March 30, 2006

高橋名人の真夜中のゲーム大会

最近人気再燃な感じの、我らのヒーロー高橋名人主催(?)の
 「真夜中のゲーム大会」
が4/15(土)の24時から東京で開催されるそうです。

中身は、FC、GC、PS2の「スターソルジャー」2分間でのタイムアタックだそうで。
時間的に、日中ベガルタの応援をしてから新幹線に乗れば、間に合いそうです。と言うか宿泊必須ですが、仮に100人参加×2分=3時間半弱ということで、ホテルは必要無いんじゃないかと思います。
まあ、どういう形式で行われるのかも、現状不明なのですが。

一昨年の夏に「スターソルジャーキャラバン」と題して、東北~函館を回りながらスタソル対決をして、完膚なきまでに惨敗。
この1年半、泥水をすすり、路地裏のドブネズミを食べると言う、屈辱にまみれた生活をしてきたわけですが、ここで踏ん張れば汚名返上可能かもしれません。

指痙攣だと、ぶっちゃけキツイけどなぁ。

反対に、ラザロに圧死、デライラを逃がす、ヤールに激突死、とかのほうが、会場が盛り上がるかもしれません。
あ、高橋名人に「キャラバンDVDを手渡し」とかしたら、見てくれるかなぁ。それ見て後から名人に怒られたら、それはそれで本望なわけですが。

チケットは、4/1からロッピーで取り扱うみたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

PSE法がまとまりません

えー、PSE(電気用品安全)法について、まとめるつもりだったんですが、忙しい上に、まとめサイトも見つからないので、現状で把握していることを箇条書きにしてみますので、気になることは各人でお調べ下さいませ。

5年間の猶予を終えて、今月3/31に施行されるPSE法ですが、天下りだのなんだのと、聞こえてくるのは雑音ばかり。
経済産業省の告知と伝達に問題があったのは明らかですが、騒ぎ始めるのが今年2月に入ってからでは、何をするにも遅すぎる気がします。つーか、国民の大半は知らないままだったようですし。

で、僕らゲーム好きな人たちに関わってくるのが「ゲーム機販売」が停止されること。
ファミ通やユーゲーなどを読んでも分かるように、本体内部に変圧回路が組み込まれているゲーム機、DC、SS、PS、PC-FX、3DO等々の取り扱いが出来なくなります。

ここまでは理解できたんですよ。「家電」ですから。

問題なのは、この法律が「家電対象」ではなく「電気用品全般」らしいんですね。
つまり、ゲームセンター(アーケード)に置いてあるゲーム機。こちらも対象になるらしい。らしい。つーか、家庭用は記事になってるんですが、アーケードは記事になってない。

とりあえず信頼できそうなところで、中古ゲーム機取り扱いの「リバーサービス」さんのページを覗いてみました。掲示板にそのネタがありました。
ん~、どうも「対象になるっぽい」です。

で、いろいろ調べてみたところ、例えばゲーセンの「ポップンなんちゃら」の機種は、最近の12とか13のものには、PSEマークが入っているらしいが、初期の黄色筐体には、法律制定前なのでマークは無いらしい。そりゃ当然です。
そんな訳で、アーケードの場合は同じ機種でも混在しているので、把握が困難のようです。

しかし、もしこれがそうなると、アーケードの中古業者はヘタすると壊滅しますよ?
2001年以前で現役機種は、各メーカーの空のビデオゲーム筐体(アストロとかサイバーリードとかイグレットとかウインディとか)、UFOキャッチャーシリーズ、音楽ゲームの類は、軒並み全滅です。
メダル機は、寿命が10年前後のものが多いので、こちらも総じて壊滅状態。考えるだけで恐ろしくなります。

確かにアーケードのゲーム機は、配線が溶けたり、電源スイッチが燃えたり、競馬ゲームのフィールドがコゲたり、熱を持つランプのそばに人形を置いといたら発火したりと、いろいろと問題がありますが、それらは全て2次的要因と思われるので、本体だけの問題ではないはず。

それを一緒くたにダメといわれてもねぇ。理解できません。

上記は全て推測、および仮の話ですが、もし本当にそのような状況になった場合は、一応抜け道として「レンタル」が残されています。
例えば、「スペースハリアー」の筐体を月5万円でレンタル。販売価格は中古で30万円だったから半年(6ヶ月)レンタルしてくれれば、その機械は差し上げます、と言うシステムに切り替えれば、壊滅は避けられる気がします。多分。

800万円で購入した新品の商品の売値が50万円、何てこともざらな業界と聞いてますので、生き延びるための策をみんなで見つけて欲しいと思います。

ちなみに「レンタル制度」が家庭用でも行われるとして、ドリームキャスト1週間500円となった場合、借りますか?
レスラーが1人作れるか否かと言う、かなり微妙な状況となります。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 08, 2006

MH-DOSを買ってきた

「きめん、スパロボ3周目とかやってる場合じゃないぞ。『モンスターハンター2(ドス)』を買え。買わなきゃ泣かす」

と、脅されたので、ヨドバシカメラで「モンスターハンター2(dos)」を買ってきました。
「ネットゲー」以外何の予備知識もないので、「アクション」とか「RPG」とか「恋愛アドベンチャー」とか、いろいろな棚を見て周り、何とか購入することが出来ました。

んでもってこれは、一体何のゲームなのでしょうか?

末尾の「2(ドス)」と言うことから、続編なのでしょう。
ところでこの「2(ドス)」と言う単語は、メキシコの言葉で「2(に)」を意味するのですが、日本人には意外と刷り込まれている単語です。

プロレスの試合では、レフェリーがフォールの体勢に入った際に、
 「ワン、ツー、スリー」
と数えるのが普通ですが、日本人vsメキシカンの対戦の場合、英語でのカウントでは無く、
 「ウノ、ドス、トレス」
と、メヒコの言葉でレフェリーはカウントを数えます。
また、1000の顔を持つ男「ミル・マスカラス」さんの弟、「ドスカラス」さんは、「2つの顔を持つ男」と言う意味の「ドス」です。

また、ガンダムファンにもメヒコの言葉は知られています。
シャアさんの偽りの姿である「クワトロ・バジーナ」大尉ですが、「クワトロ」とはメヒコでは「4(よん)」を意味します。
これは、クワトロとしての姿が、「キャスバル・レム・ダイクン」「エドワゥ・マス」「シャア・アズナブル」に次ぐ、「4つ目の名前」と言うことから、「クワトロ」と名乗っていると言われています。

さらにマニアックなところでは、関根勤さんのデビュー曲「ラテンのごとく」の中で、ルー大柴さんやラッキー池田さんと共に、歌い踊り狂いながら、間奏部分で、
 「ウノ!ドス!トレス!クワトロ!」
と、ものすごいテンションで歌っていました。

そんな感じで、日本人には馴染みのある単語です。ドス。

ゲームのほうは、「面倒くさそう」なのでスタート地点の長老とお話してセーブしました。
そのうち再開します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 01, 2006

【ゲーマーズバトン】を葬るよ

モストデンジャラス(もっとも危険な)チーム所属と思われるヲヅマさんから、「ゲーマーズバトン」が届きました。
まあ、「バトン墓堀人」として葬るだけなんですが、最近忙しくてネタも無かったのでちょうどいいです。
微妙な質問が多いけど、とりあえずスタート。

Q1:
思い出せる一番古いゲームは?

アタリの「ポン」じゃないの?
「自分で遊んだもの」って意味なのかな? なんだろ、「ケイドロ」とか「6モン」とか「戦争」とかかな。体張って遊ぶのは。

「ゲーマーズバトン」だから、テレビゲームなのかしら。
アーケードだとコナミの「スクランブル」や、タイトーの「アメリカ横断ウルトラクイズ」かな。「アメリカ横断」は、デモ画面でも回答できる、不思議なゲーム。
あとはエンドーチェーンに置いてあった「クイズ頭の体操」かな。


Q2:
好きなジャンルは?

ファミコン全般、横シュー、一部のノベル、初期の格ゲー。

プロレスと一緒で、ゲームもジャンルが細分化されてるから、この質問自体が凄く難しい。
ファミコン全般が「ジャンル」なのか、と言う疑問は置いておきまして、横シューは好きです。

ナム語辞典で「下手の横好き」などと揶揄されましたが、「グラディウス」から入るとそうなっちゃうんですよ。
グラ、グラII、沙羅曼蛇、XEXEX、ファンタジーゾーン、パロだ、極パロ、ダラII、ダラ外と、多種多彩。並べただけでも、全部好きですね。

一部のノベル…また、物議を醸しそうなジャンルですが。
「月姫」「Fate」は好きですが、「Kanon」は微妙、とかそんなノリな訳ですが。「TLS」「メモオフ」辺りは、ノベルなのか? ちょいと疑問。ギャル、エロ以外のことも当然さしますよ。「かまいたちの夜」とか。まあ、「とか」が少ないわけですが。

初期の格ゲーは、餓狼スペ、スパIIX、VF2、とかその辺り。それ以上進むと無理。


Q3:
苦手なジャンルは?

大作RPG、歴史シミュレーション、ドライブシミュレーション

「長時間=大作ゲーム」と言う図式に、いい加減蹴りかましてくれないか、ゲーム業界。売れないと雑誌も困るというのは分かるが、忙しい現代人が「100時間」とかひねり出せると思うなよ。

「歴史シミュレーション」は、信長とか三国志とか以下略。歴史が苦手なので覚えきれません。三国志はMSX版ではまりましたが、武将名を細かく言えるほどではありませんし、ゲーム長いし。

「車系」は、リアルになればなるほど、さっぱり分かりません。
「グランツ」とかな。

Q4:
初めてクリアしたゲームは?

注釈がないから、アーケードゲームで。
セガの「ファンタジーゾーン」と思います。初めてラス面で「YA-DA-YO」を聞いたときの心拍数は、半端じゃなかったです。ヘビーボムのタイミングが「セガマークIII」と全然違うから、オパオパ父の5~6発目の攻撃で潰されたのは、一度や二度じゃ知れず。

ちなみに場所は、今はなき河原町の「キンコンカン」です。一番奥の、事務所の前辺りに置いてありました。


Q5:
所持しているハードは?

ACとCSがごちゃ混ぜ過ぎるぞ、このバトンは。まあいいや。

任天堂:
ファミコン、ディスク、スーファミ、N64、GC、GBC、GBA-SP、GB-micro、NDS

セガ:
メガドラ、サターン、ドリキャ、ゲームギア、メガアダプタ

NEC:
PCE、CD-ROM^2、Duo、PC-FX

その他:
PS、PS2、3DO、NEO-GEO、WS、レーザーアクティブ

その他2:
システムI、システムII、システム16、システムGX

PC-FXは天に召されました。レーザーアクティブは「バーチャルカメラマン」が1面から進みません。WSは5年くらい貸しっぱなし、3DOは「スーパーリアル麻雀PIV+相性診断」ばかり遊んでいました。

その他2は所有基板。だって1枚1枚が「ハード」だし。
Iはスプラッターハウス、IIはコズモビデオ、16はファンタジーゾーン、GXはときメモぱずるだま。JAMMA変換が今は無いので、うちでは遊べませんけど。


Q6:
独断と偏見で選ぶベスト3タイトルとその理由をどうぞ。

「デスクリムゾン」
誰もが知ってる、究極のガンシュー。初めて遊んだときの衝撃は、強烈だった。一生忘れない記憶をありがとう。

「センチメンタル・グラフティ」
予約してたソフマップ仙台店が、ゲーム発売前に撤退して予約取り消しになったので。当時の予約券はまだ持ってます。

「ときめきメモリアル2 サブストーリーズ ダンシングサマーバケーション」
ときメモ2のドラマシリーズ第1段。僕が人生で初めて「2点」をつけたゲーム。想像を絶するつまらなさ。


Q7:
現在進行形でプレイしているタイトルは?

「スパロボMX」PS2
なぜか3周目。突然遊び始めました。

「おいでよどうぶつの森」NDS
1週間放置プレイ中。

「英語漬け」NDS
ランクEから浮上できず。

「アイドルマスター」AC
行くヒマが無いですが。

「スターソルジャー」GBA
連射体力が、かなり微妙。


Q8:
このバトンを適当に投げて下さい。

TSD

墓石式パイルドライバー。
終了です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 10, 2006

DDR超新星

スポーツニュースをみていると、10代、20代の若さ溢れるフレッシュな人達の話題が多い。
反対に巨人の工藤投手、ジャンプの原田選手などをみていると、ベテランの経験、技など競技の奥深さを知ることができる。

しかし、若さ溢れる躍動感と言うのは、いつの時代も人々を魅了する。

僕の好きなプロレスで言えば、先日はプロレスリング・ノアでKENTA選手と丸藤選手が、信じられない動きでファンの目を釘付けにしました。
そういえばノアの三沢社長も若い頃は、華麗な空中殺法を多用するレスラーだった。40代の今はすごいお腹が邪魔して、なかなか厳しそうですが…。

ダンスダンスレボリューション(以下DDR)が、アメリカのウェストバージニア州で授業に取り入れられるそうです。
肥満対策だそうですが、肉ばっかり食ってる国はまず「食事内容を見直せ」と思います。
それはともかく、健康のためとは言え、未だにDDRが活躍しているアメリカをうらやましく感じたり。

とか思ってたら、国内でも久しぶりにゲームセンターにDDR新作が復活するそうで。
「DDR SUPERNOVA」
だそうです。
英文だらけの「GAME SPOT」ってとこから引っ張ってきました。

「Dance Dance Revolution SuperNOVA will be released in the US this spring, with releases in Japan and Europe to follow.」
きめん訳:踊り踊り革命超新星は、米国で春に出された後、合わせて日本と欧州で続けて出されるだろう。

今月のAOUショー辺りでお披露目でしょうか? 筐体が昔のままならうれしいんですが。
それはともかく、「DDRでやせなきゃ」「DDRで脂肪を燃やさなきゃ」って無駄な努力を続けてる方には、朗報ですね。アーケードで、あの筐体が復活ですよ。ぷるんぷるんした体じゃ踊れないってば。

20代の頃には、「仙台のスーパーボーイ」と呼ばれた僕は、DDRをガンガンやってましたが、当時100kg超と今よりも10kg以上重くて踊ってたから、自分ですごいなと。
30超えた今では、体重こそ軽くなったものの、もう踊れる気がしません。3rdの「アフロノヴァ~」辺りが限界でしたよ、えぇ。
若いってすごいね!

「暴君ハバネロ」のCMで華麗なトペ・アトミコ(対地)を披露しているディック東郷さんは、30半ばを過ぎて未だに20代の頃と変わらず、人々を魅了する動きをしているのですが、こういう風になりたいと思いました。

でも、ゲーセンで息切れしてるの、恥ずかしいんだよなぁ。
「DDRたん、ハァハァ」
こういう息切れではありませんので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2006

シュウォッチ・目覚めろ、その魂Feb.1

お誕生日メッセージを山ほど頂き、感謝したのもつかの間、怒涛の2月(feb.February)に入りました。

DSも立ち上げられない状況で、ゲームの腕前も落ちまくりですが、それでも一応microの自分連射で、

god1

god2

自力ゴーデスは行けました。
1周は出来なかったけど。

ただ、この場合「腕がなまってない」と言うよりも、「当時のまんま」と言うほうが相応しいのかもしれない。

ハード/スタイル/本日の記録
シュウォッチ/指痙攣/126

今日は120台で安定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2006

「えいご漬け」で英語になれる

ニンテンドーDSで、「脳を鍛える~」のお仲間に当たるソフト、
「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」
が発売になりました。

で、こんな遅くまで、「どう面白いのか?」と言うのを書いてましたが、
エラーで消えました

ほんと、人生イヤになる。ふう…。
保存しようと思って、ボタン押したらエラーだもんな。一升瓶で殴りかかるところでしたよ。

とりあえず、このゲームは人に遊ばせる際に、お試しで、
「発音トレーニング」
を選ばせて、DSに向かって、
「アップルー! アッポー! アポー!」
と発音する人を、周りで見ていてゲラゲラ笑う、そういう風に楽しむゲームです。

嘘です。

ちゃんと、英語の発音や聞き取りの練習になる、お勉強もかねたソフトですよ。
ここでいろいろ勉強しておくと、英会話のレッスン時にまた一ネタ、二ネタ出来上がると言うものです、マスター。

ちなみに、「書き取りハーフマラソン」は、現在28:57で、フルマラソンが出てきました。
英会話のレッスンの復習そっちのけで、しばらく遊んでしまいそうです。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

January 28, 2006

新企画「シュウォッチ・目覚めろ、その魂!」

先日「ハドソンベストコレクション」が、GBA用に発売されました。

「ボンバーマン」「ロードランナー」「チャレンジャー&迷宮組曲」「ナツミル&バイナリ&サラトマ」「スタフォ&スタソル&ヘクター」「冒険島1~4」の6本です。

「迷宮組曲ラブなのだ~」
な僕ですがそれはスルーして、「スタフォ&スタソル&ヘクター」のシューティングコレクションを購入しました。やっぱり、いつ挑まれてもいいように、鍛えておかないといけませんから。

で、この上記6本にはオマケで「シュウォッチ」機能がついてまして。

shu01

10秒間連射して自分の連射力を測定する、って言うアレですね。それがついてます。
なので、ここ最近の仕事の忙しさと、仕事のやる気の無さが私生活におよび、blog更新が飛び飛びになっている現状を嘆いて、「新企画」を立ち上げます。それは、

「シュウォッチ・目覚めろ、その魂!」

です。

内容は簡単。上記ハドソンベスト内のシュウォッチを使用し、その日の自分の最も高かった
 「連射力」
を書いて行くだけ、と言うものです。

参加希望者は、ここのblogにコメントでその日の連射数値を書き込むだけです。
それだけで、日々の生活に張り合いが出るというものですよ。
そして、僕はコメントを当てにして、「他力本願」なblog運営をすると言う、画期的なシステムです。

んで、今日の僕は、

スタイル:指ケイレン
連射力:124

こんな感じでした。
商品は何も無いけど、連射自慢集まれ~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 27, 2006

I-M@SようやっとAランク

「幽幽白書」と言う、マンガが昔ありまして。
中盤から後半にかけては、少年ジャンプらしいバトルシーン満載のマンガでした。

その中で、登場する妖怪達にはランク付けがされ、その強さの度合を大体教えてくれました。
超強いのがS、強いのがA、結構強いのがB、そんな感じ。
そのランク付けの中で、主人公側も恐らくそれなりのランク付けがされていたことでしょう。

浦飯さんはS辺り、蔵馬さんと飛影さんはAくらい、桑原さんはBらへん?
まあ、そんな感じ。

人気の割にインカムが低迷し、撤去ロケの増えている「アイドルマスター」ですが、頑張って未だにプレイ中です。
今は無き「プレイシティキャロット仙台店(プリッズ)」でプレイしてたのが7月ですから、もうかれこれ半年もプレイしていることになります。

僕のゲーマーランクが衰退したって、努力すれば何とか報われる日も来ます。
先日、半年がかりでようやく、

imas

「アイドルランクA」にたどり着くことが出来ました。
ありがとうございます、ありがとうございます。

このゲームは、携帯サイトに登録していると、「事務所」を作ることが出来まして。
事務所に所属していると、ゲーム中対戦時に、その事務所名「T・W・I・N・Z所属」と言う風に、対戦相手に教えてくれるわけです。

うちのメンバーは4人で、僕を除く3人のプロデューサーは「S」「A」「A」が最高ランクでした。
そんな中、僕だけが「B」ランク止まり。何て言うか前述の幽幽白書のような、すごい「桑原感」を感じていました。
しかし、時間がかかったけどようやくAランク。

僕も桑原さんのように、空間を切れるようになって、レベルアップしたよ。
やったよ、おっかさん!

でも、もうすぐ引退。
こんなに苦労したのに。

まあ、この喪失感こそが、「アイマス」の魅力たる所以と、信じて疑いません。
次はSランク…狙え~れば~…いいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2006

今年のゲームは発掘メインで

1/22日現在、今年は新作ゲームを買っておりません。
昨年の購入ゲーム本数も16本ですし、ちょっと現役から外れ気味。
やはりノベル読んでるだけじゃ、ゲームの腕なんか上がるわけもなく。

最近は、ゲーマーランクの「減衰」がすすんでひどい状態です。
全盛期ならば、「Bランク下位」くらいまでは行けていたと言う自負がありましたが、今では「Dランク」が限度。ヘタをすると、「Eランク」落ちもあるんじゃないかと言うくらい、落ちています。

rank

まあ、ゲームもしてないのにレベルを維持できるわけでもないので仕方ないことですが、最低限これ以上腕が落ちないようにしよう。
と言うのを今年の目標に設定しました。

今年の方向性としては、過去に買ったゲームでほったらかしになっているゲームのやり直し。
これを主軸に行こうかと思います。
新年から3週間以上空けてからの、新年の抱負です。

目標としては、

「ビートマニアIIDX6th(PS2)の練習モード全クリア」
「キーボードマニア(PS2)のREALの『Qのためのソナタ』クリア」
「スターソルジャー(FC)の全16面オート連射無しクリア」

この3つを、2006年の「マニフェスト」に挙げさせていただきます。
まあ人によっては、この程度では「ぬるい」と言う意見もあるでしょうが、僕としてはかなり頑張った目標設定だと思います。

昨日、今日で、スーパーマリオ、スペランカーを共に1周できたし、まあ何とか維持できるレベルギリギリにはいるんじゃないかと。
今年はそんな感じで進める予定。

頑張ったら、「ワクテカ」とか「敏腕」とか付くよ、きっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 01, 2006

「TWINZ-4」無事終了と2006年スタート

喪中なので、新年の挨拶は控えさせていただきますが、2006年もよろしくお願い致します。

大晦日に友人宅で開催した、ジャイアントグラムの大会「TWINZ-4」は無事終了しました。
今回も珠玉のカードがそろい、試合も盛り上がりました。そして、PRIDEもK-1も紅白も大晦日も見ない、年越しとなりました。3年連続です。ゲーム大会で年越す人って、なかなかいませんよね。

で、肝心の試合動画は、ジュッテイムさんのサーバーにアップされています。
(全試合、クリックにて動画ダウンロード開始)

第1試合/ラリ@殺法 vs パワーボム殺法

第2試合/ハンドル剥ぎデスマッチ 1回戦

第3試合/U-15h選手権挑戦者決定戦 パラダイス太白 vs やどかり太郎

第4試合/ハンドル剥ぎデスマッチ 2回戦

第5試合/片桐彩子 vs 虹野沙希

第6試合/ディープ・スナイパー vs 蛾珍子

第7試合/U-15h選手権試合 王者バイソンきまら新1号 vs 第3試合の勝者

専門ページを作ってる余裕が無かったので、現状直リンにて提供させていただきます。
容量は分かりませんが、試合によっては長いものもあるので、ダウンロードまでは気を長くしてお待ちください。

とりあえず、第1試合を見てもらえば、どんな興行かはすぐ分かると思いますので、気に入った方はそのまま第2試合以降に進んで下さい。しかし並べてみると、凄い意味不明なカードですね。
意味不明度合なら負けていない、三夜連続アングルもあわせてどうぞ。

アングル/TWINZ-4~DESTINY~ グローバルチャレンジャー登場
アングル/TWINZ-4~DESTINY~ 導かれる運命
アングル/TWINZ-4~DESTINY~ 3軍対抗デスマッチ決着戦

さて、年末の格闘技の試合は、どれも結果を知らないまま、帰宅後録画観戦。
やはり、結果を知らずに見る試合は良いですね。
こういう日は迂闊に知り合いの日記を読んだり、タイトル見たりすると、一番見たい試合の結果が載っていたりするので、見ないようにするのが大変でした。

男祭りは、終始早送りで先ほど見終えたので、もう満足。さすがに「吉田vs小川」だけは普通に見ましたけどね。
やっと眠ることが出来ます。

そんな感じで、今年も参りましょう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 29, 2005

アングル/TWINZ-4~DESTINY~ 3軍対抗デスマッチ決着戦

2005年末、ひとつの戦いが終わりを告げようとしていた。
TWINZにて派閥争いを続けた、「きめんぐみ」「ジュッテイム」「Gatch」の三大勢力の戦いが、ついに大将戦を迎えようとしていたのだ。

これまで、数多くの激闘を繰り広げてきたこの3軍。
タッグマッチに勝ち抜き戦など、さまざまな方式で熱い戦いをファンに見せてきたが、ついに決着のときがやってきた。

その決着方式は、3人の若手時代の修行の地「メキシコ」にちなんだ
「コントラ戦」
いわゆる
「デスマッチ形式」
で行われることとなった。
ここで言う「デスマッチ」とは、いわゆる「電流爆破」や「有刺鉄線」の類ではない。
敗者に「覆面剥ぎ」や「髪切り」を行わせる、メキシコ伝統のデスマッチだ。

今回この3人は、「TWINZ-4」において3-WAYのデスマッチ形式で決着をつけることになった。
その決着方法とは、
「ハンドル名剥ぎデスマッチ」
言い換えれば、
「ハンドル・コントラ・ハンドル・コントラ・ハンドル」
である。

この3人の大将のうち、勝負に負けたものはその場で
「ハンドル名を変更される」
と言う、恐ろしいデスマッチである。

ファンの愛する「きめんぐみ」「ジュッテイム」「Gatch」
このいずれかのうち1人は、ネットワーカーとしての命である「ハンドル名」を失い、まったく違うハンドルで、2006年からは生きていかなければならない、壮絶なデスマッチである。

そして、その新たなハンドル名は、自分でつけることは許されない。
「ワンダー・ドッグ(犬)」と言う第三者に、自分のハンドル名を委ねなければならないのだ。

自分がどんな名前になるのか想像もつかない、究極のデスマッチ。
しかし、この3人の大将はその対戦形式を受諾。決着戦に挑むこととなった。

加えてこの対決には、「TWINZ-Half」と言う新ルールが採用された。

これは、ジャイアントグラム「TWINZ U-15h選手権」の上限「15時間」の半分、「7.5時間以内」で育成を終えなければならないと言う、過酷なルールである。
しかも難易度は「普通」、体力は「100%」と言う、リバーサルされにくい、かつ体力の減りやすい設定である。

大晦日までの調整に失敗すること、それイコール「名前の喪失」につながる、危険極まりないルール設定である。

まさに待ったなし。問答無用の大晦日最終決戦。
その戦いを見届けるのは、君達だ!


以上、「ジャイアントグラム2000 全日本プロレス3栄光の勇者達」を使ったゲーム大会、「TWINZ-4」の、3夜連続あおり宣伝を終わります。
動画配信ページは、ジュッテイムさんが作ってくれています。多分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2005

アングル/TWINZ-4~DESTINY~ 導かれる運命

「TWINZマニア」武道館大会において発表された、大晦日のスペシャルシングルマッチ、
「虹野沙希 vs 片桐彩子」
は、ファンの大反響を呼び、前売りのチケットがその日は飛ぶように売れた。

こうなってくるとファンの心理としては、「対戦にかける意気込みを各レスラーから聴きたい」と言う思いに刈られるものだ。
当日までに、紙面上で、web上で、ありとあらゆる手段で相手への熱い思いを語る。プロレスにおいて、それは良くも悪くも「常套手段」である。

しかし、そんなファンとマスコミの心理を逆手に取るようなFAXが、
「片桐OFFICE」から届いた。

OFFICE
(クリックで大画像)

「TWINZ担当各位」から始まるそのFAXには、驚くべき一文がかかれていた。
それは、
「12・31当日試合後まで、この試合に関するコメントは一切しない」
と言う、驚くべき内容だった。

あえて言葉で語ることはしない。
リング上の2人の試合を見てもらえれば、あとはそれで伝わると思う。

そんな自信に満ちた言葉が、FAXからはありありと伝わってきた。
ファンの期待は、パンパンに膨らんでいた。

時を同じくして、別の場所。
こちらでも「運命」に導かれたレスラーの対戦が決まろうとしていた。

事の発端は、昨年TWINZのリングに電撃的に復帰を果たした
「ラリ@(ラリアット)殺法」
だった。次世代のエース、「フランソワー・ズモレシャン」に対し、「天下を取りそこねた男」と発言、TWINZ選手全員の怒りをかった男が、今度はTWINZの「現場監督」に電撃就任したのだ!

 t2

選手は皆、一様に反発した。
しかし、現場監督に就任したラリ@に迷いは無かった。

昨年、きまら軍に全敗したTWINZ正規軍を、「柱が無い」と罵倒。
加えて、TWINZ内における「軍団解体」することを表明したのだ!

これにより、人気を誇った「きまら軍」も解散することとなり、「蛾珍子」「コミッカー・B・B・ピカロ」らは、きまらエキスによる洗脳を手術により取り除かれ、正気を取り戻し、自分たちの国へと帰っていった。

この結果、TWINZはこれまでの軍団対抗から、個人戦の時代へと一気に突入。
大きくその様相を変えることとなった。

そのラリ@殺法は、自らもTWINZ-4への出撃を行うことを発言。
その相手には、先日「TWINZ GATE」の顧問に就任したばかりの、
「パワーボム殺法」
が選ばれた。

過去の因縁を引きづる2人の対決は、早くもヒートアップ。
運命に導かれた者たちの戦いが、いよいよ始まろうとしていた。

続く…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

アングル/TWINZ-4~DESTINY~ グローバルチャレンジャー登場

今年もこの季節がやってきた。
崇高なるなるジャイアントグラムのプロレス大会「TWINZ」の開催が近づいてきたのだ。

(昨年の「TWINZ-3」の様子)

過去「TWINZナンバーズ」として3度、「TWINZハウス」として2度開催されてきたこのイベントが、今年も大晦日に開催決定。続々とレスラーが名乗りをあげてきた。

「TWINZ-2」で優勝をさらって以来、「TWINZの絶対王者」として「守護神」と崇められ、オーディエンスから絶大な支持を受けるチャンピオン、バイソンきまら。

t1

そのきまらの目はすでに、国内では無く世界に向いていた。
自分の実力を知らしめるため、また自分がグローバルな存在であると主張をするために、外に打って出ると公言したのだ。

これに待ったをかけるべく立ち上がったのが、TWINZに参戦以来、着々と実力をつけてきた「パラダイス太白」その人であった。
太白は、関西プロレスのエース「まいどオーキニ」から、団体の未来と、TWINZの存亡を賭けて、「きまら打倒」に執念を燃やし、今回みずから大晦日の大舞台に、挑戦者として名乗りを上げたのだった。

しかし、そんな太白のやる気をそぐように、きまらは言い放った。

「何の実績も無いやつが突然出て来て、俺様に挑戦できるのか? そんなやつは、挑戦者として認めない!」

なんと、きまらからの「挑戦拒否」発言。
シリーズ中、きまらを振り向かせようと、太白は執拗にきまらを挑発するも、きまらを振り向かせることは出来なかった。

今年の大晦日は、防衛戦は行われないのか?

みんながそう思い始めたある日、ある1本の国際電話が入った。その電話は、テキサス州ダラスからであった。ダラスと言えばあの男、マッコイレスリングの創始者「故・マッコイ田中」がプロモーターを務めていた土地だ。マッコイレスリングの広報担当は言った。

「プロモーターの「ミクシー・コミュ」を通じて連絡を入れさせてもらいました。テキサス州ダラスで修行中の若武者を、日本に呼び戻し参戦させることとなりました。試合経験は皆無に等しいですが、素晴らしい試合を見せることを約束いたします。 」

突然海外からの参戦表明。
自身のグローバル化を目論むきまらにとって、この話はとてもおいしい要望だ。きまらは言う。

「マッコイ田中は、アマゾンで生まれ育った俺様でも知っている偉大な人物。そこの選手が出て来ると言うのなら、受ける価値はあるだろう。だが、いきなり俺様が相手をするわけには行かない。ずっとピーチク騒いでいたグリーンボーイと勝負し、勝ったほうの挑戦を受けても構わない」

ここに、絶対王者・バイソンきまらの対戦カードが確定した。
大晦日、パラダイス太白とマッコイレスリングの代表者が試合を行い、勝利したほうがメインイベントできまらの持つ、
「U-15h無差別級」
のタイトルに挑戦するのだ。

秘められたその力、今爆発寸前!

続く…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2005

2005年の買ったゲームを羅列して選んでみる

流浪の日記生活も3年目。
「日記じゃない」と言い、言われつづけて、3度目の冬を迎えました。
毎年恒例の「今年を振り返る」企画のゲーム編です。

今年は本当にゲームを買わず、やり込んでおらず、な年なので、購入したゲームを片っ端から羅列します。

レイストーム&レイクライシス (PS/タイトー)
アナザーコード (NDS/任天堂)
パックピクス (NDS/ナムコ)
ぷよぷよフィーバー (NDS/セガ)
鉄拳5 (PS2/ナムコ)
痕 (PC/Leaf)
脳を鍛える大人のDSトレーニング (NDS/任天堂)
スーパーロボット大戦MX (PS2/バンプレスト)
虫姫さま (PS2/CAVE)
スーパーマリオブラザース (GBA/任天堂)
パネルでポン&Dr.マリオ (GBA/任天堂)
スーパーロボット大戦J (GBA/バンプレスト)
研修医 天童独太2 (NDS/スパイク)
Fate/hollow ataraxia (PC/TYPE-MOON)
おいでよ どうぶつの森 (NDS/任天堂)
To Heart2 (PC/Leaf)

以上今年購入の16本。
すくなっ!

昔は中古ソフト込みで100本以上買ってた年もありましたが、最近は買う前に
「遊ぶ時間無い」
と自分で諦めてしまってます。情けない限りです。

とりあえず、いろいろ選んでみました。

軍資金No.1
アイドルマスター
g1

いきなりノミネート外の作品。アーケードゲームですから。
ゲームセンターのゲームで「5桁」のお金を使ったのは、「バーチャファイター4」以来ですかねぇ。システムが練り込まれてて良くできたゲームですが、散々言ってるようにコレクター性が無い為、市場人気、売上は最悪らしいです。
恥ずかしがってないで、一歩踏み出そうぜ、みんな!

僕たちの失敗No.1
レイストーム&レイクライシス
虫姫さま
g2

ゲームの腕がなまっていたのを気にして、年始早々に購入したレイスト&レイクラ。
その後、アーケード版を遊んでいたので、紆余曲折の末購入した虫姫さま。
両方とも、全っ然上達しませんでした。自分でもビックリしました。虫姫さまはどのモードでも4面を超えられず。涙で枕をぬらす。

キラーソフトNo.1
アナザーコード
g3

このゲームのおかげで、僕はDSを買いました。
アドベンチャーゲームの歴史を一変させた、と僕は思っている作品。謎解きをタッチペンやマイクで進めていくのはアイデアの勝利。チョット難易度が低くて、展開がアレなのがたまにキズ。でも許します。
船長がイカス!

スーパーヘビー級No.1
Fate/hollow ataraxia
g4

前作「Fate/staynight」でも重かったのに、続編になったら重くて進まないくらいでした。
セイバーvsアーチャー、風雲イリヤ城、花札。全部HDDがガリガリといい音を立てて、ゲームがフリーズ。CG1枚書き換えるのに1分とかかかってました。ある意味スローライフ。
本編のシナリオは、かなり好きでした。

相変わらず偏りがありますが、まあこんな感じ。
「どうぶつ」はWi-Fiが無いので、朝起きて夜まで木を切る日々。来年末まで遊んでいたら、何か賞を送りたいと思います。

来年はこの体たらくっぷりを、もうちょい何とかしたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 18, 2005

大晦日に向けて戦いは始まっている

本日は日曜日だと言うのに、休日出勤でした。
普段から心休まる日がありませんが、師走に入ると加速的にその割合も増します。精神的には、結構パッツンパッツンですね。

さて日曜出勤に加えて、岩手に出張なものですから、ただいま僕は盛岡市内におります。
「ただ今おります」とか言っていますが、自動アップなので、この日記は17日土曜日に書いています。いわば未来日記。

もう、そんなの日記じゃない。

さて、年末に向けて徐々に動き出している「TWINZ」の興行ですが、ようやくお目当てのものが見つかりました。それは、

vm

イカスカラーのビジュアルメモリ。
水色なやつは、ただいま作成中の「特別試合」用のレスラーの、イメージカラーに合わせて見ました。よくあったものです。

緑色のやつは、さらにその後作成予定の「TWINZハーフ」と言う、新ルール用のレスラーです。
僕のイメージカラーの「緑」に合わせて見ました。しかも新品。

この時期に仙台市内でVM買ってる人を見かけたら、TWINZ関連の人だと思ってもらって、よろしいんじゃないかと言うくらい。もうちょい値引いて欲しいな、各小売店さん。

問題は、レスラー作成が間に合うかどうかだな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 15, 2005

マニフェスト失敗とお知らせ

マニフェスト失敗

11月上旬の飲み会の際に、12月に別口の集まりがあることを友人から伝え聞いたので、
「じゃあ、5kgやせてやるぜ!」
と息巻いていましたが、11月の不摂生がたたり、結局4kgしかやせられませんでした。

運動も出来なかったし、イマイチだったな。年末だしな。


お知らせ

ジュッテイムさんところで、サーバー立ち上げのβテスト中(?)なので、過去のTWINZシリーズの動画が見られます。

▼TWINZ-S 名人戦

▼TWINZ-3 ジャイアントグラム

Sは「あの」スタソルキャラバンです。秋田の宿が必見。
3は、昨年大晦日のジャイアントグラム大会の模様です。
これ見て、ここを訪れてくださるようになった方もおり、思い出の作品です。

負けっぱなしだけどなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 13, 2005

過去からの侵略者

ニンテンドーDSの「カモォン アニマルフォレスト」(あれ回避用英語表記)を、時間の無い中遊んでいます。

時間が無いのに、いざ始めると瞬時に時間が過ぎ去ってしまう、恐怖のゲームです。最近は、住人と挨拶もせずに、日々木の伐採、開墾ばかりで、住人の流出が止まりません。それもまた楽し。

このゲームの中では、住人に手紙を送ることが出来るのですが、
「未来の自分」
にも手紙を送ることが出来ます。しかも、日付指定。

なので、自分が何かを想い、その結果がどうなったのかを、改めて自分に問いただすという、高尚な遊びも出来るわけです。

そして、その日は突然やってきました。

ゲームを再開し、家のポストを開けると、自分への手紙が届いていました。
過去のきめんから、今のきめんへ。

正直、何を書いたのかさっぱり覚えていません。歳と共に物忘れがひどくなりつつあります。
僕は、興味津々で過去の自分からの手紙を見てみました。

ki

「ベガルタはどうなった?」

あぁ…。
思い出した。この手紙は、京都さんに負けたその日に書いたものだった。
僕は、仙台が最終戦に勝利し、勝ち抜き戦に進むことを信じて疑っていなかったのだ。だからこの手紙は、12/11の入替戦2戦目終了後に届いたのだ。

なんと言う仕打ち。なんと言う辛さ。
ようやく立ち直りかけた僕の心の傷に、塩とからしを塗りこむようなこの悪行。これを「過去の自分」が送った手紙だというからたまらない。まさに、
「過去からの心の侵略者」
だよ。

優しさだと思って、ひどいことするね、キミ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 10, 2005

I-M@Sつらい…

今年の「アーケードゲーム大賞」は、僕の中では「IDOL-M@STER」で確定なんですが、世間一般的にはなんでしょうね。
「アルカディア」も読んでませんので、昨年の大賞が何かも知らないわけなんですが。

で、I-M@S。

どんなにアイドルとして成長させても、ランクが低いままであろうとも、ゲームを進めていけば、必ず最後にはアイドルとの、
「別れ」
が待っています。

コレクション性が低いのに加えて、お金をいっぱいかけてランクを上げても(強くしても)、その愛着のあるキャラと必ず別れなくてはならないところが、「人気、インカムの低さ」に繋がっているものと考えます。

ただ、僕はシステム重視でゲームを遊ぶ人なので、このI-M@Sのゲームシステムは、かなり出来たゲームだと思います。
なので結構頑張ってやってるわけですが、本日は、

ims

プロデュースしていた2つのユニットが「同日に」、お別れコンサートでプロデュース終了となりました。
元々、悲しみの残るエンディングを向かえるゲームなんですけどね。
今日は、悲しみ2倍増!

オヤジィ、酒くれ、酒!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2005

「TWINZ-4」決定済みカード発表

それは、「TWINZマニア」武道館大会のセミファイナル前のこと。
突如場内のオーロラビジョンに、大晦日に行われるTWINZ-4のカード発表の予告が映し出された。

tw1

「『TWINZ-4』の一部対戦カードが決定いたしました。オーロラビジョンをご覧下さい」

突然の発表にざわつく場内。
大会まであと1ヶ月の期間がある中、この時期に発表するとは、一体どのようなカードなのか?
場内を埋め尽くした1万6500人(満員御礼)の観客が見守る中、オーロラビジョンにその名前が映し出された。

tw2

場内にどよめきが走る。
「プロレスリング・メモ」が誇る絶対王者の名前は、それだけで満員の観客に絶大なる信頼を得る。
果たして、その絶対王者の相手となるに相応しいものとは、一体誰なのか?

場内が固唾を見守って、オーロラビジョンを見つめる。

tw3

映し出された瞬間、場内を津波のような歓声が襲う。
いまやフリーとして引っ張りダコの片桐彩子と、メモの絶対王者のシングルマッチが、現実のものとなったのだ。

場内のどよめきが治まらないまま、オーロラビジョンでは正式に2人の対戦を発表した。

tw4

「大晦日に行われる『TWINZ-4』にて、虹野沙希vs片桐彩子が決定致しました。皆様、両選手の試合にご期待ください」

場内アナウンスがそう告げると、改めて場内を割れんばかりの大歓声と拍手が包む。
ジャイアントグラム業界内のプレミア中のプレミアカードが、ついに現実のものとなったのだ。

ファンの期待は、場内を充満していた。

月末に続く…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2005

三つ子の魂百まで

…と言う諺がある。
幼い頃に身に付いた性質は、大人になっても変わらないと言う意味だ。

性質には限らず、子供の頃に学んだことと言うのは、大人になっても自然と覚えていることが多々ある。
思うにこれは、子供時代の人生経験の中では、1コ1コの経験が締める割合が大きいから、と言う風に考えることが出来る。

例えば。

10歳の頃に1つのことを学んだとする。その1コの経験は、10歳の彼の人生経験から、
「1/10(10才分の1)」
に相当する、と言う見方が出来る。

これが僕のように屈折した30代だと、1コの経験も
「1/30(30歳分の1)」
になってしまい、10歳の頃の3割程しか経験値が満たない、と言う風になる。

まあ、あくまで一つの考え方なんですが。
んで長々書いて、何が言いたいのかと言うとですね。

子供の頃に覚えた事柄は、薄れつつも間違いなく身に付いているわけで。
19年前に発売された、「源平討魔伝」を、

gen1

gen2

gen3

今でもクリアできるのが、
「三つ子の魂百まで」
ってことなのかなぁと。

違うかも。
ノーマル設定、バンザイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2005

どうぶつの森みんな買うの?

「研修医 天堂独太2」と言う、トンデモゲーをだらだら遊んでましたが、ヒロインとラブラブエンド迎えたので終了。ニンテンドーDSが空きました。

周りを見ればDSユーザーみんなが、明日発売の「おいでよ どうぶつの森」一色になっている。
ぶっちゃけ僕は、「どうぶつの森」の面白さがイマイチ理解できていない人間である。

「あんなに面白いのに」

そう言われるかもしれないが、そうなのである。
多分その昔ゲームキューブ時代。
友人らがうちに集まり、キューブの動物の森で遊び、互いの村を行き来し、情報交換をしたりしながら、ワイワイ楽しんでいるのを他所に、1人でプロレス番組見ながら、淋しく酒を飲んでいたのがトラウマになっているのかもしれない。
自分のうちなのに「激しい疎外感」と言うトラウマ。

その後、キューブ版を買っては見たものの。
遅れて買ったうえに、段々かったるくなって、
「どうぶつやってる間に、他のゲーム遊んだほうがいいんじゃないの?」
と思うようになり、村をほったらかしゴルフに没頭。「-14」のスコアを叩き出したところで終了。

その後村は、誰も訪れることなく、「ドムドーラの町」のように朽ち果てていった…。

そんな「どうぶつの森」の最新作が、明日出るらしい。
今現在も、あまり買う気はない。しかし、ネット通販は大概売り切れらしい。そうなると、チョット欲しくなるのが人の性。DSは今空いてるし、今回は持ち運びも出来る。

それに加えて、明日はベガルタHOME戦が13時からある。
休みの日は目が覚めるまで寝ているのが僕の主義だが、明日はそんな理由で早起きしなければならない。
並んじゃおうかな、ヨドバシ辺りに。

で、売り切れだったら、

B000BKJGIQ

これ買って帰ろう。
きっと、楽しいぞぉ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 19, 2005

きめん的最近のアーケードゲーム事情

「アイドルマスター」

i1

3組目「真・伊織」のユニットで挑むも、コミュニケーションでろくに高感度を上げられないへっぽこプロデューサーのきめん。
「女心と秋の空」
とは、昔の人はうまいこといったもんだ。

現在、

 Dランク 特別なし 残8週 残11万人

と言うことで、かなり終わり気味。
同じ事務所のみんなのランクは、「S」「A」「B」と揃ってるのにな。辛い立場。

「グラディウスII」

仙台市郊外のロケにあったので、久しぶりにプレイ。
装備は1番。連射するのがかったるいので、レーザーで。
数年ぶりのプレイなのに、なぜか順調に進むも、カバードコア

gra1

で、ボーっとしていたら死亡。
ザブで華麗に復活し、最終面まで進み、中ボスは安地で撃破するも、クラブで死亡。

gra2

仕方がないので、「チャンチャン避け」で抜けて、何とか1週クリア。
2-1でゲームオーバーになるも、まあ納得のプレイ。

「XEXEX」

なんか仙台駅前に入ったと聞いたので、プレイ。
「例のデモ」は一切飛ばさずプレイするも、周囲でこちらを気にする人は無し。そりゃそうだ。14年前のゲームだしな。
とりあえず、

x1

「おのれ」
のデモで、1人ゲラゲラ笑う。\100/2PLAYなので、コンティニューして、復活アチョーで無理やり

x2

「私みずからが出る!」
を見ることに成功。
でもやっぱり、周囲にこちらを気にする人は無い。淋しいなぁ。

そんな最近。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

Fateを知りて、残り容量を知る

「パソコンを買い換える」
最近では安くなったとは言え、高額な買物には違いない。僕は結構チキンなので、高額な買物には腰が引けてしまう。

さて。

チョット前の話ですが、10/28に、TIPE-MOON待望の新作「Fate/hollow ataraxia」が発売されました。

fate

前作「Fate/staynight」も発売日に購入し、60時間かけてクリアした者としては、これを逃がす手はありません。「スパロボJ」も終わったことですし、迷わず購入しました。

家に着いて、箱を開けて、DVD-ROMを取り出して、インストール!
しかし、マイパソコンのHDD残り容量を見て愕然とした。

 Cドライブ:16MB

「じゅうろくめがばいとぉ~?」
RAMでは無い。クロックでもない。ハードディスクの残り容量が「16MB」だと言うのだ。
「お前は、98MATEか!」
とりあえず、突っ込んでみる。

おい、VAIOくん。キミが5年も働いて、疲れきってるのは分かる。だが、動画も何も編集していない昨今、なにがキミをここまで切迫させていると言うのだい? お腹を減らしているならいざ知らず、何でそんなに空腹を満たしているのか?

てかさ。

「Fate/hollow ataraxia」って、3GBの容量が必要って書いてあるんだよな。
入んないし!
まあ、外付けHDDに入れれば済む話なんですが、メインのHDD残容量が16MBと言う事実に、すっかり気が動転してしまいました。

とりあえず、ヨドバシへ。
「すいませ~ん、VAIOのTYPE-Rくださ~い」
「全店で売り切れです!」

ショック!
せっかくパソコン買う気になったのにな。

そして今日も、快調に「Fate/hollow ataraxia」は、カリカリHDDを鳴らしながら、順調にフリーズ中。
だめじゃん!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 27, 2005

今日のきめんP

朝8時集合の仕事を、夜9時に終え、同僚を仙台駅まで送る。
帰ってからも報告書など、残務が残っているのかと思うと、段々ムカムカしてきた。

なので、駅前に車を止めて、アイドル育成へ。

イライラしつつも、頭はCOOLに。
パーフェクトコミュニケーション連発し、何かの特別オーディションで、ランクBを☆1差で撃沈し、見事合格。
ようやっと、

ims

「ランクC」に上がることが出来ました。
なんだか事務所も豪華になり、僕のあずさと僕の亜美も嬉しそう。

残りは、17週。
ボム×12個、テンション最高も、特別オーディションは1コ足りないが、行ける所まで頑張ろう。
と、言ったところで、今日のプロデュース終了。

会社に戻って、ビール片手に報告書入力。
素面でなんか、やってられないですよ。いいんです、誤字、脱字が無きゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2005

~お知らせ~TWINZ-2再配信中

ジャイアントグラムファンの皆さん、こんばんは。

「TWINZ-4 ~DESTINY~」開催発表を受け、早くも参戦表明を行っているレスラーや、新規参戦の未知のレスラーなど、早くも大晦日に向けて動き出しております。

TWINZ実行委員会としましては、
「過去の大会を配信することにより、大会の雰囲気を掴んでいただきたい」
と言うことを考え、名レスラー・蛾珍子を世に送り出したことでも知られる、Gatchオーナーに依頼。

2004年4月に行われた、
「TWINZ-2 ワールドトーナメント」
の模様を、再配信していただくことに、成功致しました。

http://www.gatch.jp/twinz/

SEのバランスが悪いので、チョット実況、解説が聞き取りにくいですが、決勝戦での本部席の狼狽ぶりは、一聴の価値ありです。
ちなみに今試したら、リンク先の一番上のところから「TWINZ-1」に飛ぶと、そちらも見れますね。
あの衝撃の、「キングコミク・バンディ vs ペギー・ボンバー」も見られます。

「ファイルを保存」から、ご覧ください。
1週間くらいで配信終了するらしいので、お早めに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

プロデュース終了のお知らせ

~業務連絡~

きめんプロデューサーがプロデュースしていました、「湾田モモ」ですが、一身上の都合によりプロデュース終了。引退コンサートを終え、アイドルとは違う道を歩むこととなりましたので、ご報告致します。

idol1 idpl2

応援してくださった皆様には、大変感謝いたします。
短い間でしたが、当事務所所属の「湾田モモ」を応援していただき、ありがとうございました。

次回プロデュースは、未定です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 04, 2005

ジャイアントグラム大会~TWINZ-4~開催のお知らせ

本日は、「まんが・MANGA・MANGA #」にご来場いただきまして、真にありがとうございます。
ここで、ご来場の皆さまに、当管理人・きめんぐみより、ご報告がございます。

きめん:
本日はご来場いただき、真にありがとうございます。
このたび、関係者の皆さまと協議の末、大晦日に「TWINZ-4」開催が決定しましたので、この場をお借りして、ご報告いたします。
大会のカード等、詳細は、追って発表させていただきます。
よろしくお願い致します。

急転直下、3年連続「TWINZ」開催である。
過去2年連続、3回にわたり数々のドラマを生み出してきた、ジャイアントグラム2000大会「TWINZ」
今年は、どのようなレスラーが登場し、どのようなドラマが生まれるのであろうか?

それはまだ、誰にも分からない。
取り合えず、これ

trophy

かなりジャマなんで、はやくどこかに送付したいです。
とりあえず、きまらに勝てるレスラー、大募集!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 01, 2005

さようならキャロット仙台店9/30オフレポ

以前に告知を出しましたが、仙台駅前に20年以上前から店を構えていた老舗のゲームセンター、「プリッズ仙台店」(元・キャロット仙台店)が閉店することとなり、その最終日に立会いをかねてオフ会をしてきました。

当日は無理やり仕事を上げ、午後9時過ぎには現地へ到着。
店は鉄拳対戦なので盛り上がっていましたが、やはり普段と違い、閉店の物悲しさがこの辺の

carot

機械が撤去されたスペースなどに、感じられました。

告知を見てオフに参加された方は、約10人ほど。
時代はそれぞれ異なっても、店に対する思い出は皆一様にあるでしょう。恐らく最終営業日にプリッズに足を運んだ人で、「キャロット仙台店」と言う認識で来られた方は、全体の2割程度じゃないでしょうか。

そんな昔を知らない世代のために、「NG22号」から、「LOCATION NETWORK」に掲載された、プレイシティキャロット仙台店の店内画像を集めて見ました。
どうぞ。

carot2 carot3

carot4 carot5

思わず「あったあった」と言わずにはいられない、絶妙な80'sを感じます。
赤い電話BOXなんて見るのは、一体何年ぶりでしょうか? テーブル筐体は、光が反射して見え難かったんですよ。
僕らは、こういう時代の中で、育ってきました。
でも、そんな思いで深いお店とも、間もなくお別れ。何とも言いようの無い淋しさがこみ上げてきます。

閉店時間の11時を過ぎ、オフ会メンバーは店の外、出口付近で待つことにしました。
僕らは勝手に、「ナムココール」「プレイシティコール」「キャロットコール」などを大声で送り始めます。すると、僕らが待機しているからでしょうか。店の出口周辺は、50名ほどの人たちで囲まれていました。

carot6

皆さん、その最後の瞬間を見届けようと言うのでしょう。
その中には明らかに謎のコールにつられた、通りすがりの方もいらっしゃいました。
そして最後のお客さんが退店。いよいよ、その長い歴史に終止符が打たれようとしています。

せっかくなので、店員さんを連れ出して、みんなで記念撮影。

carot7

へたをするとこの店員の中には、キャロット仙台店の歴史よりも若い人がいたかもしれない。
何より、何でここまで人が集まっているのか、理解できていなかったであろう。
しかし、それでも構わない。我々が、ただ見送りたかっただけなのだ。

店員さんの深いおじぎを最後に、店のシャッターが閉められました。
万雷の「ナムココール」に見送られ、徐々に閉じられるシャッター。その最後の瞬間は、ぜひ動画でご覧ください。

「carot.mpg」をダウンロード(mpeg1 約7MB)

こうして、その長い歴史に幕は下ろされたのでした。
ありがとう、プレイシティキャロット仙台店!
ここで過ごした日々は、一生忘れないよ。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

September 22, 2005

オフ会告知/さようならプレイシティキャロット仙台

今日はオフ会の告知です。
前半のほとんどが、ジュッテイム邸さんからのコピペです。ごめんなさい。

---------------------

2005年9月30日(金)をもって,仙台市青葉区中央にある「プリッズ仙台店」が閉店します。
当日「プリッズ仙台店」に集結し,別れを惜しんだり,昔を懐かしんだり,適当に遊びながら閉店まで粘ります。そんなオフです。

以下詳細

▼日程:
 9/30(金)
▼時間:
 開始時間は各自の暇な時から閉店(23時ごろ?)まで
▼参加資格:
 「プリッズ仙台店」というよりも「キャロット仙台店」の方がピンとくる人
▼やるかもしれないこと:
 1)「あーこの辺でキャロットドッグ売ってたよね」とか「この辺にファイナルラップ並んでたよなー」とか言いながら,各自の脳内MAPをもとに店内を散策する。
 2)閉店時間に合わせ,ゼビ語でカウントダウン。
 3)閉店時に「ナムココール」を送る。
 4)店の外に追い出されたらワンダーモモの歌(サビのみ)を合唱。
 5)各自持ち寄ったナムコグッズをつまみに適当な店で呑む。
▼注意事項:
 大人の良識で遊びましょう。
 我々が勝手にオフをしているだけなので,参加されない方も当然「プリッズ仙台店」で遊んで構わないですよ。

---------------------

3)の閉店時のコールは「キャロット!」でも可。
それ以外に「ホッピングマッピー!」とか「S.D.I.!」とか、昔このお店ではまってたゲーム名を、思い思いに叫ぶのも良いかも。
まあ、何にせよ、お店に迷惑をかけない範囲です。

5)の「ナムコグッズ」ですが、さすがに当時の下敷きとかポスターはありません。が、一応「NG」が20冊くらいありました。

ng

画像は、僕の手持ちでは一番古い「87年1月号」です。
月間化してからだからそんなに珍しくないかも。特集は「ドラゴンバスター(FC)」「ローリングサンダー(AC)」「3DサンダーセプターII」でした。こう言うのを肴に呑む予定。

問題は!

当日9/30は、会社的に「半期決算末」で「週末」なこと。
もしかしたら当日の営業時間にお店にたどり着けないかも。もちろん、調整はがんばりますが。

このオフの告知見てふと思ったんですが。
なんか、皮ジャン着たおっちゃん達がバイクで昔からの行き付けの店に全米から集って、1日中ロックを聴きながら盛り上がる、と言うのに似てるなぁと。

思い出を大事にし、時代が変わってもいいものを愛するのは、ロックの世界もゲームの世界も一緒。
違うのは、歌うのが「ロック」か「ワンダーモモ」か、ただそれだけだ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

September 17, 2005

ゲームボーイmicro登場の巻

マンガ「るろうに剣心」の中で、斉藤一さんが宇水さんと戦っている際、宇水さんの「心眼」による読みに対し、斉藤さんはこう言い放った。

「俺の心眼も見せてやろう。ただし俺のは、修羅場をくぐりぬけた一流の剣客だけが持つ、読みというか洞察力だ」

一つの物事を極めんとした者には、それを瞬時に見極める「洞察力」と言う名の「心眼」が、身につくわけです。

さて。

任天堂から「ゲームボーイmicro」が発表になった際、僕は一つの懸念を覚えました。
「小さすぎる」
子供向けな為か、大きさも画面もかなり小さい。ぶっちゃけ、大人には操作しにくい代物になるのではないか? そう思った僕は、GBA-SP、ニンテンドーDSを持っている関係からも、microを購入する気はありませんでした。
一流ではありませんが、ファミコン以前からテレビゲームを遊んでいる、僕なりの「心眼」です。

しかし、そこに任天堂からの刺客がやってきました。
「ゲームボーイmicro ファミコンバージョン」
卑怯だ。卑怯すぎる。
ファミコン世代にこういうアイテムをぶつける任天堂商法。ちくしょう、うまいじゃねーか!

結局、自分の「心眼」を無視して、ファミコンバージョン買っちゃいました。
それがようやく届きました。いやあ、ちっちゃい!
どれくらい小さいかと言うと、

miciro1

このくらい。
ビジュアルメモリを2個つなげると、

micro2

ビジメモの方が大きいくらいの、microの小ささ。
画面もビジメモよりもちょっと大きいくらいです。

さあ、早速スーパーマリオをスタート!

…見づらい…。

やっぱり「心眼」通りでしたよ。
画面ちっさ過ぎて、見にくいっす。解像度はさすがに細かいけど、ちょっとなぁ。しかも僕はコントローラを持つとき、ひじを身体にピッタリつけてプレイするので、このスタイルでmicroをやると、首が90度真下に曲がるので、首がこっていけない。

加えて、同時に買った「スーパーロボット対戦J」は、文字が読みにくくて、遊びにくい。っつーか、「J」は正直面白くない! Wショックです。
これも正直「心眼」で、
「つまらない気がする」
と思ったのですが、「スパロボMX」を終えた勢いで行ったら、返り討ちにあいました。勘は鈍いけど、「心眼」は結構働くなぁ。
って言うか、
「ダメだと思ってて行くなよ! お前は新日本プロレスのPPVを勢いで買っちゃった人か!」
って、会社の同僚に怒られました。

ちなみに「micro」ですが、操作性は「GBA-SP」よりも上、だと思います。
特に十字キーの押しの良さは、ファミコンのコントローラに近いと思います。

さ、パネポンやろ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 14, 2005

プレイシティキャロット仙台店閉店

今はキャロットじゃなくて、プリッズですが。
友人の掲示板に貼らせてもらってましたが、仙台駅前のナムコロケ「プリッズ仙台店」が、再開発に伴うビルの立替で、このたび閉店することとなりました。

intro1 pritz

前身のキャロット仙台店は、僕が初めて行った「ゲームコーナー」じゃない、「ゲームセンター」でした。
80年代中頃は、セガの営業所は仙台にはまだ無く、仙台市内の主なゲームセンターは、ナムコかタイトーでした。その中でもこの「プレイシティキャロット仙台店」は、ビデオゲーム全盛と重なり、山のような思い出があります。

昨日、寝る前に布団の中でいろいろ思い出していたら、寝られなくなったので、思い出したのを覚えているだけ羅列します。

・昔はスポーツ用品店と同じ敷地だった。
・キャロットドッグは、具は少なかったが美味しかった。
・ナムコグッズ売り場で、よく下敷きを買った。
・でもポスターは買わなかった。
・同じくグッズ売り場で、正月限定の「福袋」を友人と共同出資で買った。
・その中にあった「グラディウスII」のポップは、未だに宝物だ。
・雑誌「NG」は、まとめて5冊くらい持ち帰った。
・「沙羅曼蛇」の順番待ちをしていたら、背の高い兄ちゃんが投入口に100円玉を置いて去っていった。
・それが「順番待ち」の暗黙の了解なのを、その日初めて知った。
・ビデオゲームは、キャロット初期の頃は全てテーブル筐体だった。
・そのテーブル筐体に入っていた、「XEVIOUS」のロゴは見事に焼け付いていた。
・テーブル筐体の上には、コの字型の赤い「反射カバー」が置いてあった。
・通なプレイヤーは、カバーの代わりに4本足のイスを筐体の上に置いて遊んでいた。
・50円1プレイの、白い縦型の筐体があった。
・そこには「メトロクロス」など、一世代古いゲームたちが入っていた。
・「源平討魔伝」を友人と遊んでいたら、周りを10人以上のギャラリーに囲まれた。
・「リターンオブイシター」を初めて遊んだとき、ギルを適当に操作してゲームオーバーになり、怒られた。
・叫び声がするので、驚いて振り向いたら「ワギャン」だった。
・「スペースハリアー」は、なぜかずっと止まっていた。
・しかも動かない「SDタイプ」だった。
・「アウトラン」は、ギアがいつもヘナヘナだった。
・初めて「ダライアス」の3画面筐体が入ったとき、その重低音の振動に驚いた。
・と思ったら、本当に地震だった。
・「ファイナルラップ」の8台対戦は、実況も付いたりして本格的だった。
・「ウイニングラン」の8台対戦も、実況が付いて本格的だった。
・その両方で、僕は最下位を取ってしまった。
・「バーチャリティー2000」と言う、ヘルメットをかぶるようなゲーム機が衝撃的だった。
・ここのパンチングマシン(ノックダウン)で、僕は「ラリアット」を完成させた。
・友人は、パンチングマシンなのに蹴っていた。
・ビリヤードのキューの先を、よく壊した。
・カラオケボックスは、音がダダ漏れだった。

改行してないんでめっちゃ読みづらい。ごめんなさい。
途中から90年代の記憶も混じってますけど、これだけの思い出がパッと出てくるゲームセンターは、ここだけだなぁ。

シール機もUFOキャッチャーも無くても、人がゲームセンターに足を運んでいた確かな時代が、そこにはあった。
季節は巡り、その風景が消えようとも、風化しつつ薄れつつも、その思い出だけは変わらない。

ありがとう、キャロット。
今月、必ず遊びに行くよ。

ところで。
この店が無くなったら、仙台市民はどこで「アイドルマスター」を遊べば良いのだろう?

| | Comments (5) | TrackBack (1)

September 08, 2005

目指せ頂点!湾田モモ

昔、「加奈~妹~」と言うノベルゲーがありました。
病弱な妹、加奈の成長を描いたノベルゲームでしたが、このゲームの問題は、最後「加奈が死ぬ」こと。

いや、別にそういう演出があっても構わないんですが、小説や映画と根本的に異なるのは、ゲームは「自分で進行が止められる」のが大きな違い。
ゲームを進めていて「加奈が後わずかな命」と医者に宣告された後、僕はこのゲームを進めていません。
だってゲーム進めると、加奈死んじゃうじゃん!

そんな訳で、このゲームの真のラストを知らなかったりします。
前も書きましたっけ、この話?

で。

ナムコの「アイドルマスター」を遊んでいて、気付いたことがありました。
「難易度キツイ」
ファンの人数を増やし、アイドルランクをF→Aまで持っていくのが一応目的ですが、オーディションで対戦するのは、全国の猛者プレイヤーたち。
ゲーム慣れした彼らとの戦いを、思うように勝ち進むことは出来ません。

そうこうしているうち、残り活動期間は8週間になってしまいました。
その8週のうちに、あと8万人のファンを集めなければ、うちの「湾田モモ」はゲームシステムにより、「強制引退」させられてしまいます。引退すると、そのアイドルとは2度と会うことができなくなります。

やですよ、そんなの。

しかし、8週で8万のファンを集めるには、1万人のファンを獲得できるオーディションを、8回連続で合格しなければなりません。かと言って、2万人のファンを獲得できるオーディションは、合格人数も少なく、僕は1度も合格したことがありませんでした。
なので、このままでは確実に「引退」してしまうので、僕はゲームプレイを止めました。

「加奈」の時と同様、分かってしまったラストに向かってゲームを進めることなど、チキンな僕には出来ません。ゲームを進めなければ、モモが引退することもない。
さようなら、「アイドルマスター」

と、思っていたのですが。

ナムコからのお知らせ。
Ver1.01
2)オーディションに関わる仕様変更
~中略~
一部のオーディションの合格枠と増加ファン人数が増加しました。
合格時のファン数増加により、ランクUPリミットが緩和されるのと同じ効果を得ることができます。

気付いてくれたか、ナムコよ!

そんな訳で、うちの「湾田モモ」は見事10万人のファンを集め、無事アイドルランクDに上がることが出来ました。引退危機回避。良かった良かった。

もう満足。志し、低っ!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 06, 2005

突発「ジャイアントグラム」大会 決勝戦

8/21の日記で「突発的に16個のビジュアルメモリで、大会を開催した」と書きましたが、今回はその続きです。

集まりも集まった16名の選手たち。
その中から各ブロックを制し、決勝ブロックに上がったのは、以下の4選手でした。

Aブロック : 早乙女優美
Bブロック : フランソワー・ズモレシャン
Cブロック : キマラジャギ
Dブロック : まいどオーキニ

ズモレは、「全日本プロレヌ」でペギーに鍛えられ、TWINZ-2において決勝に進出した猛者。
キマラジャギは、その残忍で下品な性格ながら、腰を中心とした攻めを見せる実力者。
まいどは、華麗なスープレックスが得意の、「関西プロレス」のエースです。

この3人は分かるんだ。問題はキミだ! 早乙女優美!!

彼は昨年大晦日、TWINZ-3にてデビュー10周年記念試合を行った選手。いわば、大会で勝つことを前提としなかった、ノーマークの選手。
この選手が、キングコミク・バンディ、ラリ@殺法、クラッチ昭和と、強豪ぞろいのAブロックを勝ち抜いたのは、激戦、波乱必至の「チャンピオンカーニバル」の醍醐味では無いでしょうか。

そして行われた、チャンカー決勝ブロック!
この強豪ひしめく中、見事決勝の舞台に立ったのは、この2人!

kesho

ズモレと優美!
くしくもチャンカー決勝戦は、同じ全日本プロレヌ所属の両者によって、行われることとなりました。
恐るべし、全日!
決勝にノーマークながら勝ち進んだ優美は、97年の全日本プロレスチャンピオンカーニバルの田上明さん、98年の新日本プロレスGIクライマックスの山崎一夫さんを、彷彿とさせます。

ちなみにここで問題なのは、最大6名の選手を出場させながら、1人として決勝にコマを進めることが出来なかった、きめんのレスラーたちであろうことは、ここでは触れないでおく。

そして行われた決勝戦。
これがまた激しくかみ合い、壮絶な激闘となりました。
今回、ようやく「ウインドウズメディアエンコーダ」の使い方を覚えて、決勝戦の様子を圧縮することに成功しました。
こちらから、ご覧ください(約18MB)

~2005/10/1 削除しました~

注:ファイルが重いため、マウス右クリックから保存して見たほうが、確実っぽいです。

ご覧頂く前の注意事項として、

・今回の設備は突発だったので、貧弱
・SE消してない上、入場曲もデフォのまま
・音声Lはゲームの音、音声Rは実況と変な分岐
・マイク1本のため、編集長に話を振ると、変な間が空く
・選手資料が何も無いため、実況が頻繁に噛む
・実況も解説も、だいぶ酔っている

ことなどが上げられます。
それでも当日の雰囲気は臨場感たっぷりに伝わることと思いますので、お楽しみください。

しっかしここまでやっちゃったら、今年の大晦日もジャイアントグラムの大会、
「TWINZ-4 ~DESTINY~」
開催決定でいいんでしょうか?

参加者の期待は、パンパンに膨れ上がってますよ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 21, 2005

突然ジャイアントグラム大会

既報の通り、ノアに行けなかった日に庭でバーベキューをした、きめんと愉快な仲間達。
酒のつまみにと、伝説のジャイアントグラム大会「TWINZ-1」のDVDを流していました。

それで誰かの中の火が、くすぶり始めたのでしょう。

土曜の夜中11時。急遽、偉大なるレスラーを集めて「チャンピオンカーニバル」が開催されました。
しかも、その集まった人数たるや、そろいも揃った16名のレジェンドレスラーたち。
一挙にどーん。

vm

発起人の友人曰く、
「万代書店よりも揃ってるんじゃないか?」
と言う、ビジュアルメモリの山。
この16名で、4名参加のチャンピオンカーニバル×4ブロックの大会を、突発的に開催しました。
参加したレスラーは以下の通り。

Aブロック
キングコミク・バンディ
ラリ@殺法
クラッチ昭和
早乙女優美

Bブロック
フランソワー・ズモレシャン
無我殺法
コミッカーバンバン・ピカロ
ペギー・ボンバー

Cブロック
蛾珍子
オメガ・スキーム
パラダイス太白
キマラジャギ

Dブロック
トミー・ボンバー
ドラゴン殺法
アイドル詩織
まいどオーキニ

いずれ劣らぬ名レスラーばかり。
爆発的な期待が高まると同時に、「いつ終わるんだ?」と言う不安も高まる中、試合は開始されました。

結局大会は、各ブロックの1位を決定して、後日改めて優勝者をきめる、と言うところで一旦終了としたのですが、そのなかで僕は、新たなジャイアントグラムの魅力に気付かされることとなりました。

今回は、ゲーム中のモード「チャンピオンカーニバル」で大会を行いました。
いままでは、観戦モードで選手をその都度戦わせていたのですが、この「チャンカー」モードは、少し意味合いが異なります。

それは「ダメージが蓄積される」と言うこと。
体力ゲージ、首ダメージ、腰ダメージなど、疲労を蓄積しつつ、次の試合に挑むのです。当然、短時間で決まる試合もあれば、優勝候補が格下に負ける波乱などもあり、これまでとは違う面白さに気がつきました。

いままでは、「選手は絶好調同士で当てたい」と言う主催者側の希望があったのですが、少し視点を変えるだけで、従来のゲームが別物のように楽しむことが出来ました。

それを象徴したのがこの試合。

~2005/8/28 ファイル削除しました~

「無我殺法 vs コミッカーBBピカロ」の一戦。
ムービーは試合途中から始まりますが、双方ともにこれまでのダメージが蓄積され、疲労困ぱいの状態。無我は体力ゲージが著しく少なく、ピカロは首に爆弾を抱えています。

そんな2人が迎えた公式戦最終戦。
「時間切れ引き分けか…」
と言う場内の空気に逆らうように、見事な逆転激が演じられます。

これを見た瞬間、なんか年末に向けて「スイッチ」が入ってしまったような、そんな気がします。
奇跡の大逆転劇 「TWINZ-4」開催は果たしてあるのでしょうか?

ひとまず、この流れに身を任せてみようかと思います。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 01, 2005

マスター・アイドルマスター

振替休日をもらった日に、ぶらっと街中へ。
最近はゲームセンターに遊びに行く機会も減っているので、買い物がてらのぞいてみる。
と、気になる看板が。

「アイドルマスター、本日入荷」

「あの噂の機種が入荷したのか」
「アイドルマスター」とは、あんなことやこんなことをして、アイドルをプロデュースして、トップスターに上り詰めると言う、ナムコ渾身の新作である。

いわゆる育成ゲームなわけだが、「WCCF」や「三国志大戦」「クエストオブD」など、ゲームセンターで遊ぶカードゲームの部類に入るので、奥深くそして金がかかる。

入荷初日と言うことで、たいそう賑わっているかと思いきや、知られてないのか、人気がないのか、恥ずかしいのか分からないが、思いのほか空いていた。
怖いもの見たさウズウズ。席に座っていざプレイ。注意書きを読む。

「初回プレイには600円かかります」

僕は席を立った。

が、横で僕を見ていた少年が、なにやらニヤニヤしている。
「お前やんねーのか? やんねーんなら俺が座るぞ、このチキン野郎」
その視線はそう言っていた。
「大人の財力を舐めるな、この野郎!」
改めて席につく。レッツプレイ。

なんでも自分は新人プロデューサーで、アイドル候補生1人をスターにさせなくてはいけないらしい。
そこで9人いるアイドル候補生の中から、プロデュースする女の子を決めるわけだが、「メガネっ娘」と言うことで、考える間もなく即ゲームスタート。

「芸名を決めてください」

開始早々、無理難題。お前本名でいいじゃん。僕のネーミングセンスは皆無に等しい。
「名夢子?」
いや、ダメだ。センスが悪い。
「小奈美?」
いや、ダメだ。評判が悪い。
じゃあここは、「カイ」とか「ワルキューレ」とか…。どうもしっくりこない。今風に「KAI」とかアルファベットにしても、やはりしっくりこない。

そうこうするうちに、時間が迫る。
「うわー、うわー」
激しく焦りつつ、名前を入力。つけた名前は、

「湾田 モモ」

ゲーム開始早々、激しく落ち込む。

ルールも分からぬまま、ゲーム進行。
オーディションを受けるので、衣装を選ばなければならないらしい。もう逃げ出したい。勘弁してくれ。
衣装を選んで、オーディションを受ける。ゲームのルールはさっぱり飲み込めなかったが、なぜか合格。

合格後、先ほど選んだ衣装を来た「湾田モモ」の、テレビ番組出演ライブが始まった。

tv_onair2

こんな感じ。
画面では、「湾田モモ」が歌っている。プロデューサーはその光景を写真に収めることができるようだ。

tv_shot

こんな感じ。
もう逃げたいので歌の場面をキャンセルしようと、画面を必死でクリックする。しかし、「パシャ、パシャ」と激しいシャッター音しかしない。これでは「熱烈プロデューサー」じゃないか。
勘弁してくれ。

そんな「こっぱずかしさ」を死ぬほど味わえる「アイドルマスター」は、その辺のゲームセンターで稼動中です。
今ならナムコのお店で、「アイドルの香りつきうちわ」がもらえるぞ。
汗臭い季節も、これで安心。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 26, 2005

パワプロを買おうと思った

(自称)ナンバーワンプロ野球ゲーム、「実況パワフルプロ野球12」が発売になりました。
今回もキャラ育成モードに力が入っており、マニアのみならず、初心者までも納得の出来栄えです。
さあ、皆さん。今こそ買うときですよ。

「パワプロ11」を!

いや、だってね。
もう多くの人が忘れつつありますが、プロ野球界は「近鉄バッファローズ」「オリックスブルーウェーブ」「福岡ダイエーホークス」の3チームが、今年からいないわけですよ。
そうなると、子供の頃から野球を見てきたものにとっては、そういう歴史を保管しておきたいと思うわけで。

なので、今年の最新版を買うよりも、メモリアルとして去年のパワプロを買っておいたほうがいいのかなあ、と考えるわけです。パワプロ12は、7000円もしますしね。

で、買いに行ったら、「パワプロ11」と「パワプロ11超決定版」の2種類がありまして。シーズン始まる前と、シーズン終了後のデータの2種類。
両方とも中古で5000円超と、案外高かった。

買わなかった。

パワプロが面白いのは重々承知ですが、システムがリアルになればなるほど、1試合のゲーム時間が延びちゃうのがイヤなんですよね。個人的に。

ファミスタみたいに1試合20分くらいで終わる、簡単なシステムのほうが、忙しい現代人には向いてると思うんですが。
僕、ファミスタ激弱だけどな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 25, 2005

虫姫さま/とてもかみ合わない男の買物

先日発売されたゲーム「虫姫さま」は、ゲームセンターの縦方向シューティングゲームである。

いまどき縦画面縦シューなんて、「絶滅危惧種」もいいところである。僕はそれが家庭用に移植されると聞いて、
「まあ売り切れることは無いだろう」
くらいに考えていた。

しかしその考えは甘かった。
考えてみれば、「絶滅危惧種」を移植するわけだから、商売上「勝算」が無ければやらないわけである。僕は木曜日、ベガルタのサポーター集会を終えた後、ヨドバシカメラに向かった。

「無い…」

「虫姫さま」は売切れだった。「まあ明日探そう」程度に思い、帰宅した。
金曜の朝、念のためネットショップ「Amazon」にて、「虫姫さま」の在庫を確認してみた。

「初回限定版 24時間以内に発送」「通常版 1週間~2週間以内に発送」

「何で初回限定版が売れ残ってるのか?」
そう思いクリックして納得した。初回版には「主人公の幼少時代のフィギュア」がつくらしいが、1000円高い。熱い弾除けを求める漢達に、そんなものは邪魔でしかない。

「いらねえや」

そう思い、注文はしなかった。
金曜の仕事を終え、ゲームショップを見て回る。シーガル、ギャングスター、GEO。いけど回れど「虫姫さま」は置いてなかった。

「今朝注文しておけばよかったか…」

考えてみれば、金曜朝に頼めば土曜にゲームは届く。しかも15%引きだから、通常版と変わらぬ値段だ。自分の迂闊さに舌打ちしつつ、帰宅。Amazonで初回限定版の注文を済ませた。
その後ネットサーフしていたとき、友人の日記にとんでもないことが書いてあった。

「昨日買った虫姫さまのBGM、SEが出ないので、メーカーに問い合わせたら、『光通信には対応してません』と言われた。家の配線いじるのも面倒くさいし、売っちゃおうかな?

!!

好機到来! 安く買い叩くチャンスである。
さ、Amazonの注文を取り消して、さくっと友人から安く買い上げてしまおう。Amazonから来たメールの通りに、キャンセルの手配を始めようとした。が…

「ご依頼の商品は発送準備中のため、キャンセルできません」

!!

いや、いいじゃん。さっき頼んだばっかりだし。融通利かないなぁ。まあ、しょうがない、初回限定版を安く買える事だし、今回は諦めよう。
そう思い眠りについた。

翌土曜日。
この日発送のため、「虫姫さま」はまだ手元に無い。僕は「虫姫さま」の代わりに、中古で買った「スパロボMX」で遊んでいた。夜に友人が遊びに来て、神妙な顔つきで僕に話を切り出した。

「あのさ…これ言うときめんが落ち込みそうだから、言いたくないんだけどさ」
「? 何が?」
「『虫姫さま』さ、ヨドバシに山ほど置いてあったわ」
「ブーッ!!」

脱力。ただ脱力。
かみ合わないときは、とことんまでかみ合わないものなのだろう。すれ違いもここまで来ると、やりすぎである。
そんな訳で日曜に届いた「虫姫さま」ですが、

musi

開けてもいない。

あんなに待ち焦がれていたのにな。悲しいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

「サクラ大戦V」出撃

今日は7月7日、七夕です。織姫と彦星が出会う本日、PS2にて
「サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~」
が発売されました。

買ってません!
僕はサクラV買ってません!

「またまた~」「どうせ週末買うんでしょ?」
等々言いたいことはございましょうが、今回は申し訳ないですが買いません。

「サクラ大戦」は、96年にセガサターンで発売され、大ヒットとなりました。僕は通常版を買って、あまりの面白さに限定版を買いなおしたほど、はまったゲームでした。
派生ゲーム「花組大戦コラムス」も、「スタックコラムス」で対戦、連鎖慣れしていたので、十分楽しめました。

でもなぁ。

「サクラ大戦蒸気ラジヲショウ」で裏切られて以来、僕の不信感は募ります。「ラジオショウ」は、あまりの出来の悪さに、買ったその日に売りました。

「サクラ大戦2」は、ゲームとしては正統派の続編でしたが、ストーリーにゲンナリしたり、ゲーム時間が長かったり、展開が飽き飽きしたりで、イマイチ好きになれませんでした。

プラットフォームをドリキャに変え発売された、「サクラ大戦3」は面白かった。メンバー一新で新鮮さがあったのも良かったですが、戦闘パートが短縮できたり、ミニゲーム(特に羽根つき)の出来が良かったりと、丁寧なつくりに好感が持てました。

しかし、声優さんの引退だかで急遽発売された「サクラ大戦4」はダメだった。1回クリアした後は、僕の家で姿も見かけない。ストーリーも覚えていない。ダメだった記憶だけが鮮明に残っている。

その後、セガがハード事業から撤退し、PS2で「サクラ1」のリメイク版、「サクラ大戦~熱き血潮に~」が発売された。システムが「サクラ3」のものに変更になるので期待していたが、大きく裏切られた。だって、「ミニゲーム」入っていないんですよ! ボルシチ無くして、何がサクラか! 「ハラショー! とても美味しいわ」と言われずして、何がサクラか!

そして、「サクラ大戦物語~ミステリアス巴里~」で、僕の不信感は頂点に達しました。
シナリオは短いし、展開はバレバレだし、パソコンのAVGかと思うくらい古臭いシステムと、ユーザーをなめきってるとしか思えないゲーム内容。「ミステリアス巴里」で一番面白かったのは、ファミ通で連載していた中川いさみさんのマンガくらいでした。

そんな、信じて裏切られた歴史の数々。
だから「サクラ大戦V」は買わない。もういいです。ありがとう。

そこら中から
「気付くの遅いよ!」
って、突っ込まれそうです。

それでも、今まで例にしたこれらも全て受け入れ、楽しんでいるユーザーさんも、間違いなくいらっしゃるんでしょうなぁ。
サクラVは、面白いですか?

| | Comments (8) | TrackBack (0)

July 06, 2005

「第1回全国統一オタク検定試験」だって

僕自身は、回りがどう思ってるか知らないが、「自分はオタクではない」と思っている。
「オタク」と言うのは、僕など及びも付かないほど、レベルの高い人々であり、僕のような知識が広く浅く、かつ飽きっぽい人間では、名乗ることは許されない、と考えている。

昨日のズームインSUPERで取り上げられていましたが、「第1回全国統一オタク検定試験」と言うのがあるのだそうで。
リンク先の日刊スポーツから一部抜粋すると、
「同人誌、ゲーム、アニメ、コミックマーケット(コミケ)など、「アキバ系」ジャンルに関する設問が中心となる」
だそうです。

ふ~ん。

話が脱線しますが、僕の所属する会社の部門では、関東圏での商品売上が全国の売上の50%にも、上るらしいです。僕のいる仙台を含めた東北6県での売上は、全国の3%弱とのことで、これだけの差があります。

うちの会社の業績と直結して考えるのもアレですが、極論すると、東北全体の「アキバ系」は、秋葉原と言う街1コにも劣る、と言うことになります。
なので、「全国統一」をうたっていても、どうやったってバランスが取れていない検定試験であると言えそうです。

例題があったので、ちょっとやってみましたが、前半の同人、コミケ関係は僕には無理。コミケ行ったこと無いし。確かに最近のオタク事情からすれば、当然の知識かもしれませんが、これが全国統一問題と言われると「?」と思ってしまいます。

反対に、4~5ページのゲーム機問題は、チョット面白げ。ゲーム機たどっていくと「滅亡」と書いてあるのが、悲哀を誘います。
ただ、このレベルの問題だと、点数に差が出ないでしょうなぁ。

ちなみに、試験は自宅で問題を解いて回答を送付、と言う形式のようですから、ネットなどで答えが氾濫し、満点を取る人が続出したりしないよう、主催者はご配慮いただきたく。

ところでこれって「検定」だから、「資格」にならないんですかね。
気象予報士みたいに、ラジオや夕方のニュースでオビの時間帯をもらえるとか。
サッカーの監督みたいに、S級、A級とかでわけて、S級オタクになると市販のアニメの監督の権利がもらえるとか。

「S級の資格をとったので、出来ればアニメ監督としてリメイクしてみたい作品がありますね」
「例えばなんですか?」
「沙羅曼蛇!」
「……。」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 05, 2005

DS/脳は鍛えられているのか

先ほど、一時帰仙した友人に、
「最近ゲームネタ少ないよ」
と言われた。確かにその通りなので、今日はゲームのお話。

とは言っても、最近遊んでいるのが、
「脳を鍛える大人のDSトレーニング」
だけなので、必然的にその話になります。

購入して1ヶ月経過。
いまだに、項目最後の10個目のトレーニングが出ていませんが、脳は鍛えられた気がします。
正確には、「集中力」と「計算問題を解く」ことに関してのみ、能力が伸びた気がします。

僕の好きなのは、単純な算数問題を解いていく「計算100」と、フィーリングで回答できる「瞬間記憶」です。共に単純なので、パッと出来ます。(トレーニング内容一覧)
ただ、「好き」と「得意」が必ずしも比例するわけではなく、時間も点数も低め。
今はこんな感じ。

100 kioku

「計算100」は難しいモードです。しかし「瞬間記憶」って、100点取れるもんですか、これ?

反対に、嫌いで苦手なのが「三角暗算」の難しいモード。
問題が三段のときの「真ん中の数字を二倍する」、簡単に解ける「法則」みたいなのが多分あると思うのですが、普通に計算するとこんな感じ。

sankaku

もはや日々のグラフにも載りません。川島教授も呆れ顔です。

で、脳年齢は、現在最高で23歳まで若返りました。

ただ、脳年齢チェックは運の要素が高いので、その辺はどうなのかと。
たとえば、2分間で表示された28個の単語を出来る限り覚えて解答する、というテストで、

「あかり」「さくら」「こはく」「さんご」

のような単語が並んでいると、
「あのゲームに出て来る、あの人名だ!」
と記憶力はぐんと上がります。逆に、そういう連想できるのがないと、ちょっと辛い。
人によりけりでしょうけど。

ちなみに、毎日の成果を記録できるハンコは、自分でもデザインできますが、
いまはこんな感じ。

ibusi

一応「いぶし銀レスラー」のつもり。だいぶ微妙。
みんなはどう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2005

楽に引ける辞典なんだ

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を買って遊んでいたが、やはり「トレーニング」だけあって、ゲームとして遊ぶものとは少し違う。

確かに頭の回転は速くなっているような気はするが、なんか算数ばかり早くなっているような気がする。脳を鍛えていることになっているのか、段々疑問に思えてきた。恐らく、数を数えると言うことそのものが、脳を鍛えることになっているのだろう。
楽しいからいいんですが。

ゲーム機として買った「ニンテンドウDS」も、パックピクス、ぷよぷよフィーバーがひと段落(極めたわけではない)してからは、あまり機能していなかった。前述の「脳…」くらいしかやっていなかった。

もったいない、気がする。

確かに「PC-FX」も「3DO」も、ゲームソフトは3本しか持っていないが、もったいないと言う気はしない。ピークを過ぎた頃に買ったゲーム機だし、値段も安かった。
だが、DSは今が旬。これを活かさない手は無いのだが。と思っていたところに、面白いもの発見。

「DS楽引辞典」

ゲームじゃなくて、普通の辞典です。
国語、英和、和英の辞典が入っています。
僕はどちらかと言うとアナログなひとなので、「ノートPC」とか「Parm」とか「PIECE」とかは持たず、普通に「なんちゃら新国語辞典」とかで調べ物をしていたのですが、この楽引辞典使ってビックリしました。

楽なのね。
で、
楽しいのね。

単語調べてるだけなのに楽しい。DSの機能使った、タッチペンでページめくったりとか、探したい単語をペンで書いたりとか、そういうのが楽しい。「楽引」の文字に、間違いはなかった。
「電子辞書とかって、そういうもんだったんだろうか」
と今更ながらに思って、チョット後悔。辞書は辞書で、好きですけどね。

「ゲームっぽいことやってないじゃん」
って思いますよね。
大丈夫ですよ。「楽引辞典」と一緒に、この

joy

「ジョイカードマークII」を買ってきましたから。
300円。安っ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2005

ゲーム機買う気がしないなぁ

SCE、任天堂、マイクロソフトから、次世代型ゲーム機が発表になりました。

けども、なんか今回は心ときめくものが無いんですけど。僕だけですか?

現行型ゲーム機の演算能力の数十倍、とか言われてもピンと来ない。「FM6音」とか「スプライト128個」とか「BG3枚」とか言われたほうが、よほどピンと来ます。スプライト世代ですから。

そもそも何より、PS2の能力使い切ってるゲームソフトが、果たして何本あるのやら。ゲーム開発費の高騰もいろいろ騒がれてますけど、結局消費者である我々が、ゲームソフト代として負担することになりますしね。

任天堂の「レボリューション」が、過去の任天堂ゲームソフトを全てプレイできる、と言う売り込みでちょっと興味引かれてますけど、それってば別に次世代機で無くても良いわけで。僕んちはまだ、ファミコンにスタソルささりっぱなしですし。

リアルな方向に走るのは構わないし、映画みたいなゲームも全然構わないんだけど、全部が全部同じ方向を向かなくてもいいのにな。

例えば野球ゲームだったら、一つはリアル系、一つはファミスタ系とか住み分けて、選択肢を増やしてもらいたい。ぶっちゃけ、野球ゲーム1回の対戦に1時間とかかけたくないし。

ゲームの本数は昔よりも圧倒的に多いのに、ゲームの選択肢は昔よりも減っている気がするのは、なんでだろう?
僕の見る目が無いのか? すっかりノベル野郎だもんなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

日記補足/首輪ゲーム

5/11の日記のオチが分からない、と不評なのでチョット補足。

kizuato


これは「痕(きずあと)」と言う、ノベルゲームです。
96年のleaf製で、買ったのはWindows95版です。なので、文字がガクガクでした。

内容は、
「父親が亡くなり、田舎に戻った主人公が、なぜか猟奇的な事件に巻き込まれる。街の人々を襲う犯人は、この地に根付く『鬼』だった」
と言うものです。

これだけ読むと「怪奇ホラー」っぽいですが、だいぶ端折ってますので違います。このゲームは、犯人の鬼が女性を襲って、監禁します。でまあ、その監禁方法が、

kubiwa1 kubiwa2

首輪だったり、だったりします。
「鬼畜ゲーム」って程じゃないんですけど、そっちの傾向にあるゲームです。ただ、これの画像載せた日(水曜日)に、

「女性に首輪、3カ月監禁した24歳男逮捕」

ってニュースが流れたので、かなりブルーな気持ちになりました。
ダメ人間ってのはいるもんで、執行猶予付きとは言え、こういう人が野放しにされていたのが恐ろしい。嫌な世の中です。

今日になり「自宅からアダルトゲーム1000本押収」って話も出てきたので、恐らくエロゲーやオタクを言及する話が、各マスコミから面白おかしく上がることでしょう。

ただ、その手のエロゲーは、確かに犯人に影響を与えたかもしれませんが、犯行を行った「原因」ではない、と思います。犯人自身に問題があった、ということが重要なので、話を捻じ曲げて、ゲーム潰し、オタク潰しに躍起にならないよう、各マスコミにはご注意頂きたいと考える所存。

それと、この事件で一番の問題点は、
「アダルトゲーム1000本を買える財力」
だと思います。

1本5000円でも、500万円ですから。
無職の人間が、それだけのものを買い揃えるだけのお金があったということは、当然本人と、その親など周囲の育て方にも問題があったということでしょうし。

ただ、エロゲーが山ほど並んでいるパソコンショップの現状は、やっぱりおかしいと思うけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

任天犬を買おうか迷ったが

友人に話を聞いて、実際に見て驚いた。

ニンテンドッグス、ファミ通で40点満点

記憶してる限りファミ通では、3本目の満点ソフトだと思われる。
実際のプレイを見せてもらったが、ニンテンドーDSで犬と話をしたり、遊んだりとコミュニケーションを取るゲームだそうだ。細々した話は「nintendogs公式ページ」にお任せするとして、少しだけ興味を持ったので、ゲームショップに見に行った。

ゲームは、犬の種類にあわせて3本発売されていた。「ダックス」「チワワ」「柴犬」とそのフレンズで、15種類の犬。いわゆる室内犬タイプだ。どれもこれも愛くるしくて、可愛らしい表情をしている。

と、ここまで書いておいて何なんだが、「僕は犬が嫌い」だ。
中学生時代に、新聞配達中に太ももを正面から噛まれ、綺麗に4つの穴が開いて以来嫌いだ。嫌いと言うよりも、「犬恐怖症」のほうが正しいかもしれない。

例えば、僕が次に犬と接した際、僕が犬に襲われたとしよう。
僕に激しく牙を突きたてた犬の首を僕は、

dog

バシュウ!と問答無用で、刈り取ってしまうだろう。
そうなったら、犬の飼い主との裁判での闘争は避けられない。だから「犬恐怖症」なのだ。

そしてnintendogsは、結局買わなかった。
「どこでもいっしょ」のトロさんと仲良くなれず、「ルームメイト」の井上涼子さんに逃げられた、過去のある僕としては、コミュニケーションゲームをうまくこなす自信が無かったのだ。

でもまあ、せっかくきたので何かを買おうと、

kizuato

中古の「痕」を、1000円で購入。
何やってるんだろうね、ほんと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

バンダイナムコ/経営統合で生まれるゲーム

バンダイとナムコが、9月末からの経営統合を発表しました。ところで、
「合併とどう違うのん?」って気がしません?

ゲーム業界の合併の代表例で上げますと、スクウェアとエニックスが合併して出来た会社が、「(株)スクウェア・エニックス」です。この会社から出るゲームは、「ドラクエ」も「FF」も(株)スクウェア・エニックスのブランドですし、本や雑誌も同様です。

ところが「経営統合」の場合、チョット違います。今回は、両社が持ち株を出資して、「バンダイナムコホールディングス」と言う新会社を設立。(株)バンダイと(株)ナムコは、その新会社の「子会社扱い」になる、と言うと分かりやすいでしょうか。図(?)にしてみました。

    バンダイナムコホールディング
       /      \
 (株)バンダイ      (株)ナムコ
     /           \
バンダイ関連会社      ナムコ関連会社

こんな感じ。
合併とは違うのが、一目瞭然ですね。文字フォントによっては、大幅にずれているかもしれませんが。

「最初っから合併すりゃいいじゃん」
とも思うんですが、やっぱり合併は大変ですから。現場最前線で働く下っ端の僕も、経験あるんで分かるんですが、会社が合併すると
「名刺」
が変わりますから。あと、
「看板の会社名」
も変わりますから。ほら、これだけでもう面倒くさそうでしょ?

経営統合の場合は、会社名はそのまま業務を従来どおり行えるのが利点ですね。下っ端的には。

さて、経営統合で注目されているのが、両会社のブランド、キャラクターを生かした商品展開です。
これまでであれば、バンダイが権利を持っているガンダムキャラを使って、ナムコがゲームを作る場合、多分こういう図式になります。

バンダイ → ゲーム開発委託費 → ナムコ
バンダイ ← ガンダム商標料金 ← ナムコ

多分ですよ。僕の勝手な予想です。
経営統合した場合、この両者間で発生する経費が無くなる、もしくは安くなるので、現在と同じ数量を販売した場合、結果的に「利益が上がる」ことが考えられます。

さらに言われているのは、両社の事業コンテンツが「被っていない」ところ。
バンダイといえば、キャラクターは強いものの、肝心のゲームが「あぅち」な物が多いです。
ナムコは、ゲーム開発力がありますが、キャラクターの売込みではバンダイには及びません。

最近は「面白いゲームだから売れる」、と言う状況ではないので、キャラ先行のバンダイのゲームをナムコが開発すれば、キャラに負けない面白い内容のゲームが生まれるかもしれません。反対に、ナムコのキャラをバンダイのおもちゃ流通に乗せれば、一気にブレイクするかもしれません。
例えば、

源平討魔伝の 「景清変身セット」
ベラボーマンの 「ベラボー変身ベルト」
パックマンを育てる 「パックマンっち」
橋本名人に代わって、黒ブチメガネの「河野名人のポケットザウルス」

とかね。
まあ、両社共にセガとの合併が破談になった経緯があるので、今回は是非成功していただき、ゲーム、おもちゃ業界の活性化につなげていただきたい。
破談になったのは、セガの体質にも問題ありな気がしなくもないですが。


全く異なる追記
楽天vs巨人の仙台3連戦は、楽天の2勝1敗と予想。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 03, 2005

微妙にホームページ変更

ゴールデンウィークです。

連休と言うことで、普段出来ないことをされてる方も多いと思います。旅行、グルメ、ドライブ、スポーツ観戦。いいですね。

僕はと言うと、カレンダー通り。しかも、「緊急呼び出しあり」のスクランブルなお休みです。
だったら出社させてくれよ、とは思うものの、結局振替休日を取れないので許可が出ません。まあ、それはいいです。

で。
GWで「普段出来ないことをしよう」と言う事で、今現在、僕はダラーっとしてます。なにもせずにダラーっと。31歳にもなって、意味のない休日過ごすのもどうかと思いますが、普段ダラーッと出来ないんだから、たまにはいいじゃない。

あとは、女子中学生と授業でお話するか、サッカー見に行くしか予定ないんだから。

それでも十分なんですが、「何かしなければ」と思い立って、久しぶりにホームページの更新をしました。スタソルキャラバンをリンクに追加した以来でしょうか。

更新個所は、「TWINZ-3」です。「今更」感が漂いますが、blogだとどうしても流されてしまうので、開催から4ヶ月以上経過した本日、項目を追加致しました。

そのままだと面白くないので、ちょこっと画像と文章を変更しました。
極一部だけなんですが、分かる人には分かってもらえると信じています。

でもここで問題点が。
無料サーバーの有料化に伴い、TWINZ-3のムービーが見られなくなっちゃいました。
本当に、「謎の更新」になってしまいました。TWINZ-3のアングル読んで、ムービー見たくなった方は、どうしようもないので身悶えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2005

わなにひっかかった

またもや仲間連中と、新企画に向けて動いております。
企画内容はまだご案内できませんが、多分今回もお楽しみいただけるものになるのではないかと。

その企画に、別サイドから必要だったのが、「ファミコンのエミュレータ」です。
パソコンでファミコンのゲームができるという、あれです。僕はファミコンは「実機派」なので、エミュは導入していませんでしたが、今回必要に迫られたので、うちのパソコンに導入しました。

友人にエミュとソフト一式を持ってきてもらい、インストール。コントローラの動作チェックで、何種類かのゲームを遊んで調整します。そんな中、どうにも懐かしく、クリックしてしまったゲーム。

「ウイザードリィ」

ファミコンを実機で遊ぶ場合、一番問題となるのは「バックアップ」です。特にRPGの場合、セーブが出来ないとゲームが出来ない。ファミコンのバックアップの大半は内臓電池なので、ほとんどのゲームの電池は切れてしまい、セーブすることが出来ません。しかしエミュならば、セーブもお手軽。コントローラが違っても、アクション性皆無のRPGなら問題無しです。

遊びにきている友人らを尻目に、キャラクターを作り始める。ボーナスポイントは、5、6、8、5、……19! 思わず友人らに振り向きガッツポーズの僕。

「やばいぞ、気をつけろ」

ウイザードリィの、麻薬中毒症状を知っている友人の助言です。確かに危険。その日はそこでゲームを止めました。

そして気が付けば、翌日には6人分のキャラメイクを終え、ワードナの待つ洞窟へと向かうパーティが完成していました。
「やばい、はまる」
そう思いながらも、止められない魔力。それがウィザードリィ。

あの魅力を超える魔力を、一度でも体感したものならば、この気持ちは分かってもらえると思う。とにかく終えたくても終えられない。

「やばい、やばい」

なぜか睡眠時間も削られ、ゲームに没頭する僕。

気が付けば、

いつのまにか手元にあったのは、

DVC00056DVC00055

見事なマッピング。
やりすぎ!
完全に、ウィザードリィにはめられた。ファミコン版風にいうならば、

「わなにひっかかった」
「おおっと! マッピング」

と言ったところか。
でも、もう飽きちゃった。

村正、手裏剣、聖なる鎧どころか、カシナートの剣も出てないけど、侍、君主、忍者作れたから、いいや。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 11, 2005

鉄拳5/相変わらずへたっぴです

別にプロレスファンだからといって、格闘ゲームやるときに「プロレスラー」にこだわって遊ぶ必要は、ないと思うのだ。
でも、なんでか知らないが、初見の格ゲーを遊ぶときは、勝手にプロレスラーを選んでしまう。

ストII初期の頃はそうでもなかった。春麗さん、リュウさんと言った、スタンダードキャラを使用していた。だが友人がザンギエフさんの「スクリューパイルドライバー」を、使いこなし始めた辺りから心情が変化。気がつけば、ザンギエフさんばかり使っていた。ザンギエフさん、プロレスラーだったから。

その後もプロレスラーは続き、

バーチャファイターなら、ウルフ&ジェフリー
ファイターズヒストリーなら、マーストリウス
バーニングライバルなら、サンタナ

と言った具合です。
まあ、

餓狼伝説SPならダックキング
ワールドヒーローズ2ならマッドマン
マーシャルチャンピオンならレイチェル

と言うように、例外もある。
例題と例外が、同じ数なのはおいておきまして。

そんな訳で、鉄拳5。

PS2版発売から1週間。ようやく1人クリアしました。キャラクターはもちろんキングさん。
彼はルチャの国・メキシコが生んだ、天才レスラー。鉄拳1の初代キングからマスクを譲り受け、初代キングのライバル・アーマーキングに指導を受けた、スペル・エストレージャ(スーパースター)。

でもキミ、技多すぎ!

格闘ゲームの続編は、たいてい基本技や大技が増えますが、プロレスキャラの場合、その時点でのプロレス界の流行技や新技がぶち込まれるので、もはやキングさんが、どんなスタイルの試合をしたいのか分からなくなっています。
飛び技か? 投げ技か? 打撃か? ジャベ(メキシコ流関節技)か?

何でもこなす器用なプロレスラーは、「オールラウンダー」として重宝されますが、プロレス業界では、あまりトップに立つことがありません。恐らく、地元メキシコのコアなプロレスファンからは、「あいつは器用すぎて個性が無い」と酷評を受けているのではないかと、心配してしまいます。

ただ「選択肢が多い」と言うのは、プレイヤーのセンスが問われるわけで。例えば、

abc

と、つなげば、立派なルチャドールの完成です。前半の技を代えることで、「キン肉マン」になることも可能と思われます。
また、

def

とつなげば、立派な「武藤敬司」の完成です。プロレスLOVE。
最後のシャイニングウィザードを、ドラゴンスリーパーに切り替えれば、マスクを被った「藤波辰爾」になります。

やはりプロレスファンとしては、そういうところにこだわりたい。
ただ。
そういう闘い方じゃ、絶対に勝てない!
使える技と使えない技の差が激しいし、超絶自己満足です。

そんな訳で、いまだキングさんしかクリアしないまま、エミュの「ウィザードリィ」で「マフィーズゴースト稼ぎ」してます。
ダメじゃん。

おまけ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 28, 2005

『キャラバンDVD』当選者発表

はい、こんばんは。

お待たせいたしました。
本日は3/19に告知を行いました、
「2004スターソルジャーキャラバンDVDプレゼント」
の、当選者発表です。

3/25までの応募期間で、一体どれくらいの応募があったのか? いやしかし、それ以上にどちらの名人に、得票が集まったのか? きめん名人か、テイム名人か。そして、両名人の直筆サイン入りDVDを手に入れた幸運な方は、一体どなただったのか?

それに加えて、一体あの日記での告知と、MISCさんでの告知で、果たして宣伝効果はあったのか? そもそも根本的に、あのDVDを欲しがる人が果たしていたのか?

その事実がいよいよ明らかになります。

さてそろそろ。
当選者の発表です。
よろしいですか?

応募された方は今、ドキドキしてるんじゃないでしょうか?

「テイム名人は競争率高そうだなぁ」
「裏を書いて、きめん名人に応募しようか?」
「でも、きめんのサインなんていらないし」
「でも競争率のことを考えると…」

そんな、複雑な心境なのでは無いでしょうか。

では、参りましょう。
まずは、キャラバンDVDにメールを下さった、応募総数です。

集計期間 3/19~3/25
プレゼント応募総数 : 0通

応募は「0」でした。
両名人とも、人気ナッシング!
発表終わり!


毎日毎日届くのは、「エロ系スパムメール」ばかり。
「お願いです。あなたの精子を下さい」って、勝手に家でジョッキに注いでゴキュゴキュ飲んでろ、ボケ!

予定通りキャラバンDVDは、ファミ通の「やり込み大賞」の募集告知が始まり次第、ファミ通に送付します。
なにせ、以前作った「TWINZ-1 DVD」をドリマガ編集部に送ったときは、全く無反応でしたから。今回は、何かしら反応がもらえそうな、「やり込み大賞」に照準を定めます。

両名人とも、スターソルジャーをやり込んでいないのは明白ですが、まあ気は心。

以上!

2004スターソルジャーキャラバンは、これにて完結!
ありがとうございました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 23, 2005

英会話、始めますよ

続き。

面談室にて、外国人講師とマンツーマンで「英語のみ」の質疑応答を受ける。

「まいねぃむ いず ぐみ-きめん」
「あい りぶいん せんだぁい」
「あいむ さーてぃわん いやぁずおぅるど」

すごく日本人ぽい発音ながらも、要所を抑えて回答していく。多少悩んだ場面もあったものの、ここまでは順調だ。そこに、次の質問が来た。

「What do you like doing in your free time?」
(訳:ベイビーはフリータイムは何をしているんだ? トレーニングか?)

「what」「like」「free time」
この3つの単語から、大体の質問内容を判断する。多分、ヒマなとき何してるんだ?と言うことだろう。当然これも練習済み。僕は答える。

「あい らいく うぉっちんぐ すぽーつ べーすぼーる えんど さっかー」

事前に「プロレスは通じないから」と聞いていたので、あえて一番得意なジャンルは避けた。それでも野球とサッカーは、世界的に知られるスポーツだ。ここから会話を広げることは、容易いだろう。しかし、外国人講師は、少し悩んだ表情を見せた後、一言言った。

「Another hobby?」
(訳:俺はスポーツのことなんかちっともしらねーんだ。他の趣味はねーのか?)

なんでやねん!
全力で突っ込みたくなるのを必死で抑える。いいじゃん、知らないなら知らないで。他の趣味なんか、すぐ思いつかないよ。それでも、何とか答えを考える。閃いたぞ。

「あい らいく ぷれいんぐ げーむ」
「Oh! Game center or Playstation?」
「ぷれいすてーしょん」

この回答には食いついてくれた。「プレステ」と言うのはいくぶん引っかかるが、まあいいや。さて次の質問は…。

「訳:どんなゲームのジャンルが好きなんだ、ベイビー」
「げえむ じゃんる?」

いきなり訳なのは、英文を忘れたから。好きなゲームジャンル。これは簡単なようで、結構キツイ質問だ。そりゃ「RPG」と答えれば、話は弾むだろうさ。日本には「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」、アメリカには「ウルティマ」「ウイザードリィ」と言う、RPGの元祖があるからな。
だが、僕がここで「RPG好き」と答えるのは、僕の人生にウソをつく、いわば「敗北」を意味する。ちっぽけなプライドだが、それを捨てるわけには行かない。

だが、他に理解してもらえそうなゲームジャンルはあるだろうか? アクション? シミュレーション? 僕は両方ともあまり遊ばない。そうだ。昨日遊んだゲームを思い出そう。昨日は何をやったかな………!

と…ToHeart2? ギャルゲーかよ!

チョット待てよ、きめんぐみ。ここでもし、
あい らいく ぎゃるげえむ
とか言ってみろ。絶対にこの講師は、
What girl game?
とか聞いてくるに決まってる! ああ、決まってる。じゃあ「ノベルゲーム」か? いや、それも一緒だ。「What?」の連発だ。絶対そうだ。

仮にそこで、「有名なタイトルは?」とか聞かれて、「ToHeart」だとか答えてみろ。どんな内容のゲームか、詳しく言うように聞いてくる。そうなったら、どうすんだよ。どツボだぞ。

「あい らいく まるち」
「まるち いず ろぼっと ばっと しーいず あ まいべすと ぱーとなー」

とか答えるのか? もろ変人じゃん! つーか、別にマルチ好きじゃなかったろ、きめん! 落ち着け、冷静になれ。そうじゃなくて、僕は「来栖川先輩」派だったろ。そういえば、「先輩」って英語でどういうんだ? 知らないなぁ…って、だから違うだろ!

「1人ノリ突込み」を、延々と繰り返す。この時点で、思考ベクトルは完全におかしくなっていた。
深呼吸。
とりあえず、話は膨らまないかもしれないが、ウソの無い答えをしよう。

「あい らいく しゅーてぃんぐげーむ」

ウソはついてない。
だが案の定、講師は難しい顔をしている。そりゃそうだ。しばし思案後、講師は僕に呟いた。

「訳:すまないが、シューティングゲームというジャンルは知らないんだ。何かタイトルを言ってくれないか?」

あー、そうきたか。僕の好きなゲームを、とりあえず頭の中に思い浮かべる。
「グラディウス」「沙羅曼蛇」「ファンタジーゾーン」「XEXEX」
どれもこれも、外国人には通用しないタイトルばかりだ。しばし思案。そこで僕は、極限の状況の中、逆転の壱手を放った。

「あい らいく しゅーてぃんぐげーむ いず のっと めじゃー」
「not major?」
「いえす まいなー まいなー」
「……not popular?」
「いえす! のっと ぽぴゅらー」
「OK!」

戦いは終わった。
結果僕は、「文法と発音はめちゃくちゃ」ながらも、「単語と聞き取り能力は高い」と言う、高評価を受け、一番下の「7Cクラス」の1コ上、「7Bクラス」から授業を受けることとなった。
あの外国人講師、何を基準に判断したんだろう。わからん…。

そんな訳で、「VAIO TYPE-R」が買えちゃうくらいのお金を納めて、先週土曜日に英会話の学校に入会してきました。
年明けからなにもせず、だらだらと過ごしていた今年。4月からの新入学シーズンを前に、新しいことを始めることになったのは、チョット新鮮な気分。

そんな訳で、ネタになりそうな出来事があり次第、即日記ネタにします。
日記にさっぱり英会話の話が上がらない場合、そのときはまあ「そういうこと」だと思っていただければ。
目指せ、プロレス会場で外国人とトーク!

おまけ:マルチさんと先輩
c0602c0201

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2005

DVD抽選応募方法

さて、キャラバンDVDの応募方法ですが、その前に内容の確認です。

基本的には、ネット配信していたムービーを繋げたものですが、微妙にリファインしてあります。ネット配信時と異なる点は、

・OPムービーが微妙に再編集された
・ゲームプレイ時のゲームBGM音量を下げた
・特典映像

この3点です。
OPムービーは、間違い探しのような再編集をしています。音を下げたのは、実況の声が聞きづらいと言う意見が多かったためです。特典映像は道中のカットシーンに加えて、直前になって不参加となった、Gatch名人のスタソルプレイが見られます。必見です。

ですが、ちょこっと気になる点も。

・BGMを下げたので、BGMが和音に聴こえたりする
・ステレオだったりモノラルだったり、音の出方がぐちゃぐちゃ

トークシーンは普通に聞こえますが、ゲーム中の音が編集の都合上、あっちに行ったりこっちに行ったりします。まあ気にならないといえば気にならないですが。音が重要な映像でもないですし。
その点が気にならない方だけ、ご応募ください。

さて、応募に際しまして、重要なお話をさせていただきます。
今回のDVDは、僕とジュッテイム名人がそれぞれDVDに「直筆サイン」を入れています。

DVC00021

こんな感じ。DVDの映像の内容は一緒です。違うのは柄とサインだけです。

「熱く燃える炎の赤ディスク・きめんぐみディスク」
「力強く雄大な緑のディスク・ジュッテイムディスク」

応募される際には、どちらの名人のサイン入りDVDがほしいか記入の上、ご応募ください。これは怖いですよ。なんてったって、どちらの名人がどのくらい人気があるのか。それが一目瞭然になりますから。
ですが、反対の考え方をすれば。
「あの名人は競争率が高そうだから、競争率の低そうなこっちの名人に応募しよう。中身一緒だし」
と言う、応募の仕方も出来ます。どちらを選ぶかは、あなた次第!

応募先は僕、きめんぐみ宛メールアドレスです。
VYI03664」の後に「@nifty.ne.jp
を付けて、タイトルは
DVD希望/きめんぐみ」または「DVD希望/ジュッテイム
で、ご応募下さい。

応募期間は、本日この時間から1週間後の、「3月25日(金)23:59受付」まで、とさせていただきます。また、1人で複数のメールアドレスを使用したり、複数の名前で応募するのはご遠慮ください。

そんなに応募が来るわきゃ無いですが。

当選者と応募総数は、多分ここの日記上にアップされますので、お楽しみに。また、当選者には日記アップ以降、メールにて改めてご連絡を致しますので、よろしくお願いします。

それでは、たくさんのご応募、お待ちしております。
応募が0通の場合、ファミ通の「やり込み大賞」に、毛利名人を名指しでDVDを発送します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

NDS/良作ぞろいで時間なし

~閑話~

業界の盟主になりつつある「プロレスリング・ノア」のTOP3の一画、秋山準選手が若手の頃、当時所属していた「全日本プロレス」の怖い先輩、川田利明選手との試合後、こんなことを言われていました。

「秋山、プロレスは技じゃないんだよ」

~閑話休題~

まいったなぁ、ニンテンドーDS。面白いゲームが随分出ている。特に「タッチパネル」の性能を生かしたゲームが、元気がいいのがうれしい。

先週、友人らと遊んだ際、購入したゲームを入れ替わり立ち代り、遊んでみました。僕は既報の通り、「ぷよぷよフィーバー」と「パックピクス」を購入。友人は「メテオス」を購入していました。その中でもこの「メテオス」が危険でした。パズルゲームの名作「パネルでポン」に微妙に似た、それでいて異なるシステム。対戦の熱さ、そして何より僕を驚かせたのは、
「バンダイのゲームなのに面白い」
と言うこと。バンダイも頑張ってるんですね。「セガバンダイ」にならなくて良かったと思います。

そんだけべた褒めするんなら、すぐにでもメテオスを購入したいところですが、何せゲーム2本購入直後。即時浮気したのでは、自分が買ったゲームに対して失礼です。そんな訳で、手元のゲームを進めます。

で、パックピクス。
これもまた、面白い。ただ、悲しいかな。メテオス同様、「誌面では面白さが伝わってこない」ところが痛いです。ここで僕が面白さをつらつらと連ねても、プロのライターさんの記事には叶いません。とすれば、僕がパックピクスで一番面白かったところを、僕なりの手段でお伝えしなければ!

そんな訳で、パックピクスの面白いところ。
魔法の本の中に閉じ込められたパックマンを助けるため、魔法のペンでパックマンを書くことにより、モンスターを食べられる。このストーリーがナムコっぽくて好きなんですが、面白いのがパックマン。かなり適当な形に書いても、パックマンとして動いて、モンスターを食べてくれます。

なので、

こんなのや

dvc00012

こんなのや

dvc00013

こんなのが

dvc00014

パックマンだ!って、動き回るのが楽しい。

ゲームは面クリア方式なので、後半かなりいやらしくなりますが、遊んでいて楽しいのがポイントです。やっぱりゲームは楽しくないと。


で、皆さんの疑問は、「冒頭の川田はなに?」って事になると思うんですが。
もし川田がゲームファンで、「スクウェアエニックス」のゲームを遊んだとしたら、

「スクウェア、ゲームはグラフィックじゃないんだよ」

って言ってくれそうな気がして。
それだけです。

でも、「エッグモンスターHERO」の縦画面読み、はチョット魅力。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2005

で、アナザーコード

続き。

で、アナザーコードである。

直感的に感じたゲームが「当たった」のは、一体いつ以来だろう。僕は元々、アドベンチャーゲームと言うジャンルが好きなのだが、欠点がある。それは、ゲーム進行が詰まった際に、コマンドを全て選択する「コマンド総当たり」が好きになれなかったからだ。

ファミコン後期の任天堂アドベンチャーゲームは、場面によってコマンド数が減り、そのストレスが緩和されたが、根本的な問題解決にはならなかった。

だがこのアナザーコードは、その「コマンド総当たり」から脱却できた、アドベンチャーゲームの進化系ではないだろうか。謎解きにタッチパネルやマイクを使うので、違う頭のひねり方が必要になる。これは遊んでいて楽しかった。

ただし、ハマるところではハマる。アドベンチャーなので。
マップも微妙に広いし、一度何かを取り逃がすと、何をしていいのか分からなくなる。

それと、このゲームは屋敷の中を探索していくゲームなのだが、バイオハザード1同様、
「お前ら、こんなトリックだらけの家にまともに住めるのか?」
と言う、複雑怪奇な屋敷。

さらに、やはりバイオハザード同様、なぜか道順通りに置いてある、お父さんからの手紙。そして全く関係ないところに置いてある、お父さんの屋敷に関するレポート。「せっかく調べたレポートなんだから、手元にまとめてファイルしろよ!」と、お父さんを叱りたくなってくる。

genpei05
これらを理路整然と説明するのは、難しいだろう。
そういえば昔、「源平討魔伝」のボーナスステージで、観音様がボーナスをバラバラとばら撒くのを、
「神なんだから、そんな嫌がらせすんな!」
と怒った所、プレイ中だった友人が、
「一ヶ所にボタボタ落ちてきたら、そっちのほうがおかしいだろう」
と反論された。

確かにそうだね。それと同様、お父さんのレポートが1ヶ所にまとめられてて、それ読んで全部疑問点がとけたら、ゲームの魅力も半減だもんな。その辺は深く考えずに遊ぶのが、正しい楽しみ方なのかもしれない。

とにかくこのアナザーコードは、作りこみの甘さやストーリーの練りこみなどで、「?」と言う点はあるものの、新タイプのアドベンチャーゲームの導入作、と言う点で僕の中ではかなりの高評価。

だって、このシステムを、さらに進化、深化させればその先に 「DS探偵倶楽部」 というタイトルが見えてくるかもしれない。自己の財産を大事にする任天堂だからこそ、僕はそこに期待したい。

みんなだって、あゆみちゃんのうなじに「フゥーっ」とか、したいじゃん!

ところで。

ニンテンドウDS、新色誕生

本体買った4日後に、その発表はないだろう。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2005

DS&アナザーコードを一挙買い

それはなんでもない、普通の金曜日の朝。
ズームインSUPERのスポーツコーナーを見終えた僕は、黙々とご飯を食べていた。テレビから流れるゲームのCM。その名も知らぬゲームに、僕は衝撃を受けた。

「さわれる推理小説」と呼ばれるそのゲームのジャンルは、アドベンチャーゲーム。「ポートピア連続殺人事件」や「オホーツクに消ゆ」や「リサの妖精伝説」と同じ系統の、謎を解いてストーリーを進めるゲームである。僕が衝撃を受けたのは、その操作方法。タッチパネルを触る以外に、マイクに息を吹きかけたりしていた。マイクに喋るゲームのCMなんて、「たけしの挑戦状」以来じゃなかろうか。

「あ、だめだ。すっごい面白そう。明日買いに行こう」

その日が給料日だったことも幸いだったか、災いだったか。僕は翌土曜日、「ニンテンドーDS本体」とそのゲーム「アナザーコード」をまとめて購入した。

~閑話~

昨年末の携帯ゲーム機戦争。ニンテンドーDSとPSP。僕はどちらかと言うと、DS派だった。
PSPのリッジレーサーは少し遊ばせてもらったが、恐ろしく綺麗な画面が携帯ゲーム機で遊べることに驚愕を覚えた。だが、僕にはそれだけだった。そのこと事体はものすごくすごい事だと思うが、PSPは既存ゲーム機で遊ぶのと何ら変わらないんではないか、と言う気がするからだ。

左親指で方向、右親指でボタン、と言う入力デバイスを早20年ほど使っている僕にとって、正直PSPに目新しさを感じることが出来なかった。ぶっちゃけ「メガジェット」でもいいわけじゃん? 画面があって、左に十字ボタン、右にボタンがある携帯ゲームだとしたら、ゲームボーイでもゲームギアでもPCエンジンGTでもリンクスでも、結局同じなんではないか。機種の性能は当然違うけれども。

そう思うと、PSPは「ゲーム機」としての購入意欲が、あまり湧いてこなかった。
反対にニンテンドーDSは、「ゲーム機」としての魅力が僕には高かった。ゲーム機が進化する上で切り捨てられてしまった、「上下の2画面」と「マイク」と言う機能。そして新機能として「タッチパネル」の採用。これだけでも、何か新しい遊びが提供されそうな、そんな期待をしてしまう。

そこに来て「アナザーコード」のCMは、反則に近かった。

思えばMSX時代、「ウイングマン」をプレイ中に、机の中のノートが見たくて、僕はキーボードに「ツクエノナカ」とか打ち込むのだが、アオイさんは、
「ひどいわ ケンぼう。わたしに わからないこと ばかりいって」
と答えるだけだった。

この「アナザーコード」なら、タッチペンなら、「ツクエノナカ」と打ち込まなくていいのだ。机の中が見たかったら、その机をタッチすればいい。これは、画期的な進化かもしれない。

~閑話休題~

そして続く。

そしてメガジェット。
megajet

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そろそろTH2の話、の3

続き。

PSに移植された家庭用「ToHeart」でも、バーリトゥーダー・来栖川綾香さんをクリアし、外伝シナリオのど真ん中を進む僕。もはや戻ることの出来ない、外伝のど真ん中。

この「ToHeart」と言う小説ゲームは結局、ゲームシステムは見るところがないくらい適当な作りなので、シナリオが面白ければ進めるし、シナリオがつまらなければ遊ばない。それは「面白いつまらない」以前に、「向き不向き」の側面を強く持っていると思われます。

以上を踏まえまして。
やっと「ToHeart2」の話に入ります。前フリ長いですか? すいません、うちはそういうスタイルなんです。

昨年12/28くらいに、「機動戦士ガンダムvsZガンダム」と同時に買った「ToHeart2」。最初は延々ガンダムを遊んでいました。ZZガンダムも出して、チョット飽きてきた1月中旬、僕は一度「ToHeart2」をこっそり始めていました。そして、30分持たずに止めました。

そして僕が次に取った行動は、怪奇ノベルゲーム「月姫」2周目スタート!
しかも、1月から2月にかけて、月姫の2周目全員クリアを終えてしまいました。

結局「ToHeart2」は、ありきたりな日常を、臨場感交えて表現してくれるのはいいんですが、読んでいてそれが大変かったるく、刺激に乏しい。なんとなく、「ギャル1人くらい、凶弾に倒れればいいのに」とか、ひどいことを考えている自分がいます。

そして今回も、メインヒロインクリアしたあとに、学校生活と関係のない外伝キャラ2名をクリア。『ミスター外伝』の名に恥じぬプレイっぷりを見せました。

ゲームは面白くないのが分かってるんだから、後はシナリオで見せるしかないんですが、それもここ数年のゲーム業界の風潮でノベルゲームが多かったですから、まるでバッタの大群に荒らされたかのごとく、シナリオもネタ枯れ気味。評価するならば、good判定しか表示されないビートマニア。そんな感じです。

あと、今回はイラストレーターに人気のある人を起用し、それを前面に押し出してキャラクター先行で行ったのが、心象良くなかった。前回(PC版)が絵柄があれでも売れたのはなんでかと言うのを、会社自ら放棄してしまった感が強い。
ただ、企業としては会社潰すわけに行かないので、せこせこゲーム売るよりか、グッズ販売したほうが手っ取り早い、と言う事情があるとは思いますけども。

あとは、「18禁じゃないから中学生も登場できる」ってのが、「なるほど」って思ったくらいでしょうか。ゲーム中に高校生が登場しても、18禁の場合「このゲームに登場する人物は全て18歳以上です」って表記される時代ですから。そう考えると、エロゲーメーカーもいろいろ規制で大変ですね。

他にも書くことありましたが、なんか忘れちゃいました。
とりあえず、僕が今言いたいことは、「みんな、買わなくてよかったんじゃない?」と言うことで。
まあ案外、あと1ヶ月くらいしたら「○○のシナリオサイコー!貸すからやれ!いや、買え!」とか、言ってるかもしれませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2005

そろそろTH2の話、の2

続き。

釈然としないので、友人が全キャラクリアした後、僕は「ToHeart」のCDを返してもらい、プレイを再開した。相変わらずゲームシステムにはなれないし、パソコンでゲームすることにも違和感がある。それでもプレイを続けた。

~閑話~

話は突然変わるが、僕は移植ではない家庭用オリジナルのグラディウスシリーズでは、「グラディウス外伝(PS)」が好きである。若干ゲームバランスに難はあるものの、ゲームとしての完成度は高い。
また、ダライアスシリーズでは「ダライアスII」を主に好んで遊んだが、それよりも「ダライアス外伝」のほうが好きかもしれない。難易度は高めだけど、家庭で同じゲームが遊べますし。

~閑話休題~

「ToHeart」とは、文章を読みながら高校生活を楽しむ小説ゲームである。主人公も登場人物も高校生。僕のような、高校が男子の工業高校だったものには、人生の選択肢を謝ったのではないかと思わせるような、ハートフルなつくりになっている。

そのゲームに何とか馴染みつつ、登場するギャルを攻略(クリア)していく。攻略キャラが半分近くになったときであろうか。僕は友人に自分の「ToHeart」進行状況を伝えた。だが、友人はどうにも渋い顔をしている。聞くところ、「ToHeart」は高校生活を読み解くゲームであると言う。だが、僕がクリアしたキャラは以下の通り。

来栖川芹香、マルチ(HMX-12)、松原葵、姫川琴音

ゲームしている人には分かるし、ゲームしていない人には分からないであろう。
来栖川さんは部活で交霊をして、マルチさんはロボットで、松原さんは部活で格闘技をしていて、姫川さんは超能力者である。僕は、高校生活を楽しむはずのゲームを遊びながら、なんら高校生活とは関係ないスキルの人達ばかりを偶然にもチョイスし、クリアしていたのである。

「それでは、このゲームの本質は分からない」

友人の罵倒は続く。

「言うなればそれらのキャラは『外伝』だ。君のことを『ミスター外伝』と呼ばせてもらう」

ガーン!
屈辱。頑張ったのに「外伝」扱い。確かに遊びながら「変だなぁ」とは思ったものの、そういうゲームだと思って遊んでいたので、気にならなかった。つーか、外伝のシナリオでもそこそこ面白いと思ってしまった僕は「負け犬」ですか? 技術者の立場から言わせてもらえば、ロボットのマルチさんのシナリオは、到底納得いかないものではありましたが。

そして僕は、数年後移植されたプレイステーション版でも、同じ過ちを侵すのだった。

やっぱり続くよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

そろそろTH2の話でもしよう

ここを読んでる皆さんは、多分疑問に思ってると思うんですよ。
「何できめんは、『ToHeart2』の話をしないんだろう」
って。

簡単に言うと、年末に買ってからZガンダムばかりで、全然遊んでなかったから。しかも2月になって、シューティングゲームを始めたから。ついでに言うなら、ToHeart2は導入部で飽きたから。

とは言っても、せっかく買ったのに遊ばないのは勿体無い。と言うことで、かなりダラっと進めてましたが、ようやくクリア人数も半分を超えました。ぼちぼち日記ネタにするには、いい頃合かなと。
ただし、普通にゲーム内容を説明しても面白くないので、簡単に歴史的背景から進めます。多分、ゲーム本編の話にたどり着くのは、相当先になると思いますが、よろしいですか?

さて。

パソコン版「ToHeart」が発売されたのは、97年のこと。今から8年間のことです。僕の当時のパソコンマシンは、PC9821-V7でした。何せプレステ、サターン現役の頃ですから、僕の中には「パソコンでゲームを遊ぶ」と言う概念が存在しませんでした。デジカメもプリンタもなかったので、僕のパソコンは「パソコン通信専用機」として、使用されていました。

そんな折、とあるゲームの掲示板で、頻繁に目にするようになったのが「東鳩」と言う文字。「何故キャラメルコーン?」と思いましたが、それが「ToHeart」と言うゲームの仮のネット名であることを、数日後に知りました。何でも読んでいくと、
・シナリオがいい
・泣ける
・エロなしでもゲームとして面白い
と言うことが分かりました。

「ToHeart」は、18禁のれっきとしたエロゲーでした。それがエロ無しで面白いってなんだ? 大体シナリオがいい、と言うのが良く分からない。話を読み進めると、小説のように文章を読んでいき、選択肢を選んで話を読み進めていく形式のゲーム、と言うことが分かりました。

正直、いくら面白いと言われても、パソコンのゲームは高い。しかも、絵もなんか野暮ったい。大体、僕のPC9821の残り容量が100MBしかないのに、70MBとかをゲームで使われてはたまらない。なので僕はそれ以上興味をもつことはありませんでした。

しかしその後、ある友人から「ToHeart」のCD-ROM(コピー←違法)が届いたので、遊んでみることにしました。しかしゲームとは言うものの、ゲームシステムはかなり適当。高校を舞台とした設定ですが、下校時に選択肢が出ます。

「1階へ行く 2階へ行く 街中に寄る」

この選択で、意中の女の子に会えれば良し。会えなかった場合はロードしてやり直し。
この「選択肢直前でセーブ→失敗したらロード」と言うシステムが、個人的に大嫌いでした。なぜなら、初回のプレイでクリアできない可能性があるから。ゲームは初めにシステムありき、と思っている僕にとっては、チョット辛い。
まあ、それを言ったら、
「パターン決めなきゃクリアできない『沙羅曼蛇』より、初回プレイでクリア可能な『沙羅曼蛇2』の方が好きなのか?」
と言う話にもなりますし、そこは我慢して妥協することにしました。

ただ、どうしてもゲームに馴染めない。そんな話を友人にしたところ、友人が興味を持ったので、僕は「ToHeart」を彼に貸しました。
「多分馴染めないだろう」
そう思い日は過ぎて行き、その後友人の口から驚くべきセリフが飛び出しました。

「ToHeartおもしれぇ! 全キャラクリアした」
「うっそ~ん」

なんか、釈然としない気持ちに陥りました。

長いので続くよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2005

弾除けリハビリ中

ゲームセンターの「虫姫さま」と言うゲームが、チョット気に入ったので、たまに遊んでいます。
ジャンルは縦スクロールのシューティングゲーム。悪魔のような弾除けメインのゲームです。

最近はゲームセンターに遊びに行く機会も減りましたが、昔は毎週、毎日のようにいっていました。そこで好きだったのは、横スクロールのシューティング。グラディウス、ファンタジーゾーンなど、僕のやりこんだゲームの大半は、横スクロールです。

「新・明解ナム語辞典」で、横シュー好きは「下手の横好き」などと定義されていました。
意味は忘れましたが、横シューは地形があるので、弾除けがヘタでも、地形の陰に隠れてやり過ごすことが出来る。
でも縦シューは、地形の無いものが多く、自力で敵の弾を除けないといけない。その差が「下手の横好き」と言う、単語になったのだと思います。違ってたらごめんなさい。

で。
僕はクリアしたゲームこそ多いものの、あまり弾除けがうまくない。実際、虫姫さまで遊んでいても、なかなか避けられない。勘が鈍っているというか、完全に反応が遅れてしまっている。
これではいけない。

ということで、弾除けのリハビリを始めました。
「リハビリなんて大げさな」と言われるかもしれませんが、ゲームとてバカに出来ません。以前「バーチャファイター4」のときに、初めて「ゲーム年齢」と言うものがあるのを実感しました。昔よりも、自分の反応が遅い。画面の動きに頭も身体も付いていかない。若者に対戦で負けるたびに、
「これが若さか…」
と涙しました。

そんな訳で、お手軽価格でシューティングゲームを購入。
シンプル1500シリーズ、ダブルシューティング「レイストーム&レイクライシス」です。
タイトーから発売されたこのゲーム。出来もよく、難易度も高め。リハビリにはちとキツイ難易度ですが、安かったので購入しました。両方とも当時はクリアできませんでしたが、そこそこまでは進みました。
まずは、なじみのあるゲームでリハビリするのは、常套手段でしょう。

さっそくゲームスタート!
1面で終了!

本っ当に下手になってます。自分でビックリしました。どの世界でも、現役でいるというのは難しいですね。まあここ数年ほど、「ノベルゲーム」ばかりやっていたので、それが当然とも思いますが。

上がるのは、編集の腕ばかり。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 06, 2005

ファミコンミニのスタスルの微妙な違い

ファミコンの時代でいえば、ゲームセンターから移植されるゲームは、画面、内容とも違っていて当然でした。それがいつの頃からか、家庭用ゲーム機の性能が上がったため、移植度合は格段に上昇しました。
それでも、やりこんだ人にとっては、微妙な違いほど気になるらしく、「ゲーム基板」の購入をしてまで、本物にこだわる方もいらっしゃいました。

最近は基板販売も下火っぽいですが、実際のとこはどうなんでしょうねぇ。

今更ですが、スターソルジャーキャラバンで書き忘れていたことがありました。
それはGBA-SPで使用した、ファミコンミニのスターソルジャーのことです。一応ファミコンミニのソフト群は「完全移植」扱いですが、元々使用するハードもプログラムも違うもの同士。完全に同じ、と言うことはありません。

昔はマニアな人が、移植されたゲームの細かい部分を抜き出して、気に入らないだのなんだの言ってるのを聞いて、「そんな細かい部分気にするなよ」と思いましたが、逆なんですね。やりこんでるからこそ、細かい部分が気になる。この結論に到達するのに、随分かかってしまいました。

ファミコンミニのスタソルは、どう考えても普通に、問題なく移植されています。ただ、2分モードをやりこめばやりこむほど、ファミコン版との違いが明確になってくるのです。それを「具体的に上げろ」と言うのは、大変難しい本当に微妙な、感覚的な違いなのです。なんと言うか、
「ファミコンと同じ動きをしてるのに、敵の弾を撃つパターンが違う」
とかそんな感じです。

キャラバンで死闘を繰り広げたジュッテイム名人も、以前呑みの席で「あれは別物」と言われていました。パッと見は気にならないけど、やりこんだ人ならすぐに分かってしまう違い。

images
分かりやすく言うと、アーケード版とPCエンジン版の「R-TYPE」の違いです。R-TYPE1面のこの(→)場面の直前で、敵が後ろから放って来た弾が、地形に当たるか、当たらないか。
そのくらいの違いです。

微妙だけど、気になるんですよねぇ。
ま、終わったことなんで、今更どうでもいいんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2005

2004スターソルジャーキャラバン総括

と、言うわけでキャラバン総括です。

キャラバン結果に関するネタバレを含みますので、映像を見ていない方はご注意ください。

「面白かったです」
「早く続きが見たいです」

キャラバンムービー配信中に、よく頂いた言葉でした。
これは本当にうれしかった。ただ、同時に辛かった。

編集が辛いわけじゃないんです。確かに編集は時間がかかり辛かったですが、映像を見るのは楽しかった。辛かったのは、「結果」に近づくこと。

編集が進めば進むほど、松島・最終戦の「きめんぐみ惨敗」が近づいてくる。これは辛かった。どんなに盛り上げても、「惨敗」と言う結果は変わらない。映像自体は数ヶ月前に撮影済みで、それを覆すことなどもちろん出来ない。これは辛かった。

しかも全力を出した上での敗戦ならば、まだ自分自身納得もできるが、僕自身が勝手に自滅していく。カルゴに激突、ヤールに激突、挙句ラザロに圧死。どうしようもない。
編集中に自分のゲーム映像を見ていて、その拙い動きに腹が立ったほどだ。
「お前、なんでそんなプレイしか出来ないんだよ!」
と。

スタソルのやりこみ度が低い、と言うのもあるが、勝負の分かれ目は間違いなく「函館」にあった。あの日、過去に経験の無いやられ方をしてしまった僕は、自分のスタソル2分モードのパターンを、完全に忘れてしまった。「真っ白になる」と言うのは、まさにあのことだろう。このあと自分が、どうプレイしていいのか分からなくなってしまった。

青森や松島での、僕のシーザーの動きに切れが無いのはその影響。やられるのを怖がって、画面の中央まで上がれず、下がった位置でプレイしている。これでは高得点など望めない。

また加えて、僕の中の「引き分け狙い」が崩れてしまったのが大きい。映画版の「高橋名人vs毛利名人」は、合計得点では高橋名人が、獲得ラウンドでは5試合中3勝2敗で毛利名人が、それぞれ勝利。どちらが勝った、との明確な答えが出ないまま、スタッフロールが始まる。

DSCF0442当然僕は、キャラバンに挑むに際して「引き分け」を狙いに行った。勝利数や合計得点など、あらゆる条件下で微妙な結果になればいい、と思っていたのだ。僕は函館さえ勝っておけば、勝利数、合計得点で負けても、最終的に「土地面積」で勝てると、戦前考えていた。

土地面積とは、勝利した土地の面積を自分のポイントとする「対決列島」方式だ。卑怯なやり方だが、それでもよかった。映像中、皆さんに道中を案内していた地図の裏側には、このような(→)各土地面積ポイントまで、記載されていた。だが、函館を落としてしまった。この時点で僕の中の「引き分けブック」は、ガラガラと音をたてて崩れてしまった。

ちなみにキャラバン終了後、ジュッテイム「真」名人にそのことを伝えると、
「引き分けなんか狙ってない。むしろ100万点差位つけて、ぶっちぎりで勝つつもりだった」
と語っていた。
実際最終的には、それくらいの差がついたので、彼の目標は達成されたわけで…。

なんにしても、あれだけの(バカな)ことを最後までやり抜いたのは、今後何らかの形で自分にとってプラスになることでしょう。「もう1回やれ」って言われても、同じ行程は遠慮したいですしね。せっかくの友人達との旅行なのに、辛いことをやってもしょうがないでしょう。僕ら「バス芸人」でもなんでもないですから。

ちなみにジュッテイム「真」名人も、自身の日記の中で「キャラバンおわらえ」と称して、キャラバン裏話を日記に掲載してます。僕と違った視点からの「キャラバン評」が楽しめますので、お時間ある方はどうぞ。
ジュッテイム邸さん

さて、最後までお読み頂き、またムービーご覧頂いた皆さんは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。
あのキャラバンを見て、「スターソルジャーやりてぇ」とか思った方が1人でもいらっしゃれば、それだけでもやった価値はあったと思います。

ファミコンが好きで、ゲームが好きで、わいわい遊べる仲間がいて、本当に良かった。

2004スターソルジャーキャラバン
TWINZ掲示板

明日からは「通常営業」に戻ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2005

キャラバンの総評は明日

今朝のお目覚めアラームは、「超飛龍」でした。ドラムロールがイカス曲です。

こんにちは。きめんぐみです。珍しく日中の更新です。

キャラバン最終戦は、随分と多くの方にご覧頂いたようで、真にありがとうございます。一応、僕の把握してる範囲で届いた感想をまとめますと、

「面白かった」
「編集お疲れ様でした」
「オチがひどかった」

こんな感じです。

まだ見てない方が、お休みの週末土曜日に、酒かっくらいながら最終戦見る可能性がありますので、総評は明日にまとめさせていただきます。ので、今日は簡単に雑感。

キャラバンは、人によって面白い「ツボ」が微妙に異なるのが、話を聞いていて面白い点です。
身内で一番人気は、「ラジオ」です。やはり7年もの歴史を踏まえた上での今回の対決でしたので、迫力が違います。言い方を代えると「内輪ネタ」に近いですが、まあご容赦いただきたく。

また「田沢湖上が良い」と言う意見もありました。あのせまいビッグスワンが、大波で揺れる恐怖は、生涯忘れることはないでしょう。

って、両方ゲーム画面出てこね-じゃん!

ゲームに重きは置かれていないのか? いや、そんなはずは無いんですが…。
GBA-SPからビデオorRGB出力する方法がわかれば、即時改造しちゃいますけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2005

今日もキャラバンの話ですよ

さあさあ。今日もキャラバンのお話です。

さすがにここ読んでる皆さんは、飽きてきましたか? アクセス数も日毎に減ってますしね。でも、まだまだ引っ張りますよ。今週いっぱいくらいは引っ張りますよ。
突然、「ベガルタの守護神、高桑が怪我!」とか書かれても困るでしょうしね。今困ってるのは、僕でも読者の皆さんでもなく、ベガルタ関係者。

さて。

キャラバン最終戦の舞台は、宮城・松島。仙台市民はあまり足を運ばない、全国的に知られている観光名所です。
その一つ前のキャラバンは、秋田・田沢湖。湖の中では水深日本一、透明度でも北海道・摩周湖についで2位の、全国的に知られている観光名所です。

両者の距離、約250km。

この2つの場所を1日で回る、何て言うのは、どこの観光会社であろうとやりません。せいぜい旧・全日本プロレスの巡業くらいです(石巻~秋田) 距離的には、我々の旅行の部類では近いほうに入りますが、最終日にそんな無茶をするのは得策ではありません。

2日目の宿を秋田に設定しなければ済む話ですが、あんなおいしいキャラバン(ノーコンテスト)をやらないのも、勿体無いですし。
田沢湖からの移動中、当然全メンバーとも疑問です。
「うちら、何やってるんだ?」
恐らくみんな同じ思いだったでしょう。僕は問い掛けました。

「最終戦、松島じゃなくてもいいんじゃない?」

松島と言うところは、東北自動車道からは微妙に遠い。その割にインターを降りずに、東北道をそのまま車で15分も走れば、仙台市内に帰ってこれる。
田沢湖キャラバンの両名人のテンションは低い。前日朝4時まで飲んでたから当然だ。疲労もピーク。だが、そこでテイム名人は言いました。

「ここまでバカなことをやったんだから、最後まで貫きたい」

あんた漢だよ。
そうだな。迷った僕が悪かった。「鶴巣パーキング」なんかで最終戦を迎えていたら、あんな素敵な画にはならなかったろう。画像が暗いのは残念だが、夜の松島。国道45号線真横駐車場で、トラックがバンバン走り抜ける光景を横目に見つつの、スターソルジャー。あんな貴重な経験、心が折れていたら出来なかっただろう。

でも、出来なくてもよかった。いや、出来てよかった。そして将来、子供に語り継ぐのだ。
「パパは昔、ここでゲームの大会をやったんだよ」
「パパ~、ばっかじゃねーの?」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2005

2004スターソルジャーキャラバン最終戦配信

大変長らくお待たせしました!
昨年9月に行われた『2004スターソルジャーキャラバン』最終戦、宮城・松島決戦がいよいよ配信となりました。

本当に長々とお待たせいたしました。
キャラバンページの更新履歴見ますと、10/13に初回配信だったんですね。それからはや3ヶ月。「もういいや」って思った方も、中にはいらっしゃるかもしれませんが、いよいよ配信です。

今大会の結果は、キャラバンに参加した4名以外、親しい友人、親兄弟すらも結果は知りません。あなたが世界で5番目に、キャラバンの結果を知ることになるやも知れません。

日本三景・松島を舞台に、2人の名人が繰り広げるラストバトル。お楽しみください。

子供の頃、あの暑い夏を体感した全ての方へ。
第三世代ゲーム機で育った人たちには、「こんな時代があったのか」と。
スタソルもファミコンも興味なく、間違ってムービー開いちゃった人は、「こんなバカなことを大真面目にやってる人がいるのか」と。

様々な視点から、お楽しみください。

これはまさに、究極のシューティングゲームだぁ!…だぁ…だぁ…。

ムービーはコチラ → 2004スターソルジャーキャラバン
公式掲示板 → TWINZ掲示板


ご注意
リンク先自動変更の時間帯があります。その際はムービーが見られないことがありますので、時間を改めてご覧下さい。
ご意見、ご感想は、上記掲示板、ココへのコメント、表の掲示板ジュッテイム邸さんメール等々なんでもオッケーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2005

キャラバンVの疑問

はいどうも。
今日もキャラバンのお話です。もう、全部のネタを蔵出しするくらいの勢いです。

そんな訳でキャラバンムービーですが、見ていて疑問に思った人はいませんか?
「なんで、こいつらトークしてるんだろう」
って。

「キャラバン」だって言うんだから、ゲーム画面流してればいいじゃない。
なんで変なスキットが入って、車内の風景撮って、挙句サイコロまで振ってるんでしょう? あくまで「旅行」なので、基本ガイドラインは行っている我々が楽しくなきゃいけない。でもVTR編集して、もしムービーをネットで配信するんなら、あとから見て我々が、そして我々をまったく知らない人も楽しめるように、と言う思いがあります。一応。

なので南・北海道~東北地方の地図まで作って、ご丁寧に説明しました。その地図はほとんど使わなかった挙句、それ作ってる時間はスタソル練習できない、と言うまさに「本末転倒」な状況になりました。けど、やってしまいました。

地図やサイコロフリップ作ってる途中で、ちょこっと思うんですよ。
「何やってんだ?」
って、やっぱり。でもやりぬきましたね。スタソルの練習時間削って。だから函館で、あんなことになったんだと思いますけど。

で編集してて面白かったのが、最初はやっぱり一個人の「僕とジュッテイムさん」なんですよ。でもなんか途中から、キャラバンの中の「きめんぐみ名人とジュッテイム名人」になっていくんですね、この人たち。なんか、自分で見てて自分っぽくないんですよ。「んなことないよ。お前だよ」って思われる人もいるかもしれませんけど、僕は見ててそう思いました。

ちなみにゲーム前の毎回のトークですけど、基本的に前編「アドリブ」です。何を言うのか決めてたのは、前沢SAのときくらい。それも、僕は言うことある程度考えますけど、テイムさんは僕が何を言って、何を振られるのか知りませんから。青森トークの「こんにちわ~!」の挨拶も、打ち合わせなしで見事にシンクロしました。
だいたい、反応が大変薄かった「秋田ホテルキャラバン」なんて、打ち合わせのしようが無いですからね。

なので、「キャラバンはガチ」と言うことで一つ。

ちなみに、サイコロフリップは「水曜どうでしょうCD-ROMvol.2」から出力しました。
頭の「サイコロ1」とかは削ってますけど、フリップ脇に小さく「水曜どうでしょう(C)北海道テレビ放送株式会社」としっかり書いてあります。函館駅前のときに一瞬見えますけど、画質粗いので読めないかも。
そんな微妙な裏話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2005

なんでキャラバンやることになったんだっけ?

昨晩は、キャラバン編集完了で祝杯をあげていました。
酔っ払った勢いで、スクールランブルDVD1巻をamazonに注文してしまいました。お酒は飲まれちゃダメ!
さて。


キャラバンの編集を終えて、しばらく考え込んでいた。

「なんで、キャラバンやることになったんだっけ?」

僕が「やろう」と切り出したのは覚えている。だが、その後どのように打ち合わせが進んでいったのかを覚えていない。8/19~22の日記を読んでみたが、アングルの嵐で詳細は謎のままだった。

覚えているのは「映画のOPと画面構成を忠実に再現する」と言うことなのだが、なんかその段階で方向性が微妙に間違ったほうへ行っていたような気がしなくもない。

ただ、「ゲームプレイ中の自分の顔のアップ」というのが、あんなに面白いものとは思わなかった。あれは元々、映画の中で毛利名人がラザロを逃がして、ビックリしてる顔がゲーム画面にフェードインするシーンがあり、それを再現しようと試みたのだが、初回の「岩手キャラバン」でかなり近いシーンが撮影できた。

しかも、そのシーンの「意味」を分かってくれた方がいらっしゃったのは、本当にうれしかった。あんなミクロなネタなのに。

ところでキャラバンの総VTR時間は、1時間10分を超えました。長すぎです。こんなに長いものを一気に見るのはしんどいです。小分けに見るのが健康のためです。

撮影したテープは、60分のDVテープ5本分なので、大体5分の1に凝縮されていることになります。特に、顔のアップなんて、毎回2秒弱カットインされるだけで、全然使用されていません。勿体無いです。この辺りは課題です。

また、OPで使用されながら、本編でカットしたシーンもありますので、マニアな方(いるのか?)はどのカットが使われていないのか、探してみるのも一興です。

そのカットが日の目を見る日は、あるんでしょうかねぇ? あるといいですねぇ。

2004スターソルジャーキャラバン
TWINZ掲示板

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 23, 2005

スターソルジャーキャラバン編集完了

おりゃあぁぁぁーーーーーーっ!

と、言うわけで宣言どおり!
『2004スターソルジャーキャラバン』最終戦、宮城・松島決戦の編集が完了しました~。パチパチパチ~。

いやー、長かった。とにかく長かった。
キャラバンを行ったのが9月。最初のムービーアップは10月ですから、丸々3ヶ月も編集に時間がかかったと言うことになります。きつかった。本当きつかった。

逆の意味では、視聴者の皆さまを3ヶ月お待たせしたことにもなるんですけどね。まあ「あぁ!女神さまっ」のLDも、4巻から5巻まで「5ヶ月」も発売に間が開きましたので、それに比べればマシと言う事でご了承ください。
その分、今大会は見所が多いです。そして長いです。ご覧になる方は、今まで以上の気合が必要になります。

ムービー焼いたCD-Rは、先ほどジュッテイム名人に手渡されましたので、あとはデータのアップまでしばしお待ちください。容量多いので、アップするのも大変ですので。年末のTWINZ-3で、サーバー容量も限界超えちゃいましたので、アップにもいろいろ手間がかかるのですよ。

ムービーアップが出来次第、またお知らせいたしますので、よろしくお願いします。
そんな訳で今日からしばしの間、キャラバンの裏話でも、つらつらと書いていきます。

一昨日に日記に書いた「SE」は無事見つかりまして、今回の最終戦に使わせてもらってます。SE見つけたのはいいんですが、そっから「対決列島」全部見ちゃいまして。懲りないですね、全く。

しかも週末、突然「スクールランブル」の単行本をまとめ買いしまして。本当今更なんですけどね。で、読みふけっちゃいました。今まで読んでなかったの後悔しました。ごめんなさい。

それでも!
キャラバン編集が終わったから、どうでもいいのさぁ~。今日からパライソな日々が待っています。ルルルラ~。
って、裏話になってないじゃん!

2004スターソルジャーキャラバン
TWINZ掲示板

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2005

ゲームの本質は想像力

先日ヤザン・ゲーブルさんの話を書いていた際、資料としてZガンダムを見ていたところ、間違って最終話まで見てしまいました。そこで、パプティマス様がおっしゃる
「世界を動かしてきたのは、一握りの天才だ」
と言うセリフが好きです。

今日はちょっくら、突発的な新年会でした。酔っ払ってクダ巻き始めた野郎2人の話は、気付けば昔のゲームの話になっていました。その中で面白かったのは、操作系「コントロールパネル」のお話。コンパネと略しますが、ジョイスティックでも可です。1L6Bとか言うと、チョット業界人気取りです(1レバー6ボタンの意味)

元々は餓狼伝説スペシャルの話に始まり、「あんな超必殺技のコマンド入れらんねー」となり、「みんな当時は必死で練習したんだよ」となりました。
今その必死さってのを僕は失っているわけですが、なんでそんなに必死になったのかと言えば、そのゲームが面白くて好きだったから。それにつきます。

で、コンパネ。
これまでにいろいろなコンパネのゲームがありましたが、やはり本質的なゲームの内容が面白ければ、多少操作が特別だったり、難しいゲームでも広く受け入れられ、広がりを見せると思います。
その言い例がストII(1L6B)だったり、バーチャファイター(1L3Bのガード親指押し)だったり、ビートマニア(ボタン+スクラッチ)だと思います。

そのかなりギリギリのラインにいたのが、ポップンミュージック。でかい9ボタンは発売当初難しく、とても操作できる代物ではありませんでした。実際インカム(売上)も悪かったと聞きます。それでもゲームが面白かったからこそ、ギリギリのラインでふんばり、今では(多少変な方向も含めて)ゲームセンターの人気機種です。

だからこそ、僕はその新たな操作性と斬新なゲーム内容と言う意味で、数年前に出た「武力(BURIKI)」と言うゲームに注目していた、と言ったら新年会参加者に愕然とされました。

buriki2左手側に左右移動ボタン、右手側に攻撃用のレバー(画像→)と、かなり斬新なゲームシステムで、これが受け入れられれば、「新たなゲームの世界が広がる」と僕は密かに期待していました。

しかし、悲しいかな。「武力(BURIKI)」はつまらなかった。大変つまらなかった。何回も繰り返し遊ぶ気には、させてくれなかった。あれが面白ければ、ゲームの歴史も変わったであろうに。

ゲームの世界を動かす一握りの天才は、今どこにいるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2005

ゲーメストアイランドに今更学ぶ

このHPでは散々既出な「ゲーメスト」と言う、過去にあったアーケードゲーム雑誌。散々取り上げてるので今更説明しませんが、その雑誌の中で「ゲーメストアイランド」と言う、読者投稿のページがありました。

あれは挌闘ゲームの流行っていた当時でしょうか。「投稿マンガ」や「突っ込み三昧」以外の文章コーナーはあまり読んでいなかった僕が、その記事を読んだのは。投稿人はあまりゲームがうまい人ではないらしく、確かこんな内容のことを書いていました。

「新作の挌闘ゲームを、すぐに対戦台に入れるのは止めてもらえませんか? 練習したくても、乱入されてすぐに負けてしまいます」

僕は当時それを読んで、

「甘ったれたことを言うな! みんなそれで強くなったんじゃい!」

と切り捨てました。
当時は挌闘ゲームバブル全盛期で、ストIIはおろか、餓狼伝説、竜虎の拳、ワーヒー、ファイヤースープレックス、ファイターズヒストリーと、新しく作ればなんでもお金の入る時代。そんな時代に、対戦台で毎日ボコボコに叩きのめされながらも、何とか1つ2つ勝てるようになる喜び。そうやってみんな頑張って練習したからこそ、今の我々がある。やる前から、甘えるなと。

で。
10年以上経って、今上記の投稿者の気持ちがよーく分かるようになりました。なぜなら、「僕すんげー、ガンダムがヘタ」だからです。

先日ようやく「機動戦士ガンダムvsZガンダム」で、ZZガンダムを出せました。そこに至る道のりの、なんと長かったことか。プレイ時間以上に自分が今「ゲームがヘタ」であることを、恐ろしく実感しました。

元々攻略本の類を読んだことがないこのゲーム。アーケードの「連邦vsジオン」や「エゥーゴvsティターンズ」で、ちょこっと遊んでたら乱入されて、ボコボコにやられて暗い気分で台を立つ。そんな程度しか遊んだことないですから、家庭用で遊んでも、なかなかうまくはなれません。

star

考えてみれば、ゲームセンターに置いてあるのは「インストラクションカード」と言う、簡単なゲーム説明を書いたカードで操作方法を覚えるわけで、それだけ読んでゲームの操作や知識を得られるものではありません。
たまたま手元にあった「スターフォース」のインストカード(→)を見てみますと、これだけ読んで、ラリオスやジムダステギボーナスを知ることなど出来ません。うまくなるには、それなりの知識と時間をかけなければ。

そんな訳で、長いことアクションゲームをサボった漬けか、ZZガンダムなんか使いこなせません。戦艦を一撃で(原作では)破壊する「ハイメガキャノン」をガザCに連発して、ゲラゲラ笑う毎日です。

やっぱうまい人たちから見れば、こんなプレイは「甘えるな!」って話になるでしょう。どんな道でも、うまくなるにはそれなりの対価が必要。つーか、元々ゲームうまいほうじゃないんだよなぁ。加えて言えば、そのキャラクター性能を100%引き出す、と言う行為が大の苦手です。
ローレンス、ペン太郎、ザンギエフ等々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2005

年が明けても『キャラバン』をよろしく!

今日は噂の「東北楽天ユニフォーム」の話でもするつもりだったんですが、他所様とネタかぶるでしょうし後回し。

で。

『TWINZ』が終わり、もう一つの『TWINZ』が、久しぶりに配信です。
『TWINZ-S』こと『2004スターソルジャーキャラバン』の新作、「秋田・田沢湖決戦 I&II」が本日より配信です。

「プロレスゲームばっかりやって、キャラバン忘れてるんじゃない?」と思われていた方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。ただスケジュールに、圧殺されていただけです。うちのパソコンの処理速度がもうちょい速ければ、編集もさくさく進むんでしょうが。

「なんでキャラバンニュースじゃないの?」と言う意見もあるかもしれません。一応ジャストミートアナ海外出張中の、「こんばんは キャラバンニュースの時間です」がネタとして余ってますが、元ネタの素材無いですし、何より日記書いてる本人がうろ覚え。そんな訳で、キャラバンニュースは前回で終了しました。ご声援、ありがとうございました。

さて。
今回のキャラバン7th&8th対決ですが、特に見なくても良いです。

本人が言うな!と突っ込まれそうですが、いやあなんて言いますか。特にスーパーテクニックが出るでもなく、画的に盛り上がるでもなく、かなり微妙な戦いが繰り広げられます。これまでも微妙な戦いが繰り広げられておりましたが、微妙度合は群を抜いています。

編集してても「盛り上がらないなぁ」と思いながら、何とか無理やり抜粋してみました。たとえるならば、「水曜どうでしょう」の「桜前線捕獲大作戦」とか「香港観光旅行」とか、そういうマイナー企画が好きな人には、案外お勧めかもしれません。

唯一の救いは、8th対決「田沢湖II」での、「そこまでやるか?」と言う臨場感たっぷりの情景。ちょっとした旅情気分を味わえるかもしれません。

そんな訳で、興味のある方は下記リンクから、キャラバンページへとアクセスしてください。

キャラバンページ
TWINZ掲示板

長かったキャラバン隊の旅も、次回松島決戦が最終戦となります。
真の名人の称号を得るのは、ジュッテイム名人、きめんぐみ名人、果たしてどちらか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2004

~TWINZ-3 双子祭り~対戦カード発表

お待たせしました。
昨年に引き続き、大晦日に開催される『TWINZ-3』の、全対戦カードが決定致しました。
事前に行われた『TWINZハウス』が、今回の大晦日カードのカード発表に絡んでいるので、お時間のある方はそちらをご覧になられてから、以下の発表をお読みください。

TWINZ-3特設ページ
(サーバーに繋がらないときは、ご連絡下さい)

~TWINZ-3 双子祭り~
開催:12/31(金)
時刻:20:00~(映像はニアライブ中継にて、終了次第配信)


第1試合/時間無制限1本勝負
我武者羅 vs コミッカー・BB・ピカロ

蛾珍子が、きまらモンスター軍の卑劣な手によって、さらわれたのもつかの間、今度はピカロが、きめん田総統によって、その意識を洗脳されかけていた。
このままでは、ピカロは本当にきまらモンスター軍の一員になってしまう!
そんなことはさせじと立ち上がったのが、TWINZ軍の切り込み隊長峨武者羅だった。
「僕が、ピカロさんを助け出します」
果たして、「ウイアー、モンスター」を連呼するピカロを倒し、我武者羅ピカロをきまら軍の洗脳から、救うことが出来るのか?


第2試合/60分1本勝負
タッグマッチ
ラリ@殺法        vs  フランソワー・ズモレシャン
キングコミク・バンディ     無我殺法

『TWINZ』を猛烈に批判し、クソぶっかけて出て行った男、ラリ@殺法と、TWINZ-2の後、突如「武闘派宣言」を行い、黒に転身してしまったキングコミク・バンディが、最強の黒いタッグチームを結成!
これに対するは、「TWINZの天下を取り損ねた男」とラリ@にリング上で非難された、TWINZの若きエース、フランソワー・ズモレシャンと、「ラリ@が世界60億人類の中で、最も嫌い」と断言する男、無我殺法だ。
(ズモレとラリ@の因縁はこちら)
「TWINZを守ってきたのは俺たちだ」と、主張するズモレ、「ラリ@は絶対に許さない」と、怒りに体を振るわせる、無我殺法
究極のイデオロギー対決がここに実現する。


第3試合/時間無制限1本勝負
デビュー10周年記念特別試合
X vs X

大物レスラー2人の、デビュー10周年記念試合。両者とも、本番に向けて調整に余念のない様子。
出場選手に関して、極秘のルートで仕入れた情報によると、両者の年齢差は1歳差。片方は多彩な技を難なくこなす、エース級の実力者。片方は得意の腕を振るい、どんな強敵にも正面から真っ向勝負を挑む、元気あふれる実力者。


第3試合終了後、休憩を挟んでここから、きまらモンスター軍とTWINZ連合軍の、全面対抗戦スタート。
メインイベントの「バイソンきまら新1号」の試合は、TWINZ認定U-15h選手権試合として開催される。

きまらモンスター軍 VS TWINZ連合軍 全面対抗戦3本勝負

第4試合/時間無制限1本勝負
蛾珍子 vs トミー・ボンバー

近所の子供たちとボランティア活動中に、きまらモンスター軍にさらわれてしまった蛾珍子
(その時の詳細はこちら)
きめん田総統の洗脳を受けた彼は、いまや完全にきまらモンスター軍の一員となってしまった。
そこで立ち上がったのが、『ツインズT』ことトミー・ボンバー。きまら軍の卑劣なやり口に怒りを覚えた彼が、とうとう戦いの最前線に復帰する。

第5試合 セミファイナル/時間無制限1本勝負
X(新きまら) vs まいどオーキニ

惜しくもTWINZハウスでは決勝で敗れてしまったオーキニ。本来ならば、「関西プロレス年越し興行」に出場のため、関西に戻るはずだったが、「TWINZに恩返しがしたい」と、急遽この大晦日決戦に参戦が決定。しかも、自ら志願して、きまら軍との対抗戦に出場。オーキニの真っ直ぐな心が、きまら軍に一泡吹かせるか?
しかし、相手はきまら軍の新メンバー「新きまら」である。
未だ正式名称、プロフィールの一切が不明。ただし、きまら新1号自らが、中国の奥地で発掘してきたと言う逸材、と言う情報のみが、マスコミの間で駆け巡っている。
この謎の相手に、オーキニはどう戦うのか?

第6試合 メインイベント/時間無制限1本勝負
~TWINZ認定~U-15h選手権試合
バイソンきまら新1号 vs ディープ・スナイパー

TWINZ-2での劇的な勝利以降、その実力、人気ともピークに達しようとしている、バイソンきまら新1号
対するは、華麗なテクニックと、さらに磨きがかかったスープレックスで、TWINZハウストーナメントを見事に制した、ディープスナイパーだ。
試合前の調印式では、「きまらエキス」をちらつかせ、きまらモンスター軍入りを迫るきまら新1号に、ディープが激怒! ついに大乱闘に発展してしまった経緯もある。
果たして両名は、どのような戦いをこの大晦日に繰り広げるのであろうか?

以上 ~TWINZ-3 双子祭り~ にご期待ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2004

今年のゲームを思い出す

ヨドバシカメラに「To Heart2」を買いに行ったら、売り切れでした。恐るべし、ギャルゲー人口。
そんな訳で、僕が今年やり込んだゲームを、独自の視点で振り返ります。

やりこみ度No.1
スターソルジャー
(ファミリーコンンピュータ/ハドソン)

sol

また今年もOLDゲームが受賞してしまいました。と言うか春先に「連射が早くなりたい」と、訳の分からない理由で始めたスターソルジャーが、まさかキャラバン開催までに発展するとは、誰が予想しえたでありましょうか? 結局今年の5ヶ月くらいは、このゲームをやる羽目になりました。
ちなみにGBA-SP版スタソルは、今でも遊びます。9月のキャラバン当時よりも、うまくなりましたよ。信じてください。

長時間プレイNo.1
Fate/stay night
(PC/TYPE-MOON)

fate

いわゆるノベル(小説)ゲーム。同人ゲーム「月姫」を出したチームの、初商業作品です。問題なのはそのプレイ時間。1プレイに20時間と言う、とんでもない長さのテキスト量。ノベルゲームなので、20時間文章を読まされるわけです。しかもヒロインが3人いるので、オールクリアには60時間かかります。面白かったんですが、正直苦痛でした。しかも当時のプレイデータ保存した、外付けHDDがお亡くなりになったので、再開しようにも1からになるため、再開できません。
続編が今度出るらしいですが、買う予定はありません。

頑張ったNo.1
レッキングクルー(GBA-SP/任天堂)

images

全100面ノーヒント&ノーマルハンマーでのクリア。100面をクリアした瞬間、僕の人生ではここ数年やっていないガッツポーズが飛び出しました。もう1回やれ!と言ってもチョット腰が引けます。そのくらいの難易度でした。1度書きましたが、その後雑誌ドリマガ内で、僕がはまっていた面と同じ面で、漫画家の竹本泉さんがはまっていたのが、うれしかったです。

後悔No.1
サクラ大戦物語~ミステリアス巴里~(PS2/SEGA、RED)

am040318sakura

つまらなかった。とにかくつまらなかった。ノベルでもなければ、謎解きの難易度も低い、どうにもどっちつかずなゲーム。セガサターン時代に「サクラ大戦 蒸気ラジオショウ」でも、ゲームを買ったその日に売りにいくという、痛い目にあってるのですが、また今回もやってしまいました。友人の「いいかげん学習したら?」という言葉が、胸に突き刺さります。
ちなみに、このゲームのストーリーはまったく覚えていませんが、中川いさみさんがこのゲームを題材に描いたマンガの内容は、今でも鮮明に覚えています。

無念No.1
メルティブラッド Re・ACT
(PC/渡辺製作所)

mbr2

月姫キャラを使った、パソコンの挌闘ゲーム。発売日にコソコソとメロンブックスに行ったら、50人くらい並んでいて度肝を抜かれました。何が無念だったかというと、うちのパソコンのスペックでは、動かなかったこと。今も悲しげに、部屋の片隅にたたずんでいます。

総評。
今年はGBA-SPでファミコンミニが出た関係で、昔のゲームを掘り起こす傾向が、さらに強まった感じがします。個人的に、スキルアップしようと思い購入した「キーボードマニア」が、志半ばで中断中なので、来年もう一度チャレンジしたいと思います。

また、新型携帯ゲーム機が出たにも関わらず、どちらも買っていないために、新規ゲームジャンル開拓を行えなかったのが悔やまれます。取り合えず初売りで、ニンテンドーDSかPSPか、どちらか購入しようとは思います。
入荷していれば、ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2004

TWINZハウス/U-15h選手権:きまら対戦相手決定!

大晦日に『格闘技興行戦争』ならば、クリスマスは『プロレス興行戦争』になるのでしょうか。
プロレス、格闘技ファンは、そんなに年末ヒマではないと思いますが、なんかそんな流れになっています。

12/23(祝)は、新日本、ハッスルハウス、みちのく、大阪、女子プロ3団体の興行。
12/24は、イブだっつーのに、ノアとハッスルハウスの興行。
12/25は、ドラゴンゲート、DDT、大阪にその他の団体。

この3日間だけでもこれだけの興行があるんですから、プロレスファンは大変です。

そんな興行戦争に負けじと、仙台にて開催されたゲームの興行。
ドリームキャストのゲームソフト、「全日本プロレス3 ジャイアントグラム2000」を使用して行われる、各人の育てたエディットレスラーが集結し、観戦モードにて闘う祭典。『TWINZ』が今年の年末も開催される運びとなりました。

12/11~13に、3回にわたり、今TWINZの煽り用アングルを掲載。
元ネタが「新日本プロレス」、「ハッスル」、「プロレススターウォーズ」と千差万別なため、ゲームファンどころか、プロレスファンまで置き去りにする暴走っぷりで、またもやアクセス数激減。
そんな逆境にも負けず、大晦日に向けて出場選手を選抜するため、12/25に『TWINZハウス』が開催されました。

今回はなんと、試合終了直後にweb上に即試合ムービーをアップするという、「ニアライブ中継」を実現。ファンの皆さんの期待に答えるべく、スタッフ一同頑張りましたが、当日のアクセス数は10弱と、さっぱり低迷致しました。しかし、こういう企画を真剣に考え、実施することに意味があると思います。

さて、今回の『TWINZハウス』からは、課題だった音響面もパワーアップ! なんと各選手の入場テーマ曲を、MP3にて提供すると言う、徹底したこだわりっぷり。「そこまでやらなくても」と言う、内容になっています。その入場テーマの選曲に問題があるのではないか? と一部で疑問が上がりましたが、まあその辺りはこだわりと言うか、遊び心と言いますか。

ただ今、
TWINZの若きエース  フランソワー・ズモレシャン
炎の飛龍  ドラゴン殺法
高貴なる狙撃手  ディープスナイパー
関西プロレスのエース  まいどオーキニ

の4人が、熱い戦いを繰り広げております。

試合観戦は、コチラからどうぞ。
TWINZ-3ムービー配信
TWINZ雑談掲示板

トーナメントを制し、大晦日にチャンピオン「バイソンきまら新1号」と戦うのは、一体誰か?
そんな感じで、今年も年の瀬を迎えることとなります。楽しくあれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2004

お知らせ:キャラバン配信復活です

今日は呑んでるので、お知らせのみ。

ジュッテイム名人のとこのサーバーが、このところ都合により落ちていましたが、「2004スターソルジャーキャラバン」の配信が、先ほどから復活してる模様です。
話題独占の「秋田キャラバン」をまだ見ていない方は、この機会にぜひ。

キャラバン3日目の編集遅れてます。ガンダム買わずに頑張ってるのにな。12/28に、2と一緒に買うか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2004

森口のクイズでヒューヒューは白歴史?

僕の中の「クイズゲームの原体験」となると、タイトーの「アメリカ横断ウルトラクイズ」(パンフよくあるなぁタイトーさん…)か、「頭の体操」ですが、さすがに古すぎます。80年代前半ですから。

どちらかと言うと、90年代の「カプコンワールド」か「ゆうゆのクイズでGO!GO!」(やっぱりパンフ取ってたタイトーさん…)がメジャーです。とくに「ゆうゆの~」は、高校時代遊びまくりました。だって、出る問題ほぼ毎回一緒で、簡単だったんだもん。

そんな訳で、「クイズマジックアカデミー2」です。

クイズゲームの弱点だった「問題が覚えられる、問題が古くなる」と言う欠点を、「クイズ問題を毎月オンライン配信」と言う、現代の業で解決してしまったこのクイズゲーム。オンラインで全国のゲームセンターと繋がっているので、プレイヤーは全国の対戦相手と対戦し、カードにそれを記録しながら、階級をアップさせていきます。

オフィシャルページ見に行くと、なぜかアニメ調なキャラクターばかりが闊歩されててアレですが、中身は本格的なクイズゲームです。

僕はよく、「変なことに詳しい」とか「雑学に詳しい」とか周りの人に言われますが、それも高校時代に変にクイズにはまっていた経験があるので、それが活かされているだけのこと。
だてに「高校生クイズ(福留&福沢時代)」と「1億2000万人のクイズ大会」と「パネルクイズ アタック25高校生大会」の予選に出て、全て予選落ちしている訳ではありません。

ちなみに、マジックアカデミーの予選は、16人→12人→8人と、どんどん点数の悪いものから、4人単位で落とされていきます。で、決勝戦まで進むと自分の得意ジャンルを選択して、相手と勝負することが出来ます。僕の得意ジャンルと言えば、「プロレス」「ゲーム」「ベガルタ仙台」「水曜どうでしょう」ですが、そんなジャンルはないので、毎回「スポーツ」で勝負を挑みます。

このスポーツ問題で、プロレスのジャンルが出たら、ほぼ僕の勝ち。競馬問題やNFL、F-1とかが出ると、高い確率で負けます。
で、問題見てますと、

「アントニオ猪木の生まれた国はブラジルである?」 (2択)
「2000年に、全日本プロレスを離脱しノアを旗揚げしたのは誰?」(4択)

とか、プロレスファンには常識問題しか出ませんが、これがプロレス知らない人にとっては、厳しいようで。決勝戦の相手がプロレス問題を外すたびに、画面の前でほくそえむのですが、ふと今日思いました。

「こんなに皆が答えを外しまくるプロレスって、もしかしてマイナー?」

そう思ったら、チョット悲しくなった。
東京ドームに6万人とか集まるんですよ? 大阪ドームに2万8千人(2万は招待券の噂)とか集まるんですよ?と、いいたくなった。

でもK-1の問題は苦手なので、チャラかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2004

TWINZ-3大晦日開催/アングルIII

第三部 ~革命戦士と天下を取り損ねた男~

きまらモンスター軍襲来から、遡ること1時間と40分。
巡業最後の試合の休憩時間明けに、その男はやってきた。TWINZ-1開催後、TWINZにクソぶっかけて出て行った男が、疾風怒濤のごとく、リングに乱入してきたのだ。

その男「ラリアット殺法」は、マイクを掴むと、おもむろに場内に向けてメッセージを発信した。

2

「テメーらのこの状況が今、何を物語ってるか分かるか? 俺はこのTWINZのリングの、ど真ん中に立ってんだぞ、今。このベールをぶち破ったのは、お前なんだ、オラ。」

場内はラリアット殺法に向けて、大ブーイングを放つ。これこそがTWINZファンの総意だとばかりに。そこへ、怒りの表情でリングへ向かう男がいた。TWINZの若きエース、「フランソワー・ズモレシャン」である。

3

リング上で対峙する、ラリアットとズモレ。しばしの睨みあいの後、ラリアットが口を開いた。

「ズモレ、よーくお前だけ上がってきたな。TWINZの天下を取り損ねた男が、よーく上がってきた。ひとつだけ聞いとけよ。中にいる人間が信頼されなくて、外に出て行った人間がこのど真ん中に立ったってことは分かるか!? 分かるか? U-15hトーナメントに出なかった俺が罪を背負うのか、きまらに負けたお前が罪を背負うのか?

ズモレはラリアットに向かって一歩踏み出す。一歩下がるラリアット。しかし、そのマイクは止まらない。

「最後にひとつだけ言ってやろうか? もし見たくもねぇ、聞きたくもねぇ、次にこのど真ん中に立つときは、俺の「パワーホール」全開で、このど真ん中に立ってるからな。分かったか!?」

場内には大「ラリアット」コールが巻き起こる。しかし、そのマイクアピールに怒ったズモレが、ラリアットに突進する。二人はリング中央で、激しいビンタの応酬を繰り広げる。

5

すぐさまセコンドに分けられる二人。ラリアットは、最後とばかりにズモレに言い放った。

「ズモレ、さすがにお前はTWINZの天下を取り損ねた男だ。ズモレ!」

その言葉に、ズモレの表情がさらに険しいものに代わる。しかしラリアットは、そんなズモレを置いてリングを降り、すばやく立ち去っていった。

「何がラリアット殺法だ。勝手に出なくて、勝手に戻ってきて。都合のいいこと言ってんじゃねえ、コラ! TWINZは俺たちのリングなんだ」

ズモレの怒りは収まりようがなかった。
そんな中、TWINZ勢で唯一違う反応を見せた男がいた。『黒星のカリスマ』こと「キングコミク・バンディ」である。コミクは、

「ラリアットは商品価値がある。場合によっては、俺が横に立つこともある。俺の黒と、ラリアットの黒。どちらの黒がマットを黒く染めるのか…」

と、暗にタッグ結成をほのめかした。


そして、この日の一連の流れにより、TWINZ-3の概要が決定した。

12/31「TWINZ-3」において、『きまらモンスター軍 VS TWINZ連合軍』の、3対3全面軍団対抗戦が決定。この対抗戦の最後に行われる『U-15h選手権』にて、「バイソンきまら新1号」とTWINZ軍の代表が試合を行う。
その代表者選抜試合として、12/25「TWINZハウス」にて、代表者選抜トーナメント試合が行われ、そのトーナメント優勝者が、きまらに挑戦する。

また、ラリアット殺法とキングコミク・バンディがタッグを結成し、TWINZ軍と激突することも、合わせて発表された。対戦相手は、後日発表となる。

さらに、ある選手の「デビュー10周年記念試合」が、大会に花を添えることとなった。恐らく殺伐とした大会になるであろうTWINZ-3に、一服の清涼剤となるであろうと期待される。

また本日、大会事務局から入った情報では、TWINZ-3は大晦日当日、会場と時間差で配信される「ニアライブ中継」を検討中であるとのこと。大晦日は、紅白と格闘技だけじゃない。TWINZ-3で、プロレスファンは熱く燃え上がれ!

ニアライブ詳細は、決まり次第追ってご連絡致します。

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2004

TWINZ-3大晦日開催/アングルII

第二部 ~きまらモンスター軍、襲来!~

TWINZのメインイベンターとして、全国巡業を終えたきまら。
その日は巡業最終日、太白ホールでの試合だった。しかし、その日の興行は普段と違い、何かリングに集中できない、違和感のある空気が漂っていた。途中ある選手の乱入があり、混乱した状況のまま試合はメインまで進む。メインは、きまらがきっちりと試合を締めた。

その直後。きまらは、何かを探すようにリング上を徘徊しながら、場内を見渡す。なにか、大事な人物を探しているようにも見える。そんな状況の中、突然館内には「威風堂々」が鳴り響いた。
その直後、バルコニーに向かって跪くきまら。

kimara

そして次の瞬間、太白ドームのバルコニーに現れたのは、「きまらモンスター軍総統」として、ジャイアントグラム界を制圧せんと企む、「きめん田総統」の姿だった。

kimenta

きめん田総統は、ビビってたじろぎ、声も出ない観客に向かって、自信満々にこう言い放った。

「愚かなるTWINZファンの諸君。私がきまらモンスター軍総統、きめん田だ。我々きまらモンスター軍は、ジャイアントグラム界を根こそぎ破壊する。無論、このTWINZのリングも治外法権ではない」

声高らかにTWINZ侵攻を宣言した、きめん田総統。場内には大ブーイングが響き渡る。しかし、そのブーイングを大歓声に変えながら、リングに踊りこんで来た選手がいた。TWINZのリングをもっとも愛する「トミー・ボンバー」であった。

トミーはマイクを取ると、きめん田総統に向かって叫んだ。

tmy

「おい、きめん田。いや、総統。お前はそうやってジャイアントグラムをバカにしてるけど、お前も少しはジャイアントグラムをかじったんじゃないのか? だったらもう少し、ジャイアントグラムを大切にしろよ」

場内は拍手喝采。トミーコールも巻き起こる。
しかし、きめん田総統は答えた。

「引き篭もりのトミー君。相変わらず、甘い考えを持っているようだな。我がきまらモンスター軍を、その辺の出来の悪いヒール軍団といっしょにしてもらっては困る。すでにTWINZ選手の引き抜きは、完了している。まあ、引き篭もりながら、誰が引き抜かれるのか、楽しみに待っているがよい。ペターン!!


翌日。
ところ代わって、とある公園。

TWINZ-2で初戦敗退ながら、ファンのハートをガッチリと掴んだ「蛾珍子」が、公園で子供達と一緒にボランティア活動をしていると知ったクラッチ昭和は、その様子を一目見ようと、公園に足を運んだ。
しかし、公園には蛾珍子の姿はなかった。だが、日々彼がボランティア活動をしていたと思われる周辺には、何者かが争った形跡が残されていた。

「一体ここで何が…」

そう思いながらも、蛾珍子を探すクラッチ昭和の前に、驚くべきものが飛び込んでいた。それは、


SANY0144

きまらモンスター軍の旗だった!
なんと、蛾珍子はきまら軍の手によって、さらわれていたのだった!!

「うわぁ、やられた! 蛾珍子取られちゃったよ! き、きまら軍。うわぁ、蛾珍子さらわれちゃったよ!」

きめん田総統の宣言どおり、TWINZ選手の引き抜きは、「蛾珍子強奪」と言う形で実行されていた。
公園には、昭和の声が空しく響くのであった。

第三部へ続く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2004

TWINZ-3大晦日開催/アングルスタート

第一部 ~復活!炎の飛龍!!~

TWINZ-2 ワールドトーナメント」において、8人参加によるトーナメントの激戦を制し、見事優勝したのは、
バイソンきまら新1号」であった。

2.bmp

きまらは、反則やりたい放題、暴れたい放題の「ヒール(悪役)レスラー」だったが、その卓越したセンスと、玄人も唸らせる抜群のレスリングテクニックを持っており、プロモーター、レスラーからも一目置かれる存在であった。
結果、TWINZ-2後の巡業での「ハウスショー」は、いずれの会場でも、きまらがメインイベンターとして試合を行い、興行を成功に導いていた。

そんな状況を嘆く、1人のレスラーがいた。セガサターン時代から活躍する古参のレスラー「ドラゴン殺法」であった。ドラゴンは、反則のまかり通るきまらのスタイルに憤慨し、我が物顔でTWINZのリングを暴れまわるきまらの姿を見て、
「あれはTWINZのリングじゃない」
と一人呟くのだった。

そんなある日、ドラゴンは「きまら主催興行」において、異様な光景を見た。マネージャーの「ドクハント」率いるきまらが試合をしている最中、観客の誰もがきまらを「守護神」として崇拝し、奉っている姿だった。

「サー・ハント! サー・ハント! 今夜も私たちの魂をメチャメチャにしてください」

観客の熱狂度はもはやMAXだ。

「なにっ! きまらが”守護神”で、それを創った”ドクハント”が神だというのか!!」

ドラゴンは愕然とし、そして続けた。

「20年以上の歴史を持つプロレスゲーム史上において、ベビー、ヒールの域なく支持された最初のレスラー、それがブルーザー・ブロディだといわれている。だが、その”ブロディ革命”ですら、10年以上の歳月を費やしたのだ。
しかし、やつの”きまら革命”は、わずか1年足らずでそれを成し遂げてしまった。やつは、プロレスゲームの歴史も塗り替えてしまったのか?」

そして、ドラゴン殺法は、一戦を退いていた、TWINZのリングに復帰することを決断。
自らきまらを倒すべく、トレーニングを再開した。

drgn


第二部へつづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2004

キャラバンニュース+1

キャ、キャ、キャラバンニュ~ス。プラスワン!

こんばんは。キャラバンニュース、プラスワンッ、の時間です。

fuku3.bmp
きめん沢代理ジャストミートさん

まず始めに。
激闘を繰り広げております「2004スターソルジャーキャラバン」が、本日よりキャラバン2日目2度目の対戦となります、「青森キャラバン」の映像が配信となります。

前回までに配信されましたキャラバン初日において、なんと44万点差と名人として崖ッぷちに追い込まれた、きめんぐみ名人。その巻き返しに、期待が高まります。
反対に、巻き返しがない場合、このままダラダラとジュッテイム名人のリードが広がりつづけてエンディング、と言う最悪の事態を迎えてしまいます。

このチャンネルは、テレビでもなんでもありませんが、ようやく掴んだ大事な視聴者の皆様を逃がさないためにも、好勝負を期待したいところです。

そんな中、きめんぐみ名人にプロレスラーの「ベイダー」選手から、応援メッセージが届いていますので、ご覧下さい。


vader.bmp


どぅお~ですか。
ベイダー選手ならではの、心温まるメッセージですね。このメッセージがきめんぐみ名人に届き、励みになれば、そう思います。

また今回の配信は、なんと豪華な2大会同時配信です。
これまで秘密のベールに包まれていた「秋田キャラバン」その全貌が、いよいよ白日の下にさらされます。ホテルで行われるキャラバンならば、函館同様ファミコンでの対決となるはず。それがなぜ、これまで内容が公開されていなかったのか?

キャラバンニュース+1では、この秋田キャラバンの模様を一足先にキャッチいたしましたので、皆さんにご覧頂きたいと思います。


asaa

どぅお~ですか。
まるで、某ローカル番組の最終企画発表を思わせるような、画面構成。なにやら怪しい雰囲気を感じずにはいられません。
その気になる秋田キャラバンの中身は、皆さんの目でご確認ください。


続きまして、お便りのご紹介です。

fukuzawa.bmp

こちらのお便りは、岩手県盛岡市にお住まいの「どくはんと」くん(31)から頂きました。
ありがとうございます。では、ご紹介させていただきます。

「GO!きめんGO!!」

このような、大変気合のこもったお便りを頂きました。ありがとうございます。
また、「どくはんと」くんはこんな、


2004111806eea0f8.jpg

格好いいイラストまで、書いて下さいました。
この紫色の物体は、「ジコジーコ」と言う名前の、交通事故を巻き起こす怪物、なんだそうです。どくはんとくん、ありがとうございます。

でも、このイラストは、キャラバンとは一切関係ないね。それとも、ジコジーコの仕業で、きめん名人がヤールに激突したって言いたいのかな? 
ジコジーコに関しては、こちらをご覧下さい。

今回採用されましたどくはんとくんのイラストは、記念に表トップページに掲載させて頂きます。

キャラバンニュースでは、皆さまからのお便りを募集いたしております。
掲示板にイラストをリンクしていただくか、きめんぐみ宛メールアドレス「VYI03664」の後に「@nifty.ne.jp」まで、ドシドシ御応募下さい。

それでは、こちらのチャンネルから、「2004スターソルジャーキャラバン」をお楽しみください。
また、ムービーデータアップされた、ジュッテイム邸さんには、この場を借りて御礼申し上げます。

以上、キャ、キャ、キャラバンニュ~ス、プラスワンッ、をお送り致しました。

ペコリ。


追伸
12/9 23:40現在、サーバー落ちてるっぽいです。そのうち復旧すると思いますので、少々お待ちください。
すいません。

追々伸
12/10 0:36現在、普通に見られます。お騒がせしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2004

しまった、買う金がない

チョット前に「きめん的流行語」を書いたんですが、今年私生活で散々使っていたにも関わらず、ノミネートし忘れた単語があります。それは、

「裏返る」

出典は、少年チャンピオン連載中の「バキ」さんです。
主人公・バキさんが猛毒に犯され絶体絶命。それを助けるため中国に渡り、「毒手」の挌闘家と戦っている最中、突然体内に巡っている毒が「裏返り」毒素が抜けて健康になる、と言うもの。

要するに、今までダメだダメだと言っていたものが、突然興味を引くようになり、評価がウナギ昇りになる、と言うもの。
今年で言えば、プロレスラーの佐々木健介選手や、プロ野球の新庄選手、なんかがいい例です。昨年までの状況を考えると今年の活躍っぷりは、目を見張るものがありました。こう言うのが「裏返る」なんです。

昨日、自分で日記に書くまで忘れていましたが、明日は「機動戦士ガンダムvsZガンダム」の発売日なんですね。
今回の目玉は、「ギレンの野望」っぽくシナリオを変化させながら、ゲームを楽しむ「宇宙世紀モード」ですが、僕が心引かれたのは、ZZガンダムの参戦です。

04ph02.jpg

来春公開になる「機動戦士Zガンダム 星を継ぐもの」では、物語のラストがテレビと異なる、と言うことで、
「ZZが史実から消されるのでは?」
と思っていました。で、「ZZは別に消えてもいいや」とも。

だって、面白くないんだもの!ZZ!

一応ZZガンダムのLD-BOX持ってますし、全話見たんで言い切れますけど、チョットあれは頂けない。そう思っていたんですよ。
それが、ゲーム中にZZガンダム参戦!となると話は別です。ドリマガのオマケDVD見ていたら、キュベレイmk-2に、プルツーまでいるではないですか。一気に体温が上がります。

ZZガンダムが、僕の中で裏返った瞬間です。

まあ、実際にゲーム中で使うかどうかは分かりませんけど、考えてみればアレほど「ゲームっぽい」モビルスーツもいませんので。

あとはニンテンドーDSの実機見て、携帯ゲーム購入に心が裏返らないよう、気をつけたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2004

年末に故障した場合のサポートは?

どこの業界の、何の話かは、とりあえず置いておきますが、年末に新商品が出るのは珍しいことでは無く。

一般的な企業の9月末、3月末と言うのは決算期ですから、売上が欲しい。そうなれば商品はたくさん出荷されます。
また、それ以上に売上が見込めるのは、クリスマスからお正月にかけての、年末年始。おもちゃ屋さんは、この時期に1年の売上の7割を稼ぐ、なんて豪快な話を聞いたこともありますので、良品、良作な商品はウエルカムです。

ただ「諸刃の剣」と言う言葉があるように、定められた時期に向けてスケジュールをこなす一方で、当然あおりを受ける部分、部署と言うのもあるわけで。
「ゲーム」なんてのは、その悪影響を受けやすい危険な商品でして。

僕が昔聞いた話では、年末の営業日の最終日に出荷したゲームが、全数バグでフリーズする、と言うものでした。

これはひどい。天下のクソゲーと賞される「デスクリムゾン」ですら、フリーズはしなかった(ハズ)ので、それ以下といっても過言ではありません。ゲーム内容では、デスクリムゾンに勝っているとは思いますが…。

でまあ、何で突然そんな危険な話をするのかと言いますと、


th2_1228.jpg


だそうです。
危険な香りがしませんか?

12/28に発売。夜遊んだけど、ゲームがフリーズした!
 ↓
なろう、メーカーに抗議してやる!
 ↓
正月休み

って言う展開にならないよう、お祈りしております。


僕の最近のゲーム事情はと言うと、キャラバン編集ひと段落で、ジャイアントグラムでレスラー育成中。ビートマニアIIDX8thはあまり進んでおらず、ニンテンドーDSは保留中で、PSPはとりあえず無視。ドラクエVIIIは買ってないけど、今週にはガンダムvsZガンダムも出るよ、と言った具合でカオス化が進行中です。

ゲームをやりこむ時間がないほど、ゲームが立て続けに発売されるのは、ゲーム好きな人間にとって幸せなことなのか、不幸なことなのか。
答えの出ないまま、僕の育成レスラーは「ダイビングニードロップ」を覚えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2004

三枚に下ろされた気分

普段帰宅してから、スカパー!見たりネットしてたりするので、微妙に世間の話題やニュースやらに、すっかり疎くなりました。
そんな僕の貴重な情報源は「ラジオ」です。「ネットでニュース見ろやぁ」と思われるかもしれませんが、プロレス記事読んだら閉じてしまうクセがあるので…。

僕は、仕事中に車運転する機会が多いので、カーラジオから流れてくる番組やニュースは貴重なネタの情報源。特に朝の時間帯はよく聞きます。そんな中、気に入ってるわけじゃないんだけど、頻繁に聞いてしまうのが「武田鉄也・今朝の三枚おろし」と言う番組。

武田鉄也さんが、世の出来事や風潮などを、独自の切り口で解釈する番組です。
基本的にこの人の考え方が「高年齢寄り」なので、聞いていて納得できなかったり、不満に思ったり、つまらなかったりすることが多々あります。そんな中、面白かった議題が「大人の性生活」とかいう議題。微妙に違ったかもしれませんが、そんな感じの議題でした。

「フロントホックのブラジャー」に関して、男性、女性にそれぞれ「どのようなものか?」と質問をしたところ、男女で異なる答えが帰ってきたんだそうで。

皆さんはどう思われますか?

僕が思ったのは「前側で外せるブラ」でした。ラジオでも男性諸氏は同様に、「前で外せるブラジャー」との答えでした。
では女性はどう思ったのか?
女性陣は皆一様に、「前で止めるブラ」との答えだったとのこと。

あー、なるほど。そういうことですか。
ちょっと考えれば分かることなんですが、朝っぱらから、うまく引っかかってしまいました。

って言うか、僕らの世代って言うのはさ。学生時代に、フロントホックブラってのは前側で外すものだと、
「スーパーリアル麻雀 P-III」
で、教わりましたから。

今更、その考えを改めるってのは、難しいんですよ、えぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2004

今日は「1・2・3」なので

先日セガサターン10周年の話をしましたが、やはりコレも忘れてはいけません。
今日は12月3日。「1,2,3」の日です。10年前のこの日、何があったか? 皆さん、もうお分かりですね。

今日は、清川望さんの誕生日です。おめでとうございます。

PCE歴で、今年で26歳ですから、もう水泳は引退されたのでしょうか? もっとも、あまり気にはなりませんが。

昨日発売の「ニンテンドーDS」は、なんで12月3日に発売して、シャレを効かせてくれなかったのか、僕個人としては少々不満です。
ちなみに「きみのためなら死ねる」が欲しいのですが、今月は金欠に付き、「ニンテンドーDS」と「きみ死ね」を買ってしまうと、僕の生活費がなくなるので、僕が死んでしまいます。

まだまだ、死ねない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 30, 2004

サターン含めてゲーム機10周年

すっかり忘れていましたが、11/22はゲーム機「セガサターン」が発売されて、ちょうど10周年でした。当時のことを鮮明に覚えているだけに、過ぎてしまうと早いものですね。

そんな訳でゲーム雑誌「ドリマガ」に、
『こんな特集はドリマガだけ!セガサターン誕生10周年』
と言う、失礼極まりない見出しで特集記事が載っているので、買ってみました。決して表紙の「To Heart2」に惹かれて、買ったわけではありません。
1005200409.bmp
こんな感じの表紙。DVD付き。

まあ「セガサターン&プレイステーション ペーパークラフト」がついている以外、普通の特集記事でした。考えてみれば、ファミコンの頃は小学生ですから記憶も曖昧ですし、雑誌を買うお金も無く、立ち読みで済ますことも多かったのですが、10年前は社会人。雑誌も毎週買えるくらいの余裕がありましたので、記事も結構覚えてますし、いまいち「記憶薄」な部分が少ないのが、僕の中で「普通」に思えた部分だと思います。

そんな訳で、昨年に引き続き10年前の「電撃王」を、また引っ張り出してきました。空前の次世代ゲーム機戦争と言われた当時。「こんなにゲーム機の発売が重なる年は、今後二度と無い!」と断言し、次世代機特集号の電撃王を購入してみましたが、本当に10年も雑誌を手元に持ってるとは、思いませんでした。とりあえず電撃王表紙には、10年持ったと言うことで「十式」とでも入れておきます。

話がそれましたが、セガサターンは当時「\44,800-」もしたのですね。消費税別の時代ですよ。高い買物ですね。ゲームソフト含めて5万円を超えますから、今ではチョットできない買物です。逆にその金額を払ってでも買いたい、遊びたい、と言うパワーを秘めたゲームがあった、と言う言い方も出来ますね。
「ワンチャイコネクション」とか「ゲイルレーサー」とか。

で、その次世代ゲーム機戦争から10年後。
「ニンテンドウDS」と「PSP」と言う、携帯ゲーム機戦争が、当時から10周年のこの節目の年、しかも同じような時期に行われると言うのは、チョット興味深い気がいたします。個人的には、双方にキラーソフトの揃う「2強時代」を希望しますが、果たしてどうなるか。

ところで、そのPSPとかの次世代携帯ゲーム機を、「第三世代ゲーム機」とどこかで読んだ気がしますが、実際にそう呼ばれてますかね。僕の気のせいでしょうか? 個人的には気のせいであって欲しいのですが。

いや、プロレス界の「第三世代」って、あまり良い意味で使われてないもんですから。って言うか「忌み名」みたいなもんです。
2つの新・携帯ゲーム機が、そうならないように期待しています。まだ、買う予定ないですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2004

ファミコンとドラクエIVを思い出しながら

先日、近所のホームセンターが閉店した。
「家電館」と「生活館」の2つの建物に分かれた、比較的狭く、商品点数も多くなく、超最新の物も入荷しない、極普通のありふれた、ちょっと古めかしいタイプのホームセンター。

僕も最近では、生活館でトイレットペーパーなどの生活雑貨を買う程度で、家電館では買物もろくにしていなかった。実際客足も少なく、「閉店しそうだなぁ」と思っていたところ、やはり閉店した。そうなりそうだと思っていても、子供の頃から見慣れたお店、風景がなくなってしまうのはチョット淋しい。そんなことを考えていたら、ふと「あること」を思い出した。

僕ら30前後の年代が子供の頃は、「ゲームショップ」なんてものは仙台には無かった。それは、思い出そうと思わなければ忘れてしまうほど、遠い記憶になりつつある。「ファミコンゲームが欲しい」と思った場合、選択肢は、(1)おもちゃ屋 (2)デパート (3)家電屋 の主に3つに分類された。前述2つは問題ないが、3つ目の「家電屋」は、変に印象深い。

昭和60年代。家電屋のガラスケースのショーウインドウの中。
高価な時計やカメラなどが、所狭しと並べられている。そんなガラスケースの中、なぜか平置きされているファミコンカセット。今思えばかなり不思議な光景だが、ファミコンショップの無かった当時、それは普通の風景だった。
トランペットが欲しくて、ショーウインドウ越しにずっと見続けていた黒人の子供のように、僕は近くて遠いそのファミコンカセットを、ガラス越しに見続けていた。

閉店した家電屋は、そんな思い出があった店だ。そしてその店の買物で、もっとも印象深かったことが2つある。そのホームセンターで僕は、
小学生時代「ファミリーコンピュータ」を購入したこと。
もう一つは、
徹夜で並んで「ドラゴンクエストIV」を買ったこと。

ファミコンは、お小遣いやお年玉をコツコツ貯めて、全部自分のお金で買った、僕の当時までの人生の中で、一番高かった買物だ。
ドラクエIVは、僕のじゃなく友人に頼まれた買物だった。何で自分のものじゃないのに並ぶ気になったのかは、全然思い出せない。多分友人が「クリアしたあと、最初に貸すよ」って言ったんじゃないかなぁ。

見慣れた風景がなくなるのを見て、僕はそんなことを思い出した。
そういえば、ドラクエIVを買うとき一緒に徹夜して並んだ友人は、今度結婚することになった。本人は幸せの中で、そんな昔のことを露ほども思い出すことは無いだろうが、あれから随分と遠くまで来たものだ。

発売日に行列作って並んで、パニックぶりがテレビでニュースになったのも昔の話だ。
「ドラゴンクエストVIII」は明日発売。
僕は買いません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2004

今年も「TWINZ」の季節です

『TWINZナンバーシリーズ』と呼ばれる、TWINZ1~2。
ただ今配信中の「TWINZ-S」は、スペシャルなTWINZなので、ナンバーシリーズとは分けて考えられています。

そして今回、遂にナンバーシリーズが帰ってきました。
「TWINZ-3」
年末、大晦日に開催決定です。週刊ファイト紙上において新間氏が、
「なぜ、大晦日にPRIDE、K-1だけで、プロレスの興行が無いのか?」
と怒っておられましたが、昨年に引き続き今年も開催される、ジャイアントグラムの興行「TWINZ」。キャッチフレーズをつけるならば、
「みんなが大晦日は格闘技に走るので、TWINZはプロレスを独占させていただきます」
というところでしょうか。

前回が今年4/10に行われているため、これまでの流れを忘れている方もいると思います。チョット状況を整理しておきましょう。

前回の「TWINZ-2」は「初代U-15h選手権者決定戦」と言うことで、育成時間15時間以内のレスラー8名を集めて、大々的にトーナメント戦が行われました。
TWINZ-2リンク

その結果、優勝したのは「バイソンきまら新1号」選手でした。
「きまらエキス」と呼ばれる、謎のエキスを相手レスラーに注入し、対戦相手をきまらにしてしまうと言う、恐ろしい選手です。そのきまら選手は、優勝のあと、こんなことをインタビューで言っていました。

2.bmp

「きまら軍団」とは…。
恐らく、謎のエキスを使っての、軍団勢力増強と言うことなのでしょう。その軍団が、TWINZを乗っ取ると言っているのですから、たまりません。

果たしてTWINZ界は、どうなってしまうのでしょうか?


と言うのが、前回TWINZ-2までの流れです。
なんか微妙に話が膨らんでいる気がしますが、多分気のせいです。
そして今回の「TWINZ-3」では、このきまら新1号と戦う選手を公募。その後、「TWINZハウス」にてトーナメント戦を行い、優勝者が大晦日にきまらと闘うことになります。

その他、特別試合も多数予定しております。
詳細はTWINZ掲示板を、ご覧下さい。


さて、ここからは近況。
上の文面が「いつものアングルっぽくな~い」とお嘆きの方は、今しばしのお待ちを。給料日前なので、小道具が買えません。買ったら一気に仕掛けます。

ちなみにこう見えて僕は、普通に働いている社会人ですので。年末は当然忙しい。つまり、

・年末進行の仕事
・スタソルキャラバンの編集
・TWINZ-3の運営
・TWINZ-3出場レスラーの育成

が平行して行われることになります。ひどいです。
何て言うか、この歳になってはじめて、「冬のコミケに出展されてる同人活動の方々」の苦労が、分かったような気がします。

コミケに出展される皆様は、好きなことのためにやってるのか、金儲けのためにやってるのか知りませんが、なんとなく「お互い頑張ろう」と言う気分になりました。

僕は何のためかと言うと…何のためだ? ファンのためだな。おぉ。
目指せ、TWINZ界の絶対王者。


あ、年末近いので、てっぺんに「yahoo!メッセンジャー」付けました。オフライン表示でも見てる事ありますので、有事の際にはどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2004

キャラバン編集ウラ(って言うほどじゃない)話

「2004スターソルジャーキャラバン」青函トンネル決戦が、ただ今配信中です。

こんばんは。
極一部で絶大な支持を受けていた「キャラバンニュース」は、諸事情により一回お休みです。今日は普通に宣伝と、少し編集に関するお話を。

今回の青函トンネル決戦で第4回戦になるキャラバンですが、とりあえずようやくホッと出来た感じです。対決の山場は前回の函館決戦でしたが、配信上の山場、ほぼ中間地点がこの青函トンネルなのです。
皆さま、すでにご覧いただけましたでしょうか? 「想像力」が重要となる今回の配信内容。恐らく見ている皆さまは、ゲームはプレイせずとも、映像を見ていれば、
「いまゲーム中で、大体この辺」
と言うのが、お分かりいただけるのではないかと。

で。
ファミコン時ですが、ゲームの音にかぶせてチョットだけ周囲の音が聞こえます。
あれは編集する際に、ゲームの音に合わせてカメラの音を合成しています。合成と言うと大げさですが、うちのビデオ編集ソフトには、音声パートが3つ入るようになっていまして。これを、
1)ゲームパートの音声
2)カメラの音声
3)その他(ピッとかの効果音ほか)
と重ねているだけです。

なんでそんな話を突然するのかと言いますと。
前々からおかしいとは思っていたのですが、実はうちのパソコンの左右スピーカのうち、片方が死んでいたのです

編集中は実況の声もちゃんと聴こえるように、音のレベルを調整しているのですが、なぜか出来上がった映像では実況が聞きづらい。何でかなぁと思っていたら、本来聞こえるべき音がパソコンから聞こえてなかったんですね。そりゃ、聴こえないですよ。

なので、「連射の嵐」とか「敵が吸い寄せられるように弾に当たる」とか、映画を真似た実況がゲームの音に消されてしまっています。いやあ、勿体無い。
と言うか、数年前からそんな状況だったパソコンに気がつかない、僕に問題があるのですが。

と言うわけで次回青森決戦は、実況もちゃんと聞こえるようになっているものと思われます。なってなかったらごめんなさい。

問題なのは配信済みのほうです。編集自体は簡単ですが、ネット上に上げなおすのがチョット手間。
なのでDVD版では直す、と言うことで一つ。

スターソルジャーキャラバン映像はこちら
感想やご意見など、TWINZ掲示板はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2004

打ち合わせ中

本日は年末、12/31開催予定の「TWINZ」打ち合わせ中につき、更新を見送らせて頂きます。

議論はかなり白熱しており、予断を許さない状況ですが、皆さんの期待を裏切らないように

協議を重ねていきたいと思います。

よろしくお願い致します。


~業務連絡~

初代U-15王者のオーナー様は、いつでもVMを用意できるようご準備いただきたく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2004

キャラバンニュース

キャ、キャ、キャラバンニュ~ス。

こんばんは。キャラバンニュースの時間です。

fuku3.bmp
きめん沢代理ジャストミートさん

まず始めに。
激闘を繰り広げております「2004スターソルジャーキャラバン」が、本日よりキャラバン初日3度目の対戦となります、「北海道・函館キャラバン」の映像が配信となります。

前回配信されました「津軽海峡キャラバン」では、獲得点数が35100点と、名人としてあるまじき点数でキャラバンを終えてしまった、きめんぐみ名人の巻き返しに期待が集まります。

今回の函館キャラバンは、ホテルの大型テレビを使用した対決となります。
これまでは、キャラバンカーに搭載された4インチテレビや、ゲームボーイアドバンスなど、小さい画面での戦いを余儀なくされた両名人ですが、大型テレビと、連射をしても震えないテーブルが用意された今回は、高記録が期待できます。

皆さまには、そのキャラバン会場を一足早くご覧頂きたいと思います。


03_hakodate_02_kokuhaku.jpg


どぅお~ですか。
17インチはあろうかと言う大型モニターと、どっしりと構える木製のテーブル。まるで、今回のキャラバンのために用意されたようなシチュエーションであります。写真奥に、焼酎のビンがドンッ、と置かれているのが、両名人のキャラバンに向けたコンディションの良さを、物語っているようであります。

また、今回のキャラバン開催に付きまして、スタン・ハンセンさんは、


hansen.jpg
「ホテルのテレビは、画面が大きくて見やすウィー!」


と、コメントをしております。

続きまして、お便りのご紹介です。

fukuzawa.bmp

こちらのお便りは、岩手県盛岡市にお住まいの「どくはんと」くん(31)から頂きました。
ありがとうございます。では、ご紹介させていただきます。

「きめんざわさん、こんにちわ。ぼくは、きめんめーじんの大ファンです。がんばれ!きめんめーじん。じってーむにまけるな!!」

と言う、大変気合のこもったお便りを頂きました。ありがとうございます。
また、「どくはんと」くんはこのような、


20041028c0be7a20.jpg


可愛らしいイラストまで、書いて下さいました。
この、下にいる黄色い何かがきめんぐみ名人、上に持ち上がっている黒い物体が、ジュッテイム名人と言うことのようです。重ねて御礼申し上げます。
ジュッテイム名人は、口から血を吐いているのかな? 「どくはんと」くん、あまり残酷な表現はいけないよ。

今回採用されましたどくはんとくんのイラストは、記念に表トップページに掲載させて頂きます。

キャラバンニュースでは、皆さまからのお便りを募集いたしております。
掲示板にイラストをリンクしていただくか、きめんぐみ宛メールアドレス「VYI03664」の後に「@nifty.ne.jp」まで、ドシドシ御応募下さい。

それでは引き続き、ご覧のチャンネルで「2004スターソルジャーキャラバン」をお楽しみください。

以上、キャ、キャ、キャラバンニュ~ス、をお送り致しました。

ペコリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2004

2004スターソルジャーキャラバン~2ndシーズン~ 配信中

一部を中心に、かなり局地的な盛り上がりを見せている「2004スターソルジャーキャラバン」の2ndシーズンが、本日より配信中です。

今回は2ndキャラバン「津軽海峡決戦」をフューチャリング。
GBA-SPと言う、ファミコンとは全く異なる入力デバイスを使用した対決は、名人を苦しませます。両名人では無く、片方の名人だけが苦しむのが、今回のポイントとなります。

キャラバン中にバックにかかる、ポップでキッチュなBGMも、対決を盛り上げるのに一役買っています。すでに「フェリー内で対決」と言う時点で、本来のキャラバンからは大きく逸脱した感もありますが、この脱線っぷりが今後のキャラバンの方向性を左右してきます。いわばターニングポイント。

実はこのGBA-SP対決の編集に関して、「画面があまり映らない」と言う点が一番頭を悩ませたのですが、なんとか視聴していて飽きない編集が出来たのではないかと思います。と言うか、今回で今後の編集のベクトルが定まったような気がします。

大いに盛り上がってる、プロ野球日本シリーズ第3戦を見終えてから、お時間に都合のつく方はお立ち寄りください。

TWINZ-Sはこちら
TWINZ掲示板はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2004

2004スターソルジャーキャラバン~1stシーズン~配信中

表ページの掲示板をお読みの方はすでにご存知かもしれませんが、2004スターソルジャーキャラバンの専門ページが出来ました。

前回配信時は、「なぜ必要?」と疑問視された、「OPトーク」と「OPムービー」のみでしたが、今回の配信でいよいよ、僕きめんぐみと、ジュッテイム名人のスターソルジャー対決がスタートします。

最初の対決場所は、岩手県の岩手山サービスエリア。
2人の名人が、早くも感情剥き出しで激しくぶつかり合います。今回はサーバー容量の都合上、新作映像が配信されるたびに、初期映像からところてん式に押し出され、見られなくなってしまいますので、興味のある方は早めにご覧いただければと思います。

すでに映像をご覧頂いた方からは、お褒めの言葉も頂いており、大変うれしく思い、画面の前でニヤついております。

「素人2人のファミコンでの対戦映像など見て、果たして面白いの?」

と言う方ももちろんいらっしゃるかと思います。そんな方には、故・ジャイアント馬場さんから、下記のようなお言葉を頂戴しておりますので、お一読ください。

馬場さんのコメント


baba.JPG


さ、そういう訳で、『TWINZ-SPECIAL 2004スターソルジャーキャラバン』の専門ページは、ジュッテイム邸さんにおいてあります。トップページの「TWINZ-S」からお入りください。

それと、今回の配信を記念いたしまして、表トップページでも書いてありますが、キャラバン中に僕、きめんぐみが実際に使用した「バンダナ」に、サインを入れて抽選で1名様にプレゼントいたします。

DSCF0438.JPG
こんなの。

きめんぐみメールアドレス宛、「こんなもの欲しい人いるのか?」係までメールで御応募ください。
企画自体はシャレみたいなものですが、当選者には本当に発送を行いますので、よろしくお願い致します。

ところで今日の日記のタイトルは、「1stステージ」「1stウインドウ」とかいろいろある中から「1stシーズン」にしたのですが、何のパクリか忘れました。
と言うか、素直に「1stキャラバン」でいいんじゃないかと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 07, 2004

Leafの幽波紋「世界(ザ・ワールド)」

微妙なマイナーチェンジを繰り返し、長期にわたり連載されているマンガ「JOJOの奇妙な冒険」。その第3部に登場したボスキャラ「DIO」さんの幽波紋(スタンド)、『世界(ザ・ワールド)』の能力は、「時間を止めること」です。皆さんよくご存知ですね。

DIOさんは、最終決戦当初は5秒ほど時間を止めることが出来ました。すばらしい能力です。


PCゲームメーカーの「Leaf」の出した名作ソフト「To Heart」は恋愛小説ゲームです。チョットエロが入ってます。これがプレイステーションに移植される際に、家庭用ゲームとして立ち上がったブランドが「AQUAPLUS」です。
「To Heart」はその後、エロ無しで無事プレイステーションで発売されましたが、チョット困ったことがありました。困ったというか、そのことがユーザーを困らせました。

ゲーム中に停止、フリーズしてしまうのです。

僕もこの症状に多々遭遇しました。特に多かったのが、ゲーム中のミニゲーム「お嬢様は魔女」に切り替わるときです。
majo.gif
「お嬢様は魔女」ゲームシーン

フリーズするということは、ゲームが停止して進まなくなるということですので、リセットしてやり直さなければなりません。もしセーブしていなければ、そこに進む前のプレイは全て水泡に帰してしまいます。なんとも勿体無い時間の無駄使い。このようなバグは、パソコンであれば修正データをインターネット上からダウンロードし、上書きすることで修正できますが、家庭用ではそのようなことは出来ません。

ですので、細心の注意が必要です。

その数年後、ドリームキャストで発売された「こみっくパーティー」は、発売日延期を繰り返し、ようやく発売されました。恐らくバグ取りに必死だったのだと思われます。
そして見事に、フリーズしました。

これの凄かったところは、フリーズする場面が全く予測できなかったこと。いつ、なんどき、誰が挑戦してもフリーズします。さらに凄かったのは、メーカーのコメントです。公式ホームページから抜粋しますと、

・各機器の端子を接点復活材等にて清掃する。
・ゲームソフトを別の物と交換してみる。
・ソフトに傷が付いてないか確認する。
・ビジュアルメモリーを別の物と交換してみる。
・コントローラーを別の物と交換してみる。
Dreamcast本体を別の物と交換してみる。

まあ5個目の項目までは妥協しよう。ただ、最後の「ドリームキャスト本体を交換」ってのはなんだ? 誰がそのお金を出すのだ? もう何を信じていいのか、さっぱり分かりません。

そんな訳で、10月発売予定だったプレイステーション2向けソフト、「To Heart2」の発売日が1ヶ月伸びました。知らぬ間に、こっそりと。
買う予定がなかったので、特に僕の生活に影響はないのですが、この発売日延期の報。やはり先々の事柄を考えると、期待せずには、いられません。

もちろん、今回のゲームがフリーズすると決まったわけではありませんが、もし最大限の努力を行ったにも関わらず、運悪くそのような症状が出てしまった場合、メーカーからの見解で、

・PSXでは問題なく動きますので、買い換えてください

と言うようなコメントが出ないことを願います。
最後に偉い人のお言葉をどうぞ。

「努力の必要はありません。結果を出していただければ結構です」 by 遠野秋葉様

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2004

ひぐらし鳴くか、鳴かないか

人には「キャパシティ」と言うのがありまして。訳すと「許容量」ですね。器量とか、精神力とか、体力とか。まあ器に例えられるのであれば、なんでもいいです。これを超えると、限界を超えてしまうので「無理」と言う状況に陥ってしまいます。

少し前に、主にアンソロジー系イラストレーターさん、及びマンガ家さんのサイトを回っておりましたら、いくつかのサイトで共通したゲーム名の単語を見かけました。

『ひぐらしのなく頃に』

少ない情報を頼りに形を形成していくと、
「どうも同人ゲームソフトらしい」「小説タイプのゲームらしい」「ホラー系の怖いゲームらしい」
と言うことが分かりました。

僕は基本的にホラーがダメです。怪談話なども聞くまでは興味があるのですが、聞いた後で後悔するタイプです。なので、美樹原愛さんことメグさんとは、絶対に話が合わないと思います。

それはさておき、『ひぐらしのなく頃に』には、どうやら「推理する要素も含まれているらしい」と言うことが分かりました。推理小説は普段読みませんが、「かまいたちの夜」なら怖がりながらクリアできたので、もしかしたらこのゲームも出来るかもしれません。

どうも「体験版がダウンロードできるらしい」と言うことだったので、チョット落としてきました。ゲームスタート。
うわっ…。これは…。怖い…かなり怖い…。いや、何が怖いって…


Chr_Hi_Rena_R1.jpg

登場キャラクターが怖い。
眼ぇデカスギ!

デフォルメなのかなんなのか分かりませんが、チョット僕の中のイラストにおける「キャパシティ」を超えています。長時間、このキャラ見ながらゲームするのは、正直つらいです。
それでも、食わず嫌いはいけませんので、頑張ってゲームを進めてみましたが、初日に教室に辿り着いた辺り(約15分ほど)でタップしました。

× きめん (15:02 KO) ひぐらしのなく頃に ○

結局、このゲームがどういうゲームなのか、分からないままです。
興味ある方はここからどうぞ。もし遊んでみて「面白かったよ~」と言う方がいたら、教えてください。もう1回くらいは頑張って見ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2004

告知:2004スターソルジャーキャラバン開演

お待たせしました!

この暑い夏を駆け抜けた、2004スターソルジャーキャラバンのムービー配信が開始となりました。
今回はいつもサーバーをお借りしているGatchさんが激多忙中につき、ジュッテイム名人宅にてムービー配信を行わせて頂いております。手っ取り早く「映像見せろー!」と言う方は、こちらからジュッテイム邸さんへお飛びください。
お時間のある方は、しばらく日記(宣伝)にお付き合いください。
saikoro1.JPG
2004キャラバン風景

当店本社(こちら)の掲示板では、朝から告知されておりましたが、すでに見られた方はいらっしゃいますでしょうか?
『スターソルジャーキャラバン』と大々的に告知しているものの、なんと初回配信ではゲームプレイ映像無し!と言う、大変斬新なスタートを切っております。

今回配信されていますのは、「オープニングトーク」と「オープニングムービー」です。
ゲーム映像も流さずに、何でキャラバンにオープニングトークがいるのか?と言う疑問は皆さんおありでしょう。なぜこれが必要なのか? それはこれが「企画の発表」も兼ねているからです。

ただ単に「ゲーム遊びました」「対決しました」「勝ちました、負けました」では、何も面白くない。やはりやるなら徹底的に、企画発表から対決、途中の旅路、そして最終結果と、起承転結が織り成されていなければ、見る側としては面白くない。そう、これはあくまで、ご覧頂く皆さんはもとより、参加者自身が後から見ても、楽しめるVTRとなっております。

はっきり行って旅の道中、ろくに覚えていません。なんか美味しいもの食べて、お酒飲んで、裸でシュウォッチ叩いていた記憶しかありません。ゲーム対決の内容、ほとんど覚えてません。でもそれでいいんです。忘れている分、編集していても楽しいですから。

さて、配信されている「オープニングムービー」は、キャラバン中の名場面を選りすぐっております。これが予告編だというのなら、本編は相当期待出来そうな気がします。ですが先日お話したマンガ、「かってに改蔵」にもありましたように、「予告編と言うのは面白い」ものなんです。期待できそうなものなんです。

僕が水曜どうでしょうの藤村ディレクターであれば「本編は相当面白くなります」と、間違いなく断言するでしょう。ですが、僕はそこまで断言できません。「もしかしたら面白くなるかも」くらいの期待でお待ちいただいたほうがいいと思います。過度の期待は禁物です。

ただ、オープニングを見て「早く本編見たい」と言う方がいらっしゃるのであれば、なるべく早く、出来る限り、面白い本編を配信できるように頑張ります。それまでしばらくの間は、名BGM「ギャオス逃げさる」に乗せた、名人達の熱い戦いの軌跡をお楽しみください。

当時のキャラバン参加者、そしてファミコンで育った世代へ捧げます。
2004スターソルジャーキャラバン。
子供の頃憧れた伝説の名人になるのは、きめんぐみ名人、ジュッテイム名人、果たしてどちらか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2004

ターイムストーップ(ワーヒーまんが初回より)

企業のキャラクターと言うのは、それだけでその会社を連想させてくれたりするので、広告塔として非常に重要だ。それが長年に渡り愛されつづけ、一般的な知名度が増すようなことがあれば、キャラクターの作者にとっても、企業にとっても大変喜ばしいことであろう。

僕の地元仙台には「100円パッ区」と言う、バスの均一料金制度がある。これは仙台駅前周辺のバスの特定区間は、1回100円で乗車できるというもの。大変便利だ。使ったことはないけど。

もちろん名前からも分かる通り、この100円パッ区のキャラクターはパックマン。ピザの形から生まれたキャラクターで、ドットを食べたり、モンスターを食べたり、フルーツを食べたりする、(株)ナムコの生んだ名キャラクターだ。もう一度書くけど、「ナムコのキャラクター」だ。


先日、仙台駅前のとあるゲームセンターに入った。ゲーム業界の老舗、(株)タイトーの運営するゲームセンターだ。インベーダーで一生を風靡した、最近では電車でGO!で一生を風靡した、(株)タイトーの運営するゲームセンターだ。
プライズコーナーを過ぎ、ビデオコーナーを過ぎ、トイレに入る。トイレから出て通路を歩いていると、妙な違和感を感じた。「?」 違和感の元は、とあるメダルゲーム機だった。そのメダル機には、こう書いてあった。

「パックマンを落とせば、メダル差し上げます」

なんでやねん!
仙台人でありながら、拙い関西弁で突っ込まざるを得ないほどの、激しい違和感。お前タイトーだろ? パックマンはナムコだろ? なんでパックマンの小さい人形が、メダル機の中にポンと置いてあるのさ。プライドないんかい!

だいたい、タイトーにも名キャラクターはいっぱいいるじゃん。そのキャラクターを落としたら、メダル差し上げますって言う風にすればいいんじゃないの?

「ちゃっくん」とか、
「まいた」とか、
「青忍」とか、
「タイムギャル」とか、
落としたらメダル差し上げます、って言う風にすればいいんじゃないの?

でも、タイムギャルのレイカちゃんの人形がメダル機の中に立っていたら、やっぱり嫌だと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2004

2004スターソルジャーキャラバン、その旅路(最終勝敗は書いてません)

連休明け早々から、11時間くらい働いてきました。ダメ機械め。
こんばんは。きめんぐみです。

今日はちょっとした「燃え尽き症候群」に掛かった感じです。
目の前には、ファミコンに挿したままのスターソルジャー。手元には、GBA-SPに挿したままのスターソルジャー。テーブルの上には、電池切れのシュウォッチと、少し潰れた明治のサイコロキャラメル。

今日からは、忙しい中、眠い中、目をこすりながら、スターソルジャーの2分モードを練習する必要は無いのだ。キャラバンのことを気にかけて、布団の中で思い悩む必要も無いのだ。祭りの後は、いつも淋しげだ。

さて。
写真で報告するにせよ、(可能であれば)ムービーで報告するにせよ、今回はイベント期間も長かったため、今しばらく時間が掛かりそうです。そこで、MISCさんに上げていただいた速報から引用して、今回のキャラバン内容のご報告をさせていただきます。

今回のルールとしては、隠しキャラの使用はアリで、ファミコンを使用する場合は、両者交代でプレイ。2分以内にシーザーがやられた場合は、その段階でアタック終了。GBA-SPを使用する場合は、両者同時スタートでシーザーがやられても2分間プレイ可能です。

ちなみに、2分モードの理想スコアは340,000点台です。ラザロやデライラ、ゼグなどのボーナスを獲得し、地上物、空中物をすばやく残さず倒していくと、大体それくらいになります。それを踏まえた上で、両者のスコアをご覧下さい。


第 1 試合/岩手決戦
岩手山サービスエリア
キャラバンカーのトランクに設置されたファミコンにて対決(2分)。
きめん:254000、テイム:255400

キャラバンカーのモニターは、4インチの小型テレビのため、弾が見づらい、光が反射するなど、かなり環境は悪いです。両者そんな中、ボーナスを逃がしてしまう。この辺りから、怪しい空気が漂い始めます。

第 2 試合/津軽海峡決戦
PM12:30 青森発~函館行きフェリー内でのGBA-SP対戦。
フェリー甲板にて海上対決(2分)。
きめん:35100、テイム:257400

きめん名人、致命的な差が開きます。ちなみに甲板で行う予定でしたが、強風で且つ揺れもあったため、レストラン脇通路で行っています。

第 3 試合/北海道決戦
函館宿泊のホテル内。
いつ開催されるか分からない、突発勝負(2分)。
テイム:336,300、きめん:120,200点

函館駅前にて、サイコロで抽選を行う。水曜どうでしょうの地元でフリップをもってサイコロを振るというのは、至福である。
きめん名人、ヤールに激突死。この段階でテイム名人とは400,000点差がついてしまいます。仮にブックが合ったとしても(いや無いですけど)、こんな展開には普通しません。もっと両者を競わせます。初日にして、「アチャ~」な空気が充満します。

第 4 試合/青函トンネル海底大会
青森行き電車に乗り、青函トンネル吉岡海底駅にて開催。
テイム:85,600点、きめん:128,100点

恐らく、人類初の海底ゲーム大会(キャラバン)。この辺から、キャラバンとしての方向性が、どんどんおかしくなり始めます。今大会、きめん名人初勝利。

第 5 試合/青森ベイブリッジ決戦
本州最北端にて決戦(2分)。
きめん:335,400点。テイム:6,800点

青森ベイブリッジ脇の公園では、親子連れやカップルが憩いの時間を過ごしています。そんなのどかな空気を切り裂く、サイコロ抽選。全く場に合いません。テイム名人、画面が見づらく流れ弾に激突。大変なスコアで終了。前日まで400,000万点差あったものが、一気に詰まります。

第 6 試合秋田ホテル決戦
夜中に行われた、特別キャラバン(約30分)
この大会は、両名人とも0点のため、ノーコンテスト(没収試合)となってしまいました。

第 7 試合/田沢湖決戦
田沢湖湖畔
日本一の水深を誇る湖、田沢湖にて決戦(2分)。
テイム:334,100点。きめん:34,400点

大雨のため、木陰にてGBA-SP大会。どうにも安定しない場所での決戦にて、またしても大きな差が開く。きめん名人、GBA-SPとは言えラザロ激突死はいかがなものか。

第 8 試合/田沢湖決戦パート2
田沢湖上
日本一の水深を誇る湖、田沢湖にて決戦(2分)。
テイム:87,000点。きめん:170,300

海底キャラバンに続いて、恐らく人類史上初と思われる湖上ゲーム大会。スワンボートで田沢湖の沖まで移動し、湖上にてGBA-SP対決。ギャラリーは今大会中もっとも多く集まるも、波の揺れの為、思うようにプレイが出来ず、両者とも大苦戦。

ファイナル/松島決戦
松島海岸
日本三景松島にて最終戦(2分/2分/5分)。

ハドソンスティックを使用した2分モード、ジョイボールを使用した2分モード、そしてファミコン1Pコントローラを使用した5分モードの、3本勝負。

ここまで、きめん名人3勝、テイム名人4勝ながらも、土地面積ポイントでは、北海道を押さえたテイム名人が98000ポイントと、きめん名人の10000ポイントを大きく引き離してリード。点数でも500,000点の差をつけてテイム名人が大きくリードしています。追い詰められたきめん名人。そして最終松島決戦で、意外な結末が訪れます。

果たして公開される日は来るのか?
そして、土地面積ポイントに果たして意味はあるのか?
特に期待せずにお待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2004

スターソルジャーキャラバン2004無事終了

はい、連休中3日間丸々留守にさせていただきました。
その間もご訪問頂いたり、トラックバックを張ってくださった皆さま、ありがとうございます。
きめんぐみ、無事仙台に戻ってまいりました。

この連休中、プロ野球のストがあったり、ベガルタの試合があったり、ハッスル5があったり、まあいろいろとありましたが、そんな世間とは完全に隔離され、岩手~函館~青森~秋田~そして宮城と、5都市にてスターソルジャーキャラバンを行ってまいりました。

内容に関しては、こちらの写真から何を行ってきたのか、想像してください。

身体は疲労困ぱいですが、今は充実感でいっぱいです。
今回のキャラバン内容に関しては、MISCさんにリアルタイム速報として上げさせていただきました。今回、ビデオカメラにて撮影したDVテープ5本分の映像が、日の目を見るかどうかは現時点で不明ですが、何らかの形で皆さんにお伝えすることが出来れば、と思っております。

とりあえず、今日は寝かせてください。
あと、テイム名人。全8戦にも及ぶ対決、お疲れ様でした。お互いゆっくり休みましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2004

中キックキャンセル大ピンチ

挌闘ゲームのルーツ、と考えて「アーバンチャンピオン」まで遡ると収集つかないので、とりあえずストリートファイターIIくらいに設定して話を進めましょう。

ストIIでは「コンボ」と言う連続技がありました。上級者になればなるほど、高度なテクニックを使った連続コンボを使用できたりしました。でも、相手がダウンしても、起き上がりを待つだけなんですよね。何か物足りない。ヴァンダレイ・シウバさんのように、相手が気絶していても殴りかかり、蹴り飛ばし、顔を踏み潰すような、そんな戦いにはならない。

これが挌闘ゲームでは、バーチャファイターで進化して「ダウン攻撃」が出来るようになりました。倒れた相手への追い討ち。これはひどい。倒れてる相手に対して正拳突き、エルボードロップ、ギロチンドロップ、挙句にフットスタンプと、相手が倒れているのをいい事にやりたい放題です。

やはりこう言う「追い討ち」攻撃は、相手に対して強力なダメージを与えます。


『ヘガノタ仙台』が最下位札幌に敗れた翌日。僕は昼頃実家に顔を出しました。すると両親は、なにやらお出かけのご様子で、いそいそと外出の準備をしていました。聞くと、親戚のおじさんが腎臓が悪くて入院したので、様子を見てくるとのこと。

知っている人が病気で入院、と言うのはチョットダメージ。少しのけぞる感じ。

母親が思い出したように僕に言います。
「そういやあんた、ベガルタ昨日負けたんだって?」

ぐはぁ!! 大ダメージ。
昨日の夜、お酒の力と友人らとの団らんで、そんな嫌なニュースすっかり忘れていたのに。
さらに母親は続けます。
「しかも最下位相手に。」

ゲボォ!! 大ダウン攻撃。
カウンターのスプラッシュマウンテンを喰らった上での、雷電ドロップに悶絶です。いいよ、もう。終わった事だし。

父親が付け加えます。
「なんだい、ベガルタ。ずらもんだなぁ」

なんだ、ずらもんって? ダメージ0。投げ抜け成功。

そんな両親のベガルタ考。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2004

月を背にした姫君は微笑む

プレステ初期の名作「リッジレーサー」で、確かこんな裏技(orウル技or禁断の秘技)があった。『ゲームが立ち上がった後、音楽CDを入れると、そのCDの曲でレースが出来る』と言うもの。

最近ではゲームの大容量化に伴い、読み込みも増えたために読み込み1回でロードが終わると言うことは無く、加えて、もしかするとJASRACに引っかかってしまったかもしれないこの裏技。最近この手の話は聞いていない。

そういえばPCエンジン版「イースI・II」は、ゲームでは無くCDでかけると、劇中のセリフをバンバン喋っていた。脅威のクソゲー「プラネット・ジョーカー」でも、同様のシステムが(セガサターンなのに)採用されており、トラックをスキップさせると終盤に「私の名はジョーカー」と、不気味な声でラスボスが喋ってくれた。素敵なシステムである。


同人ノベルゲーム「月姫」のファンディスク「花月十夜(かげつとうや)」を、友人に(コピーしてもらって)借りていたのだが、最近ようやく終わりました。
同じ時間軸(同じ毎日)を何回も繰り返し進めていくことで、謎が徐々に明らかになり、ゲームの進行度合によってショートストーリーが増えていく、と言うゲームです。

最初遊んでいた頃は意味が良く分からなかったのですが、ゲームを進めていくことにより、最初の頃分からなかったことが明らかになっていくと言う、ファンディスクの割りに随分作りこまれたゲームです。

その日は特にすることもなく、随分お酒も進んで酔っ払っていまして。で、「なんかゲームしたいな~」と思ってポヤ~っと空を見上げると、月が大変綺麗な夜でして。それで「花月十夜」のショートストーリーでよく分からなかったのを、もう一度読み返してみようと思ったのです。パソコンを立ち上げてゲームスタート。

画面:「暗い夜道 静かな公園 白銀の月の光が静かに舞い降りる」

このゲームは基本的に「怪奇ノベル」なので、読んでて怖かったり、不気味だったり、気持ち悪かったりする表現が多々あります。やはりそんな雰囲気をさらに盛り上げるのは、バックに流れる曲です。少しゲームを進めたのち、僕はそのBGMに驚かされることになります。

画面:「チクチクト メニササル シンクノツキ  コメンノヨウナ クロイセカイ」
BGM:♪ナンバ~ワンにならなくていい~ 元々特別なオンリ~ワン~

なんだ??
僕の疑問に聞く耳も持たず、ゲームは進む。

画面:「白色の月が その真円の姿を見せていた」
BGM:♪花屋の店先に並んだ~ いろんな花を見ていた~

どう聴いても月姫の世界とは無縁な「世界に一つだけの花」が聴こえます。しかも槙原バージョン。酔っ払った頭が徐々にクリアになります。
「あ、槙原のCD入れっぱなしだった」
BGMを奏でるべき部分で、勝手にプログラムがCD(-DA)を読み込み、CD-DRIVEに入りっぱなしだった槙原さんのアルバムを、気を利かせて鳴らしてくれたみたいです。なんだが面白くなってきたので、そのままゲームを進めることにしました。

画面:「挽き潰し、押し潰し、切り裂き、砕き、溶解し、完全に破壊した 人間だ。」
BGM:♪さっきとても素敵なものを~ 拾って僕は喜んでいた~

画面:「この女性は 人の死体にまだ気付いていないのだろうか?」
BGM:♪きっとまたこの先~ 探していれば~ もっと素敵なものが見つかるだろう~

…歌詞が微妙に画面にシンクロしているような気がする。

でも結局すぐ飽きて、その日は電源切ってとっとと寝た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2004

まんが・MANGA・MANGA日本昔ばなし

むか~しむかし。あるところに、木こりの若者がおった。
若者は、はやくに2mを超えた体躯をいかして、大人の10人分くらいの仕事をしておった。
そんなある日、若者は木こりのさいちゅうに、手をすべらせて愛用のオノを池に落としてしまった。

「うがぁ~、しまった。あれがないと仕事ができない」

池の前でぼうぜんとする若者の前に、池の中から女神があらわれました。おどろく若者に女神はいいます。

女神:
お前が落としたのは、この金のオノか? それとも普通のオノか?
若者:
俺が落としたのは、その普通のオノだ。
女神:
すばらしい。そのお前の正直な心に対して、この金のオノをさずけよう。では。

金のオノをわたして女神は去った。若者は仕事にもどるために、もらったばかりの金のオノで木を斬ってみる。

「なんか手にしっくりこないし、重さもちがうし、切れ味わるいし、ダメだ。このオノ、使えねぇ」

おわり

本当の話では、両方のオノをもらうんでしたっけ?

日常使っているものから突然道具を変えてしまうと、あまり上手くいかなくなるというお話。例えば、
・スキーの日本ジャンプ陣は、板の長さの規定が変わって、勝てなくなってしまった。
・武田鉄也さんはプラスチックのハンガーで敵と戦うも、プラ製なのであっさり壊れてしまい、「違う!木の!!」と叫んだ。
・プロゴルファー猿さんは、紅蜂さんに愛用のドライバーを折られてしまい、新しいドライバーを探すも苦戦した。
などなど。

身近なものでは、ボールペンやパソコンのキーボード、+ドライバーなどもその分類に当たるだろう。
だから。

僕がGBAファミコンミニの「スーパーマリオ2」で、W7-4までしか行けないのは、ゲームボーイアドバンスSPの「Aボタン」が微妙に右上に上がっているために、Bダッシュ後のジャンプがコンマ何秒かのタイミングの違いで狂い、その結果、100機いるマリオが全滅してしまう。

と言うことでいいね?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 22, 2004

アングルに3回は引っ張りすぎだと思う

続き。

背後からの屈辱の言葉に耐えつつも、僕は心の中で思った。

「女よ。今の僕のこのプレイは、確かに上手い人のそれではないかもしれない。だが、今の僕はね…名人なんだよ…。」

これは、今の僕からは想像も出来ないような、遠い頃の記憶。名人と言う称号に酔いしれつつも、ただ一夜の、しかも実力を発揮できなかった事実は、僕の中に長い間、引っ掛かりを残したままだった。

そんなことはとっくに忘れた、2004年。昨年のファミコン20周年を機に、世の中には、再びファミコンブーム再来かと言うような空気が満ちていた。GBAで発売されたスーパーマリオは発売数50万本を越え、ファミコン20周年記念のCD、DVDも多数発売されていた。そんな中、一つのDVDと出会った。

「ファミコン生誕20周年記念DVD」と言うそれには、ファミコンの歴史が映像で収められていた。当然僕がそれを買ったのは、偶然ではない。中に収められていた、ある『映画』に長い間興味があったからだ。その映画とは、

「高橋名人vs毛利名人 激突!大決戦!」

だった。

当時の2大名人、力の高橋と技の毛利が激突する。しかも映画で。ゲームは名作「スターソルジャー」だ。連射が命のこのゲーム、とにかくボタンを早く叩くことが、勝負へのカギとなる。当時の小学生は、こぞって連射の速さを競い合った。高橋名人は16発/sec、毛利名人は14発/secである。1秒にボタンを14回とか16回とか叩く。その、日常では使わないテクニックに、子供達は魅了された。

そして、この対決DVDを見て、僕は友人達に提案した。友人らは当時、スターソルジャーの大会に出場しようと試みるも、いろいろな事情で大会に出場できなかったやつらだ。僕は、重い口を開いた。

「キャラバンをやってみたくないか?」

キャラバンとは、2人の名人が全国を回り、全国の地区大会予選を兼ねていた大会である。高橋名人vs毛利名人のDVDに即発された僕は、思い切ってそんな提案をしてみた。

「いいよ」

凄くあっさりした答えだった。
しかしここで、キャラバンを戦うメンバーが揃った。力のきめん名人、技のGatch名人、インサイドワークのジュッティム名人が、北東北、南北海道全5地区を股にかけ、スターソルジャーで対決する2004キャラバンの開催が決定されたのだ。

対決方法は、仙台を出発し目的地へ移動 > 3人でスターソルジャー対決 > また次の目的地へ移動、と言う工程。なんかキャラバンとは違う趣のもののような気もするが、それで対決を行い、真の名人を決定すると言うもの。

今なら真の名人の称号を得られるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2004

事前アングル・その2

続き。

「これ着て、客寄せですか?」

名人でありながら、所詮その扱いは新人社員のそれと何ら変わらない。

「お前がその気なら、それ着たままぷ○○よ対戦してもらって構わないんだが?」
「それは遠慮します」

一瞬、青いハリネズミが人間と対戦してる絵を思い浮かべて「かなりおいしい」と思ったが、あくまで僕は「名人」の称号にこだわった。その前に、とりあえず客寄せだ。着ぐるみを着て店内を徘徊する。店内中の人間の視線がたまらなく気持ちいい。「マスクマンって、こう言う気分なのかなぁ」と、少しだけ思った。

一通り客寄せを終えて、いよいよ本番。たくさんのギャラリー、参加者の前で紹介される。
「ぷ○○よ名人の、きめん名人とI名人です」
大会には、僕と同期のIくんも名人役として参加していた。このことが、後で大きく僕に影響することになるとは、このときはまだ気付く由もなかった。

参加賞ありの大会のため、参加者の多くは女性だった。しかし僕の最初の相手は、いかにもゲームやり込んでいる風の男性。初戦開始。僕は早々と連鎖を組みに行くも、相手の連鎖を組む速度は、僕の比ではなく早かった。とてつもなく巧い。僕は思った。

「キサマ、このゲームやりこんでいるな!」
「答える必要はない!」

バーン!! きめん、おじゃま○よに押しつぶされ、あっさり敗北。とりあえず気を取り直し、次の相手と対戦する。徐々に調子も上向き、連鎖を決めて相手に連勝を開始した頃、隣の席のIくんの台の回転が、異常に速い事に気が付いた。対戦の合間を見て、隣の画面をのぞき見る。

「Iのやつ、『ガチ』を仕掛けてやがる」

『ガチ』とは『ガチンコ』の意味で、本気の事だ。Iは、全く手を抜かず、向かってくる相手をことごとく秒殺している。販促イベントなのに、これではこのゲームを嫌いになって帰る客がいるかもしれない。僕はイベント担当者に視線を送った。彼は明らかに僕に目で合図を送った。その合図は、

「負 け ブ ッ ク を の め」

だった。負けブック、要するに「接待プレイ」のことだ。ある程度、相手にゲームを楽しんでもらい、最後は名人が勝つ。これが理想的な図式だったが、なにせこのゲームは先手必勝。相手より早く連鎖を組んだ者勝ちである(初代のみ) 初心者相手には通用しても、経験者にはなかなか通用するものではない。僕は徐々に負けが込み始め、連敗を重ねていった。

そんな時、僕の後方でひそひそ話をしている女子に気が付いた。なにやら僕のことを話しているようだった。僕はその対戦にも負けたあと、後方のひそひそ話に耳を傾けた。そして僕の耳に飛び込んできたのは、信じがたい一言だった。

「やだぁ。この人、名人じゃない!」

!! 激しいショック。負けブックを飲んだばかりか、こんな屈辱的な言葉まで浴びせられようとは…。

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2004

久しぶりに新企画発表。その事前アングル

~始めに~
今日のお話は実話を元にした実話ですが、一部記憶が曖昧な部分があるので、多少面白おかしく表現方法を変えておりますが、基本は実話ですので、それを踏まえた上でお読みください。

~序章・追憶~

子供の頃の彼らは輝いて、眩しいほどだった。
ファミコンの「名人」と呼ばれるその彼らを、少年達は憧れ、敬い、目標とした。

16連射の高橋名人
華麗なテクニックで魅了する毛利名人
赤い眼鏡の橋本名人
ブック破りの河野名人

他にもいろいろな名人が、各メーカーから現れては消えていった。確かに、ただの営業マンだったのかもしれない。確かに、会社に命ぜられただけなのかもしれない。でも、今の子供達には分かるかなぁ。僕らは、僕たちは…

『名人になりたかったんだ』

あれは今から、10年以上前のこと。まだ10代だった僕は、就職直後に見知らぬ土地に一人飛ばされ、毎日陰鬱とした日々を過ごしていた。「水曜どうでしょう」も「ベガルタ仙台」も存在していない時代。僕はゲームとお酒を友として、日々を過ごしていた。

そんなある日、僕に全く関係ない部署からお声がかかった。なんでも、今度行うイベントの人手が足りないらしい。「会場整理か何かか?」 なんとも状況がつかめぬまま、その部署に僕は出向いた。そして、イベント担当者の口から聞かされたのは、大変意外な言葉だった。

「きめん、おまえ名人をやってみないか?」
「は?」

状況がつかめず、思わず聞き返す。

「お前ゲーム得意だろ? 1日で良いから、イベントのときに名人をやってもらいたいんだよ」

担当者はそう答えた。ゲームは、当時売り出し中の新作ゲーム「ぷ○○よ」だ。落ちものパズルゲームに可愛らしいキャラクターが色を添える、歴史に残る傑作ゲームである。

「喜んで受けさせていただきます」

迷うことなく即答する僕。1日とは言え、僕しか適任者がいなかったとは言え、「名人」の称号を得られるのだ。こんなにうれしいことはない。ファミコン名人じゃないことが少し残念だが、そんなことは些細な事だ。幸いこの手のパズルゲームは、苦手じゃない。連日家に帰っては練習を積み、本番当日までには、折り返しで9連鎖まで組めるようになっていた。

「大会で優勝目指してるわけじゃないし、これくらい出来れば十分だろう」

本番当日。
僕は仕事を終えて、夜から開催のイベント会場へと向かう。会場は、街の中心部にある遊技場だ。事務所に顔を出して、担当者と店長に挨拶をする。

「お、きめん来たな。早速で悪いけど、これで客寄せしてきてくれるか?」
「?」

担当者からは、青いぬいぐるみのようなものを渡された。ぬいぐるみにしては大きい気がする。広げてみると、その青いぬいぐるみは、ゆうに大人1人が入れるくらいの大きさのものであった。

「その『着ぐるみ』着て、店内宣伝しながらイベント参加者集めてきてくれ」

渡されたものは、当時人気が急上昇していた、ニヒルな表情で青い身体をした『音速ハリネズミ』の着ぐるみだった…。

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2004

新イベント救世主伝説・ファミコンの拳2

続き。

動かない1Pコンを前にして、しかしきめんは冷静だった。
「技術者として1800勝。このきめんの技、きさまには見切れまい」

~ネタここまで~

うちにある貴重な資料、「バックアップ活用テクニック総集編」で、ファミコン拡張端子を再度確認する。その上で1Pコンと、L5の基板パターンを確認する。ファミコンのコントローラの中には、「4021」と言うICを一つ使用しているのだが、L5も使用しているICは同じく4021。しかしL5側には、抵抗部品が2個追加されている。ただそれは、L5と言う特殊コントローラのA,B両ボタンに対するもののようだ。

きめん本気モード突入。
両ICから伸びている基板パターンを、手書きで紙に起こす。16本あるICの足から延びているパターンは、全部で4本。それらはGND以外の回路であることが確認出来る。そして、ICに対するコネクタから伸びている回路は、両コントローラとも全く同じであることが判明した。ただコネクタから伸びている、双方の配線の色が違うだけだったのだ。以下資料。

1Pコントローラ
茶:GND
白:DC5V
黄:CLOCK
赤:DATA
オレンジ:P/S

L5
茶:GND
赤:DC5V
緑:CLOCK
黄:DATA
オレンジ:P/S

ここまでくれば、後は簡単。それぞれの回路とハンダで接続してしまえばいいのだ。技術者らしく絶縁チューブと、D-Sub9Pコネクタを用意して、丁寧にハンダ付け。そして完成。ファミコンにセット、電源オン!

「動いたぁ~!!」

歓喜の叫び声が家の中に響き渡る。技術者として1800勝。「所長」の称号を持つ、このきめんの前では、1Pコントローラなど、敵ではなかったのだ。とりあえず、遊びにきた友人に早速プレイしてもらう。NEWファミコンで使うノーマルファミコンの1Pコンは、最高だろう?

「ボタン硬い」

まあ。そりゃ、買ったばっかりだしねぇ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2004

新イベント救世主伝説・ファミコンの拳

その昔、元斗皇拳の継承者・金色のファルコさんはジャコウさんに
「ケンシロウを倒せい! この世から抹殺するのだ!」
と勅命を受けました。その内容が理不尽なものであるとか、そんなことには関係なく、そう言われたので仕方なくファルコさんはケンシロウに戦いを挑みます。

さて、現代。一流の技術者・きめんは、友人に、
「ファミコンの1Pコントローラを、ファミコン本体前面の拡張端子につなげないか?」
と勅命を受けました。なんで1Pコントローラ(以下1Pコン)をわざわざ拡張端子に繋ぐ必要があるのか、そんなことには関係なく、そう言われたので嬉々としてきめんはファミコンに戦いを挑みます。

友人が主に使用するのはNEW(AV)ファミコンなので、コントローラがスーパーファミコンのように丸みを帯びています。これが「連射には不向き」と言うことで、NEWファミコンでも1Pコントローラで遊びたい、と言うことなのです。

さて、まずは材料の調達。ようは拡張端子を使う周辺機器を、1Pコンと繋いでしまえばいいのだ。ゲーム屋で、新品の1Pコントローラと中古のアスキースティックL5を購入した。家に帰り、早速実験開始。過去にいろいろな実験を繰り返し、改造に成功したコントローラは多数。そのため僕の部屋は「奇跡の部屋」と呼ばれている。

1PコンとL5を開ける。コネクタの配線数は共に5本。ファミコン用コントローラの入力は、DC5V、GND、DATA、P/S、CLOCK、の5本から形成されている。双方の配線は、色も5本中4本が同じ。
「いい木人形(デク)だ」
呟きながら、5本の配線をハンダ付け。接続完了しスイッチオン!

…動かない。

拡張コネクタに差した1Pコンは全く無反応だ。ためしに本体の1Pコントローラを動かしてみる。Aボタンを押すごとに、弾の発射+ポーズ+左上への移動、が繰り返される。
「や、やめてくれ~! くだけそうだ~!」
叫ぶ画面の中のキャラ。
「ん~?まちがったかな?」
小首をかしげるきめん。絶叫と共に大破する、画面の中のキャラ。どうやらこの接続方法ではないらしい。
「俺の求める改造方法はまだ遠い」

ちなみに、コントローラ同士を繋ぐと言うことは、1Pコンの接続部は切り取られ、L5の本体自体は使わなくなると言う事だ。弱者から強者へ、その部品は使われていくのだ。僕はこれを「愛羅承魂」と呼んでいる。

「このコントローラの部品は我が中に。この部品で俺はさらに強くなるであろう」

その作業を見ていた、一人の女は呟く。

「こ、この家の機械たちは違う。この家では改造は消滅では無く、強者の部品の一部となって蘇ること」

長いので続く。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

August 10, 2004

うちのディスクシステムは未だに現役だけど。

グラディウスVと喧嘩別れして以来、ずっと考えていたことがある。それは、
「僕はゲーム好きなんじゃなくて、ただのファミコン好きなだけなんじゃないか?」
と言うこと。

まあファミコンにしても初期~中期に限られるのだが、なんとなくそんな思いに刈られていた。だが、もしそうであったとしたら、アーケードやPCエンジン、サターン、プレステで遊んでいた時期はなんなのだと考えたとき、答えらしきものが見えた。ファミコンには思い入れが強すぎるのだ。面白ゲームどころか、クソゲーまでゲラゲラ笑って遊んでいた頃の記憶が楽しかったがために、引きずられてしまうのだろう。と、言った辺りで今回はとりあえず妥協することにした。

本日、ゲームボーイアドバンス用ファミコンミニ第3段発売が発売となりました。今回は全てディスクシステムのラインナップ。しかも相当強力なメンバーです。発表された10本全て欲しいとも思ったが、やはり資金繰りが難しい。とりあえずゲームとの思い出と思い入れから、買うゲームを絞り込むことにした。

スーパーマリオ2
やり込み度:4 思い入れ度:5

謎の村雨城
やり込み度:0 思い入れ度:1

メトロイド
やり込み度:6 思い入れ度:5

パルテナの鏡
やり込み度:0 思い入れ度:1

リンクの冒険
やり込み度:8 思い入れ度:8

新鬼ヶ島
やり込み度:9 思い入れ度:10

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者
やり込み度:7 思い入れ度:8

ファミコン探偵倶楽部II 後ろに立つ少女
やり込み度:8 思い入れ度:9

悪魔城ドラキュラ
やり込み度:9 思い入れ度:8

SDガンダム
やり込み度:3 思い入れ度:6

極端にアドベンチャーのやり込みと思い入れが高いのは、僕が当時そのジャンルが好きだったから。消えた後継者のユリさんの話に涙し、後ろに立つ少女の最後のどんでん返しに本気で絶叫し、新鬼ヶ島の龍の見せる幻を自力で突破した、どれもその話題だけで呑み会が3次会までいけるんじゃないかというものばかり。

マリオ2とメトロイドが思いのほか低いのは、ゲーム発売時にまだディスクシステムを持っていなかったので、始めた頃には攻略本片手に淡々とこなしていたから。なので両数値とも低い。

ドラキュラとリンクはかなり遊んだ。両方ともディスクのセーブ項目は、全てクリアした状態になっている。リンクはRPG要素が当時から賛否あったが、2周目は最初からレベル上げした状態なので普通のアクションゲームとして楽しめるため、そちらばかり遊んでいた。
それに加えてリンクは当時ドラクエIIと発売日が近かったこともあり、僕の周りは皆リンククリア前にドラクエIIに走ってしまった。なので僕一人がリンクで遊んでいたので、「みんながドラクエIIにはしるので、私リンクの冒険を独占させていただきます」と宣伝したこともあるくらいだ。あ、うそです。ごめんなさい。

村雨城とパルテナは、当時全く遊んでいない。共に思い入れ度が「1」なのは、村雨はウル技DJで、パルテナはしあわせのかたちでマンガを読み、変な裏技とかゲーム設定だけは覚えているので。「関口ヒュードラ」とか似てたよね。

SDガンダムは自分では持っていないのだが、試験前に「勉強会」と称して中学校時代に友人宅に集合し、散々対戦しまくった記憶が残っているので。特に名シーンとして、ホワイトベースがドム1機に撃沈された場面は、今でもベストバウトとして、友人との間で語り草になっている。

そんな訳で、Amazonで予約できなかったので、ヨドバシに直行。ファミ探1&2、新鬼ヶ島をまず最初に手に取った。そしてしばらく悩んだのち、マリオ2と村雨城を購入した。村雨は今回を逃がせば遊ぶ機会はないであろうから、と言う判断で今回はこの5本に決定。

今はお盆休み中なので、だら~っとファミ探1をプレイ中。当時から気になってたが、フラグ立てきついよね、このゲーム。謎解きが分からない(忘れた)ときは、みんなで協力し合おうな!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2004

ボールドを使ったり、いろいろ模索してみる

昔「迷解 ナム語辞典」と言うのがありまして。
このなかでは、ゲーム業界の基本用語から専門用語、さらにはかなりマニアックなスラングも取り扱っていました。その中で僕が気になっていた用語に「ヘタの横好き」と言うのがありました。

これは、「ゲームのあまり巧くない人は、横シューティングゲームをやりがちである」と言う意味の用語です。当時これは僕にとって屈辱でした。なぜならば、僕は無類の横シュー好きだったから。
ゲームセンターでクリアした横シューは、ファンタジーゾーンに始まり、グラディウスI&II、沙羅曼蛇、ダライアスII&外伝、パロディウスだ&極上、XEXEX、空牙と、クリアした横シューは10作を超えます。
どうでしょうっぽく言えば「ミスター横シュー」、プロレスリング・ノアっぽく言えば「絶対横シュー」な当時の僕。

でも、なんとなく分かる気がする「ヘタの横好き」。横シューは地形で玉を避けたり隠れたりすることが多いけど、縦シューは鬼のような弾幕を避けまくるのが基本のゲームが多い。ようは、同じ弾避けでも戦略性と能力度の比率が、異なると言う事だ。

最近はあまりゲームセンターで遊ぶことも無く、買うゲームも反射神経を使わないゲームのほうが多い。そんな中、久しぶりに僕の心を揺り動かしたタイトルがあった。それは、「グラディウスV」だ。

往年の横シューの名作、グラディウスがPS2で新登場。元々ゲームセンターで稼動していたものが家庭用に移植されることが普通だったのに対して、今回は家庭用がオリジナル、新作になるはじめてのケースだ。これまで「外伝」などでお茶を濁してきた感の強い家庭用グラディウス(それでも良作が多かった)が、本腰を入れてきたということだと思われる。

PS2を持っている昔ながらのゲームユーザーとしては、うちの近所じゃPRIDE武士道ばかり開催されていたのが、とうとうPRIDE本戦が開催されるぜ!と言うような気分でしょうか。

で、先週買って遊んでみた。

画面は綺麗だ。それは間違いなく認めよう。だが、なんか違う。のめり込めない。原因に「画面が綺麗過ぎる」と言うのがあると思う。前述したように、横シューには地形が付き物。だが、その地形と背景の区別がつきにくい。画面綺麗にすりゃ良いってもんじゃない。

また、その影響で敵の弾が見えづらい。「多数の弾幕に囲まれて」とか「後ろから不意をつかれて」とか言うなら分かるが、これまた画面は派手なのに弾が地味だから、当たったことすら分からない。「何にあたったの?」と、毎回そんなやられ方だ。

しかし、一番の問題は、僕がこのゲームを「面白いのかどうなのか判断できない」と言う点である。
判ったのは画面が綺麗なことだけ。あとはゲームとしては大味だし、ボスは固いし、復活できないし、何よりやっていて面白くない。「じゃあクソゲー」で終わればいいのだが、ようは最近はこう言うゲームが受け入れられているのだろうか?と考えた時に、僕は結論が出せないのだ。

とりあえず週末友人に遊ばせて見た。
「俺はつまらないと思う」
同意見だった。

ただ、現代の子供達には、こう言うゲームが「面白いもの」として受け入れられているのかもしれない。ただ、僕にとってこの「グラディウスV」は「つまらないもの」としか思えない。いろんな意味で。ゲーム中に会話のシーンになり、「映画風でしょ?」とでも言いたげなシーンがカットインされるのだが、それですらMSX版の「グラディウス2」のほうが、緊張感があるように思えてならない。

これでファミコンミニばかりやっていたら、「ゲーム機の引き篭もり」になるのかなぁ、と自問自答。でも、面白いか否かの判断がつかないのが「ギャルゲーのやり過ぎ」が原因じゃないことだけは、信じたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 08, 2004

七夕も過ぎてしまった

7月に入って1週間以上経ったというのに、更新していないのに気がつかなかった。
と言うか整備を進めなければいけなかったのだが、なんかだらけてるのでほっといてました。

日曜はマルコス退団セレモニーで号泣。
でいまはサカつくやってますが、7年目で総合優勝達成。5、6年目は、1st制したけど
チャンピオンシップで負けたんだよな。なのでやっと一安心。

FWに前田とエメルソン、MFは藤田と今野と奥を獲得。
その割には、DFにいい選手が入ってこないんだよなぁ。
小村と相馬を引き抜くか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2004

サカつく04

「Jリーグ プロサッカークラブをつくろう04」を遊んでいます。
が、リニューアル要素が少ないので、早くも飽き気味。
海外の実名選手が増えたって言っても、そこまであんまりやらないしね。
去年は15年目までやったけど、今回はどうだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2004

キーボード

キーボードマニアを購入した。
Amazonに中古が安く出ていたのだ。
ソフトとキーボード込みで5kならば、安いほうじゃないかと思われる。
これでキーボードが本当に弾けるようになれば笑ってしまうが、
今日プレイした限り、難しくてゲームオーバー連発。
先は長い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)