« プロレス/あれから10年 | トップページ | アニメ/2019夏アニメ予定 »

2019年6月25日 (火)

ベガルタ/【J1第16節】最少失点

フラグだのジンクスだのは、しょせん話し手が都合のいいように解釈できてしまうのであまり好きではない。 
が、なんとなくそういうのに当たると、破れちゃうんじゃないかと思ったり。 

11節に当たったサンフレッチェ広島は、当時J1で2番目に少ない失点だった。 
そのチームに前半早々に先制されて、こりゃもう0-1で見どころ無くやられるのかと思いきや勝ってしまった。 

16節に当たった首位のFC東京は、その時点でJ1最少8失点のチームだった。15試合で8失点はスゴイ。仙台はその3倍も失点している(24失点) 
そんなチームとの対戦でも、勝ちにいかねばならぬ下位チームの定め。 
でも広島戦の時もそうだったが、そういうチームに勝ったときは気持ちいいのよねぇ。 

両チームとも4-4-2をベースにしたミラーゲームの様相。 
だからか、ルヴァン杯でGK関がケガした時のように、各方面でのデュエルが激しい。 
少し前までは、ミラーであっても良い守備位置重視で当たりにいかず、各々のポジションに戻る守備だったのが、モザンピーク代表シマオマテを中心に激しいボールの奪い合い。 

両チームとも1点が遠いなぁと思っていたところに、関口の絶妙なゴール。糸を引く軌道がゴール裏斜めからほぼ正面で見られて、ゴール裏のだいご味は枠内シュートが枠の中に入ったままどこまで来るか見えるところだよなぁと。 



2点目が欲しいが東京のGK林も身体を張って防ぐ。 
試合終了までまだあるなと思っていたところに、ハモンのタイガーショット的なの炸裂。 



ようやくハモンゾーンからの気持ちいいシュートが突き刺さる。 
ハモンの使い方はあれでいいのよ。細かい事こちゃこちゃやらせると良さが消えるわ。スペース作ってドカンでいいのよ。 

と言う感じで、最少失点の東京から2点を奪って仙台の快勝。 
試合後のシュート数を見ても、仙台が気持ちよく攻撃してたのがよく分かる。 

フォト 

これで11位まで一気に浮上。 
勝ち点が詰まっているので厳しい戦いはまだまだ続くが、次節も勝てれば前半戦7勝で4月ごろの皮算用に帳尻が合う。 
負けた試合のことをいくら悔やんでも勝ち点は戻ってこないので、振り向かずに前向きに。 

てか、日曜ナイターは体力的に月曜きついので、なるべく減らしてください。

|

« プロレス/あれから10年 | トップページ | アニメ/2019夏アニメ予定 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロレス/あれから10年 | トップページ | アニメ/2019夏アニメ予定 »