« 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.2~ | トップページ | 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.4~ »

2006年7月13日 (木)

7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.3~

part.2からの続き。

【第2試合】
金子 友里恵(かねこ ゆりえ) vs 吉田 万里子

実は個人的にこの日、最も注目していた試合。

吉田選手は1年ほど前から、若手選手を中心とした自主興行「息吹」を開催しており、各方面から試合内容、大会内容について高い評価を受けている選手。
つまり若手選手と普段から接している分、若手選手に対するイヤらしい攻め方、いわゆる
 「可愛がり方」
を、イヤと言うほど心得ている選手。

加えてグラウンド、いわゆる寝技、関節技の類にめっぽう秀でた人です。
若い選手を試すには、このグラウンドの攻防をするのが、一番分かりやすいと言われています。
なぜか?

たとえば、このblogを読んでいるあなたの横に「抱き枕」があったとします。あるんです。
その抱き枕に、「チョップ」をぶち込んでください。
出来ましたか?

威力の強弱、グーとパーの違いなど、多少の差こそあれ「打撃」を打ち込むことは出来るはずです。殴ると言うのは、もっとも原始的な行為ですし。

では、今度は抱き枕に「スリーパーホールド」を決めてください。
出来ましたか?

これは、決められない人が多いと思います。
仮に決まった人は、「スリーパー」と「チョークスリーパー」の区別は付きますか?
そうです。寝技での攻防と言うのは、
 「知らないと絶対に出来ない」
ものなんです。

若手の可愛がり + グラウンドでの攻防 = 仙女若手の実力テスト

と言う公式が成り立つ。多分。
だから僕はこの一戦を、若手4選手の中で最重要試合にチェックしていたのです。

さて試合。

 Second1

予想通り、吉田のグラウンドでの関節技に、悲鳴を上げる金子。
とても「技の攻防」なんて言える様なレベルにはありません。
袈裟固め、腕ひしぎ逆十字固め、IV(石沢ヴィクトリー)ニーロックっぽい技など、技の練習台のように面白いように関節を極められまくる金子。

Second2 Second3_1

しかし、何とかその度にロープに張って行き、ロープブレークで逃れます。
これが総合格闘技ルールならば秒殺ものでしょうが、ロープブレークで仕切り直しが取られる、プロレスならではのルールのおかげで命拾いです。

いや、逃げれば逃げるほど極められる回数も、時間も延びていくので、ある意味、下手に「逃げ道のある」プロレスルールのほうが、金子には辛いかもしれません。

ところで試合序盤から、気になるムーブを金子はしていました。それは、
 「胴タックル → テイクダウン」
と言う動きです。

ロープブレークで逃げたあと、打撃で攻めることも出来たでしょうし、ロックアップ、手四つで力比べを挑むことも出来たでしょう。
しかし金子はこの「胴タックル → テイクダウン」で、あえて関節、寝技の得意な吉田に、グラウンドで勝負を挑んでいきました。

その姿勢、潔し!

そして試合終盤、遂に金子は吉田の足を捕らえることに成功。
一気にアキレス腱固めに持ち込みます。
しかし、これは吉田の巧みな誘いだったのか。

必死にアキレス腱を極める金子に対して、吉田は「極まってないよ」と言うような涼しい顔。
これに似たシーンを、昔見たことがあります。

あれは20年前、UWF(第1次)が崩壊し、新日本プロレスと対抗戦を行っていたときのこと。
アントニオ猪木vs藤原喜明の試合の中で、藤原組長が猪木にアキレス腱固めを極めた際、猪木が藤原組長に向かって、
 「極める角度が違ってるぜ」
と、ニヤリと笑いながら指差した、あのときのことを。

吉田がそんなことを考えていたとは思えませんが、涼しい顔で金子の足を取り返し、カウンターのアキレス腱固めへ。金子絶叫! 何とかロープに逃れます。

しかしこのあと、裏アキレス腱固め→裏足4の字固めと極められ、6分9秒、金子がギブアップ負けとなりました。

吉田は決着直後こそ、正面の「仙女サポーター」に見せ付けるようなアピールをしていましたが、金子が起き上がるやノーサイドの握手。

Second4 Second5

自分の見ていないところでも、立派に女子レスラーが育っていることを実感できたと思います。
もっと仙女の新人が経験を積んだら、「息吹」の興行にも積極的に名乗りを上げて欲しいです。

part.4へ続く。

|

« 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.2~ | トップページ | 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.4~ »

コメント

昨日のベガの凄惨な負けを忘れるような熱いブログだ。

投稿: 暁AK | 2006年7月14日 (金) 01:15

暁さん
> 昨日のベガの凄惨な負けを忘れるような熱いブログだ。

えぇ、忘れてましたが何か?
あれは凄惨と言うか、悲惨でしたがorz

投稿: きめん | 2006年7月15日 (土) 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/10927457

この記事へのトラックバック一覧です: 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.3~ :

« 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.2~ | トップページ | 7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記~part.4~ »