めて »