« メモ/ゲーム/艦これ2017秋イベント(随時編集/画像バレあり/E4乙クリア) | トップページ | メモ/ゲーム/第1回くれくれストIII3rd大会ダヴィンチ簡易レポ »

2017年11月27日 (月)

ベガルタ/【第33節】今期の生観戦終了

17112601 

17112603

17112602


きめんの今シーズンの現地観戦は、第33節マリノス戦をもって終了いたしました。
今年はAWAYも3試合行ったし(日産、鹿島、等々力)去年よりは頑張ったかと。

今年のベガルタの成績を語ると、個人的には3つの期間に分けられると考える。

・開幕-7月の中断期間までの18試合 6W3D9L
・中断明け-野津田加入前後の6試合 2W2D2L
・野津田初得点-次節までの10試合 3W3D3L(残1)

まあ、序盤戦は特に言うことなし。悪い意味で。

3バックに取り組むものの、指導者がそもそも3バックの経験ないんだから、現役FWの石原に教えを乞うとか、石原も来るチーム間違ったと後悔したんじゃないかと。
浦和戦の0-7、ルヴァンFC東京戦の0-6で今季絶望した人も多かったのでは。

中断明けは違う意味でひどかった。

今期は失点が多いからじゃあどうするのかと思ったら、いきなりドン引いて守りはじめて、観戦した僕らもその戦術にドン引きした。
 「時計の針を戻さない(キリッ」
と言い切った監督が、まさかJ1テグ時代どころか、J2時代にまで時を戻るとは。
6試合で5失点と見るか、6試合で4得点と見るか。
真夏の広島戦を1-0で拾わなければ、勢い的に順位が逆になってた可能性もあったよね。

そして、9月に野津田が先発で結果を出すようになってから、ようやく流れが変わってきた。
前線の石原と野津田のラインが素晴らしく強固で、そこを中心に前線の連携力は高まった気がする。負傷明けの中野、途中加入の古林も含めて、ハマったときは他サポからも「面白いサッカー」と呼ばれるようになってきた。

ただ、結果が出てるかというと実はそうでもなく、リーグ戦はせいぜい五分だし、ルヴァン杯準決勝進出も鹿島、川崎相手はともに1勝1敗で、勝った負けたはゴール数の違いだけ。
残念ながら、ストロングなチームにはなれてなかった。

とは言え、去年の僕の最終戦の日記は
 「つまらなかった」
 「先制されると何もできない」
とかなり嫌気がさしていたが、今年はまだ筆が軽いので去年よりもサッカーを楽しんでいたのだろう。
マリノス戦も、先制されたけど得点は奪えるだろうって思いながら見られたし、そこは大きな違いか。

レンタル選手が全員残ることが最大の補強です(キリッ
となるかは分からないが、最終戦きっちり勝って今年を締めていただきたい。

試合後はお疲れ様会。
コバルトーレ女川、JFL昇格おめでとう!

17112604

17112605

|

« メモ/ゲーム/艦これ2017秋イベント(随時編集/画像バレあり/E4乙クリア) | トップページ | メモ/ゲーム/第1回くれくれストIII3rd大会ダヴィンチ簡易レポ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34633/66094388

この記事へのトラックバック一覧です: ベガルタ/【第33節】今期の生観戦終了:

« メモ/ゲーム/艦これ2017秋イベント(随時編集/画像バレあり/E4乙クリア) | トップページ | メモ/ゲーム/第1回くれくれストIII3rd大会ダヴィンチ簡易レポ »