« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-4(第3試合) »

2016年10月20日 (木)

プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-3(第2試合)

~BACK 観戦記2~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101510big-sho-1.html

第2試合
松本浩代、アイガー組 vs ライディーン鋼、X組

10周年第2試合は、提供マッチのような組み合わせ。
X枠について同席のdokuhunt師匠と意見を交わす。

 「里村つながりで長与千種とかきたらビックリですけどね」
 「流石に無いだろう」
 「ただ、女子プロレス界でXで登場して場内が盛り上がる選手となると」
 「難しいね。一番可能性が高い旧姓・広田さくらは妊娠中で試合できないし」

長与千種と言えば、千葉県の船橋駅近くで、満面笑顔の看板を見かけたことがあるけど、ドアを開けたらカウンターの正拳突きとか来るかと思うと、怖くて入れない。

161016b000

とか適当なことを話している間にX入場。
Xはダイナマイト・関西!

161016b001

プロレスファンや格ゲーのバーチャファイターを遊んだ者には知らない者はいない、元祖スプラッシュマウンテンの人。
すでに2016年内での引退を表明しており、もう生で見る機会がないと思っていたが、この大舞台に参戦してくれて感謝。

試合は、アイガーの独特のムーヴでスタート。
「気持ち悪い」を連発する関西。
アイガーは、リングインしてそのままリングアウトするなど、ペースを握らせない。
こういうプロレスらしい見栄えの選手は、やはり分かりやすいのか、リングサイドのカメラさんも満面の笑みで撮影。

161016b003

ただ、どう考えても同じコーナーの松本浩代も困惑している。

松本は、仙女旗揚げ当時に2006年デビューと言うことからか、初期の仙女に頻繁に参戦し、超えられそうで超えられない同年デビューの壁としてあり続けた。
仙女主催の第1回じゃじゃ馬トーナメントでは、他団体ながら優勝も収めている。

加えて、当時は「エネミーチーム」と言う役割で、仙女に参戦するのは基本良いもんでも敵と言う扱いから、きっちりリング上で憎まれ役をこなし、試合に勝利し、僕のような女子プロレスに面識ない人間を、「ムキー!」とさせてくれたのも懐かしい。
ライディーン鋼との力の入る攻防は迫力がありました。
ライディーンはガタイもあるしまた見たいな。須山さんはなんでライディーンと命名したのか。ラァァァーーーーイイィィ!!!

試合は、関西がアイガーをファルコンアローっぽい技で仕留めた。
さすがにスプラッシュは使わないよね。

161016b002

161016b004

試合後、関西が仙女への祝辞を述べて、第2試合は終了。
やはり10年前に記憶が飛んだチサコを抱えて退場した時と同様、漢気(?)溢れるお方でした。

さあ、第3試合に続くよ。


~ NEXT 第3試合~
http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2016/10/101610big-sho-1.html

|

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-4(第3試合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/64376367

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-3(第2試合):

« プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-2(第1試合) | トップページ | プロレス/10.16仙女旗揚10周年BIG SHOW観戦記-4(第3試合) »