« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-1(試合前) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-3(第2試合) »

2016年10月19日 (水)

プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合)

~BACK 観戦記1~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101510big-show-.html


第1試合 白姫美叶ファーストマッチ
白姫美叶 vs 藤ヶ崎矢子

10周年記念大会は、デビュー2年目の岩田美香 改め 白姫美叶と、JWPのデビュー4年目藤ヶ崎矢子の試合からスタート。

と思いきや、藤ヶ崎選手の入場テーマが違うというアクシデントが発生。
残念ながらこの日は、第1試合の前のカサンドラ宮城の歌声も、マイクの音量が小さいのか、3F席では全然何を歌ってるのか聴こえない状況だったので、引き続いての音響のトラブルはちょっと集中力が切れた。
(隣の席の子供も「歌聴こえなーい」って言ってた)

あとプロレスファンは、入場曲が長くて選手が入ってこないと、選手来てないとか、ゲート裏で乱闘してるとか、新崎人生vsミスター雁之助の抗争中に、雁之助が人生のコスチュームを盗んで自分で着たので、人生のテーマ曲が終わっても人生が入場して来ず、やっと入ってきたら普段の作務衣姿だったとか、余計なことを考えてしまう生命体なので、ほんとお願いします。

さて、試合前の煽りVTRでは、
 「名前を変えたから勝てるわけではない」
 「美仙女とか言ってるやつには負けない」
とか、やたら挑発的な藤ヶ谷。
過去のシングルでは藤ヶ谷が勝ってますが、キャリアは2年後輩ながらも1歳上の白姫(20歳と19歳)が意地を見せたいところ。

161016a001

試合前の白姫の握手には応じない藤ヶ谷。
蹴りを中心に攻める白姫と、オーソドックスな寝技で組み立てる藤ヶ谷。リバースのインディアンデスロックから鎌固めに決める藤ヶ谷。ブリッジが綺麗。

白姫は攻めるも単発。解説席にジャイアント馬場さんがいたら、
 「アピールしてる間に攻めればいいんですよ」
と言われそう(そこまで執拗にアピールはしてないけど)

白姫はノーザンライトスープレックスでカウント3を迫るも奪えず。出来ればもうちょいたたみかけたい。
試合は、藤ヶ谷がトップロープからのボディプレス→キックアウト→トップロープからの旋回式ボディプレスで勝利。

161016a002

161016a003

白姫は、まだデビューから勝ち星がない。
この日も勝ちたい気持ちは伝わったが、見てる限り藤ヶ谷のほうが試合運びに余裕があったかな。
今の仙女は、同世代やキャリアの近い選手が参戦してるから、近いうちに初勝利が見られることに期待。
つっても、この日は第3試合にも出るんだけど。

仙女旗揚げの頃は、井上京子とか尾崎真弓とかすげーキャリアの選手ばかり来仙して、もっとキャリア近い選手呼べないのかなと思ってたら、デビル雅美が来仙して、
 「キャリア差がもっと広がってるよ」
と思わず突っ込んだことを思い出した。

あと、試合とは関係ないけど、ほぼ毎週水曜日にやってるセンダイガールズの一般開放日では、白姫選手に指導してもらえたりするので、興味ある方は行ってみるといいですよ。
めっちゃいい人です。

http://www.sendaigirls.jp/circle/

さて、このペースだと絶対に終わらないなと思いながら第2試合へ。

~ NEXT 第2試合~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101610big-show-.html

|

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-1(試合前) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-3(第2試合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/64372027

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合):

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-1(試合前) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-3(第2試合) »