« 私の魔法使い様 | トップページ | 鼻水はあっても鼻詰まりはあまり無い »

2006年2月18日 (土)

オリンピックの顔と顔

三波春夫だっけ?

皆さん、トリノ冬季五輪の話題に触れているようなので便乗。

冬季五輪って言うのは、「雪と氷の祭典」と言われるように、スキー、スノボ、スケートで大体括られているので、夏の五輪よりも身近な感じがします。
1コずつ、見ていきましょう。

スキーは大体オッケー。
ジャンプも、50cmくらいの高さのジャンプ台からダイブしてすっ転ぶ、と言うのを体験してるし、まあ許容範囲。

スケートも大体オッケー。
八幡スケートセンターで、勢いをつけすぎて壁に激突したことを思い出せば、ショートトラックや団体の転倒>壁激突も「分かる分かる」と、やはり許容範囲。

スノボは微妙。
なにせやったこと無いですから、僕は。でも、周りでやってる人が結構いるので、印象としては何となく分かる。
「ジャングルジャングルの頂上とか、蔵王のゲレンデ移動が大変」
とか、そういう印象。何とか許容範囲。

この3種目が理解できていれば、ほかは全て応用が利くだろう。

カーリングも大体オッケー。
雪が降って解けて1~2日経った日、氷の欠片を蹴飛ばしながら学校から帰ったことが、誰でも一度はあるじゃない? あれのずっと先が、多分カーリング。
許容範囲、許容範囲。

ボブスレーも大体オッケー。
札幌いた頃に坂道が凍ってましてね。社有車でゆっくり下ってたんですが、ブレーキ踏んでも凍ってるから全然効きませんで、雪壁に「グサリ」と車ごと突き刺さりましてね。えぇ。
なので応用で、リュージュやスケルトンも許容範囲。
それの凄い版が、車ごと坂道滑り。

身近な競技であるがゆえに、その凄さ、難しさが分かると言うものですよ。
だからメダルとか言わずに、8位入賞で凄いじゃんと拍手を贈りましょうよ。

元々大会前から、メダル無理っぽそうな選手捕まえて、マスコミが無理やり話題作って煽ってたようにしか見えなかったしさ。

ところで、冬季五輪はスプリント競技が多いから、良い意味でごまかしが効くベテランの妙、見たいなのが通じなくてアスリート的には夏季以上に大変なのかもなぁ、と思いました。

スプリント+駆け引きの「SBX」は面白かった。

|

« 私の魔法使い様 | トップページ | 鼻水はあっても鼻詰まりはあまり無い »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの顔と顔:

« 私の魔法使い様 | トップページ | 鼻水はあっても鼻詰まりはあまり無い »