« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

日常/締めの言葉出ず

今年は年末年始が4連休。

溜まってるアニメやバラエティの録画を消費しようか、大晦日も営業中のお店でカウントダウンに参加しようか。

そんなことを考えながら、部屋の掃除を終え、まったりとマンガ本を読みつつ大晦日を過ごしていたのですが。

夕方に親戚のおばさんが突然亡くなりまして。

大動脈解離で、病院への移送はスムーズだったそうですが、何も手が付けられずに搬送から2時間ほどであっけなく。

先週もうちに普通に来ていただけに、いかんともしがたい現実をなかなか受け入れられず。

この時期は、うちの親類縁者は憑かれているのか、クリスマスイブには母方の祖母、クリスマスには父方の叔父が亡くなっており、今度は大晦日に叔母が亡くなるというなんともな状況。

病院から戻ったあと、何もやる気が起きずに呆けておりました。

皆様におかれましても、健康には留意されますように。

まあ、今年思いっきりリバウンドした僕が言っても説得力がないのですが。

そんなこんなで、暗い雰囲気で締める形となって申し訳ないですが、今年も駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

2015年にまた元気にお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

日常/きめん2014年12大ニュース

毎年恒例の風物詩。
もうこういう風にまとめる人もほとんど界隈では見かけなくなりましたが。

1月

・秋田県の乳頭温泉郷「鶴の湯」に一泊遠征
・ついに四十歳の大台に乗る

乳頭温泉は本当に素晴らしいところ。浮世からの隔世感がたまらないです
そして年齢は40歳になりました。なんかだんだん先細りしてる感があっていやです

2月

・自主キャンプ開始
・雪降りすぎふざけんな

カラオケに行っておらず、体も鍛えてないのでリハビリ開始。大年寺山の200段の階段は苦も無く上れるようになりましたが、肝心の体重が落ちず。あと結局カラオケは今年2回くらいしか行ってない。もう少し高音域で歌いたい。
雪は2月に2週続けてドカッと、ドカッと。1回会社休みましたもの、バスが走らなくて。ドカ雪はイヤですなぁ。

3月

・J1開幕。ここからベガルタを待ち受ける地獄
・インフルエンザ発症
・艦これ5-3クリア
・震災丸3年

ベガルタは厳しいシーズン。その厳しいシーズンの幕開けはそれでもテグ時代よりもボールは前に運べてた気がするんだよね。フィニッシュは皆無だったけど。
そして人生2度目のインフル発症。この時点で2014年中の昇進が消し飛び一度は退職を決意。まだかろうじて続けてますが。
昨年12月に本格的に遊び始めた「艦これ」は3か月かけて5-3クリアだったようで。丸1年以上遊んでます。
震災に関しては、今年全国的に大きな災害が多く、やはり忘れられてきている印象。地元民も例外じゃないのよね案外と。

4月

・花見と言う名のBBQ
・桜行脚宮城北方編
・面接も大破
・羽生選手凱旋

もはや花見を口実にしたBBQ。まあそれがいいのですが。
それとは別に、平日休みの特権を生かして桜行脚。松山町とか散策楽しかった
そして今年唯一の面接は大破。資格ないときついよなぁと改めて実感。そして何も今年取っていない
ソチ五輪で金メダルを獲得した羽生選手が仙台市内をパレード。ばっちり撮影してきました。

5月

・きめんプロデュースデー レトロゲームの日ファミコンスポーツ編
・ファミコン版グラディウス1周70万点の道
・なでしこアジア杯優勝
・ときメモ発売20周年

いつものarkさんに頼まれた持ち込み企画。基本ファミコンだと世代古すぎるみたいで客層には合わないっぽい。
そしてなぜか一時期妙にやりこんでたグラディウス。1000万点の撮影はいつになるのか。
実況はツイッターだとうざいので、基本今でもmixiで。まあ書き込むのは基本僕以外に2人しかいないんだけど。
伝説の恋愛ゲーム「ときめきメモリアル」が発売20周年。藤崎詩織もアラフォーかとしみじみ。

6月

・高橋名人の真夜中のゲーム大会9
・横須賀散策
・高橋名人より仙台大会再開催をニコ生で呼びかけられる
・ベガサポ作並合宿
・夜勤スタート

真夜中のゲーム大会9回連続出場。ネタ的にもスコア的にも中途半端で大いに反省。日記でも絡まれるし良いことなかった。
艦これブームにあやかって横須賀で戦艦「三笠」を見学、カレーも美味しかったよ。
そして一息ついたと思ったら名人から仙台開催の逆オファー。ここから始まる苦悩の日々
前々からやってみたかったベガサポ仲間との温泉合宿という名の泊りの飲み会。卓球楽しかったけど、酒飲んだ後に動いたから頭がグラングランしちゃって大変だった。朝のテレビ小説開始前にニッカ工場見学できたのがよかった
あと、会社で夜勤専属がスタート。今も夜勤を続けてます。手取り+3万が魅力。それだけの理由。

7月

・ジャイアントグラムバーニング技集作成
・スマホのドラクエIIクリア
・PCエンジンのCD-ROM^2修理完了

なぜかこの時期一瞬だけ盛り上がっていたジャイアントグラムのバーニング技集作成。地味ながらも再生数は1900とか行くのね。
そしてスマホのドラクエIIクリア。操作性はだいぶマシになったけど、同じシステムでIIIをやる気にはなれない。もうちょいインターフェイス考えよう
長いこと故障していたCD-ROM^2のギヤが、お手製のをヤフオクで販売してる人がいたので購入。見事に治りました。が、どうも使ったグリスが悪かったのか、動かさないと固くなって動きが止まるっぽい。まあ分解方法は完璧に覚えた。

8月

・1日ゲーム音楽三昧をほぼ完走
・ベガルタ清水に勝つ
・ベガルタOB戦

NHK-FMで10時間にも及ぶマラソン企画「今日は1日ゲーム音楽三昧」をほぼ完走。前日が大阪真夜中で、かつ台風でいろいろ交通が混乱していたので、ラジオ聞きながら各人の移動を心配したり。
いわゆる「ラスボス」清水に勝利。この日貢献した武藤はもうベガルタにはいない。
翌日のOB戦は楽しかった。イタリアユヴェントスのテクニックを堪能しつつ、山下マルコス岩本財前という魅惑の前線によだれがダラダラ。いい企画でした。

9月

・ときメモオフ開催
・高橋名人イベント告知開始

5月に20周年を迎えたときメモのオフをなぜかこのタイミングで開催。飲みの席のノリってあるよね。参加者全員が思い描いていたイベントと間違いなく違うだろうと思いつつ、プレゼン企画がかなりの高評価。一部から「仙台狂ってる」と褒められたり。
そして並行して準備の翌月の高橋名人のイベント開催発表。ハシゴ組が予想よりも多くて、なかなか混乱。あと外部からの声とかいろいろ。

10月

・朝起きたら引越が決まってた
・高橋名人イベント2年連続で開催

普通に会社から帰宅して朝食食べて寝て、出社しようと夜に起きたら引越が決まっていた。ここから10月はほぼ休みのないきつい日程に。
そして前々から決まっていた高橋名人イベント。国本さんとあーちゃんもお迎えして、初の地方ニコ生(16shot TV)もありで、まあ事前準備からてんやわんや。朝までお付き合いはつらかったが、一番元気だったのは高橋名人。見習わねば。

11月

・引っ越し完了
・PC新調
・ベガルタJ1残留確定
・モンハン4Gスタート

イベントの翌週に引っ越し。当日まで荷物の梱包が終わらないバタバタぶりだったけど、小物を運んでいたせいか、当日は比較的早くに完了。寿司をもたらす。
別末に7年ぶりにPCを買い替える。早くていいわぁ。
ベガルタはホーム最終戦で残留を確定。宴会会場の塚田農場さんのお心遣いに感謝。
そしてずっと我慢してきたモンハン4Gスタート。周りはG級ほぼ終わってる中、安定のはちみつ探しや焼き肉納品からスタート。先は長い

12月

・各種忘年会
・HDDレコーダー購入

各種忘年会参加。すでに3か所かな。クリスマスなんてなかった。
そして念願のHDDレコーダー購入。引っ越しとこれとPCで散在して、支払いがとんでもないことになって火の車

そんな感じの1年でした。
mixiは今年も残ってましたが、半端な足跡カウンター復活とか、運営のほうはよくわかりませんな。
去年の12月には使ってなかったLINEをぼちぼち使い始めるようになったのは進歩。
Facebookは徐々に放置気味に。

なんやかんやと、今年もそれなりにイベントがあり、しんどいけれども楽しい1年だったなぁと改めて思う内容でした。
個人的には年内あと3日の出勤があり、30日朝で仕事納め予定。
アメトーークSPは堪能できそうで何より。5時間はなげぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

日常/エロスを感じた年齢

エロスを感じたのはどれくらいですか

男は早いでしょ。幼稚園くらいだよ

私早かったんですよ。幼稚園くらい

女性でもそれくらいなの

なんか子供のころにアニメで目覚める、みたいなときありません?

しずかちゃんのお風呂のシーンとか

あれで目覚めるのは危ないでしょ

くりぃむレモンとか

それはエロそのものというか目覚めてから見るもの

普通のシーンなんだけどものすごい見ちゃうみたいな

だと僕はあれですね。ときめきトゥナイトのエンディング

エンディング?

どんなのだっけ

蘭世が裸にマント一枚で踊ってるやつです

あー、なんかこうやって出てくるやつ(両手のひらを横にしてヒラヒラ

そうそうそれ

なんかエロスなシーンありましたっけ

裸にマント一枚で振り返るシーンがあるんですけどギリギリでブラックアウトするんですよ

ふふ

だからもうちょっとだけ見せろよ、粘れよって毎回思ってて

それはちょっと見たいねぇ

これですね(0:46あたり

あー、これはなんか男として気持ちわかるね

もうちょい粘って映せよって

いや無理だから

でもエンディングでいうとダンバインのエンディングがやっぱり

あー

あー

当時あの番組夕方やってて俺おじいちゃんの胡坐かいた脚の上で見てたんだけど

はいはい

エンディングになった途端穏やかだったおじいちゃんの目つきが変わりましたからね

獲物を狙う目つきに

雄の顔に

そうそう。なんかこれは1人で見ないといけないものなんだってその時

これですね(0:10以降ほぼ全編

丸見えじゃない

これ今流せませんよねぇ

しかもFULLですね

蕾になってまた咲きましたよ


…という会話が繰り広げられた先日の忘年会。

大変楽しゅうございました。こんな話で盛り上がれる人たちが周囲にいて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

ゲーム/MH4G/銃の世界

すごくやりたくなる時と、まったく遊びたくない周期を持つゲームが、僕の中で2つある。
1つはスパロボ、もう1つはモンハンだ。

PSPのモンハンP3rdが大変楽しく、3rdGの発売を心待ちにしていたが、出たのは3rdHDとかいう画面の綺麗版。
その後カプコンはソニー陣営を離れ任天堂へ。3(tri)G、4と3DSで発売されたが、まったく食指が動かず。

それでも、今年10月にモンハン4Gが発売となるときには、なにやらハンター熱が燻りはじめる。
久々に狩りに行きたい。
でも序盤の薬草とか卵の納品めんどくさい。
そんな葛藤もあった。

そして何より10月にはゲームを買えない事情があった。
月末には高橋名人のイベントが控えており、それが終わった翌週には引っ越しだ。
とてもじゃないが、ゲームで遊んでいる暇などない。

それでもイベントが終わり、引っ越しも終わると、燻っていたハンター熱が強さを増す。
気が付けば、引っ越しの翌週にはNew 3DSとモンハン4Gを買い揃えていた次第であった。

そんなわけで、絶賛モンハン4Gプレイ中です。

かつてのように、仕事帰りにマクドに待ち合わせして、いい社会人が晩飯にジャンクフード食べながら狩りに勤しむといったこともなく、まったり、だらーりとソロで村クエプレイ中。

なんせ今回発売したのは「4G」なので、ほとんどのハンターさんは、G級からのスタート。
そんな中、下位クエストから始まり、「こんがり肉の納品」だの「卵の配達」だのやっている駆け出しハンターは、お呼びではない。

ちなみに、今回モンハン始めるのにはあるきっかけがありまして。
それは、知り合いの一流ハンターさんの、ツイッターでのあるつぶやきが始まりだった。

「かつて、クラウドという大剣使いが溢れ、セフィロスという太刀使いが溢れ、キリトという双剣使いが溢れ、リヴァイという棍使いが溢れていた世界にシノンというガンナーはいない(笑)何故だ!というか、ガンナー自体が本当にいない!」

そうなんだ、ガンナーいないんだ。へぇー。

なんでか分からないが、この一文が僕に火をつけた。
じゃあ、ガンナー人口を僕が増やしてやんよ。

長大なライフル、ヘカートIIを装備(したイメージを)して、ヘビーボーガンで荒野を駆け回るハンター。
その名はKINON。

00kinon01

基本的な脳内設定とか全部アレの丸パクリである。
いまんところ、全国大会で優勝できるような器でないことは確かだが、とりあえず動きの遅さを我慢して、ようやく上位クエストまで到達。

でも、めっちゃつれー。

双剣使いのハンターを祖父に持つが、自分はその道を歩まずに銃を手にする。
しかし、その才覚は近接武器にあり、追い詰められたその時、双剣の乱舞が炸裂する、という厨二病全開な設定は出来上がってるんだけと、なんとなくヘビボはヘビボでぼちぼち進んでしまうのよね。
辛いけど。しんどいけど。

今年買ったゲームは、正月のゼルダに続いて2本目。
とりあえず間が空いた分、狩りの世界を堪能させていただきます。

♪ 迷わずにいまー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

ベガルタ/J1【第33節】残留

試合終了まであと数分。
緊張から膝は震え、心臓はバクバクする。
それでも必死で声を張り上げる。
こんなに緊張した試合は、はたしていつ以来だろうか。

どんなに辛かろうが苦しかろうが、とにかくJ1に残留しなければならないのである。

ベガルタ仙台は11月29日の試合で徳島ヴォルティスに2-1で勝利。
対象チームの大宮アルディージャが名古屋グランパスに負けたことで、1試合を残してJ1残留が確定した。

たまに言われる、
 「どうせ弱いんだから、J2に落ちて一度出直したら」
って意見は、言う人の気持ちはよくわかる。

ただかつて、2003年に降格した時とは状況が違う。

今年から、J2の下部にJ3という新規リーグが設立。地獄の窯の底が開いてしまった。
J2下位に低迷してまったりしていたチームは、J3というさらに地の底に落ちる危険性が出てきた。
すでに昨年はガイナーレ鳥取、今年はかつて共にJ2リーグ戦を戦ったカターレ富山が、J3降格が確定している。

そんな状況の中、J2降格して出直しなどと口が裂けても言えないのである。

幸いにして、当日まで残留争いをしていた大宮以外に、清水エスパルス、セレッソ大阪の3チームがまとめて敗れるおまけつき。
仙台の一人勝ちの状況となったので、結果的には引き分けでも残留が決まった。

ただこの週末、浦和がロスタイムに追いつかれて首位陥落したように、J1昇格プレーオフで磐田がロスタイムに失点して敗れたように、最後の最後に何かが起こって大変なことになってしまう状況を、自チーム、他チーム関係なく多々見てきた。

そんな中、勝利しての残留確定には大きな意味がある。
たとえ相手が、降格がすでに決まっている最下位の徳島であっても、プロとプロの試合である以上、最後の最後まで気は抜けないのである。

かくして仙台は、来シーズンもJ1で戦うことが確定。
2010年の昇格1年目に、
 「J2に6年いたんだから、J1にも6年いてもらわないと割が合わない」
と僕がよく言っていた年数にようやく並んだ。

世代交代、戦術、集客、問題は多々あれど、J1に居続けるからこそできることもある。
歓喜にあふれた良い夜でした。

まあ試合後の飲み会の最中に、
 「体が軽い...こんな幸せな気持ちでお酒を飲むのは今シーズン初めて...もう何も恐くない」
と思ったのは内緒にしておこう。

試合後の打ち上げは塚田農場さん。
陽気に浮かれすぎてたベガサポへのお心づかい真にありがとうございます。
地鶏めっちゃうまかったです。
http://r.gnavi.co.jp/numuztnn0000/

001130001

001130002

001130003

001130004

001130005

001130006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »