« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-6(第5試合セミ) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-8(試合後のやり取り他) »

2016年10月26日 (水)

プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-7(第6試合メイン)

~BACK 観戦記6~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101610big-sho-3.html

第6試合 メインイベント
センダイガールズワールドチャンピオンシップ
王者:里村明衣子 vs 挑戦者:橋本千紘

ついに来たメインイベント。
チャンピオンは、仙女の代表であり社長でありエースである里村。
挑戦者は、里村が育てた愛弟子、橋本。

10年前、他団体との対戦でしかカードが組めず、メインも里村対アジャだったが、10年後は所属選手同士でのタイトルマッチで、大会場を立派に埋めて見せた。
※ 主催者発表:2080人

161016f001

161016f002

それだけでこみ上げるものがあったが、今回はそれだけではない。
「歴史が動く瞬間」が見られるかもしれないという、期待感があった。
場内もいつも通り里村への声援はあるが、橋本への声援も負けてはいない。そして橋本への期待感が場内を満たしている。

同じ団体内の若い世代が上の世代を破ることは、とてもインパクトのあることだ。

新日本で藤波がドラゴンスープレックスで猪木から3カウントを奪った日。
全日本プロレス大量離脱後の大会で、三沢が鶴田を丸め込んだ日。
ノア旗揚げ2連戦で、秋山が三沢、田上、小橋から続けて勝利したあの日。

おっさんなので例えが古いが、時代が動いた刻をプロレスファンは末永く語り継いでいく。
この日集まった観客は、時代が動く瞬間を見るため、歴史の立会人となるべく集まった者たちが多かったのではないだろうか。

そして、そんなことを簡単にさせてくれる里村ではない。
愛弟子である橋本への攻めは、強烈を極めた。

序盤こそ、タイトルマッチらしくグラウンドの攻防だったが、アマレス出身の橋本に対し、常に里村が上をキープ。腕を中心に攻めていく。
橋本も水車落としやスピアで反撃するも、里村は切り返してコブラツイストを極めるなど、若い橋本にペースを握らせない。

161016f003

161016f004

圧巻だったのは、橋本をコーナーに追い詰めたときの里村の攻め。
コーナーで宙づりとなった橋本に蹴りの嵐。容赦のない攻撃を何発も繰り出していく。
これはいわゆる潰しに近いほどの攻撃だ。下手をすると橋本がこのまま潰されかねない。

しかし橋本は潰されない。
出る杭を打ち、破壊せんほどの攻撃に耐え、反撃に転じる。
序盤から狙っていたジャーマンに加え、里村の動きをパワーボムで止め、さらに追撃のジャーマンを狙う。

試合前から思っていたが、橋本はアマレス出身で水車落としを使い、ジャーマンスープレックスを決め技とし、コスチュームは仙女伝統の赤色だ。
オールディーズなプロレスファンは、その色と技から橋本にゲーリー・オブライトの幻影を見るのではないかと。
であるならば決めてほしい。マットに四つん這いになった状態からぶっこぬくジャーマンを。

そして橋本は、ぶっこ抜きジャーマンを里村相手に決めて見せる。
これでは決まらなかったが、続けて放った高角度のジャーマンスープレックスで、橋本千紘が師匠の里村明衣子から完璧な3カウントを奪って見せた。

場内、大爆発!

161016f005

161016f006

自分の団体の選手の勝ち名乗りを、敗北し、寝そべったまま聞くことになった里村の心境はどうだったのだろう。

いろいろと思うところはあったのだろうが、鋭い眼光は試合後もそのまま、マイクで、
 「またすぐにでも挑戦するから、待っとけ」
と言ったのは、やはり修羅場を潜り抜けてきた選手のものだ。
ここで一歩引いてしまうようでは面白くないからね。ここから新たな歴史が始まり、またその中に里村も今度は挑戦者として絡んでくるのだろう。

そして橋本である。

1年前の仙台サンプラザでデビューし、そのデビュー戦の日に里村の挑戦者に名乗りを上げた強心臓。
この日の試合も、押される場面はあったものの、気持ちは最後まで切れずに真正面から立ち向かい、そして勝利した。
何よりも、里村がシングルで若い世代に負けるのは、あまり記憶にない。少なくとも、仙女ではどの先輩もなしえなかった快挙だ。多分。

橋本がこの先、どのようなチャンピオン像を作っていくのかはわからないが、前述したオブライトのように、掴んだら投げるってスタイルも、今の時代には新鮮でいいかも。
今後どのような防衛ロードを進むのか、楽しみでしょうがないです。

161016f008

161016f010

161016f011

橋本のジャーマンの迫力については、以下の里村選手のツイートからご確認ください。
試合中は興奮して、ジャーマン一発も写真に収めてなかった…。

試合のレポートはここまでで、長くなったので次回、試合後のやり取りと今後の展開を予想して、まとめにしたいと思います。

最後に、参考までにオブライトの動画貼っておきますね。


~ NEXT 試合後のやり取り他~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101610big-sho-5.html

|

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-6(第5試合セミ) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-8(試合後のやり取り他) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/64403867

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-7(第6試合メイン):

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-6(第5試合セミ) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-8(試合後のやり取り他) »