« 日常/語彙と言うか老化 | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合) »

2016年10月19日 (水)

プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-1(試合前)

2006年7月9日に産声を上げた、
「センダイガールズプロレスリング」
が、今年2016年に旗揚げ10周年を迎えまして、10月16日(日)に記念大会が開かれました。

10年前には、地元仙台に女子プロレス団体が出来るということもあり、ずいぶんと気合を入れた観戦記を書いてましたが、最近はblogの更新もずいぶん減り、書く時間もなくなり。

過去ログ
7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記 ~part.1~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part1_2804.html

第1試合 金成 幸子 vs 井上京子 ~part.2~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part2_860f.html

第2試合 金子 友里恵 vs 吉田 万里子 ~part.3~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part3_abab.html

第3試合 金成 知佐子 vs ダイナマイト関西 ~part.4~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part4__cfae.html

7/9センダイガールズプロレス旗揚げ観戦記 ~part.5~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part5__50ff.html

第4試合 奥田 朱理 vs 尾崎 魔弓 ~part.6~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part6__960a.html

メインイベント 里村 明衣子 vs アジャ・コング ~part.7~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2006/07/79part7__3523.html


ただ今回は、せっかくの10周年記念大会と言うことで、少し頑張ってみようかなと。
この10年では、三沢ショックによるプロレスへの恐怖心や、仙女の常打ちだったZepp仙台の閉鎖による足の遠のき、所属選手の離脱等いろいろあり、残念ながら10年間見続けているわけではないが、旗揚げ戦との違いくらいは地方在住のおっさんにも語れると思うのでね。

さて、10年前と同じように、まずは試合開始前の状況からblogスタート。

会場となる仙台サンプラザは、センダイガールズプロレスリング旗揚げの地であり、昨年のベルト創設時など、ここぞという場面でのビッグマッチで使用される会場。

161016003

ここを使用する団体は、現在では新日本プロレスくらいかな。
残念ながら、現在のプロレス界では地方でキャパ3,000人を埋めるのは至難の業。
仙台駅から仙石線で1駅、徒歩でも15分ほどで歩いていける立地、すり鉢状で3階からでも見やすい作りで、アーティストがコンサートを開くので音響設備も良いと、言うことなしなのですが。

※ その新日も、6月のスーパージュニア仙台サンプラザ平日2連戦は、初日1,178人と苦戦しましたがね(翌日の優勝決定戦はほぼ倍の2,100人入ってます)

ロビーには著名人からの花束が並び、ビッグマッチ感を漂わせます。
協賛広告もずいぶん増えました。これも里村選手を始めとした仙女の皆さんの、地道な活動が実を結んできた証なのでしょう。

161016001

161016002

さて、15時となりほぼ定刻通りに大会開始。
20年ほど昔のマンガの「最狂 超プロレスファン烈伝」には、UWFインターはひどいときには30分くらい遅れて大会が始まったと書かれていましたが、実際はどうだったのでしょう。
個人的には、定刻通りに大会が始まるかは、重要なポイントだと思っています。
その点では、毎回仙女は時間通りに始まってくれてありがたいです(脳内の大会後のタイムスケジュールとかあるからね)

ビッグマッチらしく、大型ビジョンによる煽りVTRからスタート。
今大会に至るまでの道のりや、各試合の紹介などを終えたところで、仙女恒例の選手入場式。

16101601

16101602_2

16101603_2

所属選手の数は、10年前と同じく5人。
その中で同じ選手は、里村とDASHチサコの2人だけ。
これが多いか少ないかは僕にはわからないが、里村以外の4人がプロレスデビュー戦だった10年前と比較しても、自信を持って外に出せるレスラーが育成され続けているのは見事な手腕だと思う。

色々と感慨深い思いをしながら、里村のマイクを聴き、選手退場。
第1試合が始まるのかと思いきや、怪しいBGMが鳴り響き、宮城の悪妃ことカサンドラ宮城の単独ライブがリング上で行われる。

161016004

うん、まあこれも、自信の表れなのだと思うよ、きっと。多分。恐らく。

そんなわけで、やっと第1試合へ続く。


~NEXT 第1試合~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101510big-sho-1.html

|

« 日常/語彙と言うか老化 | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/64368033

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-1(試合前):

« 日常/語彙と言うか老化 | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合) »