« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-4(第3試合) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-6(第5試合セミ) »

2016年10月24日 (月)

プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-5(第4試合)

~BACK 観戦記4~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101610big-sho-1.html

第4試合
長浜浩江、水波綾組 vs カサンドラ宮城、アジャコング組

昨年のこの会場で、カサンドラの化身が宿り悪妃となったカサンドラ宮城が、アジャコングと再びタッグを組む。
昨年は試合終了後、バックステージでアジャコングにボロカスに言われて怒り狂い、インタビューをした地元女子アナに襲いかからんばかりの形相をしていたが、成長した姿を見せられるか。

対戦相手の水波は、ガイアジャパンに入門→引退→仙女で復帰→WAVEに移籍と言う経歴。
パッとまとめると、ガイアでは里村の同門で妹弟子、仙女ではカサンドラの7年ほど先輩にあたる。

長浜は、WAVE所属でキャリア2年の選手。カサンドラとはデビューが1ヶ月だけ長浜が先輩の同年デビュー。
なお、ツイッターのプロフ( @nagahama_hiroe )を見ると、
 「イメージDVD『あいらぶ爆乳クリニック』発売中」
と書いてあり、なんとなく不安になる。
月曜日のたわわかよ!
ついでに、wikiによると「ニックネーム Iカップのアイちゃん」と書いてあった。
月曜日のたわわかよ!!

161016d001

161016d002

161016d003

試合は、カサンドラが謎のヘッドバンキングを見せて相手の動揺を誘う。観客も動揺した。

途中、アジャコングが見栄を切ってからの毒針と言う、ブッチャー殺法で攻め立てる。なんか動き方もブッチャーみたいで、膝が悪そうに見えたが大丈夫だろうか。

そんな大柄のアジャコングを、水波がバックドロップで投げ捨て、スピアで倒して見せる。すごいド迫力だ。
この試合の10分経過のアナウンスが早く感じたのは、それだけ試合に見入っていたからだろう。

試合途中、まさかの緊急地震速報と、比較的大きな揺れが会場を襲う。
2000人以上集まったホールで、一斉に地震速報の音が鳴り響くと、ものすごくドキッとするね。
てっきり、カサンドラの魔界パワーが暴走して、地獄の窯の底が開いてしまったのかと思った。
「会場は耐震構造になっているので、慌てず云々」とアナウンスが入り、そのまま試合続行。あのアナウンスの効果は大きかったよ。落ち着いたもの。

試合は、カサンドラが長浜をみちのくドライバー風にマットに叩きつけて、自ら勝利。
悪妃が憑依して1年となる大会に花を添えた。

161016d010

試合後のアピールは特になし。

第4試合後に休憩時間となり、旧姓・広田さくらが挨拶。
妊娠5か月に入った報告と、いずれまたリングに復帰したい意向をコメント。

また、仙女の練習生の紹介と言うことで、仙台市泉区に在住の12歳!(小学6年生)による、受け身、ロープワークなどが披露されました。
ここで、練習生の前にお手本を見せたのは白姫選手。本日3回目の登場ですね。お忙しい。

そして第5試合、セミファイナルに続いていくよ。

~ NEXT 第5試合セミファイナル~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101610big-sho-3.html

|

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-4(第3試合) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-6(第5試合セミ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/64389557

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-5(第4試合) :

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-4(第3試合) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-6(第5試合セミ) »