« 移行/4年ぶりに戻ってまいりました | トップページ | 日常/七夕ですね »

2011年7月 3日 (日)

ベガルタ/【第2節】ファイズギアかよ!

「仮面ライダー555(ファイズ)」は、2003年に放送された平成ライダーの第4作目である。

0055501

作中では主人公の乾巧(半田健人)が最初に555に変身するが、変身ベルトは体内埋め込みではなく、いつも銀色のアタッシュケースに保管してあり、555に変身するときに取り出して変身を行う。
「主人公はベルト」という監督の言葉通り、(条件付ながら)ベルトがあれば誰でも555に変身することが出来るため、序盤は敵味方入り乱れて変身ベルトの奪い合いが続く。

 ベルトが奪われる → 主人公が変身できない
 ベルトがいろんな人の手に渡る → 悪人が555に変身することもある

という設定は、かなり意欲的かつ新鮮で面白かった。
ラストがグダグダ過ぎたが…。

昨日ユアスタで行われたJリーグ、仙台vs名古屋戦にきめんは仕事で行くことが出来なかった。

せっかく「氣志團」の皆さんが、ハーフタイムにライブをしてくれるというのに。
5月に氣志團の皆さんが「スタンディング・センダイ」を逆カバーしてくれたのを聞いて、自前のベガッ太帽を、

Dvc00276

氣志團っぽい仕様に改造していたのに。
ベガッ太帽は、2005年くらいから発売しているベガルタオフィシャル商品。暖かいので冬場は最高だが、夏場は暑くてたまらない。

きめんはこの帽子を2005年から活用。
2009年に「ムズムズ王冠」とのコラボがはまって以来、この帽子に何かアクセントをつけることで、他のサポーターとの差別化を図っている。

00555020b

せっかく氣志團が来るのにこの帽子をお披露目できないのは我慢できない!
そう思ったきめんは、土曜の朝出勤前に車を走らせユアスタに向かい、サポ仲間の張ったシートの上に、
 「魂」
と殴り書きしたビニル袋にベガッ太帽を入れて置いておいた。

幸い、無事サポ仲間の手に渡り、その帽子をかぶって取材を受けることにも成功した様子。

00555030b

ミッションコンプリート。
オッケー。よくやってくれた。
これでこのベガッ太帽も報われることだろう。

そう思っていたのだが、今度は夜の飲み会にて別なサポ仲間から、
 「ベガッ太帽、来週の柏に持って行って良いですか?」
との提案。
それを断る理由も無いだろう。

日立台で思いっきり暴れて来い。
そして、存分にマスメディアに晒されるがいい。

と、そこでふと思った。

 「このベガッ太帽、ファイズギアみたいだな…」

被った人をローカルスターにしてくれる魔法の帽子。
それがベガッ太帽。
次にローカルスターになるのは、キミかもしれない。

ところで、ベガッ太帽にベガッ太さん本人がサインを入れてくれたのですが、

Dvc00277_2

 「土曜の夜の天使へ」
この素敵な聞き覚えのあるフレーズに、サポ仲間が突っ込みを入れた。

 「♪ 走り出したら止まらないぜ 土曜の夜の天使さ~って、それは横浜銀蝿だろ!」

氣志團をイメージしていたはずが、まさか横浜銀蝿で返してくるとは…。
12歳のはずのベガッ太さんの、高度なボケ。
決して中の人なぞいないし、アラフォーでもない。

はずだ。

|

« 移行/4年ぶりに戻ってまいりました | トップページ | 日常/七夕ですね »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベガルタ/【第2節】ファイズギアかよ!:

« 移行/4年ぶりに戻ってまいりました | トップページ | 日常/七夕ですね »