« 日常/平成 → 令和 | トップページ | 日常/テレビ買い替え »

2019年5月 4日 (土)

てくてく/平成最終日に瑞鳳殿ー青葉城址 約13000歩の旅

2015年5月以来、やく4年ぶりのてくてく旅。 

今回は平成最終日となる4月30日に有志が集まり決行。 
当初の予定は若林区を中心に、薬師堂や遠見塚方面へ向かうつもりでしたが、当日はあいにくの雨。しかも大雨。 
外を出歩くには不向きなので、瑞鳳殿から博物館、青葉城址と近距離を散策することに。

仙台駅東口に集合して、さくっと車で瑞鳳殿まで移動。 
てくてくなのに車。 
雨ですし。 
駐車場はわりと混んでましたが、きめんの謎の能力によって、駐車場残り2台のところに滑り込み。 
車から降りてちょっとしてたら、道路がみるみる渋滞に。ナイスタイミング。 

-瑞鳳殿- 

190430a01  190430a02

伊達政宗公の霊廟として知られ、伊達家2代、3代のお墓もある。 
観覧者数を調べてみると、この1-2年でようやく震災前の水準(年間約20万人)に戻ってきている様子(2011年は9万人ほど) 

相変わらずバリヤフルな階段オンリー砂利道ザクザクな場所ではあるが、瑞鳳殿の前は休憩所になっていて、雨も凌げて良かった。新緑の時期なので、雨と緑も映えますし。 


-博物館- 

190430a03

瑞鳳殿を後にして、再び車で博物館へ。 
そしたらば、青葉城址へ続く道の渋滞のすごいこと。大橋の手前まで渋滞が続いていて、緊急回避で博物館の臨時駐車場へ。 
瑞鳳殿も博物館も駐車場無料なんだが、大丈夫なのか仙台市。 

博物館では「猫展」と言う特別展示を行っており、雨の日でも優雅に観覧できるためか、チケット購入者が多数。 
ついでに、この日は集合時間が13時と遅かったので、瑞鳳殿をのんびり回っているうちにそれなりの時間に。 
ここから博物館の特別展示に入ると、青葉城址に着くのがかなり遅くなってしまうので、一般展示も含めて今回は見送り、青葉城址に向かうことに。 


-青葉城址- 

190430b01 190430b02

青葉城址へは道路が渋滞だったのと、少し雨が止み気味になっていたこともあり、博物館から徒歩で山越え。 
今回の目的地、と言うわけではないけれど、同行者で御朱印帳をもらっている方がおるので、平成最終日の日付の御朱印をいただくことに。 
都内なんかでは数時間待ちとかのニュースも聞えてたので、すでに受け付け終わってるかなとか思ってたら、 
 「10分ほどお待ちください」 
とのこと。 
流石は地方都市! すぐにキャパオーバーするミーハーが山ほどいる都会とは比べ物にならない競争率。 

と言うわけで、神田明神でお土産に購入して以来、特に使い道のなかったこの、 

190430b03

ラブライブ御朱印帳に御朱印をいただく。 
まさかこんな形で使うことになるとはね。 

190430b04

幾分お腹も空き、山越えの乳酸も溜まっていたので、改装された売店で小休止。 

190430c01 190430c02

声優の若本さんが、恐らくはご本人も知らないところで神になっていたりした。 

その後は山を下り、車をいったん置きに行ってから、平成最終日の飲み会スタート。 

190430c03 190430c04

久しぶりに日本酒をたくさん頂きました。 
お疲れ様会であり、ベガルタ祝勝会であり、平成最終日であり、その他さまざまな会話全てが酒の肴。 

良い一日でございました。 
しかし、早くに飲み始めたとはいえ、20時には解散とかずいぶん大人な飲み方するようになったなぁと思った。 

またそのうちやりましょう。 


-おまけ/4年前- 
てくてく/野草園ウォーカー/4大テレビ塔制覇、約29000歩の旅

http://kmnparty.way-nifty.com/manga/2015/05/429000-b27d.html

|

« 日常/平成 → 令和 | トップページ | 日常/テレビ買い替え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常/平成 → 令和 | トップページ | 日常/テレビ買い替え »