« 英会話の話題を久しぶりに | トップページ | さちは改変乗り越えて幸あり »

2005年9月26日 (月)

せめて来年まで田尾監督じゃないのかなあ

昨日9/25で、今年のフルスタ宮城の全カードが終了しました。
ライブドアと楽天が仙台進出で争い、杜の都にプロ野球チームが出来て、もうそんなに経つんですね。

開幕前、ほとんどの野球解説者が「シーズン100敗」と言う中、何とか95敗でふんばっているわけですが、はなから予想の付いていた戦力に対して、「成績不振」で田尾監督を、3年契約の途中で切っちゃうのはどうなんだろう?

正直、ちょっと楽天ファンに成りかけていた。かなりグラっと来ていた。
でも、今回の解任で、またちょっと心が離れちゃった。残念。

楽天は言わずと知れた、IT企業。
スピード経営が売り物だし、常に変化を求める会社です。三木谷社長は、自分が信じたやり方でやってきたからこそ、ここまで楽天を大きく出来たんでしょうが、でも、同じく支援している「ヴィッセル神戸」さんの監督を今年は2回交代して、結局低迷してるし、ダメなら途中でも即交代、って言うのは時と場合にもよると思うが、いかがなものか?

次期監督には、元・ヤクルトの野村監督の名前が挙がっているが、三木谷オーナーは知っているのだろうか?
ヤクルト就任1年目は、5位だったことを。阪神就任3年間は、ずっと最下位だったことを。両チームとも、その後優勝し、選手育成に定評があるのが野村監督だが、1年で切ったら両チームともそうはなっていないだろう。

今野球界の盟主と言っても過言ではないホークスだが、就任初期の王監督が低迷が続いた時期に、ファンから生卵を投げつけられたことを、三木谷オーナーは知っているだろうか?
その王監督を必死にかばっていたのが、先日亡くなった元・ダイエー社長中内オーナーだった。

停滞するのは良くないが、変化ばかり求めては、足元が固まらないんじゃないかと心配する。

そして何より。
「仙台よりも、他の都市の方が集客があるから」
と、早々にプロ野球チームを撤退させてしまいそうなIT企業的戦略が今後起こらないか、とても恐ろしい。

かつてのロッテオリオンズのように、杜の都のボールパークが、御伽噺にならないように願う。

何より、カラスコいなくなったら淋しいしな。

|

« 英会話の話題を久しぶりに | トップページ | さちは改変乗り越えて幸あり »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

俺も全く同意見。

ファンとのズレを感じるよ。迷走してても、100年の計をうたうJとの違い。

投稿: 暁 | 2005年9月27日 (火) 22:46

それがIT企業クォリティ

投稿: きめん | 2005年10月 1日 (土) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せめて来年まで田尾監督じゃないのかなあ:

» 《 清原選手の去就 》 [★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★]
『清原選手 楽天へ移籍か?』に関するニュースです。 [続きを読む]

受信: 2005年9月26日 (月) 23:53

« 英会話の話題を久しぶりに | トップページ | さちは改変乗り越えて幸あり »