« 日常/高橋名人が仙台に来た | トップページ

2023年11月18日 (土)

メモ/ベガルタ/2023年J2終了

ため息も出ないシーズンが終了。

J2で16位と25年見てきた中で過去最低の順位の弱さ。
4月には昇格を諦めるホーム3連敗。
J2で11試合勝ちなし。
18位まで順位を下げJ3降格もチラつく。
長年勤めたフロントスタッフは1,000万円越えの横領。
年チケのクーポン券を偽造する観客。
コアと呼ばれるチンピラはバスを囲んで出禁。
その後の対応でフロントが磐田側に謝罪要求していたことが判明。
5年間で6人の監督を更迭するチーム。
そして何もなくなった。

1994年にブランメル仙台が発足し、1999年のJ2開始とともにベガルタ仙台が誕生。
当時プロスポーツの無かった仙台に生まれた娯楽。このチームが将来大きくなり、J1に定着したら、全国の多くの方に宮城県と仙台市が知ってもらえるかも。
地元大好き人間としてはそんなことを夢想していましたが。

25年の間に、プロ野球の東北楽天が生まれ、今年はバスケW杯の影響で89ERSも大人気。
そもそもサンドウィッチマンが広告塔として、東北宮城仙台の知名度を爆上げしてくれてるし、冬季五輪連覇の羽生選手もいる。

 「ベガルタ仙台の役目って実質終わってね?」

試合も観に行かなくなった。
サポ仲間と会う機会も減った。
こんなチームに割いてる時間があるほど人生は長くない。
今年はそんなことばかり考えていた。

正直今は、金を落とすつもりも来年観に行くつもりもない。
何かチームが変わったとハッキリできる材料が出てくれれば良いですね。

まあそれはともかく、お酒はおいしかったし話は楽しかったよ。

132013_2577897204_82large 132013_2577897205_9large

 

23111202

23111201

|

« 日常/高橋名人が仙台に来た | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常/高橋名人が仙台に来た | トップページ