« ゲーム/真夜中のゲーム大会(2)/ハッシュタグ | トップページ | ゲーム/真夜中のゲーム大会(4)/ファイソル勢は三つ巴 »

2017年5月28日 (日)

ゲーム/真夜中のゲーム大会(3)/意外なエントリー

-続き-

真夜中は良くも悪くも参加者は常連さんが多く、そしてエントリーするゲームもかなり決まっている感がある。
きめんは12回の大会中、スタソル10回、スタフォが2回だ。ヘクターやPCエンジンのソフトには挑んだことがない。

そうなると怖いのがマンネリ感なのだが、今回は常連さんの参加不参加の都合なのか、普段の種目とは違うソフトへのエントリーが見られた。

パラドックスさんは、スーパースターソルジャーではなくソルジャーブレイド。
ご本人の日記にもあったが、マンネリに活を入れる意味も含まれていたのだそうだ。

お子さんも気が付けばずいぶん大きくなり、美人さんな顔立ちなので、ステージ上でMC陣に随分いじられる。
真夜中では、過去にホリさんとか有村昆さんとか杏野はるなさんとかに囲まれながらプレイし、その際はだいたい不満げな表情でプレイをされていたが、今回は娘さんを褒められたからか、機嫌が良さそうに見える。

結果、真夜中ソルブレ初の60万点台を叩き出すものの、練習よりも低いスコアだったからかご本人は不満げ。優勝を狙うには十分なスコアだと思うのだが。

ガンヘッドで真夜中は複数回優勝経験のあるあおさんは、スーパースターソルジャーで出場。
途中のキャラ回しが異常に早く、52万コースかと我々の座席がどよめく。しかし、終盤の無敵キャラの画面外への誘導に失敗。キャラ回しが遅れる。
死に技は成功させるも、スタート地点に戻ったあとに被弾しそこでも稼ぎが足りず。

それでも余裕で51万突破し、早くも優勝争い筆頭に躍り出る。恐ろしや。

しかし、普段と違うソフトで出場してもあれだけのパフォーマンスを見せるんだから、キャラバン戦士は恐ろしいわ。

さて、しくじり先生に高橋名人が出る時間なので、いったん終了します。

-続くよ-

|

« ゲーム/真夜中のゲーム大会(2)/ハッシュタグ | トップページ | ゲーム/真夜中のゲーム大会(4)/ファイソル勢は三つ巴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/65340825

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム/真夜中のゲーム大会(3)/意外なエントリー:

« ゲーム/真夜中のゲーム大会(2)/ハッシュタグ | トップページ | ゲーム/真夜中のゲーム大会(4)/ファイソル勢は三つ巴 »